今日は「キレたらアカン」です。
最近、妙齢で且つ美女が汚いお言葉を吐くのを目の当たりにしました。
ちょっとクリビツしたので紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#じゃまだろ。ドケヨ
normal
奥様と待合せして夕食をとった帰り、最寄り駅までトボトボと二人で歩道を歩いていました。
すると斜め前に駐輪場がありとても美しい女性が駐輪ラックから、えんやこらと自転車を出して、私たちの方に向かって押して進んできました。
道幅はどうでしょう、大人4人分くらいの広さで、私の方に自転車を押しながら向かって来る女性とは、余裕ですれ違うスペースでした。
そしてすれ違ったのですが、すれ違う瞬間に、なななんと、じゃまだろ。ドケヨ、とおっしゃられたのです。
すれ違ってからはスグに自転車にまたがり私たちと反対方向にゆっくりとペダルを漕ぎだしていったのです。
私は奥様の方に向き直って、今、彼女なんていった、と聞きますと「じゃまだろ。ドケヨ」とおっしゃっていましたよ、と答えたのです。
私は、あんなにキレイな顔をしているのに、何とも下卑た言葉を使うもんだね、と奥様にダメをだすと、最近の若い娘(こ)は顔だけではわかりませんわよ、との事でした。
万が一、そのような娘さんがお嫁にきたらまずいよな、と申せば、あなた様の子供でしょう。
その様な娘さんは絶対に選びません、とキメられたのです。
これってホメられたのかどうか悩んでしまいました。

#早く上がれよ
normal1
取引先に直行しました。
その取引先は六本木にあり、取引先が入居しているビルのテナントは有名な外資系企業が数多く含まれています。
時間は8時50分位です。
私がエレベーターに先に乗り込んだので、階数ボタンを押す場所に立っていました。
しばらくして昇降時間になりましたので、ゆっくりと扉がしまりました。
私の脇にはどこから見てもキャリアウーマンとおぼしき、背の高い目鼻立ちがはっきりした美女が立っています。
すると私の鼻孔に酒香が刺さってきました。
しかもこの酒臭いに匂いはナマ酔いの匂いです。
二日酔いのような熟柿した匂いではありません。
その匂いの発生源を鼻で探しましたところ、なななんと隣に立っている美女だったのです。
えっ、朝方まで飲んでいたのですか、と思わず聞きそうになりました。
さら〜に階が進んでいく度にくだんの美女は扉の「閉」ボタンをグーでたたきます。
多分、出社時間にギリギリなのでしょう。
とうとう三回目には勝手にキレて、恐ろしいことに「閉」ボタンをパーで叩いて、早く上がれよ、と叫んだのです。
多分その絶叫に凍り付いたのは私だけではないと思います。
しか〜しこれだけの美人は見たことがありません。
「獣顔善心」も嫌ですが、このような「残念美女」はさら〜に嫌ですね。


懐かしい・・・



今日はザギンに出没です。
IMG_4269
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「刀削麺園(トウショウメンエン)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-12-1
電話:03-6807-6366
定休日:年末年始

IMG_4271
お店の外観です。

IMG_4274
店内の雰囲気です。

IMG_4270
メニューです。

今日のオーダー「揚げ豚バラの煮込み丼」@900円です。
日本語が上手ではない中国人が切り回しているのでちょっと変な雰囲気です。

待つこと2分でサラダとスープの到着です。
IMG_4275
特段のサプライズはありません。

待つこと8分で「揚げ豚バラの煮込み丼」の到着です。
IMG_4278
見た目ナッツケーキみたいです。

それでは実食です。
IMG_4279
これは単に豚バラを揚げて酸味の効いたトロミをかけ回しています。
ほのかに八角の香りが鼻孔に立ち昇ります。
中国の工場の食堂で食べた味に似かよっています。
所謂、中国版B級グルメですね。
味ですか、見た目通りの味がする料理は好みではありません。
ネットでみますと刀削麺のお店です。
それでもう一度リベンジしますか。

それでは(^_-)