下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

力道山

神楽坂 鮒忠

今日は「splashな日々」です。
今日は最近撮った画像を主体に纏めました。
宜しかったらお付き合いください。

#これはスゴイ誤字です。
IMG_7373
しかしすごい誤字ですね。
久々なクリビツです。
書いた方は社員研修にいくより漢字研修にいくべきでしょう、ハイ。

#ようおこし。
IMG_7398
これは御堂筋線の心斎橋駅内のトイレです。
さすが大阪ですね。
東京ではこのようなセンスはありません、ハイ。

#オペラに行って参りました。
オペラ
色々な偶然が重なりましてオペラを見に行く事になりました。
実は今迄オペラを見たことがありません。
それなのに超有名な外国オペラをしかも特等席(S席)で予約してしまいました。
さらにさらに家族全員で行く事になったのです、マジです。

そこで足慣らしということで「モーツアルトレクエイム」を観に行く事にしました。
一人では心もとないなので音楽に造詣の深い長男に頼み込み一緒にいったのです。
オペラ歌手は歌の技術を競っているのだそうです。
例えば、ソプラノやテノールなどの歌手は、普通では考えられないような高い声を出します。
しかもそれを立派に歌いきるのです。
例えばスケート選手がジャンプを成功させた瞬間に、私たちが「おおっ!」と思うのと同じように、歌手がすばらしい声を出したときも、私たちは心を揺さぶられるような感動を体験できるのです。
さら〜に難しい高音を出すことだけが評価されるわけではなくて、そこにたどり着くまでの歌の旋律を、いかに美しく優雅に歌えるかを観るのも鑑賞のポイントだそうです。

IMG_7520

IMG_7511

IMG_7514

IMG_7519
約90分間の公演ですが、あっという間に終わってしまいました。
私の持論では、あっという間に終わってしまうものは面白いのです。
加えて人間があのような大音量の声を出せる事を目の当りに見れたのは感激でした。
これでオペラの楽しみ方が分かったので、本チャンのオペラ観劇が待ち遠しくなりました。


I can't even put into words how dangerous this is・・・



IMG_7525
ということで今日はオペラ観劇の流れで神楽坂にやってまいりました。
知っているお店は22時すぎということで全て閉店していまして、唯一食べられるお店として残っていたのは「鮒忠」さんです。今日のお店は「鮒忠」本家神楽坂店さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂5-34-1
電話:03-3260-6323
定休日:無休

IMG_7526
お店の外観です。

IMG_7533
店内の雰囲気です。

IMG_7528
まずは長男とお疲れ様乾杯です。

IMG_7529
付出しのジャガイのにっころがしとホタルイカ@300円です。
画像のとおり光輝いているホタルイカは美味しです。

IMG_7530
ごま塩きゅうり@400円です。
きゅうりはエッジがたっていてこれまた美味しです。
レベル高いですね。

余談ですが、大学の同級生に鮒忠の息子さんがいたような気がします。
ここでちょこっと蘊蓄を・・・
鶏肉はその昔高級食材だったことから、焼き鳥そのものはかなり高級な食べ物でした。
それまでの庶民の間で焼き鳥といえば、ガラ、スジ肉、あるいは雀を使ったものでした。
そこで鮒忠の創業者の根本忠雄さんは 鶏肉を使った焼き鳥の儲けを度外視して売りだしてみると思いのほか売れたのです。
鮒忠
お店のあった浅草千束の目と鼻の先に吉原にも深夜まで売って歩きこれらが相俟ってお店は大繁盛したそうです。
当時の人気プロレスラー力道山も焼き鳥を食べに来ていました。
その後、昭和二十六年頃に安い食肉用ブロイラーが普及すると、 焼き鳥は本格的に大衆の間に広まっていき今日の隆盛の礎を築いたそうです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7532
続きまして「とり唐揚げ(もも肉・皮)」@820円です。
これは中身が物足りなかったのですが、ことのほか衣がカラッと揚がっていて美味しゅうございました。

IMG_7534

IMG_7535

IMG_7536

IMG_7537
締めに頼んだのは「串焼き塩おまかせ10本」@3,400円です。
まかせ10本は、豪傑焼き鳥、ささみ、手羽、レバー、皮、つくねだんご、やげん軟骨、砂肝、ピーマン肉詰め、はつの盛り合わせです。

IMG_7538
焼鳥の取り外しの金具がありました。
これは便利です。

味ですか、やげん軟骨以外はすべて美味しかったです。
とくに豪傑焼き鳥は秀逸です。
ちょっと高いような気がしますが量が多かったので「コスパ良し」と言わせていただきます。
たまには焼鳥もいいものですね。
ちなみに私の幼い頃の食卓にはよく鮒忠さんの「鰻のかば焼き」がおかずになっていました。
酒好きの父が鮒忠で飲んだ後にオミヤとして買ってきたからです。
今は昔であります。

それでは(^_-)

池上本門寺 お休み処

今日は「I can feel signs of spring coming!」です。
春めいてきました。
とはいうもののまだまだ寒いのですが、我らおとぼけ夫婦は啓蟄の如く春の兆しを求め胎動し始めました。
ということで出向いた先は「池上梅園」です。
「池上梅園」は四季折々の風情を楽しむ、丘陵斜面等を利用した閑静な庭園です。
園内には、梅が約370本あり、初春には芳香を放ちながら紅白の花が咲き乱れます。

IMG_9492
個人的にはこの梅園嫌いです。
といいますのも俳句にのめり込んでいた頃、吟行(俳句の題材を求めて、名所・旧跡などに出かけること)にこの梅園に結社の皆と出向いたのです。
そこで我が句をとことん酷評されて、それ以来俳句の筆を折った場所だったからです。
私の句は俳句というより川柳みたいになってしまい結社の諸先輩の方々から嫌われていたのです。
ちなみにその際に詠んだ句です。
「梅見のち冷えを蕎麦湯で温むる」by splash

ということでこれからは画像で「池上梅園」の梅をお楽しみください。
IMG_9501

IMG_9479

IMG_9480

IMG_9481

IMG_9483

IMG_9487

IMG_9488

IMG_9493

IMG_9499

IMG_9494

IMG_9500


その後に日蓮宗の大本山の池上本門寺に足を伸ばしました。
IMG_9516


山門の階段に咲いていた「河津桜」です。
IMG_9530

IMG_9532


そして今回の最終目的地である「力道山」の墓です。
この画像の通りにいけば「力道山」の墓には苦もなくたどり着けます。
力道山

IMG_9518

IMG_9519

IMG_9520

IMG_9522

IMG_9523

IMG_9525

IMG_9524

IMG_9528

IMG_9526
私が読んだ梶原一騎の「プロレススーパースター列伝」の死亡説は以下の通りでした。
暴漢に刺された力道山の腹膜炎はほぼ完治に近い状態まで回復していましたが、腹膜炎を患っている期間の食事は勿論のこと、水の服用も厳しく制限される状態にあったそうです。
ところが食欲が非常に旺盛であった力道山は、空腹に耐えきれず、付き人に行きつけの寿司屋に寿司を注文するように命令し、ついでに酒も買わせたのでした。
届けられた寿司と酒を飲食して空腹感を抑えた力道山だったのですが、生ものである寿司やアルコールが完全に完治しきっていなかった患部に障り、これによって病状が急変、急死したというふうに書かれていました。
戦後のスーパーヒーローではありましたが、最後はなんともなさけない亡くなりかたをされたものです。

ということで今日のお店はフリネタの流れで池上本門寺「お休み処」です。

住所: 東京都大田区池上1-1-1
電話:03-3752-2331
定休日:無休

IMG_9507
お店の外観です。

IMG_9509
店内の雰囲気です。

IMG_9508
メニューです。

今日のオーダー
私は「クリームあんみつ」@600円です。
奥様は「おしるこ」@600円です。

待つこと9分で「クリームあんみつ」「おしるこ」共々到着です。
見た目いずれも美味しいそうです。

IMG_9513

IMG_9514

IMG_9515
それでは実食です。
「クリームあんみつ」は「黒みつ」を好きなだけかけ回しできます。
味なのですが、これが意外に良い味なのです。
つぶあんは豆の香りがほのかに感じられ且甘さひかえめで良いのです。
他の脇役達も各々存在感があります。
美味しいですね、かなり満足しました

IMG_9511
「おしるこ」は熱々でいいのですが・・・
奥様はその熱さを知らずに口にいれたものですから舌を火傷したそうです(悲)
ちょっと甘さがとんがっていますね。
その為にその見合いで塩を投入されているみたいで、私の好きなたおやかな甘さでは
ありませんが、この辺りは好き好きでしょう

そうそう最後にここのほうじ茶美味しいですよ。
ここだけが際立っていました・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ