今日は「西武鉄道2ルート使える定期券」の話です
西武鉄道
西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:後藤高志)では、2010 年4 月1 日(木)より、練馬駅以遠の西武線各駅(一部除く)から小竹向原駅経由と西武線池袋駅経由の二つの経由乗車が可能な西武線と東京地下鉄(以下「東京メトロ」)線が一緒になったPASMO 定期券(特殊連絡定期券)を新たに発売します。
これは、行きも帰りも、小竹向原駅経由と西武線池袋駅経由のどちらを利用されても
精算の手間なく利用できるPASMO 定期券で、お客さまのご意見、ご要望にお応えし
実施するものです。また、相互直通電車の利便性向上にもつながります。
例えば、「所沢駅」〜「東京メトロ渋谷駅」までの本サービスのPASMO 定期券を購入
されますと、行きは所沢駅から東京メトロ副都心線直通「渋谷行き」でそのまま(乗り換
え無し)で東京メトロ渋谷駅まで利用し、帰りは、東京メトロ渋谷駅から東京メトロ副都
心線池袋駅で下車してお買い物をした後、西武線池袋駅(始発)から急行で所沢駅まで利
用するといった乗車が可能になります。
この新しいPASMO 定期券発売を記念して年明けの1 月には愛称も募集する予定です。
お客さまのご要望にお応えして誕生するPASMO 定期券をどうぞご利用ください。
「西武鉄道Webサイト」ニュースリリースより転載
実は私、西武鉄道に怒っているのです(怒)
私はまさしくこのルートで通勤しています。
一昨日の10時50分に有楽町線にて小竹向原駅に着いたら、反対ホームにいた西武線「小手指」行きが、小竹向原駅から西武線に乗り換える私達降車客を受け入れず、勝手にさっさと発車してしまいました。いつもは必ず待ち受けてくれて私達降車客を迎え入れてくれるのですが、どうしたんだろう、と呟いていますと、本日有楽町線内にてポイント故障があり、次の西武線接続の電車は定刻より3分遅れて11時23分に小竹向原に到着予定です、との構内アナウンスがありました。オイオイ今何時だと思っているんですか、夜の10時50分ですヨ。30分も構内で待たせるのに、定刻より3分遅れで11時23分ですと、感覚がオカシイですよね。確かに有楽町線の西武線接続がないのであれば新都心線からの乗り入れしかないので、時刻表的には正しいのでしょうが、この場でいうアナウンスではないと思います。やはり最初に30分待たせるお詫びを述べてから次の内容に進むべきでしょう。さらに有楽町線からの西武線乗り入れが無いのであれば、冒頭の西武線「小手指」行きは絶対に私達降車客を迎えいれるべきです。そして一番怒っているのは、有楽町線内を運行しているときに、西武線接続が乱れていると放送してくれましたら、池袋で乗り換えて西武池袋線で帰ることができたのです!もしかすると東京メトロが振替輸送費をケチったのかもしれませが、そんなものなかろうが絶対にその放送を聞いたのであれば乗り換えています!
いずれにしても小竹向原の西武池袋線接続は日陰者です。同様に同駅で分岐している東武東上線接続は破格の待遇です。具体的にいえば西武池袋線接続を1回とすると、東武東上線接続は3回位の頻度で電車が乗り入れます。
もうグズグズいっても仕方ないので、今日のフリネタの「西武鉄道2ルート使える定期券」を購入し、帰りは池袋で乗り換えて西武池袋線にする予定です、たった月/2,000円の追加出費ですもの…(悲)

ここのところ更に仕事が忙しくなり、先週の土曜日から全く休みを取らず働いています。
来年は良い年にしようと、初詣はどこに行くかなと考え廻らせましたが、私の場合は浅草神社裏にある「被官稲荷」と決まっていましたので、考えなくても良かったのですね。
ところで初詣の「人手」って本当に数えているのですね!
数え方は人海戦術にてカウンターを使用し一人一人数える方法、ロープでくぎって人の流れを誘導しているところでは、区切った範囲にどの位の人がいるかを数えて誘導した回数を掛け算する方法、建物のなかに入って着席して祈願した人数をもとに全体の参拝客を算出する方法との三通りの方法があるようです。
ちなみに警察も初詣の「人手」を独自で数えていて、次の年に警官をどの施設にどのくらい配置するのかの参考にしているそうです。
NIKKEI PLUS1「初詣の人手、どうやって数えるの?」より転載

今日は神田に出没です。三田製麺所の「つけ麺」にしようかと思ったのでが、量が多そうなのでPassし、商店街にあったお寿司屋さん「神田いろは鮨」にお邪魔しました。

住所: 東京都千代田区内神田2-13-6
電話:03-3254-6882
定休日:日曜・祝日

いろは鮨1
お店の外観です。

いろは鮨2
店内の雰囲気です。

いろは鮨3

いろは鮨4
今日のオーダー「ランチちらし鮨」@840です。このお店創業30年の老舗です。店内に入るとだだっ広いのにお客が誰もいません、時間的には13時10分ですのでコアタイムは外れたものの異常です、すかさずボトル置場に目をやりますとソコソコのボトルが置いてあったので全くの骨店(流行ってないお店のこと)ではないようですが、何やら嫌な予感が…
味ですか、シャリが不味すぎです、酢飯がパサパサしています。個人的には江戸前の鮨屋さんはネタに仕事をしますが、それ以外の鮨屋さん(回転鮨等)はネタの味は大きく変わりません、よって味の優劣はシャリだと思うのです。従ってシャリが不味いというのは致命的です。ネタに目をやればマグロが良くないですね、あまり上物を使ってないようです。お新香もまずいです。板さんも覇気なくドヨーンとしています。味噌汁も具を煮込みすぎてグズグズです。多分「お金を一杯だせばよいネタが出てくるかもしれないぞ」店でしょう。須臾(しゅゆ)の滞在なのですべては分からないのですが、多分「連食はないでしょう」店でしょうm(__)m

それでは(^_-)