下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

勝どき

勝どき ととや

今日は「自転車の思い出」です。
小学校六年生のとき下の弟が入学してきました。
年の離れた弟だったのでよく面倒をみていました。

家の裏にある隅田川を弟と見ていたら突然、お兄ちゃんこの川をず〜っと下(くだ)っていくと海に行くんだよね、と弟がいいました。
私は、そうだよ、川はすべて海に流れ込むんだよ、といいましたら、海に流れ込むところを見たいよ、と弟がいったのです。
私は、ここはお兄ちゃんの格好良さを見せるところだと思い、自転車の二人乗りで河口までの旅にでたのです。
しかし距離的には浅草から晴海までですから小学校六年生の体力では無理があります。
途中隅田川と他の川の合流場所で、ここから先が海だよ、って幼(おさな)き弟を納得させて踵(きびす)を返したのです。
ところが往路で体力を使いはたしており、復路の目的地、我が家(いえ)がある浅草まで帰れるかどうか、不安が入道雲のように湧きあがってきました。

それでもヒーコラヒーコラいいながら、一路浅草を目指したのです。
人間は極限になると、不可思議な力が湧いてくると何かの本で読んだことを思いだしながら、一生懸命にペダルを漕いだのです。
途中大きく右に回る急な下りカーブがあり、そこを乗り切ったらペダルが軽くなりました。
神様が私に極限の力を与えてくれたのかと思い、さらに勢いよくペダルを踏みこんだのです。

しかしヘトヘトに疲れているのにそんな馬鹿なと思い、後ろを振り返ったところ、後ろに座っている弟がいません。
私はさっきの大きなカーブだと思い急ぎ戻りました。
そこには、顔中血だらけにして泣き叫んでいる弟がいました。

いまでも弟と飲むと、酔うにしたがって弟の顔にはその時の傷が浮かびあがってきます。
弟は小さかったので、この出来事はさいわいなことに覚えていません。
私はその傷を見ると、ごめんね、痛かったよな、といつも心の中で詫びているのです。

ととや1ととや2ととや3
ここのところ安住伸一郎の 「日曜天国」に投稿しています。
今回またまた読まれまして、これで三度目です。ラジオで取り上げられ、読まれるのはうれしいものです、ハイ!

今日は勝どきに出没です。
今日は、銀座西五番街にあった老舗の和食屋さんが移転、リニューアルしたお店「ととや」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1 サンスクエア B1F
:03-3533-1025
定休日:日曜日

ととや4
お店の外観です。このお店は一月前にできたそうです、全く知りませんでした。しかし隣が「たなか」さんですから和食領域ではかぶってしまいます。

ととや5
店内の雰囲気です。

ととや6
ランチメニューです。

ととや7

ととや8
今日のオーダー「玉ねぎ沢山魚介カレー」@800です。
本当は魚介系のものを食べたかったのですがあまり気に入ったメニューがなくカレーにしました。でてきたカレーは口に入れた瞬間にルーがねるく興ざめでした。
味ですか、玉ねぎの甘さと辛さが混然となって美味しい味付けですが、特段のサプライズがありませんでした。
余談ですが、 グルナビの口コミのTA-NICOさんですか、この方はグルナビの口コミ初投稿なのに、料理の紹介がやたら詳しく、その上お店の紹介にやたら力を入れており変な違和感があります。
というのもここで書かれた内容は、私がお店の女板長から本日聞いた内容とほぼ一緒なものですから、ハイ。
何やら関係者の方のヨイショ書き込みのような気がしてなりません・・・あくまでも感想ですから他意はありませんし、いけないとも申していませんのでこの件(くだり)はご容赦ください。
閑話休題、いずれにしてもここの一押しのカレー風味が効いた「白魚唐揚げ」はchallengeしてみたいですね、焼酎も種類豊富ですし再訪してみましょう。

それでは(^_-)

勝どき 勝どき鮮魚店

今日は「月島レクイエム」の話です。
月島有名人の布団しかせオバアサン の△田さんが亡くなりました。週に一度弟さんが様子を見に来ていたのですが、変り果てた姿で発見されたそうです。
この△田オバアサンの被害にあった人間は月島では数多く私もその中の一人です。
確かに足が悪いので宣(むべ)なのかなとは思うのですが、最近はさらにエスカレートしてきて自宅前から蕎麦屋さん(20m程の距離)まで連れて行かせるとか、近隣のモスバーガーでは注文をカウンターでせず、店員さんを自分の席まで呼んで注文を取らせるとかほとんど暴れん坊将軍状態です。
仄聞するにこの△田オバアサンはとあるお金持ちのお妾さんで若い頃はとても美人で明眸皓歯(めいぼうこうし)そのものといわれていました。
確かにその面影はあり、その当時も上品で美系だったこともあったので躊躇(ためら)いなく私もその絵図に嵌ったのです。住吉神社祭礼の西仲町会の直会(なおらい)では得意の喉で小唄を披露し皆がその美声に聞き惚れていたそうです。
そうそうこの△田オバアサンは狙った人は必ず落とすそうで、要はお願いして断られたことは少ないのですね。そういう意味では眼力は確かだったようですよ。
これって考えてしまいますね、然諾(ぜんだく)した人たちは親切心が顔にでているのか断れないよう甘さが顔にでているのか判断が分かれるところでもあります。
ところでこの△田オバアサンに布団しかされた人って何人いるのでしょうか、私が知っているだけで5人はいますので100人は軽く超えていると思います、ある意味その我儘振りはたいしたものだと思っているのです。
いずれにしても「朝(あした)に紅顔あって夕べに白骨となる」という諸行無常の人生ですから一日一日を悔いのない様に生きていきましょう。
合掌・・・

今日は勝どきで行列ができる和食店があるというので行って参りました。
今日のお店は「勝どき鮮魚店」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき2-5-10
:03-6228-2630
定休日:日曜日・祝日

勝どき鮮魚店1
お店の外観です。

勝どき鮮魚店2
店内の雰囲気です。月島にあった「築島鮮魚店」が移転して勝どきで「勝どき鮮魚店」となったようです。

勝どき鮮魚店3

勝どき鮮魚店4
今日のオーダーは「海鮮丼」@1,000です。
サイドディシュにヒジキの煮付け、大根とさつま揚げの煮物、サラダ、香の物がつきます。具はしめ鯖、まぐろ、イカ、炙りかんぱち、炙り帆立です。
味ですか、行列するまでの味ではないような、勝ちどきでは普通ではないでしょうか。
しいていえば盛りが少ないですね、知っている限りでいえば勝ちどき・月島内では一番少ないと断じられます。
雰囲気悪くないのですがね、そうそうここに出店したお店今まで5軒位ツブレテいます。
この不幸な連鎖を「勝どき鮮魚店」さんは断ち切ることができるのでしょうか・・・

それでは(^_-)

2010 年 勝どき ブラッスリー「フォーメス」

今日は「私のお酒との出会い」の話です。
私は父親が鯨飲人でしかもネチネチのカラミ酒だったので、お酒のみは大嫌いでした。
よって生涯絶対お酒は口にしないとその約を心に刻んでいたのです。

私は中学生になってから剣道を始めました。学校の部活剣道だけではなく、実態は道場剣道が主流でした。
中学校の側にある「若竹会」という道場に通っていました。
道場の先生は井之頭先生といいます。新潟の肉寺(儲かっているお寺の意)の放蕩息子で、散々極道をしまくり、命のやり取りもかなりあったようです。あまりに悪行をしすぎ、とうとう逃げ場がなくなってしまい、身の安全を計るために、軍隊に下足(ゲソ)をあずけたのです。
軍隊ではなぜか憲兵になり、中国に渡りその職掌から坑日中国人ゲリラの首を100人は落としていたとのことでした。
戦後無事帰国したのですが、上述の通り中国で大殺戮をしていたことから、C級戦犯の嫌疑がかかりました。
さすがに13階段に登るのは嫌だったようで、国内を逃げ回り、結果とある小学校の用務員に身を潜め事なき得たようです。
武道は、剣道6段、柔道3段、居合3段、空手2段、合気道2段という猛者でした。

しかしこの井之頭先生が日本剣道連盟最大のヤクネタ(度外れ者)でなおかつ酒乱ですごかったのです。

剣道の試合の会場で、午後からの試合の始まる前に右翼の大物の立会遊説会がありました。
たまさか先生はトイレでその大物と朝顔で隣り合わせになりました。
先生はおもむろに隣の右翼の大物のイチモツを覗きこみ、なんだ!エラそうな演説しているが、息子は縮こまっているじゃないか、そんな輩(やから)の話しなんぞ信じられるか、とその大物に気合をいれました。
大物は激怒したのですが、先生のイチモツを見返したら、なにもいえなかったとのことです。
しかしトイレの外ではその大物の親衛隊が数多く詰めており、世が世なら簀巻きになって隅田川に浮かんでいたのかもしれないのですよ、からむ相手を全く選ばないというのはすごいことです。

先生は職場まで原チャリで通っており、帰宅はいつも酒気帯び運転です。
たびたび検問で捕まるのですが、そのたびに、日本剣道連盟の井之頭です、お役目ご苦労様です、と敬礼して通り過ぎるのですが、これがまた警視庁と日本剣道連盟との大軋轢になりました。
そりゃそうですよ、いくら日本剣道連盟と警視庁が紐帯の関係にあるとはいいながら酒気帯運転を敬礼で見逃していたら法治国家は成立しません(笑)
結果井之頭先生は日本剣道連盟から行状不見識とのことから除名になっています。

そんな先生の道場で剣の道を究めているわけですから、当然のことながらお酒は飲まされています。
先生の持論は、男子は15歳で元服、いわゆる成人だ、よって14歳になったら成人の練習をしなければならない、とのことから、中学校2年の時から、稽古後の茶話会では飲まされました。しかも先生は、ビールは水とのことで日本酒しか飲ませませんでした。
いくらなんでも剣道で鍛えているととはいえ、まだ中学校2年ですから大量の日本酒は厳しいものです。
道場仲間の三分の一は飲み始めて小一時間もすると、トイレで吐きまくっています。
先生はそれが始まるととても喜んで、吐いて強くなるお酒かな、とカンラカンラ笑っています。
飲んでいる最中は高歌放吟です、歌わないと怒られます。
よって飲んでいるか歌っているか手拍子しているかのいずれかの作業に忙殺されます。
そして最後の締めは、全員での立ちション距離レースです。
先生に万が一負けると、若いのになんだ、との説教になります。
なんともすごい話です、しかも実話だけに書いている本人も当時の記憶がよみがえってきて慄然としています。

結局、お酒を飲まないという私の戒めは、なんのことはない中学2年の時に抗(あらが)うこともなく簡単に吹っ飛んでしまっていたのでした(笑)

今日のお店はブラッスリー「フォーメス」です。
ブラッスリー「フォーメス」とは仏蘭西語で居酒屋「燃料」です。
何故かといえばこのお店昔は燃料店を営んでおり、その名残から食べ物で人の体にエネルギーを与えるという願いをこめてつけられたそうです。

住所: 東京都中央区勝どき2-10-2土信田ビル1F
電話:03-3533-0308
休日:日曜、祝日、第三土曜日

フォーメス41
お店の外観です。

フォーメス42
店内の雰囲気です。就活の季節ですが、リクルーターが先輩を訪ねて会社訪問後、昼飯をご馳走してもらっているようです。いいなあ、これから入社の方は夢があって…
これからのリクルーターさんに一言、給料高いところは、仕事がキツイ、これは箴言ではなく真理です。

フォーメス43
前菜のコールスローです。

フォーメス44

フォーメス45
今日のオーダーは「ポークピカタ」@880です。
味ですか、普通「ポークピカタ」は厚めの豚肉ですが、ここは豚薄肉にパルメザンチーズをまぶせてとき卵を絡ませた衣です、しかし下味が弱すぎます。
これでは豚肉の脂っこさが際立ちすぎています。折角のブラスリーですのでもう少し塩味と胡椒で味を整えたほうが美味しいと思います。
ピカタの上にかけられたトマトソースも酸味が強すぎて、折角の豚肉の甘さを損ないます。
久々にすべりました、あまり外れのないお店だけに残念でした…

それでは(^_-)

続 勝どき そば助

今日は「政治家の奥さん」の話です。
大統領時代、クリントン氏と夫人は、地方の遊説に出かけます。ヒラリー夫人の故郷を通りかかった時です。ガソリンスタンドの経営者らしき男が、夫人に親しげに手を振ります、
「昔のボーイフレンドよ」と夫人も手を振り、やや嫉妬を覚えたクリントン氏が皮肉にまじりにこういいました。
「へー良かったね。君があの男と結婚していたら、君は今ごろこの田舎町でガソリンスタンドをやっている男の奥さんになっていたんだね」するとヒラリー夫人は「何も分かってないのね。私があの男と結婚していたら、彼が今ごろ大統領になっていたのよ」と言ったというような逸話があります。
この話いいですよねやはり男は尽くしてくれる女性と結婚しなければいけませんね(笑)

そば助21
あいも変わらず私事ネタですが、大事にしていていた穴八幡「お守り」を失くしてしまいました。財布の奥深くしまっていたので、落ちるわけもなく不思議不思議の落し物です。さりとて大事にしていた「お守り」がなくなるのは耐え切れず、今週の休日に穴八幡にその「お守り」を再度求めにいこうと予定していました。
ところがこころが昨日深夜仕事疲れに鞭打って帰宅の途中、駐輪場でなにやらキラキラ光る四角い物体があります。目を凝らしてみるとなな何と私の穴八幡「お守り」が駐輪場のレールの間に挟まっているではありませんか、信じられませんね「お守り」が戻ってきたのです。それにしても駐輪場のレールの間に挟まっていたなんて…奇跡です。
推定で五日間はそこに挟まっていたと思います、穴八幡の神様すいません、爾後は今まで以上大事にしますから神罰を与えないでください。
それにしても良く物をなくしますが、運が強いのか必ず戻ってくる人ですね(笑)

今日は勝どき「そば助」の割引チケットがあるのを思い出し「そば助」に再訪です。
そば助22
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
電話番号:03-6318-5566
定休日: 年中無休

そば助23
今日のオーダー「鳥そば」@350です、まあ割引券を使用したので普段は@850です。

そば助24
味ですか、前回食したときは「蕎麦」は良く水で締められてなく、「出汁」は妙なエグミがありペケポンでした。しかしかかし今日はこの欠点が調整されていました。美味しいじゃないですかhappy01、特に鶏肉はホッコリしていていけます。出汁も虎ノ門「港屋」さんの風味に近づいています。田舎そばも良く冷水で現れていてシャキシャキしており合格です、これなら満足ですね。
でも冷静に考えると、「蕎麦」に@850か考えてしまいますね、そんな吝(けち)くさいこと言っているから神様が財布から逃げ出すんだって…それはいえるかも(笑)

それでは(^_-)

勝どき 旭鮨総本店 晴海トリトン3F店

今日は「ニンニク」の話です
今日奥様の東北旅行土産の青森県田子町のニンニクを焼いて食べました…なまら美味いべさニンニク(笑)
古来、寺院の山門には「葷酒山門に入るを許さず」と記されていました。「葷」とはニンニクのことです。酒とニンニクは仏道の妨げになるので禁制の品になっていました。
ニンニクの語源も仏教用語の忍(ニン)辱(にく)に由来しています。辱を忍んで食べる食物だったのですね。なぜこんなにニンニクが悪くいわなければならなかったのでしょうか。要するに、ニンニクを食べ過ぎると精力がつき過ぎてしまうからです。
ニンニクの強精作用は、アリシンという成分にあります。この成分は肝臓病、糖尿病、動脈硬化も役立つそうです。

旭鮨総本店1
日曜日だというのに今日も一日中会社にて仕事で喜んでいます
ということで今日はネタなしのため、昨日勝どきに行った際のトリトン内「旭鮨総本店」が今日のお店です。
お店の外観です。お子様鮨があまりにも安いので、ついつい食指が伸びそうになりました(笑)

旭鮨総本店2
折角の機会ですので、トリトン名所の天井画のパチリをアップしました。ちなみに真ん中の穴は、明り取りです(為念)

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 3F
電話:03-5144-8244
休日:無休

旭鮨総本店3
お店のメニューです。

旭鮨総本店4
今日のオーダー「山芋とろろいりちらし」@1.000です。宝石箱みたいで綺麗ですね…私はこのようなチラシが大好きなのです(マジ)

旭鮨総本店5

旭鮨総本店6
ネタは鮪、サーモン、烏賊、玉(ギョク)、胡瓜、高野豆腐、カイワレ大根、山芋とろろです。味ですか全くというのは冗談ですが美味しくありません
私はたまにトリトンに来ることがあって、その際はこのお店で接待を受けることがよくあります。しかしその時供されるお鮨はホッペタが落ちそうなくらい美味しいのです。分かりやすく申しますとこのお店は貧乏人は来てはいけないのです…勿論私も含まれています。
こういう日もあります(笑)

それでは(^_-)

勝どき ブラッスリー「フォーメス」 3rd

今日は「いくら酔っても」の話です
まえから飲むと気が大きくなる性癖があり反省することしきりなのですが、久々に恐ろしいことをしました。
早朝酷い寝汗で目が覚めました。
何か昨日酔って変なことしたのかなと胸に手を当ててもなかなか思い出せません(笑)
昨夜を遡ってみましょう
昨日は仕事が溜まりすぎて休日出勤するしかないなと嘆息していたら、取引先からお誘いの電話がありのでソソクサと飲みにいき、洋食屋に行き、居酒屋に行き、締めでさらに居酒屋に行き…あれれ真面(まとも)に覚えているじゃないですか。どこに問題があるんだと頭の中を反芻すると昨日の悪行が忽然と起動したのです。
最後の居酒屋で隣のオジと話し込んでいたのですが、このオジどんなに楽しそうに話していても目が坐っているのですね。このテの面相はデカさんかヤーさんに多いのですが、まさかヤーさんじゃないよねと思いながらどうでもいいことを話していました。
話の合間にこのオジ煙草に火をつけます、そのとき私の目はそのオジの左手に釘付けになりました。あれ指の数が4.5本しかないじゃない、小指を工場作業で落としたのかなと思いしばらく凝視していたら切断面がキレイではありません。ということは工場作業経験者ではないなということが即座に判明しました。
さらに私はそれを見た後何を考えたのか「エンコ飛ばす時って、痛みはどうなのですか?」とヘラヘラと聞いています。こらこら相手様をみてものいえよと自分にいったのですが完璧にトランス状態なのと酔っているので止められません。
一般客がくるお店なので組事務所に連れて行かれることないなと妙に安心してさらに話こんでいましたら、このオジすごく偉い方なのですね。何故分かったかといえば会社の名詞を見せてくれたのです。この業界の組織図でいえばN0.2 の方でした。
ちなみにこの業界の金ピカ名詞を見たのは生まれて初めてです(笑)普通の会社でいうと執行役員クラスなのでしょうか?
皆様も楽しそうに話していても目が坐っている方は、警察関係者かその方々が取り締まる業界関係者の二通りしかありませんので注意しませう。
しかしかかしこわしの話ですね、本当に五体満足で帰れて良かった(笑)

フォーメス31
今日のお店はブラッスリー「フォーメス」です。
ブラッスリー「フォーメス」とは仏蘭西語で居酒屋「燃料」です。
何故かといえばこのお店昔は燃料店を営んでおり、その名残から食べ物で人の体にエネルギーを与えるという願いをこめてつけられたそうです。

住所: 東京都中央区勝どき2-10-2土信田ビル1F
電話:03-3533-0308
休日:日曜、祝日、第三土曜日

お酒を飲むとパチリをしなくなるので今日の紹介メニューは少ないです。

フォーメス32
枝豆@400です。とても豆が甘く結構でした。

フォーメス33
ほうれん草のキッシュ@450です。これは何度食べても美味しいですね。高級なパイを食しているような感じです。欧州人は毎日このような美味しいものを食べているのでしょうか。

フォーメス34
チキンのマカロニグラタン@880です。これも美味しいマカロニのプリプリンした弾力、深みのあるベシャメラソース最高です。チキンもジューシーで美味しいですhappy01
何度来てもこのお店最高です

それでは(^_-)

勝どき そば助

今日は「本の虫干し」の話です
貝原好古著「日本歳時記」には曝書、書物の「虫干し」について書かれています。その方法とは以下の通りです。
新しい筵に、表紙を下にして干す事。良い天気であろうとも、一日に一度だけにすること。朝よりさらし、午後二時頃には取り込め。家の中に並べて熱をさまし、一夜おいてから、翌朝箱に収めよ。
およそ書をさらす時は一度に多くをさらすべからず。急に天気が変わって、本を台無しにする事有り。それともう一つ、本が多いと、家の物が嫌がり、飽きてしまってつい乱暴に本を扱い傷める。
確かに本が多いと家人は嫌がりますよね・・・思いあたります(笑)

さらに「虫干し」の話です。一木喜徳郎という古い政治家の少年時代の話です。この人は第二次大隈内閣の文相、法相を勤めた方です。
初夏のある日、母親に書物の虫干しを勧められました。兄は素直に従ったのですが、喜徳郎は耳を貸さず遊んでいました。母親が文句言うと「では虫干しをやります」と答えて、やにわに着物を脱ぎ、真っ裸となり、日差しの中に仰向けに寝ました。母親がたしなめると「なあに、書物は皆読んでしまい、一字一句をこの胸にしまってあります。書物は虫が食っても一向に構わない」と嘯いたそうです。
こういう子供は育てたくありませんし、多分我家にはいないはずです?
【たとえばの楽しみ 出久根達郎著】より参照

いわゆる汗牛充棟(引くと牛が汗を流すほどの重さ、積むと家の棟に届くほどの多さの意⇒蔵書が非常に多いことのたとえ。また、多くの書物)ですか、たしかに本をためると紙魚(しみ・本にたかる虫)がつくので虫干ししなければなりません。私は結婚するまで立派なこの汗牛充棟少年でした。しかしかかしこのDNAは恐ろしい事に我豚児に遺伝していたのですね(笑)
血脈とは恐ろしいものだということを感じる今日この頃です。

今日のお店は勝どきにオープンしたばかりの「そば助」です。
呼び込みのお姉さんが通常@850円の冷肉そばがオープン記念で@500円になるというのでB級グルメとしてはたまらず入ってしまったのです・・・単な金欠症?

そば助1
お店の外観です

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
電話番号:03-6318-5566
定休日: 年中無休

そば助2
店内の雰囲気です。

そば助3
冷肉そば通常は@850円ですが上述の通り今日は@500円です。

そば助4
卵がFreeです。

そば助5
つけ出汁です。

そば助6
このお店は虎ノ門の「港屋」のコピー店と思われます。味ですか、コピー店の割にはいまひとつです。
つけ出汁がラー油と胡椒を大量に投入されているのでそれなりに刺激的ですが妙な酸味があって美味しくありません。それに蕎麦の冷やし方がいまひとつです。このような刺激的なつけ出汁を使うお店は、お蕎麦をしゃっきりと冷やすのがお約束だとおもうのですが?
いずれにしても今後の精進に期待しましょう。

それでは(^_-)

勝どき 都川

今日のお店は勝どき「都川」です。
都川1
お店の外観です。
このお店は再訪です。前回は短冊うな丼を頂きましたが美味しくありませんでした

住所: 中央区勝どき1-7-1
電話:03-3534-8607
定休日:第一・三日曜日

都川2
今日の獲物の「焼き鳥丼」@800です。
このお店は悪しき昔の下町の雰囲気が踏襲され横溢しています。
といいますのも今日初めてのお客様がこのお店に来られて、うな丼のコース毎の料金を確認しました。このお客様が知りたかったのは値段によって味が変わるのかどうかと、さらにどのコースに肝吸いが付くのかどうかでした。
するとこの質問で奥様がキレたのです。
多分値段で味が変わると言われたのでプライドが傷つき激怒したのしょうね。下町っ子としては奥様の憤りはよくよく分かります。
一般的にうな丼の松竹梅は味ではなくなくて量ですものネ
しかしせっかくの初めてのお客様の質問ですから、丁寧に説明するのも味の内だと思います。

都川3
味ですか、味の前に短冊うな丼同様焼鳥の数を数えてみました。相変わらずの量の少なさです、ちなみに今日の焼鳥はこの大きさで八個でした。その分海苔は多いのですけれど(笑)
味ですが肉が固く臭く全く美味しくありません。下町の大先輩に対して誠に失礼ですがこのお店は、「俺っちの味が分からネエ客は二度と来るな!」という感じです。このAirではお客が満足して帰ることは無理でしょう…残念です。
昔の下町にはこのようなお店は多かったと記憶していますが、今でも殷賑を極めているお店はありません。これはお客商売の冷徹な事実だと思います(失礼)

それでは(^_-)

勝どき Vialetto(ヴィアレット)

今日は「トマト」の話です。
真っ赤な姿で菜園やテーブルを彩どるトマトは、今や日本人にはすっかりお馴染みの野菜です。
その起源は古く、起源前には南アメリカ、アンデス山脈に自生していました。それを人の手で栽培し、食すようになったのは1000年頃のことです。
ペルーではチェリートマト(ミニトマト)が栽培され、その後メキシコに伝来、改良され大型トマトが誕生しました。そして、コロンブスのアメリカ航海をきっかけに、1520年代に欧州に渡りました。カラフルな果実を見てイタリア人は「ポモドール(黄金の林檎)」と呼び、フランス人は「ポム・ダムール(愛すべき林檎)」と親しんだそうです。
日本では江戸時代に唐柿、珊瑚珠茄子と呼ばれ、園芸種として愛でられたそうです。
ちなみに日本で食されたのは明治に入ってからのことです。
【家庭で作れる野菜のあれこれベランダの味 タキイ種苗】より転載

トマトですね、最近美味しくなりました。昔はあまり美味しいとは思わず、幼少の頃の私は偏食だったので砂糖をまぶせて食べていました。

今日のお店は美味しいイタ飯クッチーナVialetto(ヴィアレット)です。
お店の名前はイタリア語で「小路」だそうです。まさしく「小路」という名前に相応(ふさ)わしいロケーションにあります。
これまた勝どきに忽然とできたと思っていたら、2007年1月という説もあり、要は私が知らなかっただけのようですネ。

ヴィアレット1
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき4-1-2シャンポール1F
電話: 03-3532-4127
定休日:月曜日

ヴィアレット2
お店のメニューです

ヴィアレット3
今日の獲物「「ワンプレートランチ」@900です。内容はスープ、サラダ、パン、副菜それにムール貝とズッキーニのトマトソースです。

ヴィアレット4
スープとパンです。スープはコンソメスープでした。上品なコンソメでした。のっけから美味しいheart02これは期待持てそうですhappy01

ヴィアレット5
副菜&ムール貝とズッキーニのトマトソースです。ここの調理は麺を茹でてから予め湯煎してあったスープにからめるやり方です。麺はお約束のアルデンテです。
ムール貝は細かく刻んでいるのでショキショキ感が高まりイケます。ズッキーニも薄くスライスしてあるので一服の清涼感が楽しめます。それにつけても芳醇でトマトの甘みを忍び込ませたこのパスタソース最高です。こんな美味しいイタ飯屋さんがあることを今まで知らなかったのは何かスゴク損をした気分です。
また行きます

それでは(^_-)

勝どき T.J’S BAR

今日は「落とし物」の話しです。私は良く物を落とします。しかしかなりの確率で何故だか出てきます。去年も飲んでいて財布を落としたのですが、信じられない偶然が重なって出て来ました。
実は今年3月1日に又々財布を落としました。爾来約二ヶ月たったので今度はブーメラン伝説もさすがに続かずと諦念したのです。
土曜日の夜に見た夢は財布が出てきた夢で、日曜日は朝から正夢正夢とはしゃいでいたのです。
しかし世の中そんなに甘い訳ではありません。仮にそんなブーメラン伝説が続いたとするならばただでさえ反省しない性格ですので、これこそお天道様はお許しするはずもありません(笑)
しかし二度ある事は三度あると申しましょうか、今日マジに正夢となったのです。本当に本当に信じられません。今回こそ衷心より反省してこの僥倖と二ヶ月ぶりの豊饒に感謝したのでした(マジ)

今日のお店は忽然と勝どきに現れた「T.J’S BAR」です。
お店の外観です。
J's BAR1

住所: 東京都中央区勝どき4-4-91F
電話番号:03-6682-2888
定休日:日曜日

J's BAR2
本日のランチメニューです。Raaa麺&diningと書いてますよね。ラーメンに自信ありと読んだのですがミニライスorバスケット付という件(くだり)に紛(まが)い物の匂いを感じ取りカレーにしました。すみません食べもせずに決め付けてm(__)m…今度ラーメンを食べにいきます。

J's BAR3
お店の中です。要はBARなのですね、かなりインテリは凝っていてお洒落です。

J's BAR4
今日の獲物「スタンダードカレー大辛+唐揚付」@850です。サイドメニューは唐揚、そぼろ、野菜の三択です。ここのカレーは豚骨スープで野菜とスパイスを煮込んだ本格カレーです。

J's BAR5
味ですか…難しいです。確かに大辛はお店の人が言うようにそれ程にも辛くないのですが、やはりパンチ不足といえるでしょうか。それと辛さが頭を痺れさせる辛さではなく喉にくる辛さです。おもわず咽(むせ)てしまいました。
カレーの味はよくワカリマセン。このお店スパイス関係は努力しているような気がしますが今一といわせてください…ルーに深みが無いような気がします(失礼)
それとカレーで@850は高いと思います。
今度自慢のラーメンを食べに行きます(余露死苦)

それでは(^_-)

続 勝どき 月源

今日の話は米国の食生活です。
米国ではマックのスーパーサイズ等を常食にしている輩(やから)がいて巨デブが増加しています。
そのため一部の州の消防局では巨デブさん達を搬送できないので従来のWサイズの救急車とWサイズのストレッチャーを発注し始めました。
またその真逆で激ヤセの人も増加しており、成人男子でありながら25kgにも満たない人がいます。食べないと痩せてしまうので同じくマックのスーパーサイズ等を何セットも食べ続け一日の総カロリーは6,500cal以上にもなるといわれています。このぐらい食べてもBreak-Evenで太らないそうです。

月源11
これが米国のマックのスーパーサイズセットです。
e.g.
米国スーパーサイズ フレンチフライ198 g⇒日本のMサイズは 135g
米国スーパーサイズ ドリンク1,060 ml⇒日本のMサイズは 325g


今日のお店は勝どきサンスクエア「月源」の再食です。
月源1
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-4036
定休日:多分日曜日?

月源12
今日の獲物は「煮込み定食」@750です。

月源13
ここのホルモンは、マルチョウ(うらホルモン)をメインにフワ(肺)、テッチャン(大腸、上ホルモン)等を良く掃除をして濃いめの味噌味(アジソミって読まないでネ)で美味しく炊き上げています。脇役の大目のネギ、蒟蒻も頑張っています。

月源14
味ですか…美味しい〜happy01
タマリマセン、特にマルチョウの脂身癖になります…既に中毒になっている(マジ)
脇役の蒟蒻、ネギも充分にアクセントになっています。冒頭のようになりたくないので普段はできないのですが、一年に一回位はW盛を頼んでみたいと思っている今日この頃です。ただしフワ抜きでネ、最近気がついたのですが私はフワがあまり好きでないようでした(ハイ
ちなみにハイは肺にカコツケタのですが…クドイすか(笑)

それでは(^_-)

続 勝どき たなか 5TH

睡眠は一種の「仮死」といってよいだろう。
人びとは、毎夜に死んで、翌朝に生き返る。
生きるためには前夜の死が必要というわけだ。何とおもしろいことではないか。
そしていきものの営みとは、何と矛盾をふくんでいることだろう。
生きるために食べ、食べつつ生きて、確実に、これは本当の死を迎える日へちかづいてゆく。
おもしろくて、はかないことではある。
【池波正太郎 「一年の風景」より転載】

良く「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」って言いますよね。
これは
人生はすべて夢まぼろしの連続である。どんな人間も五色の皮で包まれている。この身もひと皮むけば骸骨でしかないではないか。どんな美人でも死ねば白骨だぞ。
早く目を覚ませと、年をとるほどあの世は近い、骨になる前に目を覚ませ(喝)
ということらしいですね。
多分私なんか死ね直前当りでこのことに気がつくのかもしれません(笑)
何か今日は線香臭い…何故かしら?




今日のお店は勝どき「たなか」です。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話番号:03-5548-3188
定休日:水曜日

今日のお店での常連さんとお店の奥様との会話です。
オジ「ここのところ胃の具合が悪くてさ定食は食えねいや、納豆とアサリだけ大盛の味噌汁と小盛ご飯にしてよ」
オネ「エッ本当ゥ
オジ「いくらでぃ」
オネ「800円
オジ「オカズは納豆だけなのに高くねぃかい」
オネ「お店の値付けは経営方針に則(のっと)ってつけているのョ、お客は高いの、安いのとかいう四の五のはいえないんだから」
オジ「感じぃ悪い店だな、帰ろうかな(笑)」
勝どき「たなか」はこんなアッケラカンとした感じのお店です。
この常連さんは意に反して結局「銀鱈定食」を頼まれました。

たなか51
今日の獲物久々の「刺身定食」@800です。
刺身は、マグロ、イカ、タコ、金目鯛、平目、帆立です。これにアサリの味噌汁、香の物、サラダ、大盛ご飯が付くのですよ…このお店最高です。
味ですか馬鹿ウマです合格合格合格合格合格

それでは(^_-)

勝どき しなそば家

今日はいつも行く居酒屋さんのトイレにある川柳の紹介です。
・ヒラで終え町内会で役員に
・円高を実感したいが円がない
・胃が痛いされど休日絶好調
・送別会主役がさって盛り上がる
皆さんはどの川柳に共感しましたか

しなそば家1
今日のお店は行列のできるラーメン屋さん、勝どき「しなそば家」です。

住所: 東京都中央区勝どき3-5-14
電話番号:03-3531-9565
定休日:祝日

しなそば家2
今日の獲物は「辛ネギそば」@730です。ここは客あしらいが悪いので評判のお店です。個人的にはそうは思わないのですが、店主が潔癖症なのか店内がキチンとしていないと気がすまないようです。よって荷物を脇に置いたり、コートをテーブルの下に入れたりするとお店のお姉さんから学級員的な指導が入ります。それ位はいいんじゃないのかと思うのですが、このお店では駄目なのですネ(笑)

しなそば家3
味ですか…これは難しい。私はここのスープ好きですが、体調によっては駄目な日もあります。要はお店と私とのお互い様な関係ですが基本的には脂っこいと思います。晒しネギはどこでも同じ味ですのでNo Commentです。麺はシコシコ麺で好きです。チャーシューはトロトロで美味しいですhappy01 ここの出自どこだったか思い出せないのですが、確か銀座の有名ラーメン屋だったような気がしたのですが、今度聞いてきます

それでは(^_-)

続 勝どき 安べえ

昨日のBlog は「萬盛園」さんに大分立腹していた様で恥ずかしいですね(笑)ということで今日は肩の力を抜いてHotchpotch(ごちゃ混ぜ)のブログにしてみました。

まずは下町トリビアネタです。

下町の銭湯ではよく刺青をした方と一緒になることが多かったのですが、刺青って普通は3ヶ月から半年位かけて完成するそうです。それを短期間で彫るとその人の一番弱いところに影響を及ぼすらしいのです。例えば髪の毛が弱い方はたちまち禿げ頭になったり、歯の弱い人は歯がガタガタになって抜け落ち入れ歯になったり、目の弱い人は視力が急激におち眼鏡が必要になったりします。だからといってモンモン(刺青)をしょった顔のデッサンがオカシイ人、所謂ブ男の方に「早彫りしたのですか」と聞けば、大川(隅田川)に浮かびカモメさんにお目目を突つかれるのは間違いないでしょう(笑)

瓶ビールを飲むとき王冠をコンコンと叩くのは、冷蔵庫が普及してない頃の泡の出やすかったビールの名残だそうです。その頃冷えてないビールをいっぺんに開けると泡が吹き出してくるので、コンコンと叩くと大丈夫だという迷信なのです。良く亡き父がやっていましたが、その当時は既に冷蔵庫が普及していたのでこのオマジナイは効果を表していました。そもそもは冷えてないビールにしていたオマジナイの残滓だったのですね…知らなかった。

次は昨日合羽橋で求めたコンロとセラミック網の効果です。
パチリの通りとても効果がありました。これはたまらなく美味しいhappy01イケます。
しかしこんなに美味しく焼けるとは、気分はマジに和風割烹店です。しいていえば美味しくて食べすぎてしまうことですかね。パチリはしなかったのですが氷下魚(コマイ)は特に美味しかったですね、たまらずホッペがおちてしまったので一緒に焼いて食べてしまいました。
安べえ1
これは「イカ焼」です。美味しそうでしょう(笑)

今日のお店は勝どき「安べえ」です。半年ブリの再訪です。



住所: 東京都中央区勝どき2-14-2
電話番号:03-3531-4711
定休日:土・日・祝実

安べえ2
今日の獲物「大もりそば」@550です。頼んだら5秒でてきました。
エッ作りおきですか、ここのご主人はこれだけはしないと信じていたのに…残念
でも仕方ないですよね、偶に来るB級何チャラの客に目線は合わせられませんものね・・・商売商売

安べえ3
これは決して嫌味ではないのですが、私が良く行く地元「やぶ重」の「大もりそば 」@580です。お蕎麦の輝きといい量といい味といい「安べえ」さんを完璧に凌駕しています。やはり比較したのは失礼でしたかm(__)mゴメンナサイ

それでは(^_-)

勝どき 銀蕎麦国定 

実は私の実家のそばに「東京スカイツリー」が誕生しますので、今日は「東京タワー」の話です。下町っ子のほとんどは「東京タワー」に行ったことが少ないと思います。
私たち下町っ子は「東京タワー」って田舎の人が行く場所と妄信していました…いわゆる見に行くのは「格好悪い」っていう感じですか。だから誰も積極的には行きませんでした。さらにいつでも行けるさという安直な思いと、それとは裏腹に下町から「東京タワー」まで電車で30分位もかかるので面倒くさいと思っていたのかもしれませんネ(笑)

ここから東京タワーのトリビアです。
1. 東京タワーの高さ333Mは水戸(北)、銚子(東)、沼津(南)、甲府(西)をサービスエリアとするために必要な高さを計算した為であり、開業年と同じ3並びになったのは単なる偶然だそうです。
2. 「東京タワー」の名称ですが、一応公募で決まったのですが応募数が最も多かった名称は次の通りです。
(1) 昭和塔
(2) 日本塔
(3) 平和塔
で応募総数86,260通のうち「東京タワー」は233通と少数でしたが審査会において徳川夢声氏が強烈に推し「東京タワー」になったそうです。個人的にはこの「東京タワー」が一番あっていると思いますが如何でしょうか。

今日のお店は「銀蕎麦国定」勝どき店です
国定1
もう春が訪(おとない)を入れています…Spring has come

国定2
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき2-110
電話番号:03-6268-2715
定休日:日曜日

国定5
店内の雰囲気です…結構シックです

国定3
メニューです。まずまずリーズナブルな値付けですか

国定4
本日の獲物「十割蕎麦大盛」@700です。申し訳ないのですけれど私は蕎麦の味ってよく分かりません。よって美味しいのかどうかとはコメントできないのです。しかしこの「十割蕎麦」は美味しかったですねhappy01
でも大盛でこの量はRubbishです…いくら蕎麦の香りが良いからってこの量で@700は高いとおもいます。

さらにここの店員(アルバイト?)さんて変です。
まずお店に入り席を探していたら、手ではなく顔をしゃくって席を案内しました
私「お兄さん、もしかしたら私の上司ですか(笑)」
店員さん「ハヘー」
私「お店でお客さんに席を案内するのは手で示した方が感じいいよ」
・・・・
お蕎麦を食べ終わって蕎麦湯を飲もうとしていたら熱いので冷ましていましたところ
店員さん「もうこのお盆下げてもいいですか」
私「お兄さん、私は今何をしようとしているのか分かっていますか」
店員さん「ハッ」
私「蕎麦湯が熱くてのめないので冷ましているのですよ」
店員さん「???」
私「お兄さん、申し訳ないけれどお兄さんは蕎麦屋というかサービス業では働いちゃいけないと思うよ」
店員さん「すっみません」(意味不明)

こういう若い人の行動規範って多分親の「」に連関するのでしょうね、でもこれはこれで逆ギレされ殴られなくてよかったのでしょうか(笑)


それでは(^_-)

勝どき 月源

今日は英語の話です。
「What time is it now?⇒今何時ですか」は「掘った芋いじるな」と日本語でいうと通じるのは有名な話ですが、逆もあります「もしもし⇒Hello Hello」は「Wash machine Wash machine」と言えば日本人に通じると英語圏の人はいってます・・・これは自分で試してみたのですがOKでした。
ところで「Don’t touch my mustache(私の髭をサワルナ)」はどういう日本語の発音でしょうか(笑)

今日のお店は勝どきサンスクエア「月源」です。
月源1
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-4036
定休日:多分日曜日?

月源2
ランチメニューです。

ここから先はパチリでご覧下さい。

月源5
今日の獲物「煮込み定食」@750です。刺身と揚げ物が美味しいと聞いていたのですが、隣のオジが食べていた 「煮込み定食」に目が移りこれを注文しました。

月源4
やや辛目の味噌仕立てに本当によく掃除された大腸と小腸とブツブツの蒟蒻が入っています。味ですか・・・最高です合格合格合格合格合格
特に小腸は甘味のある油がしっかりのって、とろける美味しさでしびれました。森下の「山利喜」が洋食系煮込みの頂点とするならば、ここ「月源」は和食系煮込みの頂点でしょう。同じ月島「岸田屋」に近い味ですが、「岸田屋」と違ってここは清潔感あふれ料金もリーズナブルですので私は勝どき・月島系ではここをお勧めします。

結構ヘラで書いていますので、少しハショッタみたいです・・・こういう日もあります(笑)

最後に冒頭の答えは「どういたしまして」です。
これは少し無理がありますよネ

それでは(^_-)

勝どき ユキ 夜編

ナポレオン、ビル・ゲイツ、バラク・オバマ、チャールズ皇太子、宮本武蔵、石原慎太郎この人達は皆左利きだそうです。
昨日2月10日は「左利きの日」だそうです。0(レ)2(フ)10(ト)と日本語と英語が混じった語呂合わせからきたそうです。
【日経新聞 春秋より抜粋】
知らなかったな(笑)

今日のお店は変わっています。
まずメニューがない、たしか刺身、焼魚、肉の3ジャンルの内から一つが選べます。
選ぶとマスターの気配りのコース料理が供されます。
料金とコース内容が分かりません。
昼間のランチを食べに来たことがあるのですが、味はよいのですが量が多すぎてお腹がくちくてエライ目にあいまいした。よって量が明示されないのはとても不安です。
店内を見回すと先客達はいきなり鍋料理を食べています。
こりゃ食べられないと判断するとともに入ったことをすこし後悔し始めました。

今日のお店は勝どき「ユキ」夜編です。
住所: 東京都中央区勝どき4−11−9
電話: 03−3533−5741
定休日:日曜日

夜も量が多いのが判明し頼んだものは「肉コース」です。
ユキ11
突き出しのゼンマイ?の紫蘇よごしです。紫蘇のプチプチがタマリマセン。

ユキ12
お新香

ユキ13
昆布巻き

ユキ14
卵焼き・・・この「お新香」「昆布巻き」「卵焼き」の三点盛だけでも結構量がありますね(笑)

ユキ15
麦焼酎フルボトル@1,000です。これはお店のHPからサービスチケットを持ってくると、ボトルが半額になります

ユキ16
メインディシュのフライの盛合せです。コロッケとメンチです。いずれも揚げたてで美味しいのですが、実はこれ量を半分にしてもらったものです。
今日は何故かメインディッシュをだしてから、マスターが買出しに出かけ暫くの空白が生まれました。結果この料理を全部食べてしまいもうこの段階でお腹がパンパンです。
もしこの後ご主人が帰ってきて、更に料理が続くと、死ぬ恐れがあります(笑)
その恐ろしさに勝てる勇気もないのでソソクサとお勘定をお願いしました。
二人で合せて@4,200です。
安いのかどうかは分かりませんが、私たちみたいにグルマン系でない人間にとって精神衛生上よくないお店であることは良く分かりましたshock
でも冷静に考えると量少なくしてもらえばよいのですが、デフォルトがわからないと頼めませんよね(笑)

それでは(^_-)

勝どき ユキ

お腹がはち切れそうになった夢をみたのには訳があります。
昨日勝どきの東京タワーズの方に仕事があり何気に入ったお店「YUYKI(ユキ)」に起因するのです。

今日のお店はキッチン&バー「YUKI(ユキ)」です。
このお店勝どきでは一番古いお店らしくて、今のハワイフリークのマスターはこのお店のおバアサンの孫です。もともと店名の「YUKI(ユキ)」はおアバさんの祖母が当地で美容院をやっておりその当時にオバアサンの名前「ユキコ」から店名がつけられました。今のように飲食店になったのは昭和42年からだそうです・・・詳しい

しかしお店の雰囲気は体育会そのものです。
例えばマスターが「生姜焼きハイルよ」というと、奥様が「分かりました」と必ず呼応しています。もしその応対がなければフライパンでぶっ飛ばされそうな雰囲気が横溢しているのです、今時珍しい(笑)

ユキ1
お店の外観です・・・さすがに勝どき一番の老舗の雰囲気がうかがえますね(笑)

ユキ2
店内の雰囲気です。これはマスターのHPからコピペした画像ですがこんなにカッコよくもありませんヨ

住所: 東京都中央区勝どき4−11−9
電話: 03−3533−5741
定休日:日曜日

ユキ3
今日の獲物は「ナポリタン」@800です。最初は付きだしのスパサラダです。丁度良く冷やされており美味しい。野菜もシャキシャキして申し分ありませんhappy01

ユキ4
ナメコの味噌汁です。マスターの奥様が絶えず塩加減をチエックしています。これは美味しい合格合格合格合格合格・・・この段階で「ナポリタン」を頼んだことを後悔し始めました。
これだけ味噌汁が美味しいのなら「生姜焼き」か「海鮮丼」にすれば良かったのかな、しかし後の祭りです
私が食べているときオバアサンは内の「海鮮丼」は美味しいのよといわれ、配膳される刺身の盛り付けを見ていてナルホドと得心しました。

ユキ5
本日の目玉「ナポリタン」です。平打麺ににんじん、たまねぎ、ベーコン、ピーマンで炒めています。味ですか・・・喫茶店風ではなく本格的な味付けです。少し酸味が強いような気がしましたが、これは好き好きなので読み流してください。

ユキ6
問題は量です。オープンキッチンなので作るところが見えるのですが最初二人分を作っているのかなと思っていましたら、どうやら一人分らしくて・・・さすがにこれは残すなと思い、盛り付けは半分にしてもらったのです。これでも食べても食べてもヘリマセン。おバアサンは「勝どきは体を使う人が食べに来るのでこの位の量がなければネ」とのたまいますが、私はB級グルメであってグルマンではないのでとてもシンドイ思いをしました。
次回連食することがあれば「生姜焼き」にしようと思う今日この頃です

それでは(^_-)

勝どき 続 まんぷく苑

いきなりですが、このお兄さんあまりにも背が高すぎませんか(笑)
まんぷく苑1


今日は夕方中途半端な時間で仕事が終わり大門の旦那と飲みに行こうと電話しましたら、何と大門の旦那は風邪っぴきでお誘いを断られ、仕方なく池袋でフラフラしていました。すると偶然なのか大宮のオジサンから携帯に電話がはいりました。

オジサン「どこにいるの」
私「池袋だけど」
オジサン「おれも池袋にいるんだよ。今日接待があるんだけどその始まる前まで飲もうよ」 
私「鯛焼屋なら付き合いますよ」
オジサン「エッ鯛焼屋で飲めるの
ということでお酒の飲める鯛焼屋「ひなの郷」 に行きました。
店主のじっこさんは「笑点」で有名な落語家さんの次女です。
同じ下町っ子なので短い時間でしたが楽しい下町を話題とした会話をツマミにして呑み呆けました。

その後大泉学園の「点点」で中国語の勉強をしながら夕飯です。なんか忙しい夕方でしたね。


今日のお店は勝どき「まんぷく苑」です。
部下のお兄さんとお嬢さんとで入りました。

お店の全景です。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-2989
定休日:不明

ここから後はパチリでご覧下さい。
まんぷく苑2
今日の獲物「カルビ丼」@900です。味ですかかなりイケますね。肉も柔らかく少し甘辛な味付けですが、しっかりと肉に染み込んでいます。味を引き締める為のコチジャンもイケます合格合格合格
これはお勧めできますしかし肉とご飯の量が多すぎて私みたいな細身の人間には少し余します。割と大食い自信ありのお嬢さんもこれには参りましたわとのコメントです。
でもこういうものだから、あえてB級グルマンといってもよいでしょうネ(笑)

それでは(^_-)

勝どき ブラッスリー「フォーメス」

今日は土曜日ですが仕事で会社です。
ちょうど昼前に仕事が終わったので、月島「健楽」にいきました。すると「おざわ家」のマスターがチャーハン定食を食べていたのでご挨拶、なんか世の中狭くしているなと思う今日この頃です。

今日のお店はブラッスリー「フォーメス」です。
ブラッスリー「フォーメス」とは仏蘭西語で居酒屋「燃料」です。
何故かといえばこのお店昔は燃料店を営んでおり、その名残から食べ物で人の体にエネルギーを与えるという願いをこめてつけられたそうです。

住所: 東京都中央区勝どき2-10-2土信田ビル1F
電話:03-3533-0308
休日:日曜、祝日、第三土曜日

ここから後はパチリでご覧下さい。

フォーメス1
ほうれん草のキッシュ@450です。これは馬鹿ウマhappy01、私はあまりキッシュの美味しさって分からなかったのですが、これを食べてよく分かりました合格合格合格合格合格
イングリッシュパイ(海老が入ったホワイトソースにパイ生地をかぶせたもの)といえばそれっきりですが、まるでお菓子のような食べ物です。是非お試しください。

フォーメス2
マルゲリータ@800です。これはそれ程のサプライズもなく・・・でもイケますよ

フォーメス3
塩漬け豚肉とソーセージのキャベツ煮込み@860です。豚肉のホロホロさが秀逸です。少し多めにマスタードと合わすことで味が高まりますヨ、寒い日には最高です。

フォーメス4
フライドポテト@550です。ビールのおつまみの友ですか。熱々の内にお召し上がりください。

下町B級ブラッスリーの頂点でしょう(自信アリ

それでは(^_-)

勝どき 勝鬨亭

路地にひっそり繩暖簾店内入れば洋食店。
見つけるのも一苦労、路地裏の小さな実力店


以上はこのお店の惹句です。
確かにこのお店を偶然に見つけるのは困難でしょう。
今日のお店は勝どきで行列のできる洋食店「勝鬨亭」です。
勝鬨亭1



住所: 東京都中央区勝どき2-6-2
電話:03-3534-5933
定休日:土、日、祝日

お昼前に着いたのですがすでに列ができていました。それでも待つこと二十分でお店に招き入れられました。
行列ができるはずです(笑)店内はカウンター席五人(椅子は六席ですが全員座るとかなり窮屈なので)、テーブル席×二席六人の計十一名しか座れないのです。
調理場はオーナーシェフ一人で揚げ物、肉料理、カレーを作ります。これでは混むわけですね。
今日の獲物は決め打ちのボークガーリックステーキ@950です。
勝鬨亭2
お値段が勝どきにしてはお高いような(笑)

何でこの料理を選んだかといえばやはり洋食といえばグリルものだからです。
ここのシェフはお客様客の注文を一つ一つ出際よく手がけサクサクと調理します。
その手捌きの早いこと早い事・・・でも少し怒りっぽいですね、奥様と思わしきお店の配膳のかたに時折小声で怒鳴ります。また自らも「チクショウ」との怒声も上げられます。
基本的にこういう威圧感のある店は好きではありません・・・感じ悪いじゃないですか。

オープンキッチンでしたのでジーーつと見ていたら、いよいよ待ちに待った私の料理が作られます。フライバンに油を引きフライパンが高温で焼かれます、香り付けのにんにくが投げ入れられます…アレレ投げられません
即に小麦粉を身にまとった豚ロース肉がフライパンの上に静かに置かれました。下面が程良く焼き色がついたようなのでひっくり返されました。
味付けはどうするのでしょうかと見ていましたら、冷蔵庫から青色の樹脂の容器がだされました。エッ!ボークジンジャーじゃないのだけれど…しかし私の肉は手際よくそのソースに絡められ綺麗に盛り付けられ供されました。

勝鬨亭3
味はガーリックソースでした

ランチタイムで忙しいので仕方ありません。少し期待が多すぎたのかもしれません。
早速一口を頬張ります。ウウッ!ソースが辛すぎますというかショッパイですね、これに追い打ちをかけるかの様に肉が硬〜い
一体全体勝どきの名洋食店はどうしたのでしょう。
行列ができるくらいですので、全体としては美味しいのですがね、個人的にはもう少しお店の中に和みがあればよかったのにと思います。
配膳の女性の方も少しトゲトゲシイし・・・

これなら同じ勝どきにあるブラッスリーフォーメスでお気楽に洋食を食べた方がよかったなと思いました(残念)

それでは(^_-)

勝どき 津波

勝どきに行列のできる洋食屋があるということで行きましたら、まだ12時40分だというのにランチタイムがクローズしています。
しかたなく最近できたラーメン屋さんに行きました。
今日のお店は「津波」です。
津波1


11月にオープンしたばかりですが、ほとんどの人が知りません。仄聞によるとスープがヌルイとか・・・

住所: 東京都中央区勝どき2-5-10
電話:03-6228-2630
定休日:日曜・祝日

このお店ラーメン激戦区である新宿のラーメン屋で修行をしたご主人が満を持してオープンした魚介系ラーメンのお店です。よって店の名前も海を髣髴させるということで「津波」になったのです。
スープがヌルカッタのは事実のようで・・・お客様からも指摘されなおしたようです。
津波2
味ですか。マズマズです。麺は硬めでモチモチしておりイケます。魚介系スープは透明感あり申し分ありません。当然の事ながらスープは熱々に直っていました。

津波3
トッピングもイケます。半熟卵も美味しい。
ただ全般的にスマートですが、これは魚介系ラーメンなのでしかたないかもししれません。

それでは(^_-)

勝どき 池のや

今日は土曜日ですが仕事で会社にいき、その後明日で打切りとなってしまう江戸東京博物館で開催されている「浅草今昔展」を見る為に両国までブラリしました。
浅草今昔展


「浅草今昔展」はスベリましたね、全く面白くなく・・・私は昔の浅草のたたずまいを写真で紹介されるものかと思いましたら、ただ単に浅草の生い立ちから始まって今日までの歴史物語でした。

それでも二つトリビアネタがあります。
一つは浅草の雷門って確か松下幸之助さんが昭和35年に寄進されたものと思っていましたが、実は1965年(慶應元年)12月12日浅草田原町よりの失火で雷門及び山内支院14カ院が消失し、その後95年ぶりに復興したものなのです。
私はよく下町通を気取って、雷門って昭和35年にできたものだぜと嘯(うそぶ)いていましたが実は復興されたものだったのですね。ちなみに請負ったのは大成建設だそうです。

二つ目は関東大震災時の東京の地層断面です。

これを見ると上野→皇居→池袋→新宿→下北沢→和光市→吉祥寺の順に高くなっており、そういわれてみればこの高度差があるから江戸の上水は下町まで流れてきたのだなと納得したしだいです。
BlogPaint


これはオマケの浅草電気館のレプリカです。昔はこんなに綺麗だったんだ。
今じゃ賃貸マンションなので面影はありません。見にくいですが、浅草電気館を上の方から見下ろした構図で撮ったパチリです。



今日のお店は勝どき「池のや」です。
昨日食べに行きました。


住所: 東京都中央区勝どき3-7-10
電話:03-3531-0948
定休日:日曜・祝日

今日の獲物は「特製ネギトロ丼」@780です。


私はネギトロってマグロの切り身をサラダ油で混ぜ合わせて作ったイメージが強くあまり頼みません。しかし「池のや」さんには良く飲みにいきますし、ほとんど裏切られたことが無いので珍しく頼んでみました。

まずこの品揃えすごいですね。ネギトロ丼、春雨、野菜とイカの炊き合わせ、味噌汁、香の物で@780とはコストパファーマンスは高いです。
味ですか・・・これについては見事に裏切られたのです。脂臭くシツッコイ味です。まあネギトロ丼といえばこんなものなのかもしれませんが、「池のや」さんの実力を知っているだけに残念でした。それと酢飯にした為かご飯が冷えておりこれはいただけませんネ

ここのところ刺身系はスベッテばかりいるので煮付け系にすれば良かったと思う今日この頃です。

それでは(^_-)

勝どき 幸屋

知らない間に秋が訪ない(おとない)を入れていました。
お取引様に行く途中の林道の「曼珠沙華」が早くも陰りをあらわしていました。



今日のお店は勝どき横浜家系ラーメン「幸家」です
住所: 東京都中央勝どき2-6-5
電話番号:03-3531-4869
休日:日曜・祝日

今日の獲物は「中盛ラーメン」@700です。


味ですか半年振りの訪問ですが、な何ととても美味しくなっていました。
理由はスープの温度が上がったことです。
スープは家系でもともと美味しかったのですが、いつもヌルクテ今一だったのです。
しかし今日は熱々で美味しいのです(当たり前!)
麺は中太チヂレ麺でこってりスープにまとわりツキます。トッピングのホウレン草のエグミもよいアクセントです。チューシューは相変わらずパサパサチャーシューなので捨ておきましょう(笑)
今日は本当に美味しかったですね

しかしこの店接客が相も変わらず良くないですね。
ご主人が休日に右翼街宣活動を趣味?としているのことから強面であることは間違いないのですが、お客様に注文をとるときに「何すんだよ」は・・・ドン引きになりますよオジサン(怒)

それでは(^_-)

勝どき 安べえ

昨日はお取引様とヘラヘラにのみ気がつけば電車がありません。
仕方なくTAXIで帰路についたのですが、途中財布にお金がないのに気がつき銀行の前で停めてもらいお金を下ろしたのです。

次の朝財布を見直すと一万円足りません
どうしたのかなと昨日の事を思い出そうとしたのですが、昨日はヘラヘラなので思い出せません。
そして次の仮説をたてたのです。
運転手に二度とりされた
TAXIの中で落とした
TAXIおりてからさらに飲みにいった。

どれもピンときません。
今日給料日だったのでWEBで入出金を確認していたら次のお取扱内容がありました。
それは「振込 イチブトリワスレゲンキン 9.18アツカイ」です。
なな何と取り忘れていたのですね。しかしATMに飲み込まれていたとは、さらに深夜だったので次の人が来なかったのですね・・・こういうのをツイテルというのでしょうか、複雑な心境です。

今日のお店は勝どき「安べえ」です。



住所: 東京都中央区勝どき2-14-2
電話番号:不明
定休日:不明

今日の獲物は「大もりそば(@550)+ツユかけニンジン天麩羅(@100)」@650です。


味ですか美味しからず不味からずです。特筆するのは値段ですこのオーダーで@650は安いと思いませんか。
まさかお店の名前が「安べえ」だからですかね。

昔は「牛乳屋」さんだったらしいです。ここのご主人結構口うるさいのです。
この間22:00頃遅い夕食を食べていたら、隣の一人で呑みにきたビジネスマンお酒を聞こし召したのか、ウツラウツラ舟を漕ぎ始めました。
するとご主人「寝るんだったら家に帰りなよ、うちは蕎麦喰うところだ(怒)」一喝したのです(恐)
皆ビジネスマンは疲れているんだから、ましてそんなに混んでないんだから、少しくらい寝かせてやってもいいような気がしましたが・・・

それでは(^_-)

続 勝どき 輿

キリンの首は高いところにある葉っぱを食べたくて首を伸ばそう伸ばそうと日々世代を超えて努力してきました、その結果キリンの首は長くなったのです。
今日の生物学においてこのような説明の仕方は否定されています。
一見、この説は合理的に見えますがしかし致命的なのは生物そのものに苦労して獲得した特性(この場合努力で首が長くなること)は次の世代に伝達しないのです。

キリンの首が長くなったのも、偶然に起きた遺伝子上の変異であり、それが繁殖に有利に働き現在にいたるというMissing-link(失われた輪)説が正しいのです。
まあここまでは高校の生物で習ったのでご承知だと思います。

そしてここからは私の知らなかったことなのです。
一流ハンマー投げの選手の子が再び一流ハンマー投げ選手に、不世出の名騎手の子がまた不世出の名騎手になる、これは遺伝なのかとお思いきやどうやら遺伝ではないようです
これは一見DNAが伝わっているように見えますが、実はプロを育てる「環境」が伝えられただけなのです。
一流となる人は一流になるための特殊(練習方法等)な時間の中に長いこと身を置いています。その特殊な時間を一流の子弟達は一緒に共有するのです。
例えばそれが一日三時間練習するとして、一年に千時間、それを十年に亘って継続し、その極限的な努力の上にプロフェッシヨナルという形質が獲得され、それを敢えて強要する環境が××二世を作るのです。福岡伸一「パラレルターンパラドックス」より転載。

そうかハンマー投げの室伏選手はお父様からの遺伝なのかと思いきや、育った環境と本人のたゆまぬ努力の結果だったのですね・・・

今日のお店は 「輿」 です

住所: 東京都中央区勝どき5-3-9
電話番号:03-3531-5413
定休日:土・日

連荘(レンチャン)でいってしまいました。
ところが明日休みということで、刺身が早々と売り切れており失意の中で残念乾杯が始まったのです。



最初はトマト焼きです。プチトマトを豚バラで包んで焼いたものですが。
口の中でガブリとしますと、トマトの甘い果汁がプシューと口の中に広がります。
これは美味しい、豚バラとトマト実は相性が良かったのですね。



煮込みです。昨日も美味しかったのですが今日もいけました。
美味しい理由は、なな何と6回も湯コボシをして余分な油分を取り除くからだそうです。
甘辛にしたのは昔からしているので深い理由はないそうです。
でも食べなれるとこの方が、モツの味が良く分かる感じがします。


アップ図です。


お店のお品書きです。和洋なんでもありしかも安いですね。



イカのミリン焼きです。これはほのかに甘くしかもパリッとまるでYシャツの糊掛けみたいに作られています。これまた美味しい。



そして昨日オバサンが絶対食べてよといわれた「ジャンボかき揚げ」です。
大きさを見てくださいすごいでしょう(笑)
オバサンにこんな大きいかき揚げを揚げる鍋ってないんじゃないのと聞けば、その通りらしくてどうやら少しずつヘラで伸ばしてあげているそうです。
味ですか、不思議なことにこの大きさなのに全然油っぽくなく、カラット揚がっていてとても美味しいのです。特に玉ねぎと桜海老の相性抜群です。
でもこんな大きいのは食べきれません。今日は三人でいったのですがそれでも全体の半分位でギブでした。隣の席のお姉さんグループいわく、前回女の子5人で挑戦したのらしいのですが、食べきれず少し残したそうです。
これはアブナイ食べ物ですね(笑)

それでは(^_-)

勝どき 輿

昨日知人の通夜に行きその後意地汚く飲んだため今日はひどい二日酔いでした。
今日こそ真っ直ぐ帰ろうと思っていたら、同僚から九時頃お誘いがあり飲みに出かけたのです。

今日のお店は勝どき最強の居酒屋「輿」です。


お店の名前はご主人が「輿水さん」さんだからです、分かりやすい(笑)
奥さんいわく勝どきで一番古い居酒屋だそうです、そりゃお店の中見れば分かります。

住所: 東京都中央区勝どき5-3-9
電話番号:03-3531-5413
定休日:不明

今日の獲物は刺身盛@1,500です。これで@1,500はお得です


刺身の中身は中トロ、キンキ、ホタテ、しめ鯖です。魚は河岸で直に仕入れてくるのでみな新鮮で美味しいですね。特にキンキ最高でした。キンキについていえば先日の三崎の「くろば亭」より今日のは美味しかったですね

日本最強の「煮込み」@450です。


丸腸、しま腸、ハツモトなどいろんな部位が入っていいます。たしかに美味しいのですが・・・「魚仁」「岸田屋」に比べるとパンチがいま一つかなという感じです。
甘辛い味付けのせいかもしれませんね。どちらかというと山の手風「上品煮込み」という感じです。

そして洋食メニューの王「メンチカツ」です。



これはカラット揚がっていますが、少しくどいかな・・・でもソースでドボドボしたら味が深まりました。

ということで今日はカルメで終わらせていただきます。

それでは(^_-)

再 勝どき たなか

えつ東横線桜木町駅がない」で始まるのには訳があります。
本日17:00に日吉にあるお取引様との打ち合わせがあるのでJRで桜木町まで来てそこから東横線に乗り換えて日吉にいこうという行程を組んでいた私にとって、東横線桜木町駅がないことは信じられませんでした。
通りすがる色々な人に聞いても東横線桜木町駅は消え去ったようです。
さらによくよく聞いてみると、中華街まで行く「みなとみらい線」ができた時、東横線「桜木町駅」と「高島駅」はクローズされたそうです・・・まったく知らなかったですヨ東急サン(怒)

パシフィコ横浜です。このビルの上部に女神がいるそうです。しかしここからは見えないですネ(笑)


日本丸です。こんな写真取っているヒマがあるならSplashさん、早くお取引様にいけばいいのにね(怒)

そして日吉でのお取引様との打合せが終わった後、日吉の焼鳥屋さんで後恒例の乾杯反省会です(喜
しばらく飲んでいましたらお取引様がお店のお兄ちゃんに
お取引様「これと同じ煙草買ってきてよ」
お兄ちゃん「私は未成年でありますので、お客様の代理で煙草を買うことはできません」
お取引様「そっか、お兄ちゃん未成年なのか」
というヤリトリがありました。
私は二つ驚きました。
一つは焼鳥屋さんのお兄ちゃんの言葉遣いです。
なんとキチンとしているのでしょう。
よくよく聞けばこのお兄ちゃんは慶應の剣道部の一年生で、代々ここの一年生はこの焼き鳥屋さんでアルバイトをし、そして剣道の稽古の延長線で「躾」、特に「言葉遣い」はここのご主人から厳しくご指導されているそうです(成程)
もう一つは煙草が20歳からしか吸えないことです(本当に知らなかった・・・吸わないからかな)北の湖部屋の露鵬さんはロシアでは14歳から国家公認でマリファナを吸っていたそうなのに・・・

今日のお店は勝どき「たなか」です。
住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話番号:03-5548-3188
定休日:水曜日

今日の獲物は6人限定の「刺身定食」@800です


今日は12時に入ったので念願の「刺身定食」は食べられないと思っていたら、ナナ何とあったのです。
SUGOKU TSUITERUです。

本日のお刺身です
drawing

ここの刺身定食食べたら他の刺身定食食べられませんね(笑)
アサリのお味噌汁も美味しいし、タマリマセンでした。
この幸運が次にも続くことを祈っています(マジ)

それでは(^_-)

続 勝どき たなか

今日西武沿線のお取引様にいくので、西武線ひばりヶ丘にある「ラーメン二郎ひばりヶ丘店」行こうと思っていたら二日酔いで食欲なく断念しました(近々行こう
今ラーメン二郎を通いつめるファンをジロリアンというそうな。
そして三田本店のオジサンを「総帥」と呼ぶそうな。
知らなかった。

年がわかってしまうのですが、始めて食べた頃「タダ麺」が確か@140で小ブタが@160だったと記憶しています。初めの頃あまりに安いので「タダ麺」なのかと思っていました。
当時の思いでとしては、オジサンのメガネの縁が壊れていて、そのため絶えメガネがずズリ落ち、そのたびにメガネをズリアゲながらラーメンを作っていた事が思い出されます。
そして丼がたまると何処からともなく奥さんが現れ丼を洗い、丼を洗い終わるとソソクサと帰ってしまうのでした。
ラーメン二郎オジサン
しかしあのオジサン当時何歳だったのだろうか、意外と若かったりして・・・
最近のオジサン(総帥)です。老けましたね。深川の生まれだとか・・・
当時は美味い日と不味い日が結構はっきりしていて、「タダ麺」食べるのは一種のギャンブルでした(笑)

今日のお店は勝どき「たなか」です。
住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話番号:03-5548-3188
定休日:水曜日

この間刺身定食食べ損なったのでリベンジです。




drawing
これにサラダとあさりの味噌汁とご飯がついて@800は絶対に安いです。
特に今日は新さんまの刺身が非常に美味しかったのです。油がこれ以上のったら下品というギリギリの線で止まっており、口の中入れるとツルリ溶けてしまうのです。
又あさりの味噌汁も秀逸でした。
息子さんが夏休みでお店の手伝いをしていましたが、計算すると奥さんが20歳の時のお子様だったのですね(幼妻か?)

それでは(^_-)

勝どき 都川

ここのところ食欲がないというか、食べるのが面倒くさいのでお昼は捨て鉢になっています。といいながらも何か食べなくてはいけないということで、今日は鰻を食べました。
死んだ父親も鰻がすきで、近場では南千住の「 尾花 」によく連れて行ってもらいました。子供の時私はこのお店嫌いでした。なぜかといえば注文してから料理がでてくるまで小一時間かかるので、その間子供だから飽きますよね、仕方なく父親は繋ぎに鰻巻きとジュースを頼む分けですから、それでお腹がチャポチャポになってしまうのです。
折角鰻ができた頃には、満腹?で鰻の美味しさなど分からなくなってしまうからです
今日ネットでみたらムチャ混みのお店になっていたのと鰻重が@3,000台とセレブのお店になっていました。

今日のお店は勝どきサンスクエアにある「都川」です。

住所: 中央区勝どき1-7-1
今日の獲物は「鰻丼定食」@850です。
最近の鰻屋さん原産地証明が必要なようです。
<

味ですか海苔で隠れて見えませんが、30×50mmの鰻の短冊が六切れです。


@850だから仕方ないとしても、味です。
蒸しが弱いのか、それとも関西風に焼きだけなのかパサパサしています。
旨味もいまひとつですネ

二人とも下町っ子なのでお店には「住吉神社」の夫婦での祭礼の写真が飾ってあります。しかし奥さんの神輿の写真腰が入っていませんね。
半分以上はぶら下がり担ぎです。
チョット残念でした
しかし勝鬨橋の開橋の写真も併せて飾ってありこれには感動しました。

それでは(^_-)

勝どき たなか

本日は三本足歩行(松葉杖)ネタからです。
今日は三本足通勤二日目です。すでに筋肉パンパンで手の平には豆ができてきました(マジ)
疲れが溜まっています。
公共の施設には至る処にエレベーターがありますが、場所が必ずしも近くにないので、仕方なく禁断のスカレーター(超危険)を使用せざるを得ません。
いきなり乗るのは危険なので、短いエスカレーターで練習してから実践です。
何とか乗れるようになりました(ヤッタ

そして大クレームも何とか乗り切ることができ愁眉を開くことができました。
怪我してなかったら、多分今日はヘラヘラに飲んでいたのでしょうね(笑)

今日色々なことがありました。
電車の中でペルー人の海兵隊グループにつかまり、20分程東京の観光地の説明をさせられました。
もう少し分かりやすくいうと、英字の観光ガイドを見せられこの観光地に行くのはどの交通機関を利用して行くのかと、浅草と富士山を今日中に見るのにはどうしたらいいのかとか、東京タワーにお寺は付帯しているのかとか、横浜と東京タワーを一緒に見たいとか枚挙に暇がありません。
馬鹿者!日本は箱庭ではないぞ(怒)といいたかったのですが、お人好しのキャラの為それもいえず、車中で記念写真まで撮らされてしまいました(反省)

そのあと新御徒町に電車が滑り込むと、扉の前にどこら見ても○キ(すみません差別用語です)のオバサンが立っていたのでした。
エッと驚いているうちにドアがあきホームにでると、突然強い照明を浴びました。
何とTV撮影でした。そしてその○キのオバサンは島倉千代子さんでした。
さらに右に視線をずらすと、石膏のような顔色(要は白塗り)でオカッパ頭に雪だるまのような横一(眉毛)書いて黒点(目)という女性が立っていました。ちなみにこの女性は和田アキ子さんでした。
思わず見世物小屋かと見まごうばかりのオドロオドロしさでしたネ。
しかし何ていうかスゴイ化粧でした。あれで街中歩けるのだから、スターは偉大です(笑)

前振り長くすみません。
今日のお店は「たなか」です。
住所: 東京都中央区勝どき1-17-1勝どきサンスクエアB
TEL:03-5548−3188
定休日:水曜
そして獲物は「カレイの煮付け」@800です。


味は少し濃かったですけれど昼定食のオカズですから丁度良いです。コッコ(卵巣)もギッシリ詰まっていて申し分ありませんでした。よく煮付けたゼラチン質も多くあり煮付けはこあうあるべきという一品でした。

店に入ると、親父さんが私の痛々しい姿を見て、「可哀想だね(悲)何もしてあげられないけれど、煮付け1.5盛(写真の奥の魚肉)にしたのでこれ食べて元気出してよ」と気合を入れてくれました。
ありがたいですね(感謝)
今日のお昼は下町の人情が詰まった、ホッコリ定食でした。

それでは(^_-)

勝どき「ぽっぽ屋」

今日は勝どき「ぽっぽ屋」です。
板場の人が最近ミャンマー人から日本人に変わって多少味が安定してきました。
しかし店内スタッフはあいもかわらずミャンマー人です。
何が問題かって、トッピングが通じません。
野菜多め、玉ねぎ普通、ニンニク少なめ、味少し濃い目と頼むのですが何故か最後だけが通じません。ほとんどが味濃い目になります。
別に外国人労働者を蔑視しているのではありませんが、通じないなら紙に書かせて欲しいものです。


味ですか、80点です。これで味が濃くなければ90点です。後10点はスープがぬるい(怒)
何故なんだろう?
それでは(^_-)

札幌ラーメン「どさん娘」

今日は勝どき札幌ラーメン「どさん娘」です。
このお店には思い出があります、それはラーメンではなくTVアニメです。
丁度ミュンヘンオリンピックの前年の頃です。
たし〜か「ミュンヘンへの道」というアニメドラマがありました。
よく日曜日19:30ころ、私の亡くなった母と幼い弟と妹で実家の近くの札幌ラーメン「どさん娘」にいっていました。
父は日曜日?ですから、どこぞのお店で御酒を頂いていたようです(怒)。
でも家族四人のホッコリとした父を除いたこの親和時空がたまらなく私は好きでした。
全日本の松平監督がアニメ中によくいっていた「ネコ、オーコ、ヨコ」のフレーズが今フラッシュバックしています。

ということで今日の獲物は「カレーラーメン」です。


本当は上述の通り札幌ですから、味噌ラーメンを食べたかったのですが悪い癖でオバチャンとメニューについて話し込んでいたら「カレーラーメン」になってしまったのです(アホチャン)。
味ですか、美味しかったです。
特にシャキシャキモヤシがたまりません。
でも食べた時間が15:30ですので、空腹の影響も多いにあるでしょうね。
早く仕事をまともしないと、そのうち死にます(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ