下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

千葉スペシャル

神谷町 番番

今日は「千葉スペシャル異聞」の話です。
IMG_2501
東京・有楽町駅前の靴磨き職人として、企業経営者らの顧客を多数抱える「千葉スペシャル」さんが9月20日東京交通会館でgrand renewal openしました。

IMG_0632
私の記憶によれば今年の4月上旬頃、「千葉スペシャル」さんは千代田区の行政指導によりこの場所より立退きさせられました。もともと路上での靴磨き業は許可事業であり、戦災で職を失った人のために一代限りで特別に許可をしていた特例措置のため都では現在新規の許可を出しておりません。「千葉スペシャル」さんは、この場所で1997年より忽然と営業されたため上記経緯から無免許でした。したがって今回の千代田区の強制指導によりkick outされたのです。

以後一時期、有楽町駅前エストネーション並びの道路(駐車スペース)で営業を再開していたそうですが、長続きせず、「千葉スペシャル」さん宅に送られてきた靴の靴磨きやら出張靴磨き等で糊口(ここう)を凌いでいました。今般企業経営者ら熱心な顧客が営業再開を呼びかけ、上述の通り東京交通会館のイトシア側の1Fで営業スペースを設けることができたのです。

IMG_2507
この場所では服装も刷新し、蝶ネクタイとハンチング帽子の英国風のモダンなユニフォームで統一されました。ユニフォームはユナイテッドアローズが、顧客用の椅子は乃村工芸社が企画したそうです。実際は8月20日より再開していましたが、上記スタイルでの営業が9月20日からだそうです。
千葉さんの話では、今回のrenewal は常連の乃村工芸社の社長が、靴磨きの最中に雰囲気を変えてみたら、うちの会社でも協力してやるから、との提案からトントン拍子で行きついたようで、この顛末には驚いているようです。

IMG_2508

IMG_2506

IMG_2512

IMG_2511
ちなみに利用料は1,000円で値上げしての再開です。個人的には従来通り900円で頑張って欲しかったのですが、交通会館のテナント料として@100円がONされたのでしょうね。
従前の一日の利用者が80人程度ですから、80人×@1,000円×22日=1,760,000円/月ですか、「千葉スペシャル」さんは3人でやっているので、一人約@600,000円/月になりますよね。必要経費等差し引いても結構よいビジネスではないでしょうか・・・
すみません、人の財布の中身を覗くような下卑たことを計算してしまいました。大変失礼しました。

私は服装にはかなり気を使います。その中でも特に気を使うのは靴が光っているかどうかです。本来は自らの手で靴を磨かかなければいけないのでしょうが、忙しさにかまけて奥様にお願いしています。市販の靴磨き光沢剤はワセリンが入っているため、長期間使用していると靴の表面が硬化して徐々に光沢落ちてくるので、我が家では靴クリームを使用しています。その奥様も靴を光らせるのには限界があり、定期的に「千葉スペシャル」さんでメンテしているのです。要は主婦が顔の保湿を保つためにおこなうパック的なものです。

IMG_2500
千葉さんは、今回日経新聞やNHK取材等でかなりの新規顧客とくに東京への出張族等のビジネスマンが増えてほくそ笑んでいます。心なしか千葉さんは“時の人”オーラが噴き上がっておりちょっと鼻につきます。個人的には「靴磨き」というのは、わびしい風情が似合うと思っていますので、一日も早く平常化を願う今日この頃であります。

そうそう言い忘れましたが、「千葉スペシャル」さんで靴を磨くと本当にピカピカになりますよ。特に新しい靴の状態から定期的に磨いてもらっていると、靴に顔が映ります。
最初の頃これには、マジにくりびつてんぎょのいたおどろ!だったのでした。



ヨーロッパを中心に大流行している、
古き良きスウィング・ジャズと現代のエレクトロ・サウンドが融合した
新感覚の踊れるジャズ = 「エレクトロ・スウィング」!

原曲知らなくても問題なし!
ただ音楽に身をゆだねれば、それでOK♪



IMG_2490
今日は神谷町に出没です。
なにやら美味しい鶏料理屋さんがあるというのでお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は焼鶏「番番」さんです。

住所: 東京都港区虎ノ門3-17-9 ミドリ屋ビル‎1階
電話:03-6450-1994
定休日:日曜日

IMG_2488
お店の外観です。

IMG_2484

IMG_2487 (0)
店内の雰囲気です。

IMG_2480

IMG_2481
メニューです。

IMG_2485

IMG_2486
今日のオーダー「鶏の鉄板ねぎ塩焼き御膳(黒米)」@880円です。
待つこと4分ででき上がりました。
見た目、すこし貧弱な感じですか。

それでは実食です。
ご飯は健康によさげな黒米を頼みました。
それでは実食です。
シャキシャキネギをかきわけて鶏肉さんにご対面です。
鶏肉はニンニク風味の塩ダレで味付けられています。
ちょっと平板な味ですか、すぐにニンニク風味の塩ダレということが分かってしまい、特段のsurpriseはありませんでした。
決して不味くはないのですがね、やはり食べ手が鶏、ニンニク風味の塩ダレと味が読めちゃうのはいかがなものでしょうかね。それとも素材に自信ありと読み替えますか、それであればもう少し鶏肉にjuicy感とvolume感があれば更に良いかなと思った次第です。
店員さんの応対は丁寧かつ親切で好感が持てました。

それでは(^_-)


続 勝どき Vialetto(ヴィアレット)

今日は「靴磨き考」の話です。
IMG_0435

千葉スペシャル
この画像は2012年1月24日弊blog掲載の有楽町名物の靴磨き屋さん「千葉スペシャル」です。真中にいる方がお師匠さんの千葉さんで御年56才、横の2人がお弟子さんです。
千葉スペシャルというのは、師匠の千葉さんが独自に開発した靴磨き用のクリームだそうですよ。ここで磨いてもらうと靴はbright shineになります。
料金は@900円でした、ハイ。

IMG_0632
ところが数ヶ月前にこの靴磨き屋さんは千代田区の行政指導で立退きさせられていました。
私はこのお店のheavy userでしたので正直困りました。

「靴磨き屋」さんていうのは原則許可事業です。
仮に鉄道事業者の土地でしたら、その鉄道事業者の許可をとらなければなりません。
公道だとしたら、道路管理者と交通管理者の両方の許可をとらなければなりません。
もともと戦災で職を失った人のために、1代限りで特別に許可をしていたため、都では現在新規の許可を出していないそうで、今では両者ともに「靴磨き」の許可をしません。
その背景は景観美化です。職業に貴賤はないのですが景観美化の観点に照らし合わせますと路上での「靴磨き」はそぐわないようですよ。

この件(くだり)については、千葉さんに確認したところ、この場所はJRの敷地なので有楽町駅に許可もらっているので大丈夫だよ、と豪語していたのですが、千代田区の行政指導で立退きさせられたので、千葉さんの想定外の法律が施行されたのか、はたまた千葉さんの錯誤でもともと公道だったのかは定かではありません。

現在有楽町駅高架下にプレハブ内で営業している「靴磨き屋」さんはあることはあるのですが、料金の明示がないことと、外からの確認では開店休業みたいに思えて、その中にお訪(とない)を入れたことはありません。
いずれにしても困ったものです。

PS
1.千葉スペシャルさんは、有楽町駅前エストネーション並びの道路(駐車スペース)で営業を再開しているという情報を得ました。シルバーのワゴン車に、デッカク 千葉スペシャル(靴磨き)と書いてあるのですぐわかるそうです。
(2012.08.05更新)
2.千葉スペシャルさんは、9月20日(木)より交通会館1Fで営業再開されます。今度は服装も刷新し、蝶ネクタイとハンチング帽子の英国風のモダンなユニフォームで統一するそうです。
ユニフォームはユナイテッドアローズが、顧客用の椅子は乃村工芸社が企画したそうです。
ちなみに利用料は1,000円で値上げしての再開です。個人的には従来通り900円で頑張って欲しかったのですが、交通会館のテナント料として@100円がONされたのでしょうね。(2012.09.19更新)
3.千葉スペシャルさんの営業再開日に早速靴を磨いてもらいにいきました。
他所(よそ)行きの服を着ていたので最初違和感がありましたが、話ているうちに全く変わっていないので安心しました。今日までのジプシー生活はかなり苦労されたようですよ・・・
そうそう今日はNHKがTV取材に来ていましたね。
(2012.09.20更新)
IMG_2501

IMG_2500

4.換骨奪胎版
(2012.09.23更新)

私にとっては「靴磨き屋」さんに変わった思い出があります。
浅草橋の駅前には昔三件くらいの「靴磨き屋」さんがありました。
そこで靴磨きをしてもらったところ、当時超高級だったリーガールのウィングチップの茶色の紐靴を黒色のクリームで靴磨きをされてしまいました。
新聞を見ながら靴磨きを受けていたので、片方の靴を磨きあげたところで色違いに気がつきました。当然のことながらその間違いを指摘したところ「靴磨き屋」さんが、茶色なら茶色っていってよ、と開き直ったので、その塗り間違えの“責”について、丁寧かつ大胆に交渉して、三回限定無償で茶色の靴を黒色に変える塗り替えを約束させたのです。
たしかに「靴磨き屋」さんが悪いといえば悪いのですが、相手は人生の大先輩だし、太陽光のかげんで間違えたようで、お互いに注意すればよかっただけの話であり、三回目にはかなり気まずい思いを抱く様になったのです。
結果三回目でも靴は黒色にならず、深い焦げ茶色になっただけです。
「靴磨き屋」さんはいたく恐縮して黒色になるまで無償でクリームを塗り続けると申しいれてくれたのですが、さすがになぁ、と思い三回目で終了したのです。
この話後日談があって、この深い焦げ茶色の色合いが、友人達から好評でどこで買ったんだよ、と質問攻めにあい、まさか「靴磨き屋」さんの塗り間違いともいえず、「ひみつのアッコちゃん」を決め込んだのでした。


It is actually made by the same person ? :0



IMG_1669
今日は勝どきに出没です。
今日のお店は美味しいイタ飯クッチーナ「Vialetto(ヴィアレット)」さんです。
お店の名前はイタリア語で「小路」だそうです。まさしく「小路」という名前に相応(ふさ)わしいロケーションにあります。
なんと3年ぶりの訪問でした。

住所: 東京都中央区勝どき4-1-2シャンポール1F
電話: 03-3532-4127
定休日:月曜日

IMG_1660
お店の外観です。

IMG_1664

IMG_1665
店内の雰囲気です。

IMG_1662
メニューです。

本日のオーダー「鶏肉と水菜のガーリックソース&コーヒー・ドルチェ」@1,000円です。

IMG_1663
スープとパンです。

IMG_1666

IMG_1667
メインディシュの「鶏肉と水菜のガーリックソース」です。
女性客の支持が高いお店です。
この日は満席で18名の客の内男性は私だけでした。
完璧に男性awayのお店です。

満を持し実食です。
パスタはアルデンテではありませんでした。
なんか茫洋としたパスタですね。こんな感じでしたかね。
かなり胡椒が強めです。それに反してガーリックは弱めでした。
逆の方がよかったのですが、女性homeなので仕方ないかな(笑)
鶏肉が多すぎて後半少し食傷気味です。
水菜の存在価値がよくわかりませんでした。
何か昔とちがいますね・・・
そうそう味は美味からず不味からず、極めて中庸の味でした。

IMG_1668
ドルチェはティラミスでした。
これも特段のsurpriseもなく、少し拍子抜けでした、ハイ。
何か3年前と変わったような、勿論私の体調もあるので軽々には申せませんが、あくまでも印象ですので・・・

それでは(^_-)


神田 伝説のすた丼屋

今日は「My snap shot vol.1」の話です。 

IMG_0452
秋田県の魅力を伝える「こころもあったまる冬の秋田路キャンペーン」の一環として開催される『かまくら点灯イベントin有楽町』。秋田の食と文化を紹介するイベントで、その開催を記念し、イベント前日の13日16時より会場内に設置するかまくらの点灯式を行う。
かまくらは、秋田県横手市の雪祭りで、400年以上の歴史を誇る水神様を祀る小正月行事で造られる由緒あるもの。横手市から雪を運び造られる、総重量20トン、高さ約3mの大きさは圧巻だ。
この時点では何の施設ができるのか分らなかったのですが実は「かまくら」だったのですね。結局は確認できず仕舞いで終わりました。


IMG_0511


JR東日本ウォータービジネスは2010年8月10日、センサーから顧客属性を判定し、お勧めの商品を表示する自動販売機を品川駅に設置したと発表した。
品川駅に設置される「次世代自動販売機」。 この自動販売機は47インチのタッチパネル式ディスプレイを搭載し、画面上から商品の購入ができる。SuicaおよびモバイルFelicaのリーダ/ライタも備えており、電子マネーで決済できる。
自動販売機上部のセンサーで年代や性別などの顧客属性を判断し、お勧めの商品を画面上に表示する。季節や時間帯に応じて表示する商品を変える。年代や性別などの情報を取得し、マーケティングデータとしても活用できるようにする。顧客映像などの個人情報は記録できない仕組みになっている。

実は私はこの「次世代自動販売機」の存在は前から知っていたのですが品川駅のどこにあるかが分りませんでした。
大阪出張の帰り偶然にもこの自販機に邂逅したのです。
実際、私は何度もこのセンサーの前に立ってみたのですが、このセンサーのお奨めは“Hotお茶”のみでした。何でやネン


IMG_0435

千葉スペシャル
有楽町名物「千葉スペシャル」です。
真中にいる方がお師匠さんの千葉さんで御年56才、横の2人がお弟子さんです。
千葉スペシャルというのは、師匠の千葉さんが独自に開発した靴磨き用のクリームだそうですよ。ここで磨いてもらうと靴はbright shineになります。
しかしここのお店の人は全般に能書きが多い様な・・・靴磨屋さんは昔からそうか(笑)
料金は@900円でした、ハイ。
なお直近の情報はこちらです。

東京ガスお父さんのチャーハンです。私はこういうのは大好きです。このお父さんの役者さんに座布団一枚です。



今日のお店は神田にあらたにopenした「伝説のスタ丼屋」神田西口店さんです。

住所: 千代田区内神田3-9-6 大原第6ビル1階
電話:03-5256-3011
定休日:無休

IMG_0477
お店の外観です。

スタ丼

IMG_0478
メニューです。

今日のオーダー「すた丼」@600円です。
早川秀人
この「スタ丼」屋のowner、早川秀人さん。東京都小金井生まれ。20余年前、若かりし頃、すた丼の生みの親である先代と出会い、その人、丼に惚れ込み今日に至る。世界で一番すた丼を食べ一番すた丼を愛していると自負する男というのですが、実は私このupを書くまで混乱していました。
というのも私は伝説の風味焼き 「ぶたや」さんとこの「すた丼」さんをごっちゃにいしてたのですね。
ぶたや主人
「ぶたや」さんの起業理由は以下の通りです。
「ぶたや」さんは、成城で四十年間続いた定食屋が、大学生の時、みんなに惜しまれながらその幕を閉じた。
その店の看板メニューが「風味焼き」だった。十年たった今でも卒業生の間で風味焼きの話題が出る。何とか復活させたいと思い悩んだ末、会社を辞めた。やっとの想いで店主を探し出し、了解を得て秘伝のたれを伝授してもらい、開店へとこぎつけた。
あの懐かしい味が完全復活。この味を皆さんに伝えたい。
そして、幸せな気分でお店を後にしてほしい。

どことなく似ているでしょう・・・
ちなみにこのお店は木梨憲武さんの、忘れられない味NO1のお店として有名です。

閑話休題おはなしはかわりまして
IMG_0480

IMG_0479

IMG_0481
この「スタ丼」は強力な火力により一瞬で仕上げた豚バラ肉がまっ白いご飯の上にっています。それに複数の合わせ醤油に厳選されたニンニクを溶かし3日間ねかせて熟成させた秘伝タレがかかっています。
味ですか、美味ショッパイです。こういう味を美味しいっていうのでしょうか・・・
微妙なところですね、でもこのショッパさが玉子と白飯によく合うのですネ。
何気にあらわれる海苔が絶妙のアクセントです。
個人的には再訪はありません。
量が多すぎます、ごはん450gですし、カロリー1,377kcalでしょう。中年には過剰です。

このお店の店員さんは、食べ終わった後に丼ぶりをカウンター上に戻せば“恐れ入ります”ですし、席を立ってお店をでようとすると“またお待ちしています”と挨拶されます。仮にマニュアル通りだとしても感じいいですね。
頑張ってください

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ