下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

十割蕎麦

神田 穂のか

今日は「そんなこと誰に聞いたんや!」です
丹後半島の絶景めぐり最後の天橋立観光の帰路の山手線の話です。
maxresdefault
私たち夫婦の前には腕をしっかりと組み合ったバカップルが座っていました。
二人の相貌は美男美女とはかけ離れたものです。
途中、このバカップルの両脇が開いたので、私たち夫婦もその脇に腰をかけました。
特にする事がなかったので、このバカップルの話を聞いていました。
バカップルの男子が最近吉原に出向いたそうです。
そこで吉原の蘊蓄を騙(かた)り出したのです。
吉原は当然のことながら私の守備範囲ですのでしっかりと聞き耳を立てて聞き始めました。

IMGP0247
男子は、昔ね、吉原に大門(だいもん)という門があってね、そのわきに馬肉屋さんがあるんだってさ、と来たもんです。吉原にはダイモンはありません、それをいうならオオモンです。
ダイモンは浜松町にあるのです。

original
さら〜に馬肉屋さんではありません。
桜鍋屋の中江さんです。
ちなみに中江さんは大門の脇にはありません。
歩いて800Mくらい離れたところにあります。
その馬肉屋さんの馬肉を食べると精がつくのでさ、吉原に行く人は馬に乗って来てさ、その馬をそのお店でつぶしてもらい、その馬肉を食べてから吉原に行ったんだってさ、というとバカップルの女子は、馬肉だから精がつくかもね。昔の事だから精力剤っていうかそれを売っているドラッグストアなんかないから仕方がないかもね、と答えているではありませんか。
違うと思います。
正しくは、そもそもこの地に「蹴飛ばし屋」ができたのは、馬に乗って吉原を訪れた客が、揚げ代のカタに馬を置いてゆくようになり、馬の始末に困った人々が、つぶして食べるようになったからだとか聞いています。
さら〜に、当時の吉原の周辺の農家は多くの農耕馬を使っており、働けなくなった馬は食べていましたが、当時の老年の農耕馬の肉は固くて美味しくなかったので、多分に「蹴飛ばし屋」に流していたのではなかったのかと臆断しています。
そこで「蹴飛ばし屋」は食べやすいように特製の味噌だれを駆使して舌に合うようにしたのが正しいのではないでしょうか。
那辺は歴史的なエビデンスがありませんので、所謂、a chicken and an egg problemであります。
いずれにしましても乗ってきた馬をその場でつぶして食べていたというのは噴飯ものです。
sty1601070018-f4
この男子はこの話がウケたので、今度は祇園に行った話をしはじめたのですが、祇園には風俗店ばかりで芸舞妓がいないので、祇園も寂れてしまったみたい、と話し始めたのです。
ちなみに祇園にはそのうような一角はありますが、それは祇園のほんの一部ですから。
それを聞いていた女子は、なにが面白くて日本髪の女性と酒を飲むのかしらん。
この間テレビで観たけど、彼女たちって髪洗うのは週に一回なんだって。
臭い頭でお座敷に出ているんだよ。
そんでその匂い取るためにお座敷に上がる前にファブっているんだってさ、と来たもんです。
まぁ確かに洗髪はその通りなんですけれど、そもそも髪結するのが大変なので、仕方なく一週間髪形を持たせるようにしているのです。
匂いはビンツケ油で消臭できているはずです。
いずれにしましても、今の若い人は教養がなさすぎます。
このままだと亡国の徒に成り下がりますよ。
特に馬肉屋の男子は、一体そんなこと誰に聞いたんや!であります。


映画が火付け役?卒業式に「袴姿」の小学生が急増



IMG_6098
今日は神田に出没です。
何やら美味しい立ち食い蕎麦屋さんがあるとかで行っていまいりました。
今日のお店は「十割蕎麦 韃靼 穂のか」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-12 サトウビル 1F
電話番号:03-3518-8102
定休日: 日曜日・祝日

IMG_6099
お店の外観です。

IMG_6106
お店の十割蕎麦の案内です。

IMG_6102
店内の雰囲気です。

IMG_5988
メニューです。

きょうのオーダー「田舎そば(300g)+生卵」@500+@100=600円です。
このお店は立ち食い蕎麦なので並んで蕎麦ができるのを待っています。
IMG_6103
待つこと6分で「田舎そば」ができました。
見た目、ほんまもん感横溢しています。

IMG_6104

IMG_6105
それでは実食です。
さすが10割蕎麦ですので香りが立っています。
蕎麦のエッジも立っています。
蕎麦は美味しいです。
しか〜し、付け汁がイマイチです。
深みみがありません。
ネギもべシャッとしていていただけません。
どうでしょう蕎麦だけならかなりのレベルです。
このお店は二回目ですが前回も満員でした。
もしかしましたら10割蕎麦の聖地なのかもしれません・・・
次回、三度目の正直にかけますか。

それでは(^_-)

神田 あすわ

今日は「初体験」です。
諸般のしがらみで「メイド喫茶」に行く事になりました。
基本的に風俗系はまったく行かない、というか、興味はないのです。
で〜も後学のために行ったのです。
正しくは取引先に連れていかれたのですがね・・・

メイド喫茶
場所は秋葉原です。
誘った取引先も始めてのようです。
色々とお店を物色していたら、お散歩(業界用語で勧誘)に出ていたたお姉さんにcatchされました。
料金システムを聞ききましたらfree drink制でソフトドリンクは最初の30分は@800円、アルコール付ドリンクは@1,500円です。食べ物は@400円からなので、まぁ一人@2,000円位かなということで熟慮の上入店することにしました。

雑居ビルの階段を登って2階に登ると、そこからはエレベーターで目的のお店に向かいます。
エレベーターの扉が開くと、そこにはピンク色の木製の可愛らしいドアがありました。
ドアを開けて店内に入ると、またそこには小部屋があり、その次の部屋がお店です。
小部屋でメイドさんから店内での約束事項の説明がありました。
要約すると
1. 個人情報に関わることは聞いてはイケない
2. 卑猥な言動を3回以上するとご帰宅(kick out)しなければいけない
3. 他のお客とイサカイをおこしてはイケない
このような事です。
この内容を承諾して始めて入店です。

メイドさんに可愛らしいドアを開けてもらい店内に入ると、店内は全面ピンク色でdecorateされています。
ピンク色って心を落ち着かせますね。
メイド服って女性をキレイにみせますね。
カウンターのstoolに腰かけると、自動的に高さ調整ができます。
メイドさんとの目線を合わす事が容易にできるようになっているわけです。
メイドさんとの会話が始まりました。
日本語が通じません(笑)
激オコ(ひどく立腹する)のようなtechnical term(専門用語)を駆使するので、わかりにくく、畢竟、会話自体が行間を読まないといけませんのでかなり疲れます。
また彼女達の語尾がすべて「〜だよ♪」で終わるので、長幼の序に厳しい私としては、許せない限りです。
で〜も久々の若い女性との会話は私の好奇心をおおいに楽しませてくれました。
そうそう若い女性ということですが、彼女達の年齢はみな「永遠の17歳」だそうです。
正直30歳越えの方も二人位はいましたがね(笑)

私達が歓談している時に、三人連れの泥酔客が入店してきました。
その中の一人のオジが完璧に風俗と勘違いして、下ネタ連発です。
連れの二人がそれなりに止めているのですが、暴走列車は止まりません。
完璧にお店を勘違いしています。
実は私も正直そのようなお店かと思っていました。
20分位そのような下ネタ話をしていたら、お店のメイドさんから3回目のダメがでました。
それでもそのオジはやめませんでした。
すると隣に座っていたいかにも長髪のオタク系の肥満したお兄さんがキレて、彼女達、困ってるじゃないか、この店はオメエらみたいなクソオジが来る店じゃないんだ、と言い放ちそのオジの左肩をつかみあげました。
店内にわかに騒然となりました。
すると三人連れの一人で、眼光鋭く、いかにも鍛えているという感じの長身のオジが立ち上がり、その二人の間に割って入りました。
そして、遊びはしめえだ、姉ちゃん勘定しろや、と一言一言ゆっくりと区切りながら、落ち着いた低い声で店内に響き渡るように言い放ったのです。
そしてそのお兄さんの方に向きを変え、ニイチャン、図に乗るなよ。ゆっくりと話しかったら外で待ってるぜ、と鋭い目で言い切ったのです。
私は下町ぽくっていいなと思いながら、何分位でこのお店のコワイお兄さんが駆け付けるのかな、と時計を見ながらワクワクと期待していました。
結局コワイお兄さんは来ずで、三人連れは帰りました。
私達も見るものも見たのでお店をでました。
料金は@4600円でした。

感想としては、TVではこのようなお店の会話は聞いた事がありましたが、目の当たりにするとあらためて驚きを禁じ得ないというのが正直な感想です。
見ず知らずの男性が歯の浮くような甘い会話を見ず知らずの女性にしている。
究極の疑似恋愛って言えば様子がいいのでしょうが、そのような会話は彼女とすればいいわけで、疑似恋愛は所詮疑似恋愛であることに気が付いて欲しいと思うところであります。
またお店で揉めた方々、なんで表面に表れない闇の部分に注意を払わないのでしょう。
このようなお店には必ず深い闇が隠れているのです。
下町の人間は皆そのあたりはよくよく承知しています。
従いましてこのようなお店でのイサカイはtabooなのです。
マジにその筋の方々が出てきた時には、お金でしか解決できません。
だから逃げににくい雑居ビルの高いところにお店があるのです
いくら泥酔していたからといっても、冷静の自分は残しておくべきでしょう。
ということで私の初体験は終わりました。
再訪しますか、ですと、あり得ないでしょう。
子供達に馬鹿にされますので(笑)


何で、これがタイヤのCMになるんだ?


IMG_8795
打合せが終わり時計を見たら20時です。
これから会社に戻らければなりません。
気が付いたら、今日はお昼を食べていませんでした。
何か軽く入れておくか、ということで、蕎麦屋さんにはりました。
今日のお店は前から気になっていた蕎麦屋「神田あすわ」さんです。

住所: 東京都千代田区神田美土代町11 斉藤ビル 1F
電話番号:050-3313-0720
休日:土曜・日曜・祝日

IMG_8789
お店の外観です。

IMG_8791
店内の雰囲気です。

IMG_8792
メニューです。

IMG_8793

IMG_8794
今日のオーダー「絶品おろしそば」@500円です。
ここのownerはとても美味しい越前蕎麦を東京で広めたくてこの神田の地に昨年の9月に開業したのです。
聞けば10割蕎麦ですと、仮に麺量180gで蕎麦粉約@1,200円(ご主人より聴取)とすると蕎麦粉costだけで@216円ですから原価率43%です。
これでは実質赤字でしょう。
その旨をご主人に話しますと、儲けよりも、越前そばの美味しさ東京に広めたい、と申して言いました。
なんとも見上げた方です。

待つこと10分で「絶品おろしそば」の到着です。
とても清涼感ある盛付です。
蕎麦粉は福井県産石臼挽 「越前蕎麦粉」です。

それでは実食です。
見た目、二八蕎麦かなと思ったほど表面が滑らかです。
これは製麺機で押しだしているので平打麺になっておりそれで錯誤したようです。
味ですか、ごめんなさい疲労のせいか麺からは馥郁たる麺の香りは感じられませんでした。
しか〜し出汁はきいてキリッとほどよい濃さのカエシは高評価です。
大根おろしの香りと辛さが峻烈です。
Dynamite tasteです、イケますね。美味しいです。
このような隠れた名店が永続し益々繁盛する事を願うものであります。

それでは(^_-)

新橋 善庵

今日は「ヤーサマ異聞」の話です。 
ヤーサマの彫物については、江戸の頃は、本格的な博徒ほど「疵のない体」を大切にして、真白い無垢の肌を誇りとしたものだそうです。下っ端になれば、意気がりで彫ったりもしましたが、大っぴらに彫っていたのは、人前で裸になる必要のある商売、つまり駕龍かきとか臥煙(火消し人足)、鳶の者などに限られていました。 
彼らというのは逆に、真白な裸は、生々しくて恥ずかしいというので、制服のような意味合いで彫っていました。全身に威勢の良い模様が彫ってあれば、ふんどし一つの姿でも仲々頼もしく、きれいに見えるものです。
名称については、彫物、文身、人れぼくろ、と言うのが正しく、入墨とは決して言いませんでした。江戸時代に入墨と言えば、それは即、刑罰の刻印の事を言ったもので、自ら趣味で彫る物とは別だったのです。さて、この彫物、思う程古いものではありません。 
『好色一代男』の元禄期には、遊女と客との愛の証しとしてする入れほくろが盛んでした。これは男女が手を握り合って、互いの親指のあたる先にホクロを彫ったものですが、後には、相手の筆跡そのままに、二の腕へ「△△さま命」と彫るようになりました。江戸も中頃までは、文字程度のものでしたが、後期の文化文政頃になってやっと絵柄ものが現われます。がそれだとて、黒や青の渋い色調のもので、極彩色のものが出てくるのは江戸も終りの幕末期でした。
「大江戸観光」杉浦日向子著より転載

本格的な博徒ほどモンモンを入れなかったのですネ、知りませんでした。
でも本格的な博徒になるまでには時間がかかると思いますが、その間はどのように考えていたのでしょうか。
俺はいつの日か大物になるんだ、だからモンモンは入れないんだ、と心に秘めていたのでしょうか?

ヤーサマといえば私の幼少の頃、近所の天祖神社に隣接して「××組」という鳶の家がありました。
ここの親分はすごいアル中でやたらと町内で揉め事を起こしていました。
例えばお酒を飲み過ぎると勝手に近隣の家に上がり込み、台所から酒を見つけては飲みほし、そのまま寝てしまうとか、新年の獅子舞では一升瓶をぶら下げて町内を回り、ご祝儀が少ないと訪れた人の子供をガブガブと獅子の口で噛み続けるとか、枚挙に暇がありませんでした。
一番の思い出は、天祖神社の砂場は「××組」の真後ろで、そこで砂遊びをしていると、よく小指の入った薬瓶が落ちていました。多分件(くだん)の親分が酔って裏窓から投げ捨てたのでしょうか。
見つけた私達は「××組」に行き、子指の入った瓶がおちていましたよ、と届けるのですが、親分がでてきて、いらねえから捨てたんでぃ、まだ沢山あるから坊主達もっていくか、とからまれました。
子供心にも、この小指の捨て主が「××組」だと分っていたのは下町っ子だからでしょうネ(笑)

信じられない男

信じられない男
ちょっと信じられない男画像ver.2です。
本当に良くやりますよね!


IMG_9316
今日は新橋に出没です。
今日は隠れ家的蕎麦屋「ふじの国 善庵蕎麦」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1F
:03-5537-0980
定休日:日曜日・祝日

IMG_9317
お店の外観です。ここはサラリーマンの聖地新橋駅前ビル1号館にあります。
今回は新橋で飲んだ後の締めでいったのです。夜の部は酒のつまみが充実していてなかなか良さゲです。

IMG_9320
店内の雰囲気です。

IMG_9319
メニューです。

IMG_9321

IMG_9322
今日のオーダー「ざるそば(十割蕎麦)」@780円です。
このお店の夜の部はミャンマー人達がやっています。
店内のお運びさんはミャンマー人女性です。なかなか感じイイですネ。
味ですか、蕎麦は良く冷えていて水切れもよく美味しいですね。
付け出汁(タレ)がなにか複雑な味です、もう少し削り節の味が強い方が味は引き締まる
感じがします。
でもなかなかでしたよ合格合格合格

それでは(^_-)

三郷 矢切そば堀切

今日は「ピラフとチャーハンと焼き飯の違い」の話です 
IMG_6998
昨日の話で「山本牛臓」さんでもつ鍋を食べたあと残ったスープで焼き飯を作ってもらいました。それってピラフじゃないのかなと思っていたら、ピラフって「炊いていないお米を油で炒めてからスープで炊く」料理なので少し違うようです。
それではチャーハンかと思いきや、チャーハンは「炊いたお米を卵と一緒に油で炒める」料理なのでこれまた少し違うようです。そうなれば焼き飯で正しいのかしらんと思えば、焼き飯って「ご飯を先に炒めてから卵を入れる」料理なので概ね正解の様です。
今日の今日までこの違いをよく知らず、この三種類の料理をほとんど一緒のものだと思っていました。
焼き飯が先にご飯を炒めるのは、粉物文化の影響を受けているからに他なりません。たとえば広島風お好み焼きは、生地を焼きキャベツや焼きそばなどの具を載せた後に卵を焼いて全体を纏めます。これと同じように焼き飯はご飯に火を通しきってから卵を絡めるのです。近年人気を博したソバ飯も、鉄板を使って作る焼きソバと焼き飯を合わせた関西らしい料理の一つなのです。そうなのですね焼き飯って関西の味だったのですね。
「2006チャーハン虎の巻」参照

a82e2413[1]
実は私鳥さんが大嫌いです。
このパチリの様な目にあったならば間違いなく失神するでしょう(笑)

今日は三郷に行列のできるとても美味しい蕎麦屋さんがあるからということで取引先に連れて行って頂きました。今日のお店は「矢切そば堀切」さんです。

住所: 埼玉県三郷市彦川戸1-12
電話:048-953-0482
定休日:不明

IMG_6919
お店は新三郷駅から約3km位のところにあり、車でこないと厳しい場所です。
お店につくと来客者が多くお店の駐車場に入りきれなくて、皆さんお店の周辺に違法駐車をしていました、しかし大丈夫の様ですよ、絶対に警察が取り締まりにこない様なlocationですから。

IMG_6925
店内の雰囲気です。

IMG_6921
今日の料理はまず「蒲鉾」です。蕎麦ができるまで時間がかかるので前菜なのでしょうか取引先が頼んで頂きました。早速実食してみます、とても美味しいじゃないですか。プリンプリンした食感がいいですね。

IMG_6922
そして「卵焼き」です。見てのとおりふんわかと焼きあがっており甘さ控えめな味はvery秀逸です、すごく美味しいですね。

IMG_6923

IMG_6924
そして待つこと20分、本日の目玉「十割蕎麦(大盛)」です。行列店の理由が分りました、これとても美味しいのですね。十割蕎麦なのにボソボソしていなくて香りも高いです。
口当たり、喉越し最高です。付け汁もあまり辛くなく上品な味です。
鄙にも稀なとはここのようなお店を指すのでしょうね!

それでは(^_-)

手打ち蕎麦 秋谷

今日は蕎麦の話です。
もともとうどん文化だった江戸の町に蕎麦文化が発祥したのは、関東の濃口醤油の醸造技術の進歩のおかげです。もしこの出現がなかったら江戸の味覚は上方の傾向に準じていました。そういう意味で濃口醤油の普及は、食の世界での従来の上方文化との決別、江戸文化の独立を象徴するものでした。そして江戸っ子達は長年慣れしたしんだうどんに、二度と戻ることはなくなったのです。
即ち開府(1590年)から200余年の歳月を経てようやく、江戸っ子好みの「江戸蕎麦」という一つの食文化が完成したのです。(「江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?」岩信也著より引用)
つまり江戸っ子は蕎麦好きといのは通説で、江戸っ子の舌にあう醤油が製造されてから始めて江戸っ子は蕎麦に目が行くようになりました。
それもほんの三百年前のお話なのです。

今日のお店は「手打ち蕎麦菊谷(きくたに)」です。

住所::  東京都練馬区石神井町3−27−16
電話番号:03−5393−6899
定休日: 月曜日

ここのご主人は、日本酒と蕎麦の好きな会社員でしたが、叔父に習い蕎麦打ちを体験し、蕎麦の豊かな香りと味わいを知り独学で蕎麦打ちに励みます。埼玉県秩父の「手打ちそばこいけ」の蕎麦に感動し、弟子入りを許され会社を辞めて蕎麦職人になった経歴の方です。
たしか日本酒ソムリエの資格を有し、蕎麦と日本酒が楽しめる店としてブレイクしました。
著名グルメ評論家達からは、高い評価を受けているお店です。

ここから後はパチリでお楽しみください。
石神井公園桜
石神井公園名物?白鳥ボートです。これ漕ぐの結構疲れます、馬鹿にして乗るとエライ目に合いますよ(笑)


石神井公園桜
石神井公園入口の桜です。この道をしばらくまっすぐに進んで行くとイタリアンの名店「ロニオン」が左手に見えてきます


秋谷エントランス
練馬の蕎麦打ち天才の店「菊谷」の入口です


10割蕎麦
10割蕎麦大盛@1,160です。蕎麦の豊かで濃厚な香りがツーンと鼻腔に湧き上がります。さすが10割蕎麦ですね。このお店蕎麦も秀逸ですが、蕎麦ツユが完璧です。ダシは本枯節、利尻産昆布、干し椎茸。かえしは三種類の醤油、みりん、島根の地酒、砂糖を使用し、調味料は一切使用されていません(納得デス)。
店内には日本酒とお蕎麦を楽しむカップルが多く、お昼というのに皆大分聞こし召しているようです。混ぜて欲しかったな(笑)


襟巻きニャンコ
これからお花見に参加される襟巻きニャンコのオジイサンです。猫は全く怖がらず、肩の上を自分の棲家の様にしています。珍しいのでパチリしました。



豊島屋全景
石神井公園内の有名茶店「豊島屋」さんです。小学生の時わざわざ下町からここまで遠足に来ました。その時も「豊島屋」さんはこの場所にありました。
お店のオバサンに聞きますと、大正時代からやっているそうです(古ッ)。
しかしこのお店の入れ込みの座敷は、今の時期は良いのですが、夏と冬は天然状態なのでかなりキツイ環境となります。



豊島屋おでん
私が頼んだ豊島屋さんの「おでん」@450です。蕎麦ではお腹いっぱいにはならなかったのです。イケマシタ、ビールが欲しいところでしたね。


豊島屋味噌田楽
本日の運転手の長男が頼んだ豊島屋さんの「味噌田楽」@450です。香ばしい八丁味噌と蒟蒻が良く合います。この味多分、練馬一番でしょう(一押し)


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ