下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

勘違い

丸の内 きじ 11th

今日は「勘違いされど勘違い」の話です
yjimage
祖父母と同居している幼稚園の女の子の話です。
お彼岸の日に、おばあちゃんからぼたもちを仏壇に持っていてチンしてねと言われました。
彼女は、言われたとおり、電子レンジでチンしてから仏壇に供えたそうです。
するとおばあちゃんからチンの音がしないけれど、と言われたので彼女は、ちゃんと電子レンジでチンしたわよ、というとおばあちゃんは、あらまぁ、仏さまに熱々のぼたもちを供えたの、と言われたので、彼女の頭には大きな???のマークが浮かびました。
そこでおばあちゃんは、ぼたもちを仏壇に備えたら鐘を鳴らしなよとお願いしたんだよ、と丁寧に教えてくれました。
おばあちゃんが小さい頃は電子レンジがありませんでしたから、このような勘違いは想定外だったのでしよう・・・

Mv
今年は例年なる花粉症になりません。
てっきり花粉症が治ったものだと思い喜んでいました。
今日、ちがう病気で病院に行った時にその旨を先生に話しましたら、笑いながら、一度花粉症になったら治らないわよ。今年は花粉の飛散が例年に比べて少ないだけよ、ですと。
良かったです、家族に「治ったぞ宣言」をしなくて・・・

img_40b370
子供の時の勘違い
「A級ライセンス」のことを、「永久ライセンス」だと思っていて、更新する必要がない一生ものの資格だと勘違いしていましたが、ある時に「B級ライセンス」があることを知り自らを訂正しました。
良かったです、誰にも言わなくて・・・

父親は「ぶしょうひげ(無精ヒゲ)」の事を「武将ヒゲ」だと私に教えていました。
だから男は土日にはヒゲを剃らなくて良いんだと豪語していました。
これは全く疑うことなく信じていました。
完璧に騙されました。

運動会のときに言う、選手宣誓の「せんせいっ!」はずっと「先生!」って呼びかけているのかと思っていましたが、先生がなにも応えないので不思議に思っていました。
今でも「先生!」でもいいのかなと思っています、嘘です。


三線でベンチャーズメドレーを弾いてみた



IMG_9803
今日は東京駅に出没です。
コロナウィルスにはお好み焼き屋で免疫をつけます。
同僚と行きました。
今日のお店は「きじ」さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_9781

IMG_9785
お店の外観です。

IMG_9792
店内の雰囲気です。

IMG_9782

IMG_9784
メニューです。

今日のオーダーは、スジポン@612、モダン焼き@1,462、ミックス焼き@1,426、ちから@1284です。
店内はベトナム人スタッフで溢れています。
焼き方にもベトナムスタッフが入っています。

IMG_9787
座って紙ナプキンをの蓋を開けると見慣れたきじの小皿が表れました。

IMG_9789
まずはお疲れさま乾杯です。

IMG_9791
待つこと5分でスジポンが到着しました。
これは鐵板の味わいです。
タレのポン酢がスジのあぶらみとよく合います。

IMG_9794
待つこと10分でモダン焼きが到着しました。
ここの「モダン焼き」はまず焼きそばを炒めるのですね。
炒め終わった焼きそばは、ステンレス製の円筒状の容器にいれて、その中にあるお好み焼きの生地にからましてから、一気に鐵板の上に流し込んで焼くのです。
ある程度焼けたらお客様の前に出します。
ところが私たちの担当のベトナム人スッタフは少しはしょっていました。
美味しいには美味しいのですが玉子が少し私の口には合いませんでした。
さら〜に苦言を呈しますともう少し火を通してから出してほしかったですね。

IMG_9795
そうそうマヨネーズを頼み忘れていました。
これで受け入れ体制が整いました。

IMG_9797

IMG_9798 (2)
待つこと13分でミックス焼きが到着しました。
これは画像でもわかるように火が入りすぎています。
まずくはありませんが、美味しくもありません。
ソースとマヨネーズの力で完食しました。

IMG_9800

IMG_9802
少し足りなかったのでちからを頼みました。
ちからは餅、こんにゃく、ちくわを入れ仕上げに醤油を塗って焼いています。
これは絶ウマです。
お好み焼きに餅はよく合います。
醤油の隠し味が秀逸です・
これからはこれをイノイチバンに頼むようにします。
もといやはりこのお店はモダン焼きかな・・・
ごちそうさまでした
それでは(^_-)

池袋 タカセ 7th

今日は「勘違い」です。
勘違い
「かんちがい炬燵で母の手を握る」ではありませんが、世の中には勘違いが多く発生します。
特に私のような下町っ子は生来のせっかちからしょっちゅう早とちりをして失敗しています。
今日はそのような話を三つほど紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#石不足
先週新潟に行って昼食をとった後、次の打合せまでの時間がかなりあったので、食事をしたお店でテレビを見させてもらいました。
TV画像には、中越沖地震の傷いまだいえない新潟県小千谷市には石が不足しています、というアナウンスの後、岩肌がむき出しの山間部の画像がパンした後ズームされていました。
私は、災害復旧工事用の石が足りないんだな、と思いましたが、妙な違和感が生じてはいたのです。
その後TV画像はお年寄りが多く集まっている病院を映し出したので、私が聞いた「石」は、その実「医師」だったんだなと理解したのです。
この勘違いの原因は、NHK新潟のアナウンサーの発音が悪かったのでしょう。
もしかして新潟弁放送だったりして・・・

#ひがしおおまえ
私の次男が高校に通っていた時の話です。
奥様と次男の定期の話になり、定期はひがしおおまえまで買ってやらないと、学校まで歩く時間がながくなるので可哀想と言っていたのです。私は東京の暮らしが長く大概の駅名なら承知していますが、ひがしおおまえ、という駅名は聞いたことがありません。
最近できた新駅かと思い奥様に、そのひがしおおまえっていう駅は何線にあるのって、聞きましたら、南北線だというではありませんか。
そこですべてが氷解しました。
奥様は、「東大前(とうだいまえ)」を「東大前(ひがしおおまえ)」って読み替えていたのです、ハイ。
東大は日本で一番有名な大学なのに・・・
このような人も世の中には存在するのです。

#美人に見つめられる
オードリー
今週会社の同僚たちと飲みにいきました。
私は所要があったので途中で帰ったのです。
お店をでると、そこには妙齢の見目麗しき女性が艶然と笑いながら、私の瞳に食いついてきたのです。
私は念のために後ろを振り向いたのですが、私とお店の間には誰もいなく、どうやらこの美人の女性は私に用事があるようです。最初はオミズ系のお店のあらたなキャッチかと思ったのですが、その全身から発する気配からはそのような感じがしません。
仕方ないので、右手の人差し指で私の顔をさして、私に用事ですか、と聞けば、そうです、との事です。
私の様子があまりにも宜しいので、恋に落ちてしましまいました、なんて「男はつらいよ」の冒頭の夢想シーンでもあるまいし、と思いながら気を取り直して、その用事とは何ですか。お金ならありませんよ、と冗談ぽくかましましたら、しばらくして、私、今度会社の飲み会の幹事になりました。私の部はグルメの人が多いので美味しいお店でないと怒られそうで、今、貴方様がでてきたお店は「食べログ」でも4ポイント前半のお店でした。そこで実際のご評価をお聞かせいだけましたら、と思いお声掛けさせていただきました。
あ〜ら残念です。
良からぬ想像をしてしまったではないですか。
この様なブログを書いているものですから、懇切丁寧に教えて且つ周辺の美味しいお店も紹介しておきました。
それにしても世の中には思わせぶりな質問をする女性がいたものです、ハイ。


ちよっと考えてしまいますね・・・



IMG_7718
今日は池袋に出没です。
急に報告書を作らなければならず、ゆっくりと仕事ができて美味しい食事ができるお店をさがしました。
その様な要件を満たすのはこのお店しかないでしょう。
今日のお店は「タカセ」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋1-1-4 3F
電話:03-3971-0211
定休日:無休

IMG_7706
お店の外観です。

IMG_7717
店内の雰囲気です。

IMG_7707
メニューです。

今日のオーダー「ハンバーグステーキ&Aセット(カップスープ、ミニサラダ、ライス、珈琲」@930+@500=1,430円です。

IMG_7708

IMG_7709
待つこと8分でカップスープ、ミニサラダの到着です。
カップスープはボタージュです。
コクがあって且つマイルドで美味しいです。
ミニサラダはエッジが立っていたものの、涼感がなく残念です。
このお店のサラダで涼感がないのは珍しいですね。

IMG_7711

IMG_7712
待つこと17分でハンバーグステーキの到着です。
ふっくらときれいに焼き上げています。
さすがですね。

IMG_7714
ナイフをすっと走らせますと、ほとばしるような肉汁が吹きこぼれてきました。
流れること流れること、まるで火山の溶岩のような流れ方です。
二人で来ていたら片割れに切ってもらい、このパフォーマンスを動画に収めていた事でしょう。
本当にクリビツしました。

それでは気を取り直して実食です。
肉は柔らかく且つ弾力があり美味しいです。
ソースはデミグラスソースですが味が深いですね。
美味しいです。
大満足の夕食です。

この後おもむろに珈琲を飲みながら一時間半かけてwordで報告書を完成させました。
後はmailで関係者に送るだけですから本当に楽になりました、ハイ。

それでは(^_-)

築地 魚竹 リターンズ

今日は「勘ちがい」です。
勘違い
世の中、百人百様、それぞれに勘違いがあるようです。
ラジオで拾った勘違いをご案内します。
宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

#モロキュー
私は「モロキュー」をもろ胡瓜と勘違いしていました。
正しくは胡瓜にもろみを付けて頂くものですよね。

もろみとは酒・醤油などの醸造で、原料の混合したものです。
また、それを熟成させたもの。まだ粕(かす)を絞ってないものをいいます。
これはありますよね。

#寒風抹殺
寒風摩擦を寒風抹殺だと勘違いしていました。
凍てつく風のなか乾いた布で体をゴシゴシと拭くことにより寒風を抹殺できると思っていました。

でもこれって正しくは「乾布摩擦」なので、この方はまだ勘違いしいます(笑)
通常人間の体は、寒い場所に行くと、体を冷やさないようにするため、毛細血管がギュっと細くなります。
逆に暖かい場所に行けばゆるみます。
このように人体は血管をコントロールし、血の巡りを良くしているのです。
しか〜し現代人は、冬は暖房、夏は冷房といった状況が多いため、本来人体が行う体温調節ができなくなっているのです。
例えば「寒い」と思って上着を着ると、下半身や手足が温まっていないのに、脳が「全身が温まった」と勘違いを起こすのです。
体は温かくなって頭はボーッとするのに、全身は冷えたままです。
そうなると、内臓や関節が冷え、万病の元となるのですね。
ですから、全身に刺激を与え、血行を良くする必要があるのです。
本当は毎日適度な運動をするのが一番ですが、まぁなかなかできませんので、乾布摩擦で肌に直接刺激を与えるのが効果的なのです。

#葛根湯
「葛根湯」をず〜っと入浴剤だと思っていました。

これは本当ですか?
「葛根湯」は一袋7.5gですから、こんな微量では体が温まるわけもなく、これはあきあらかにモッているでしょう。

#ナイタースキー
「ナイタースキー」とは皆が両手に松明を持って滑るスキーだと思っていました。
たまたま北海道に移住して、友達から「ナイタースキー」に誘われましたが、私はボーゲンしかできないので断りました。松明を持って滑っている時に転倒すれば、全身火だるまになりますものね。

これは分るような気がします。
私も北海道は長かったのですが、実は松明を持って滑るスキーは見たことがありません。
そもそも夜になると冷え込みのために雪質がジョリジョリに硬くなるため、滑りにくい事この上ないです。
スキーは朝一番の親切ちがうか新雪スキーが一番です。
これは本当に気持ちが良いものです!

#人間だけど
小学校の授業で人間の次に賢いのはチンパンジーでその次はイルカだと習いました。
で〜もそれでも小学生の自分よりは、大人のチンパンジー、イルカの方が賢いと思っていました。

これは謙虚ですね。
こういう人って好きです、ハイ。

#雨ツブ
雨が降ると大人の人は窓を開け手のひらで雨を受けて「雨だ」と言っていました。
幼少の時分は、そんな事をしなくても自分は雨ツブが見えたので、これは自分だけの特殊能力に違いない、大人には秘密にしておこうと思っていました。

これは分ります。
実際は雨の強さを手のひらで見ているのですが、こういう勘違いっていいですよね。

#7月生募集
ず〜っと「7月生募集」のような「▲生募集」を▲月生まれの人のみ募集しているのだと思っていました。
自分の生まれつきの募集はいつになるのだろうと絶えず見続けていました。

これはちょっとギリではないでしょうか。
でもこのような勘違いって好きです。

#謦咳に接する
これは私の勘違いです。
「謦」も「咳」も咳を意味します。
間近で咳払いをきけるだけでも幸せであるということから、尊敬する人と直接会ったり、話を聞いたりする事を敬って言う言葉なのですが、なぜ〜か私は咳払いしか聞こえないので、尊敬する人をはるか遠くからしか見ている、即ち直接会う事はできませんが、その人の姿は見た事がある、と今日の今日まで思っていました(笑)
他方で謦咳に接する(けいがいにせっする)とは、明晰な人、偉大な人物から直々に風邪をうつしてもらうという、極めてナンセンスな行為であるという曲解もあります。
その曲解の趣旨は「偉人から風邪をうつされると、ウィルスと同時にその偉人が持っている明晰な思考も感染し、自分もまた偉人になれる」というものなのです。
私の曲解の方がまだ受け入れられるのではないかな、と思います。


海外のドッキリ22(水中からゾンビが・・・)


IMG_8788
今日は築地に出没です。
久々に美味しい焼魚でも食べるかということで訪れたのは「魚竹」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-9-1
電話:03-3541-0168
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_8785
お店の外観です。

IMG_8784
店内の雰囲気です。

IMG_8786
メニューです。

今日のオーダー「銀鮭照焼(ごはん、みそ汁おかわりサービス)」@800円です。
待つこと3分で「銀鮭照焼」の到着です。
この「銀鮭照焼」は、銀鮭焼、ワカメの酢の物、漬物、おみそ汁(油揚げ・一杯目、なめこ・二杯目)、ごはんで構成されています。

IMG_8781

IMG_8782
それでは実食です。
この銀鮭焼、ふっくらとしており、脂のりがよいため身離れがよく焼けていました。
味ですか、すごく美味しいです。
特に皮の直下についている脂身がたまらなく美味しいのです。
この味は他の追従を許さないでしょう。
そして白眉は酢の物です。
こういうのをメリハリある味付けというのでしょうか、まさに江戸っ子の味というような一品です。

IMG_8783
油揚げの味噌汁はよく出汁がとれており、安定した美味しさです。
当然のことながら二杯目のなめこの味噌汁も頂きましたが、こちらも甲乙つけ難い美味しさです。
いつもこのような安定した味、サービスを供するこのお店はmy favoriteであります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ