下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

厚岸

大泉学園 厚岸 リターンズ

今日は「魔女のカード」の話です。 
12[1]
「魔女のカード」というゲームがあります。
これは二人でやるゲ―ムなのです。魔女を描いたカードと、何も描かれていないカードの二枚があります。二枚の内から万が一魔女のカードを引くと、引いた人は即に脇に置いてある銃で自殺しなければならないという極めて簡単ではありますが残酷なゲームでもあります。
貴方はこのゲームの相手に天文学的な借金をしています。そして貴方は相手からこのゲームに勝てば貴方がこの相手から借りている借金を帳消しにしてくれるという申し入れに対して一か八かでのったのです。
そしてゲームが始まると貴方は相手がカードを切っているときに、相手が両方とも魔女のカードにしていることに気が付いてしまいました。
それにクレームをつけてやり直す方法もあるのですが、依然貴方が死ぬ確率は50%です。しかしここにこのゲームの大必勝法があるのです、それは何でしょうか?というのがこの「魔女のカード」の話です。
答えは最後に書いてあります、十分に考え悩んでください、ハイ。

IMG_7098
日めくりの薄くなるのは早いものです。
私のよく行くロイヤルパークホテルさんはすでにクリスマス一色でした。

6cfd95fd[1]
実は私もこのワン君同様に「焼鳥」が好きですが、いくら好きでも私はここまでやりません、ハイ。

ここ一週間唐揚げが食べたくて食べたくて毎夜月に向かって咆哮しております。
ということで?今日のお店は道産子ownerのお店「厚岸(あっけし)」さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉5-41-13
:03-3978-0032
定休日:無休

IMG_7118
お店の外観です。
私は札幌勤務時代、厚岸(北海道の南東部に位置し、東は浜中町、北は標茶町、西は釧路町に接しているところです)には仕事で良く行っていました。
厚岸というとコンキリエという、イタリア語で貝の形をした食べ物の意味の牡蠣料理の名店がありますが、その裏手の山腹にコンキリエよりさらにナマラ美味しい牡蠣料理屋がありそこによく通っていたのです。


このお店の名物エベレストサラダ(正式名称:盛り合わせサラダ)です。ちなみにこのパチリは前回のもので今回は頼んでいません。

IMG_7120
店内の雰囲気です。

IMG_7119
メニューです。

IMG_7121

IMG_7122
今日のオーダーは「とりの唐揚げ定食」@840です。相変わらず盛りがすごいですね、九個も唐揚げがあります。楽しみですね、それでは実食です。
あれつパリンと口のなかで異様な音がします、これは衣が硬すぎます。鶏肉がシューシィで美味しいのにともて残念です。多分衣が厚過ぎるのと、それに片栗と小麦の分量を間違えていると思います。衣をつける前にしっかりキッチンペーパーで水気を拭いてから、薄く粉をつけるという気配りがあればこのような事態は避けられたと思うのですが。
まるでサザエの貝殻を食べているようです、これにはたまりません。
どうしたのでしょう「厚岸(あっけし)」さん、極めて残念です。
会計の時、その旨店員さんに申し上げると「そうでしたか、すみません」ってさわやかな笑顔で応対しています。No!No! お詫びをする時には、すみません、申し訳ございませんという表情をしなければならないのです、さわやかな笑顔をしてはいけません。
駄目です、このお店、今日までこのお店を北海道の誇りとしていましたが、今日を限りに見捨てましょう(笑)
こんな日もあります・・・

最後に今日のフリネタの解答です。
さんざん悩んだふりをし続けて相手から“いい加減に、選びなさい”と言われたときに、ぱっと一枚選びます。そして選んだ方を見るのが怖いと言って、反対側をおもむろに開きます。両方とも魔女ですから、かならず魔女の絵が現れます。そして「なんてぇついているんだ、選ばない方が魔女だったよ」と付け加えることで貴方は自殺することから解放されるのです、簡単でしたか?

それでは(^_-)

続「厚岸」 大泉学園

本日は子供達と一緒に大泉学園「厚岸」に再訪です。
お店にいるお客さんの話を聞いていますとこのお店西武線沿線にすむ北海道出身者の溜まり場居酒屋さんみたいですね。
前回は釧路出身者の方が地元の話をしていましたし、今日も後ろの席でキウリの話で盛り上がっていました。
キウリとは北海道で取れる魚で、匂いがキウリに似ていることから名前がつけられているそうです。昔ススキのでこのキウリ食べたことがありますが、匂いはきつかったですけれどキウリの匂いはしなかったなですね(笑)
この店では北海道名物の氷下魚(コマイ)がおいてあります。コマイはタラ科の魚です。
熱々のコマイにマヨネーズと醤油をつけて南蛮(多分これ北海道弁だと思いますが、七味唐辛子のことです)をパラリンとかけて食べるとお酒にとても良く合います。
これも北海道の定番です。

さて今日の獲物ですがここから先はパチリで紹介です。
厚岸 全容
まずお店の全容です。言い忘れたましたがこのお店居酒屋さんです。私たちはこのお店遠いので、いつも車で来るので飲まずに定食を食べているのです。

牡蠣フライ定食
長男が注文した本場厚岸産の牡蠣を用いた牡蠣フライ定食@840です。量もこの大きさ6で個もあります。本場物ですから甘くて美味しいですよ

ホッケ定食
私が注文したホッケ定食@840です。この大きさで中ですから驚きますよね。大はほとんど座布団みたいですネ(今度ジャンボシリーズでパチリしましょう。味もイケました。

肉雑炊
次男が注文した肉雑炊@470です。豚肉が親の敵みたいに入っています(笑)


それでは(^_-)

大泉学園 厚岸

「おーーーい」
「・・・
「おーいって呼んでいるのに聞こえないのかい」
「・・・
そうのなのです(笑)
不摂生がたたって、とうとう扁桃腺炎になってしまいました(チョット難しいですかね?)

今日は所要で大泉学園に来ています。
奥様から夕飯は「一人飯」にしてくださいとのメールが入ったことから大泉学園で夕飯を取る事となりました。
駅に降りて周りを見回すと、外食チェーンばっかりです。
気の効いたお店ないかしらんとつぶやいていますと、左手前方に赤い看板に白地で「厚岸」という大きな文字が目に入ってきました。
これ絶対北海道の厚岸関連のお店だよなと自分に言い聞かせて、そのお店の暖簾をくぐりました。
早速お店のお兄さんに聞くと間違いありませんでした。
厚岸は北海道にいた時アルミ船の営業で良く行っていました。
釧路まで飛行機で行きそこからレンタカーで厚岸→根室→釧路泊というのが定番コースでした。
そうそう一度根室港の港内の定食屋に入ったら全てのメニューがロシア語(振り仮名が日本語)だったので、ここは日本ではないのかしらと驚いたことがあります。
厚岸は牡蠣が美味しくて有名ですが、私は有名スポット「コンキリエ(イタリア語で貝の形をした食べ物の意味)」には行かず、そこを右手に見ながら上がっていったところにある牡蠣料理専門店(名前忘れた)に良く行っていました。
一度食べ比べたことがあるけれど、その店の牡蠣料理の方が美味しかったですね。

ここまで引っ張ったから牡蠣料理かと思うでしょう(笑)
やっとお尻(ヘモ)が治りかけてきたので万が一の事(食あたり)を考えると諦めたのです(残念)。
そこでお兄さんに評判の良い料理は何かと聞けば、牡蠣フライ定食(@840)か鶏カツ定食(@840)だと答えます。
ということで今日の獲物は鶏カツ定食(@840)です。
これすごいですね、12枚も鶏カツがありそれに香の物、お豆腐、小鉢、お味噌汁(何と煮干ダシです)が付いていいます。



味も柔らかく衣もサクサクです。食べきれるかどうか心配しましたがあまりの美味しさに完食でした。
さらに前方で飲んでいる4人のサラリーマンのテーブルに直径50cm高さが40cmの円錐形のキャベツの塊が鎮座しております。


またまたお兄さんに聞きますと、当店名物の盛合せサラダ(@630)だそうです。
とても美味しいらしくて、あっと言う間に無くなっていっています。
この店すごいですね再訪しましょう

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ