下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

八重の桜

池袋 うちたて家

今日は「停酒効果」です。
停酒して今日で1,241日≒3.4年です。
効用ですか、思ったよりたいしたことありませんが、一つだけ良い事があります。

水路閣
昨日、奥様とTVの京都特集をみていましたら、南禅寺の水路閣がfeatureされていました。
奥様から、琵琶湖の疎水事業をやったのは、誰でしたっけ。たし〜か「八重の桜」のヒロインのお兄さん・・・・。
駄目だ〜でてこない、となぜか私に八つ当たりし始めました。

山本覚馬」
私もすぐには思い出せなかったのですが、しばらくして、たしか山本覚馬じゃない、といいましたら、あれ〜、▲▲さん最近記憶力戻っているんじゃないの、と言われたのです。
そうなのです。実は私、記憶力がもとに戻りつつあるのです。
上述がそれの証左です。


停酒直前は物忘れがひどかったのです、特に人の名前です。
全くと言って良いくらいに思い出せませんでした。
個人的には「脳の経年劣化」の所為(せい)としていたのですが、背後には酒毒の影響があるということはよくよくわかっていたのです。じゃやめるか、と言えばこの「ヤットン節」のとおりに、酒呑みや、酒呑まずに、居られるものですか♪だったのです。
こと程お酒を断つのは難しいのです。
まさか私がそれをできるとは驚きを禁じ得ません。

認知症
そのようなお酒呑みに「一筋の光」が当るようなグラフを見つけました。
これによりますと、ほどほどの量(週にビール350mlを1〜6本)を飲んでいる人は、認知症のリスクが最も低くなるとの結果が出ているのです。
つまり、毒と薬は紙一重でさじ加減さえ間違えなければ、酒は脳にとっても「百薬の長」となる可能性が示唆されているのですね。
ダガネ、であります。
正直に申し上げます。
私は一日にビール×1本では満足しません。
健康をキープしながら、大好きな酒を生涯飲み続けるためにも「もう一杯飲みたいな」と感じたところで盃を置く理性が必要なのは、脳・身体にとっても負担がない飲み方である事は良く分かっています。
で〜もそのような中途半端な量であれば、端から飲まない方がましです。
したがいまして停酒したのです。

いずれにしても「Quality of life」ですので、お酒に関しては自己責任です。
個人的には酒毒に冒されて晩節を汚した亡き父の事を思うと、我が一統の負の歴史は私で止めてやろうと思う今日この頃なのであります。


血圧の高い方は見ないでください・・・



IMG_6308

IMG_6307
今日は池袋に出没です。
美味しい「武蔵野うどん屋」さんがあるとのことでお邪魔しました。
今日のお店は「うちたて家」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-13-17
電話:03-3980-3361
定休日:無休

IMG_6309
お店の外観です。

IMG_6317
お店の紹介です。

IMG_6316
店内の雰囲気です。

IMG_6312
メニューです。

IMG_6313
今日のオーダー「辛肉汁うどん大盛」@930円です。
待つこと6分で「辛肉汁うどん大盛」の到着です
見た目注連縄(しめなわ)みたいですね。

IMG_6315
それでは実食です。
歯ごたえ充分のうどんはしこしこと腰があっておいしいです。
いけますね。

IMG_6314
で〜もつけ汁が平板です。
完璧に武蔵野うどんに負けています。
辛さもラー油の辛さですしね、一勝一敗ってかんじですか。
で〜も妙に後ろ髪引かれる思いもありここは再訪して鼎の軽重を問うてみましょう。

それでは(^_-)

近江・京都旅行最終章

今日は「近江・京都旅行最終章」です。
lunchで午後からの体力を蓄えた私達はこの旅行の最終章に突入です。
今までドキっとするような紅葉ではなく、どちらかといえば怒気っとする様な紅葉でした。
なんとかoffsetすることができるのでしょうか・・・

次に向かった先は最終目的地の「永観堂」さんです。
「永観堂」は「ええ感動!」ということでハズレがないそうです、マジすか。
鹿ヶ谷通り脇に電チャリを駐輪した私達は一路「永観堂」さんを目指しました。

IMG_8240
すすると奥様の大好きな大河ドラマ「八重の桜」の主人公の新島襄、八重夫妻の墓の案内が私達の目に飛び込んできたのです。新島夫妻の墓地は片道20分もかかる若王子山の中腹にあるのだそうです。
奥様の体力が気になったのですが、本人は登る気満々です。
奇しくもこの日は「八重の桜」で新島穣が亡くなる日です。
所謂一つの縁ですかね、昇りますか、ということで決断しました。

IMG_8226
奥様は杖を使用しました。
そんな杖を使ったらかえって疲れるのでは思ったのですが、余計な事は口には出しません・・・

IMG_8228

IMG_8238
結構急な坂です。
新島襄夫人の八重さんはかなり肥えていたので埋葬するには大変かと思ったのです。
しか〜し晩年は痩せられたのでそれほど大変ではなかったようです。
いずれしても同志社の学生達が運んだので私が心配することもなかったようでした。

IMG_8230

IMG_8231

IMG_8232

IMG_8233

IMG_8234

IMG_8235

IMG_8236
本当にぴったり20分で墓地に着きました。
「八重の桜」を見ていない人には全く分からないと思いますが、あえて画像のみの説明なしで失礼します。
でも山本家の墓が全て揃っているには驚きました。
多分ですよ、魂だけをまつる「供養墓」なのでしょうね。
さすがに会津戦争で亡くなった権八父、三郎弟の分骨はできないでしょうからね・・・

IMG_8282

IMG_8249
山本家の墓参をした私達は10分程度歩いて最終目的の「永観堂」さんにつきました。
ここは京都の紅葉の穴場でしょう。

「もみじの永観堂」の名に恥じません、一気に画像を公開します。
IMG_8243

IMG_8246

IMG_8251

IMG_8263

IMG_8268

IMG_8270

IMG_8271

IMG_8272

IMG_8273

IMG_8274

IMG_8280

IMG_8281


さすがに最後でoffsetすることができました。
このような紅葉を見ますと、紅葉が「もみいずる」という言葉からでたことが自然と理解できます。

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 鷹女

真っ赤に燃えた紅葉を見ていいますと、髪を振り乱した鬼女が樹の上で血を吐きながら咆哮しているような錯覚に陥ってしまいます。夕暮れが迫ってきたからでしょうか・・・
東京に戻る時間が近づいてきました。
そろそろ京都駅に向かわなければなりません。
如何でしたか五話に亘る私達の近江・京都の旅は楽しめましたでしょうか。

それでは(^_-)




銀座 上海湯包小館 銀座3丁目店

今日は「八重の桜異聞」の話です。
八重の桜
今年のNHK大河ドラマ『八重の桜』の主人公は新島八重。2012年は平清盛、2011年は徳川秀忠の正室・江、2010年は坂本龍馬を扱うなど、よく知られた歴史上の人物を取り上げる大河ドラマのなかで、新島八重はかなりマイナーな人物です。綾瀬はるかさんが演じ、大河ドラマでは“幕末のジャンヌ・ダルク”“ハンサムウーマン”などとキャッチコピーがつく新島八重は、いったいどんな女性だったのでしょうか?
※()内は『八重の桜』のキャスト名。画像はNHK大河ドラマ『八重の桜』より引用

1.13歳で60キロの米俵を4回も肩の高さまで持ち上げる
新島八重は1845年生まれ。ペリーが浦賀に来航する9年前、激動の幕末時代がはじまる頃に会津藩の砲術師範の家に生まれました。女の子として裁縫や機織りを習う一方で、薙刀や剣術を学び、父(松重豊)からは砲術の手ほどきを受けたと言われています。
今に残る写真からもふくよかな容姿が伝えられますが、少女の頃からまるまると太り、男の子の真似ごとが好きだった八重は、13歳のときに米4斗(約60kg)の俵を軽々と4回も肩の高さまで上げ下げしたそうです。今の世に生まれていたなら、重量挙げの選手にスカウトされそうですね。

2.最新式の銃で45メートル先の的を撃ち抜く
兄・山本覚馬(西島英俊)が江戸から最新式の銃(オランダ製のゲベール銃、ヤゲール銃)を持ち帰ると、その扱いを学んで約45メートル先の的を撃ち抜いていたそうです。銃の重さは約12kg。持つだけでもよろめきそうな重さの銃です。撃ち方のみならず、銃のしくみに関する知識も身につけた八重は、隣の家の男の子に銃の撃ち方を指導するまでになります。
武家の娘とはいえ女だてらに銃を撃つ八重は、男勝りという言葉がぴったりの少女だったに違いありません。
 

3.男装して会津戦争で大砲を撃つ! 日本初の“女性砲術士”
明治元年、鳥羽伏見の戦いに幕府軍が敗れると、藩主・松平容保が京都守護職を務めた会津藩は新政府軍から朝敵とされ、薩摩藩、長州藩などから攻撃を受けることになります。飯盛山で悲劇的な最後を遂げた白虎隊で知られる会津戦争のはじまりです。
このとき、約1か月に渡る若松城(鶴ヶ城)での籠城戦には、約500名の女性も参加していました。このとき八重は24歳。亡き弟・三郎(工藤阿須加)の装束を身につけて男装し、大小の刀を身につけて七連発のスペンサー銃を手にし、身体には100発の銃弾を巻きつけていたそうです。
籠城した女性のなかで最初に断髪したのも八重でした。昼間は兵士のために食事の用意や負傷した人の看護に励み、夜は刀を差して銃を携え夜襲にも参加。銃を持って戦ったのは八重だけだったと言われています。最初の夫・川崎尚之助(長谷川博己)とともに大砲を操作しさえしました。

4.日本初の公立女学校で教鞭を取る
会津戦争から3年後、明治4年の夏に八重は京都へ移ります。死んだと思っていた兄・覚馬の生存が確認され、さらには京都で活躍していることがわかったからです。翌年、京都に日本初の公立女学校・女紅場(じょこうば)が開かれると、八重はここで英語を学ぶとともに教師として教えることになります。
当時、キリスト教に傾倒していた覚馬は、アメリカで洗礼を受けてアーモスト大学やアンド―バー神学校に学んで帰国した新島襄(オダギリジョー)に出会い、ともに同志社英学校の開設に奔走。八重もまた当時の京都府知事から紹介されて新島と出会います。西洋の文化になじみ「亭主が東を向けと命令すれば、三年でも東を向いている東洋風の婦人はご免です」という新島と、男勝りで自分の意見をハッキリと持つ八重はお似合いのカップルでした。
 

5.京都で初めて受洗し、キリスト教式の結婚式を挙げる
八重は、京都で初めてプロテスタントの洗礼を受けたのち、キリスト教式の結婚式をあげて新島と夫婦になります。ふたりは、京都でキリスト教式の結婚式で結ばれた最初のカップル。式の後は、ふたりで同じ人力車に相乗りして人々を驚かせます。男女が同じ人力車に乗るなんてあり得ない時代だったのです。
“キリシタン禁制”が解かれてまだ三年、仏教界が強い力を持つ京都でのキリスト教洗礼、結婚式は、白眼視されたことでしょう。周囲がどう思おうとも自らの意志に従って突き進む八重の覚悟は、やはり会津戦争での籠城戦のなかを死をも恐れず戦った経験に裏打ちされていたのではないでしょうか。
 

6.京都で初めての洋装、しかも絶妙な和洋折衷に周囲は仰天
八重は京都で初めて洋装した花嫁でもありました。しかも、新婚の頃の写真では、着物に革靴を履き、膝のうえには花をつけたつばの広い帽子を載せています。なんという絶妙な和洋折衷! 矢絣の着物に袴をつけてブーツを履いた女学生が現れるのは、数十年後の大正時代のことですから、八重のファッションは時代を数歩先行くものだったと言えるのではないでしょうか?
 

7.自車に乗り、“洋式トイレ”のある家で暮らす新婚生活
結婚後は、当時はまだ珍しかった自転車に乗って京都を駆け回って評判になりました。八重は日本で初めて自転車に乗った女性だったのではないか、とも言われています。和洋折衷だったのは服装だけではありません。新島とともに暮らした家には、畳の部屋は作らず、寝室はふとんではなくベッドを使用。トイレも板張りの“洋式”なら、台所も土間ではなく板を張ったうえ井戸を取り込んでいました。洋館ながらも、窓の上部には和風の欄間を取り入れるなど、和と洋を調和させたスタイルは明治初期の建築としても見ごたえがあります。今でも見学可能(要予約)。

8.“愛夫”とラブラブ!「僕はそんな八重さんが大好きです」
和服に帽子や革靴を合わせたり、自転車に乗って人々を驚かせていた八重ですが、結婚後は夫・新島を“愛夫”と呼んでいたと伝えられています。「愛」という言葉がまだ新しく、また妻は夫の後ろにつき従うのが当然だった時代に、新島を“愛夫”と呼んで肩を並べて歩く八重は、「悪妻」と非難されることもありました。新島は西洋風にレディーファーストで八重を扱ったので、八重の態度はより一層横柄なものに見えたのでしょう。
しかし、新島は「気にすることはありません。僕はそんな八重さんが大好きです」と励まし、八重もまたそのスタイルを変えませんでした。ふたりはたいへん仲睦まじく、同志として共に歩んだカップルだったのです。
新島はこう書いています。「彼女は決して美人ではありませんが、やることが非常にハンサムです」。ここでの「ハンサム」は「美しい行いをする」という意味。今回の大河ドラマでも使われている「ハンサム・ウーマン」という言葉は、このエピソードに由来しています。
 

9.夫の死後は看護婦学校で教え、看護婦育成につとめる
新島と八重の幸せな結婚生活は14年間しか続きませんでした。同志社大学設立のために病身に鞭打ち続けた新島は、48歳という若さでこの世を去ってしまったのです。2年後には、愛する兄・覚馬をも相次いで亡くしています。
しかし、気落ちして立ち止まるような八重ではありません。会津戦争で負傷者の世話をした経験から看護の仕事に関心を持ち、夫の死後3か月後に日本赤十字社の社員になって、やがては看護婦の育成に関わることになります。
明治20年、同支社が京都看護婦学校を設立すると、八重は助教師として教鞭をとります。明治27年の日清戦争時には、20数名の看護婦を率いて広島陸軍予備病院で篤志看護婦として傷病者の看護にあたります。さらに10年後の日露戦争時にも、大阪の陸軍予備病院で篤志看護婦として活躍します。そのとき、八重はすでに60歳でした。
 

10.女であることにこだわらず、勇敢に快活に生き抜いた87年
八重は、夫の死後42年の間、看護婦の育成に務め、茶の湯を楽しみ、同志社の学生たちに「お母さん」「おばあさん」と慕われたと言われています。同志社大学栄光館で行われた葬儀には2000人もの人が参列しました。

この記事のなかにも「日本初」「京都初」という言葉がたびたび登場しましたが、八重は「女だから」「誰もやっていないから」という理由で、何かを思いとどまることはなかったと思われます。同志社での学生時代、八重を嫌って強く批判した徳富蘇峰は、やがて八重を認めて、その死の折にはこんな追悼の言葉を送っています。
「刀自(※)の存在は、新島先生の好配であった為ばかりではなかった。刀自は一個の女性としても日本女性の誇りとするに足る一人であった」
※年配の女性を敬愛の気持ちをこめて呼ぶ呼び方。ここでは八重のこと。

さて、まだ大河ドラマでは八重の子ども時代。八重の激動の人生はこれからです! どんなふうに新島八重が描かれ、演じられるのか楽しみです!
「ガジェット通信」より転載
 
「八重の桜」の舞台は男尊女卑の考え方が主流の幕末から明治初期にかけての頃です。
女は夫を立て、家庭を守ることが当たり前という時代であるなか、銃をもって戦いに出向いたり、日露戦争や日清戦争では看護師として同行したりとアクティブすぎる女性・新島八重の生涯を描いた物語です。
彼女はそのエネルギッシュさや看護への従事ぶりから、幕末のジャンヌ・ダルク、日本のナイチンゲールとも呼ばれているのだそうです。
夫を呼び捨てにし、先に車に乗るなど、世間からは夫をたてない悪妻だと言われていた新島八重。

アメリカ帰りの夫・新島襄(じょう)がレディーファーストであったため、それを見た世間の印象から悪妻と広まってしまっただけで、夫・襄はとても愛妻家で夫婦円満だったのだそうです。

新島八重は悪妻ですか。
私は奥様が、綾瀬はるかさんであれば悪妻でもかまいません、ハイ。

悪妻といえば夏目漱石の奥様です。
夏目漱石の奥様の鏡子は、hyperお嬢様育ちです。
その為に家事は不得意ですし、寝坊することや、漱石に朝食を出さぬままに出勤させることもしばしばで、漱石がこのことを、「お前のやっていることは、不経済極まりない」と叱ると、逆に、「眠いのを我慢していやいや家事をするよりも、多目に睡眠をとって、良い心持で家事をするほうが、何倍も経済的なのではありませんか?」と言い返して、漱石を閉口させることもしばしばだったそうです。

鏡子は、慣れぬ結婚生活からヒステリー症状を起こすこともままあり、これが漱石を悩ませ、漱石を神経症に追い込んだ一因とされています。
ただ、夫婦仲はそれほど悪くはなかったようです。漱石が英国留学後に、神経症を悪化させ、鏡子や子供達に対して頻繁に暴力を振るうようになり、周囲から漱石との離婚を暗に勧められた時には、「(漱石が)私の事が嫌で暴力を振るって離婚するというのなら離婚しますけど、今のあの人は病気だから私達に暴力を振るうのです。病気なら治る甲斐もあるのですから、別れるつもりはありません」と、言って頑として受け入れなかったといいます。

漱石の死後、鏡子が子供達の前で失言し、それを子供達にからかわれると、「お前達はそう言って、私のことを馬鹿にするけれど、お父様(漱石)が生きておられた時は、優しく私の間違いを直してくれたものだ」と、亡夫・漱石を懐かしむことがしばしばだったそうです。

八重も鏡子もともに身体は豊満です。
悪妻=豊満というイメージが日本?世界?では定着しています。
何故でしょうか・・・
ご主人を朝昼なく働かせてその稼ぎを搾取する。その搾取したお金で美食三昧、そして家事労働はご主人にやらせるのでカロリー消費はほとんどなく、その結果ぶくぶくと太るという構図なのでしょうね。
面白いもので、なぜか悪妻とダメ夫の夫婦の離婚ってあまりきいたことがありません。
夏目漱石夫婦のようになにか言い知れぬ補完関係が構築されているのでしょう。
男女の中はmysteryです。


IMG_4504
今日は銀座に出没です。
春寒ですか、というかマジ寒です。
奥様からの指令で東京交通会館にある「千葉スペシャル」さんで靴磨きです。
常日頃から奥様同様私もオシャレの基本は足元からと考えています。
従いまして@1,000円/回の靴磨きの投資は必要経費です。
「千葉スペシャル」さん、TV露出の影響か女性の靴磨き客が増えています。
仲良しのオジサンに聞いたら、ここ数カ月で女性が増えてきて、今では一日2〜3名はくるかね、との事でした。
女性って靴磨きはご自身でするものではなかったのでしょうか・・・
そんなことよりランチです。
今日のお店は「上海湯包小館」銀座3丁目さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-7-16 銀座NSビル 1F・2F
電話:03-5524-2608
定休日:無休

IMG_4506

IMG_4507
お店の外観です。

IMG_4505
メニューです。

今日のオーダー「黄金海老炒飯セット」@880円です。
なんですかこのお店禁煙席に26名のお客がいましたが男性客は3名です。
喫煙席の6名のお客は女性です。男性率9%、アマゾネスですか(笑)

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_4508

IMG_4514
待つこと5分で小籠包3個が運ばれてきました。
きざみ生姜に黒酢と醬油をかけていただきます。皮が柔らかく、箸でもっただけで中に肉汁がたまっているのが分かります。
それでは実食です。
すごいですよ、熱々の旨味の肉汁。
これはとてもイケますね。
美味し〜い!

IMG_4510
遅れて1分後に黄金海老炒飯、溶き卵スープが着膳です。

IMG_4512
見た目美炒飯です。
それでは実食です。
美味しいbut・・・
いわゆる優等生的炒飯です。
男性には量・味付け含めて物足りないでしょう。
ウン、これ女性tasteですね。

IMG_4513
白眉は溶き卵スープです。
トロミ、塩加減、熱さ、gutです。
私見ですが、ここのchefさんのde factoとってこの味付けではないのでしょうか。
銀座、飲茶、となれば女性となりますので、意図的に女性を意識した味付けにしているのではないかと演繹する今日この頃であります。

それでは(^_-)

銀座 スパッソ リターンズ

今日は「『八重の桜』異聞」の話です。 
新島はアメリカに十年いました。基礎教課の学校を出てから、アーマスト大学(いま同志社と姉妹校になっています)に入り、ここを出てさらに神学校に入りました。 
その間、日本では急速に歴史が進みました。幕末の騒乱がおわり、明治国家がはじまったのです。明治七年(1874)、かれは、ヴァーモント州ラットランド市の伝道教会の年会で、演説者として指名された。 
新島は、日本で革命がおこなわれたことをのべ、 
「しかし、あたらしい国家は、大きな方針をまだみつけていない。わが同胞三千万の幸福は、物質文明の進歩や政治の改良によってもたらされるものではない」といったあと、「自分は日本においてキリスト教主義の大学をつくるつもりである。その資金が得られなければ日本に帰れない」とまでいいました。新島という人は、エキセントリックというより、自分で自分を責めてそのあげくに自分を鼓舞してしまうといったはげしい性格をもっています。 
それだけに、聴衆にあたえた感動は大きかったのでしょう。演説がおわるや、一人の紳士がたちあがって、千ドルの寄付を申しこみました。当時の千ドルというのは容易ならざる金額です。このひとは、Pater Parkerというお医者さんでした。場内、つぎつぎにたちあがって、たちまち5千ドルあまりの寄付があつまったといいます。大きなお金です。 新島が演壇をおりたとき、かれの前にまずしい服装の老農夫が近づいてきて、2ドルをさしだしました。かれのあり金ぜんぶでした。この2ドルはかれが家に帰るための汽車賃だったのです。歩いて帰るつもりだ、とかれはいいました。 
「明治という国家」司馬遼太郎著より転載

八重タン
新島穣さんっていえば2013年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重さんのご主人ですね。私はほとんどTVを観ないのですが、唯一見ているがNHKの大河ドラマなのです。今年の「平清盛」は大滑りしましたが、この「八重の桜」の主人公の八重さんですか、「ならぬことはならぬのです」たとえ“悪妻”と呼ばれようが不義には生きない会津の頑固女の物語は今から楽しみにしています。

閑話休題おはなしはもどりまして
この話はいいですね。
私はクリスチャンでもないのですがこういう話は大感動してしまうのです。
またこの時代の息吹というものが大好きなのです。

明治時代ってこれが同じ日本人なのかと首をかしげてしまうくらい、この時代の人達のパラダイム(paradigm)って素晴らしいものだと思っています。
私は明治時代の人の精神の背骨になっているのが「武士道」だと思うのです。
「武士道」とは何かといえば「自律心」です。一度「諾」と言葉を発すれば、発した以上は命がけでその言葉を守ります。自分の名誉も命をかけても守ります。敵に対しては情(なさけ)をもち、さらには私心をもたないことです。

さらに言えば、その精神構造を作ってきたのが四民平等になるまでその存在があった武士でしょう。
とくに武士は読書を通して精神修養をし精神文化を高めていったので、今日のフリネタにでてくる新島穣のような熱い青年を生みだしたのだと思います。
日夜、日本の政治経済の低迷が新聞紙上をにぎわせています。
この時期今一度明治の頃の湧き上がるような息吹を思い起こして、物事を取り進めるべきではないかと思う今日この頃であります。


ロボット、人間、which is which?



IMG_3742

IMG_3741
今日は銀座に出没です。
今日は体がパスタを食べたい食べたいと訴えています。
こういう日はこのお店です。
今日のお店は、松坂屋の地下で行列ができるパスタ屋さん「パスタカフェ スパッソ」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-10-1 銀座松坂屋B1F
電話:03-5537-3001
定休日:不定休(銀座松坂屋の休館日に準ずる)

IMG_3746
お店の外観です。

IMG_3743
メニューです。

IMG_3744

IMG_3745
今日のオーダーはクリスマス限定メニュー「煮込みビーフのデミトマトソース(M)」@680円です。
待つこと8分で着皿です。
煮込みビーフが圧倒的存在感を示しています。
それでは実食です。
まずは主役の煮込みビーフの実食です。
フォークを軽く肉にいれるとホロホロって肉が崩れ落ちてきます。
すごく良く煮込まれていますネ。
味ですか程良い脂身が味覚神経を刺激します。
なな何て美味しいのでせう。
これはすごいですね。
逆にこれがトンガリすぎてデミトマトソースのパスタが顔色を失ってしまいました。
でも料理は総合芸術なのでこういうimbalanceもありなのではと思う今日この頃です。
でもこれで@680円とは、すごくお安くはないですか・・・

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ