下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

出町ふたば

京都 出町ふたば

今日は「2019年秋の京都 其の四」の話です
恒例の秋の京都も数えること12年目を数えました。
春秋通産しますと24回になります。
継続は力なりとはまさにこの事であります。
今日は二日目の「秋の京都の其の四」です。
天気予報では今日は絶望的な雨でしたが私たちの行いがよかったみたいで天気はすっきりではありませんが回復してきました。
今日は最終回です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#元気のある商店街「出町商店街」
IMG_8444
美味しいおばんざいを堪能した私たちは家族のオミヤを買いにとあるお店に出向きました。
道すがら出町商店街を通りました。
なんとも元気のある商店街であります。

IMG_84451
いきなりコシが抜ける程驚いたのはこの魚屋さんでは「てっさ」を売っているではありませんか、マジですか。
まさかの坂です。
「てっさ」とはふぐ刺しの「てっさ」は「てっぽうの刺身」を短縮したものです。
ふぐの刺身は高価なものですし且つふぐ処理には限られた資格保有者が必要という点からもさりげなく商店街の魚屋さんで置かれているとは驚きです。

fugu-fugusasi02
ふぐ刺しは確かに美味しいです。
その為にふぐ刺しを食す際には、ゆっくりと口の中で絶妙なハーモニーを感じながら味わわなければなりません。
きっとふぐに秘められた、奥深い味わいにどなたも魅了されることでしょう。
それにしても寺町の方々が旨味溢れるふぐ刺しを求め続けてきた結果、このようにさりげなく店頭に置かれているのでしょう・・・

IMG_8446
一瞬ここは「アメ横」かと思わせた八百屋さんです。
満艦飾(まんかんしょく)の店頭のみかんは楽しめました。

IMG_8450
京都大丸ではこの「阿闍梨餅」を求める観光客で長蛇の列ができています。
しか〜し、寺町商店街ではこの程度の行列です。
我が家では「阿闍梨餅」を食べ飽きたので求めませんでした。

IMG_8451

羊羹
その代わり、京納言を求めました。
これは甘さがトロリとしていて絶品です。
小豆本来の風味が好きな方にお勧めです。

IMG_8452
天麩羅屋「天鈴」さんです。
トリ天、スルメイカ天、ホタテ天がさりげなくショーケースにおいてある懐の深さには感動しました。
正直申して買って帰りたかったのですが、隣の方が反対すると思って見送りました。
下町にはかつて天麩羅屋さんはありましたが、いまでは絶滅となっております。

IMG_8453

IMG_8454
満寿形屋(ますがたや)
このお店も行列です。
本当はうどん屋さんです。
しか〜し「鯖寿司」が本/7,000円ですと・・・
これも買って帰りたかったのですが、これまた隣の方が反対すると思って見送りました。
近所の小学生の、いつも新鮮で美味しい鯖寿司を作ってくれてありがとう、という店頭に貼ってあったファンレターを見てこれまたホンマモンのお店何だろうなと臆断しました。
今度来ましたら、このお店の「松茸うどんと鯖寿司セット」を食べましょう、と日記に書いておきました。

IMG_8448

ads-8456_1_orig
井上呉服店
一生に一度の特別な記念日。
明治、大正、昭和初期の貴重なアンティークの品をレンタルさせていただきます
百年続く京町家にて最高の思い出作りをお手伝いします、というのがこのお店のキャッチです。
ここも京都ならではのお店ですね。

IMG_8455

IMG_8456

IMG_8457

IMG_8458
そして私たちのオミヤを求めるお店です。
今日は行列が短いと思い列の最後尾に着いたのですがそれでも求めるまで30分かかりました。
今日のお店は「出町ふたば」さんです。

住所: 京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
電話:075-231-1658
定休日:火曜・第4水曜 (祝日の場合は翌日)*お正月休みは長めです

IMG_8459
IMG_8494
ここの豆餅を頂くのは今回で3回目です。
食べる回数が増えるのに比例して口が慣れてきたみたいです。
最初の美味しさの感動は希釈されてきました。
確かに群を抜いた美味しさでありますが和菓子は和菓子です。
多忙の中の京都観光ではこのお店は卒業させていただきます。
それでもこのオミヤを食べた我が家の次男は大絶賛していたことを申し添えます。

#下賀茂神社
img03-map

IMG_8460

IMG_8461

IMG_8462

IMG_8463
下賀茂神社は再訪なのでゆったりっと境内を散策しました。
紅葉はイマイチでした。

IMG_8464

IMG_8466

IMG_8465
河合神社は女性の美麗を守る神様です。
参拝客はほとんど女性で占められていました。

IMG_8469
相生社の真横にあるご神木「連理の賢木」は2本の木が途中から1本に結ばれているという、まさに縁結びの神様のパワーを授かったご神木です。
この画像をみてほしいのですが、2本の木が本当に繋がっていますでしょう。

IMG_8468
相生社は縁結びのパワースポットです。
結ばれたいカップルはこのように紐を引っ張るのです。

IMG_84771
この方は既に結婚されているみたいでご主人が、なんで今さら引っ張るんだ、とブツブツ言っておられましたが問答無用で紐を引かせていました。

IMG_8470
この夫婦の将来はこのようになるのではないでしょうか・・・

IMG_8475
下賀茂神社での参拝が終わり次が最後の観光地です。

#旧三井家下賀茂別邸
IMG_8479
三階建ての主屋の望楼が印象的な三井家旧下鴨別邸の主屋はもともと木屋町三条にあった木屋町別邸を移築したもので、望楼(二階、三階望楼は通常時は非公開)からは大文字山など東山の眺望や周囲の町の景色が楽しめます。
この旧三井家下鴨別邸は、戦後国に譲渡された後、長らく京都家庭裁判所所長宿舎として利用されてきましたが、平成23年に重要文化財に指定され、京都市などによって修復が進められた後このたびはじめて一般公開されることになったという事で訪れました。

IMG_8481
高精細複製の伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」です。
この場所でこのような名画が見られるとは感激です。

IMG_8489

IMG_8488

IMG_8480

IMG_8482

IMG_8483

IMG_8484

IMG_8486

IMG_8487

IMG_8490
なかなか見応えのあるお屋敷でした。
紅葉はいまちでしたが・・・

ということで雨に降られたのは石清水八幡宮に行くまでで済みました。
京都はなんど来ても良いところです。
今回はホテルレストランのレベルの高さをあらためて知ったのでこれからのディナーはホテルに移行します。
奥様から春の京都のリクエストが出ましたので帰宅してからホテルを予約しなければなりません。
夫婦だから気がねしないで好きなところに行けるのがこの旅の魅力です。

IMG_8491

IMG_8493
次回は25回目の京都です。
という事で京都タワーにしばらくのロンググッバイを言ってから車中の人になりました。

それでは(^_-)

2017年 京都・姫路旅行 其の参

今日は「2017年京都・姫路旅行 其の参」です。
IMG_3625
2017年 京都・姫路旅行 其の弐京都・姫路旅行の二日目です。
前日、今回の目玉である「瑠璃光院」の大行列にヘジッた奥様と私は、本当は昨日行く瑠璃光院を本日の朝一番に持ってきたのです。
従いまして、今日の予定は大狂いであります。
催行日二日目の朝は5時起きです。
私は早々と温泉に入り体を清めての出発です。
奥様は家に送る荷物のパッキングなどに忙殺され温泉など入る余裕などはありません。
簡単な食事を済ませて京阪電車の車窓の人となりました。

IMG_3919

IMG_3920
8時18分に目的地に着きましたら、すでに行列ができていました。
なんとか8時20分のグループに入る事ができました。
ちなみに入館料は2,000円/人です。
京都の平均入館料は900円/人ですので如何にお高いかお分かりかと思います。

IMG_3922
それにしてもすごい行列です。
ちなみに本日は平日です。
どこからこれだけの人がやってくるのでしょう。

IMG_3923

IMG_3924
8時47分憧れの瑠璃光院に着きました。
院内に入りますと、紅葉は峠を越していました。
プチいやな予感がします。

IMG_3926
書院二階に上がりましたがここでも紅葉は峠を越していました。
今回の目玉は書院二階の書経机のある部屋です。
実はここの部屋の入口からインスタ映えスポットまでたどり着くのにはなな何と48分もかかったのです。
距離にしましたらたかだか3mもありません。
特に一階から二階までは列規制により順番通りに、それでも亀の歩みで行けたのです。
しか〜し、書院二階はその行列を開放し自由参観にしたものですから、話題の書経机のインスタ映えスポットには扇状の人垣ができてしまったのです。
特に一眼レフカメラを持ったインスタグラマー達は、写経机の前の畳の縁(へり)にヤモリの様にはいつくばって写真を撮っています。
部屋内ではお寺のアルバイトの女性・男性達が大きな声で、写真撮影は1分以内でお願いします、を連呼し続けているのですが、くだんのインスタグラマー達は画質調整等の高度の技術を駆使して写真を撮っているものですから1分などでは終わりません。
私は最初何で列が進まないのかわかりませんでした。
しか〜し、最前列に近づくと彼らが平蜘蛛の様にはいつくばって写真を撮っているさまを見て初めて、行列が遅々として進まない理由がわかったのです。
こ奴らが諸悪の根源なのでありますし、彼らが二階の混雑を倍加させていたのです。

yjimage
少しイラッとしてきたのでハイジャンプからの踵落としを試みようかと思ったのですが、流石にこれだけの混雑でこのような蛮行をおこないますと大勢の怪我人がでますので想像の翼を広げただけにしました。

私も話題のインスタ映えする場所になんとかたどり着きました。
撮り終えた方からは1分で2,000円か、時間当たり120,000円か!エエ商売やな、笑いが止まらんから、字でいうたら笑う方の笑売か、失礼しましたん、と罵声が飛んでいましたが、まったく同感であります。
ちなみにインスタ映えですが、ネットではinstagrammableとかinstagenicとか言われていますが、京都土産を持って行ったカナダ人からは、そんな英語は聞いたことがない、まぁ意味はわかるけれど・・・
僕なら、instagram worthy pictureっていうけどな、と言っていました、ハイ。

閑話休題。
IMG_3938 (2)
これが私の撮った写経机に映り込むもみじです。

瑠璃光院
これがネットで紹介された同様の画像です。
これって絶対に画像修正していますよね。
お寺もお寺で、お寺のしおりに載せてある画像(画像未掲載)には「ある気象条件が整うと」との但し書きがついていますので、これもかなりブラフというかトリッキーなinstagram worthy pictureであります。
個人的には、4時間かけてみたら絶対に損しますと一刀両断させていただきます。

ここから後は瑠璃光院の院内を一挙公開します。
IMG_3939

IMG_3940

IMG_3941

IMG_3947

IMG_3949

IMG_3951

IMG_3952

IMG_3954

IMG_3955

IMG_3958

帰り際に凍てつく橋の上で中国人カップルが結婚式の記念写真を撮っていました。
早く写真撮影を終わらせませんと風邪ひきますよ。
クシュン、こっちが先か(笑)
朝来た時は橋の上には霜が降りていて、橋の上で滑る人が結構いました。
中国人と申せば、写真撮影禁止場所でも平気に写真を撮ったり、平気で列の割り込みをしたり、目的地に近づくとダッシュしたりで、かなり迷惑でありました。
特にダッシュが大好きな中国人観光客がこの橋の上で滑らなかったのは奇跡であります。
IMG_3963

IMG_3960

叡山電鉄「八瀬比叡山口」からセブンイレブン号に乗って今日の次の目的地である「出町ふたば」さんに向かうのですが、セブンイレブン号は単なる偶然の産物であります。
IMG_3964

IMG_3965

出町柳駅に着くと、河合橋と出町橋を渡り今日の二番目の目的地「出町ふたば」に向かいます。
本当はすぐに姫路に移動したかったのですが、最速でも姫路に着くのは13時過ぎです。
朝早かったので和菓子で空いたお腹を軽く満たそうと考えたのであります。
IMG_3973
今日のお店は明治32年創業「出町ふたば」さんです。

住所: 京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
電話:075-231-1658
定休日: 火曜・第4水曜 (祝日の場合は翌日)*お正月休みは長めです

お店の行列です。
それにしてもすごい行列です。
奥様と私が着いた時はすでに列は5重になっていました。
話している言葉を聞いていますとほとんどが観光客です。
ジモティは予約しているみたいです。
IMG_3966

IMG_3967

IMG_3968

IMG_3969

IMG_3970

IMG_3971

IMG_3972<

待つこと56分で買い求めることができました。
求めたものは、
黒豆大福@180円
豆餅@170円
田舎大福@180円
を家族全員分です。
すみません買ったものは和紙でお土産使いになってしまい画像は撮れませんでした。

IMG_3974
やっと京都から姫路に向かう新幹線の車中で試食です。
時計の針は12時55分を指しています。
味ですか、餅の風味と豆の歯ごたえが絶妙です。
特に厳選された赤えんどうが秀逸です。
奥様は、きめ細かでしっとりと炊けているお餅を大評価しています。
甘さはくどすぎずさりとてあっさりもしていなく過不足のない甘みです。
これは旅の思い出として並んで買う価値はあります。
ちなみに、皆さんそろそろお気づきでしょうが、実は、私はこのような行列に並んで小さな幸せをもらえる事は大大好きなのであります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ