今日は「前略四谷学院殿」です
私が山手線の大塚から駒込若しくは駒込から田端間で見た極めて正鵠を射ている意見広告です。
あまりのできの良さに皆さんに拡散させていただきます。

pict00
前略四谷学院殿
「なんで、私が東大に」
これは最近、電車の中で見た貴校の広告コピーです。
時代遅れで、子どもの教育にも良くない広告だと思いました。
大正・昭和の記憶力・理解力が重視された時代ならともかく、
今の時代、東大ブランドは世界には通じません。
週刊誌に「東大・京大合格者 高校別ランキング」などが特集されていることがありますが
これも問題だと思います。
「世界大学ランキング」(英THE発表)によると、東京大学は39位、京都大学は91位。
日本で200位以内に入っているのはこの2校だけ。
GDP世界3位の経済大国だというのにちょっと情けないです。
今はグローバル時代。政治ならトランプ、プーチン、メルケルなどと丁丁発止
ビジネス・研究開発でも世界の人たちと議論しなければなりません。
東大に入れるくらいの頭があるなら私は海外の大学を勧めます。
世界には特徴ある大学がたくさんあります。どうせなら
「なんで私がオックスフォードに」
「なんで私がハーバードに」
「なんで私が北京大学に」
くらい言ってみてはどうでしょう。
大学入学は本人にとっては終着駅ではなく始発駅。
海外も含め、たくさんの大学の中から自分のやりたいことができる大学を選び、
社会に出てからも活躍できる!!
貴校がその準備の場となれたら子どもや日本のためにも良いと思います。

この意見広告は株式会社コミーというATM、CVSから航空機等に安全・防犯ミラーを納入している会社が出されています。以下は同社のHPからの引用です。
ほとんどの鏡は自分の顔などを見るためです。
しかし、コミーは自分以外の人や物の動きなどを見る専用の鏡を主に開発してきました。
死を生に変える願いを込めて「死角に気くばりコミーミラー」の言葉を使い続けています。

この意見広告の影響ではないのでしょうが、今年からサンデー毎日、週刊朝日では恒例の東大合格者ランキングを無くして、高校別合格者数に変わりました。
まあこれだけディバーシティー(多様性)が叫ばれていますので、東大合格者のような記憶力・理解力の寵児はすでに時代遅れというか恐竜化してきているのでしょう。
希望大学の不合格は中高受験経験者を除けば最初の青春の蹉跌だと思います。
個人的には、挑戦した結果の失敗なら宜しいのではないでしょうか。
気付きは失敗から始まるからです。
問題なのは狙った大学の挑戦のバーの高さです。
あまりのストレッチは意味がありません。
背伸びすれば届くらの高さが個人的には挑戦だと思います。
東大神話が壊れた昨今ですので、受験生の方は自らのジャンピングボードになるべき大学を受験しましょう。


全日本仮装大賞/バスケットボールの影



IMG_6586

IMG_6585
今日は商都大阪に出没です。
なにや大阪には美味しいカレー屋さんがあるとかで出向きました。
今日のお店は「ポンガラカレー」さんです。

住所: 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急サン広場 B1F
電話:06-4792-8229
定休日:無休

IMG_6572

IMG_6570
お店の外観です。

IMG_6574
店内の雰囲気です。

IMG_6575
メニューです。

IMG_6577

IMG_6578
ポンガラカレーのいただき方。

今日のオーダー「ポンガラプレート&パクチー」@1,180+@100=1,280円(内税)
店内は標準語を駆使するomotenashiモード全開の女性のホールスタッフさんの接客ですでに心地よくなっています。

IMG_6576
待つこと2分でテーブルセットの到着です。

IMG_6579
待つこと5分で「ポンガラプレート&パクチー」の到着です。
見た目スリランカです。

それでは実食です。
まずはカレーの説明です。
これはomotenashiガールの説明を受けたのですが、錯誤・誤謬があるかもしれませんが、その際はお許しください。

IMG_6581
下のカレーはトマトカレー、上のカレーはレーズン豆のカレーです。

IMG_6583 (2)
下のカレーはパクチーチキンカレー、上のカレーはレーズン豆のカレーです。

IMG_6582
下のビーツ赤かぶのパクチーカレー、上のカレーはパクチーチキンカレーです。

IMG_6580
お店の食べ方ルールに則って一通りワンバイワンでいただきました。

IMG_6584
そしてハッチポッチ(ごちゃ混ぜ)でいただきました。
味ですか、ほとんどが始めていただくカレーですので舌が驚いています。
辛くはありません。
スパイスの味が渾然一体となって舌、口蓋、喉を刺激します。
時間差で汗が噴き出てきました。
美味しいかといえばよく分りませんが、個人的には目で楽しむカレーのような気がします。
ごちそうさまでした。

それでは(^_-)