下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

先入観

横浜中華街 ニーハオ リターンズ

今日は「先入観」の話です。
eb371584
先入観とは、最初に知ったことで作り上げられた、固定的な観念をいいます。
私たちは、最初に知ったことを正しいと信じやすい傾向があります。
私はこの「先入観」が強いのです。
特に人の名前についてその傾向が強いのです。
最初にその事に気がついたのは、母の友人の「紫」さんです。
その紫さんは、いつもオサレな格好をして母のところに参ります。
母から聞きますと、紫さんは私の女子の同級生の2軒隣で高級クラブを経営しているとの事です。
私はなるほどなと得心した次第であります。
しか〜し、紫さんなんて変わった名前の人が同じ町内に住んでいたとは全くもって知りませんでした。
多分、ジモティではなく途中から転入してきたのだろうと思いなおしました。
そんなある日、くだんの同級生のところに同窓会の案内を持って行く用事がありました。
彼女の家では2〜3分立ち話しをしている最中に、急に紫さんの事を思い出して、彼女に紫さんの事を聞きました。
すると彼女は三軒隣でクラブをやっているわよ、との事です。
そこで私は彼女に、紫さんて、前からいたっけ、と聞きますと、ご主人は不動産家さんよ。
すごくお金持ちらしいわ。
お金が余ったので奥様が前からやりたがっていたクラブを持たせてあげたみたいよ。
名前のとおり、紫の色の外観になっているからすぐわかるわよ、とのことでした。
そこで彼女の家を辞した後、紫さんのクラブを見て帰ることにしました。
そしてくだんの紫さんのお店の前に立った私に飛び込んできたお店の看板に、私は腰が抜けるくらい驚いたのです。
そのお店の看板とは・・・
「倶楽部村崎」だったのです。
私は「よくもハバカったな」と怒髪天を衝く勢いでその看板に怒声をぶつけたのです。
しか〜し、冷静に考えますと、これは単なる私の先入観の勘違いであります。
村崎さんにはなんの落ち度もありません、ハイ。
私は名前に限ってはこのような勘違いをすると怒る性癖があります。
例えば「乾さん」が「犬井さん」だったりとか、「橘さん」が「立花さん」だったりとか、「篁さん」さんが「高村さん」だっりたとかすると独り激怒するのです。
私には一文字苗字に高貴な思いをかぶせる性癖があるのですね。
その一文字苗字にいにしえの雅(みやび)な背景を装飾するのです。
従いまして、「紫さん」だと思っていた人が「村崎さん」だったりすると、そのギャップを埋めるのに激怒という二文字を詰め込むのです。
それこと激怒された人はいい迷惑です。
これを人は先入観による勘違いと申します。


足の激臭で“足がつく”&“自爆”・・



IMG_2321

IMG_2322

IMG_2323

IMG_2324

IMG_2325
今日は下町ビギナーさんが私の合格合格を祝ってくれるとの事で中華街に突撃しました。
今日のお店は「你好(ニーハオ)」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137
電話:045-681-8281
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_2326

IMG_2327
お店の外観です。

IMG_2328
店内の雰囲気です。

それでは合格祝いの宴の始まりです。
IMG_2329
まずは「餃子」です。
ここの餃子はパリッとしていなくてモチっとしています。
所謂異次元の餃子ですが、味は異次元ではなくてホンマもんです。
白眉は餡です。
この餃子の餡のようにまったりとした美味しさに包まれました。

IMG_2330
そして「大根もち」です。
「大根もち」は千切りした大根をうるち米から作った餅の中に入れて長いあいだ蒸しあげます。
大根の食感はなく、かすかに匂う大根の香りでこの餅の氏素性を確認できます。
このお店の熱々の「大根もち」は美味しさもヒートアップします。
私の好きなこのお店の料理の一つです。

IMG_2331
さら〜に「牛もつ黒豆炒め」です。
牛もつは美味しいのですが酸味の味付けは私の好みでありません。
塩味とニンニクで仕上げて欲しかったものですが、味は高レベルです。
これは好き好きでしょう。

IMG_2332
締めは「海鮮焼きそば」です。
これは鐵板の味わいです。
パリッとフライドした麺は中華街のお約束です。
2人ともかなりお腹が膨れてきました。
やはり中華街は単独より大勢できてシェアして食べるところなのですね。
独りではこれだけの品数は食べられませんね。
このような宴を設営していただいた下町ビギナーさんに感謝です。
下町ビギナーさんによりますと、私が下町ビギナーさんと知り合ってからはや16年の永きの年月になるそうです。
本当にあっという間だなと感じている今日この頃です。

IMG_2335

IMG_2336
お店を出た後は小籠包大王「福楼」さんのマスコットのふくちゃんにお別れしてから2人で帰宅の途につきました。

それでは(^_-)

岐阜 すき家

今日は「最近の疑問 その壱」です。
今日は世の中にある、常識、先入観、思い込みがどれ程あてにならないかを紹介しましょう。
宜しかったらお付き合いください。
Then let’s get started!

#計算式の疑問
図1
この計算式の答えが現在世界中で2分されています。
理系で高校での数学の成績が超良かった私が計算しますと以下の様になります。
余談ですが私は高校現役の時、大学は理学部数学科に進学しようと真面目に考えていた程なのです・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
6÷2(1+2)
=6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=6÷6
=1
この様に答えは1になります。

それに対してこの計算に異を唱える人達は以下の様に計算します。
6÷2(1+2)
6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=3×3
=9
この様に答えは9になります。

計算式
ちなみにエクセルでの答えは9です。
なぜかマイクロソフトのエクセルも壊れていました。

sono3
この問題は台湾のfacebookコミュニティに投稿されたことで注目されるようになり、答えが19で二分されました。
一体正解はなんなのでしょうか?
結論を出す前に、両者の主張を整理してみましょう。

答えが1派の前提は 四則演算のルールがbaseとなっています。
.ッコ内の計算
掛け算 or 割り算
Bし算 or 引き算

の順に優先されるのです。
要は
6÷2(1+2)
=6÷2(3)
=6÷6
=1
というのが1派の主張です。
「×」の記号を省略した場合、他の計算記号よりも優先度が高いと考えるのが1派の根拠なのです。
というかこれは常識でしょう(笑)

それに対して9派はどうでしょう?
6÷2×(1+2)
=6÷2×3 
=3×3
=9
「×」や「÷」といった同じ優先度の記号がある時には、「左から順番に計算していく」というのが9派の根拠なのです。
一体全体、誰がこのようなルールを決めたのでしょうか?

纏めに入らせていただきます。
答えとしては何が正しいのでしょうか?
このような計算方法をめぐる議論について、静岡大学の熊倉教授は以下の論文を出しているので紹介します。
乗除混合演算式についての理解と指導に関する研究 「 A÷B×CとA÷BC」のタイプの式に焦点を当てています。
この論文によりますと、中学1年の指導要綱では「左から計算すること」と教わり、中学2年の指導要綱では「記号が省略された乗算記号を優先する」と教わることになっていますので、中学1年までは答えが9で中学2年からは答えは1になるのです。
要は中学1年までは「記号が省略された乗算記号を優先する」を理解させるのは難しいという判断なのでしょう。
ということで上記のことから、中学2年から「記号が省略された乗算記号を優先する」の計算法が上書きされますので、答えは1が正解なのです。
問題はエクセル等の計算ソフトが中学1年までの計算式になっていることです。
個人的にはかなり不思議ですが、「記号が省略された乗算記号を優先する」というプログラムは意外と難しいのかもしれませんね・・・
やはりそんなことはないでしょう。
これは一種のfoolproof(誰もが間違わない)ということで宜しいのではないでしょうか。
いずれにしもてすっきりしました、ハイ。
参考文献:WHAT’S


Fishing in Her Cleavage



IMG_6253

IMG_6254
今日は早朝の岐阜にいます。

IMG_6255

IMG_6256
最初「宮本むなし」さんに行こうと思ったのですが、開店は9時からでした。
しかたないので唯一やっている「すき家」さんにお邪魔しまた。
今日のお店は「すき家」名鉄岐阜駅前店さんです。

住所: 岐阜県岐阜市神田町9-14
電話:非公開
定休日:無休

IMG_6263
お店の外観です。

IMG_6262
店内の雰囲気です。

IMG_6257
メニューです。

今日のオーダー「牛小鉢たまごかけご飯トン汁変更」@430円です。
「牛小鉢たまごかけご飯」は、ごはん、トン汁、たまご、たまごかけしょうゆ、ひじき煮、牛小鉢、のりで構成されています。

IMG_6259

IMG_6260

IMG_6261
待つこと4分で着膳です。
見た目、私の好みです。
私は牛小鉢の牛を卵につけて食べるのがお約束です。
Dippingした卵と紅生姜を交互に頂きますと美味しさが倍加します。
白眉はトン汁です。これって以外にピリ辛で美味しいのです。
@430円でこれだけの口福をいただけるとは感激です。
やるな「すき家」さんであります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ