下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

健楽

月島 健楽 4TH

今日は「タイトルの魔力」の話です。 
最初につけた曲名は「恋の力―二バル」。山本リングさんが1972年に歌ってヒットした「どうにもとまらない」である。元の曲名たったら「ブームになることもなかった」と、作詞家の阿久悠さんが「歌謡曲の時代」に書いていた。
この歌が流行した年、「日本列島改造論」の田中角栄内閣が誕生。日本中が列島改造ブームに沸き、不動産や株価の高騰もどうにもとまらない。曲名は時代の世相をみごとに象徴した。「タイトルの魔力」(佐々木健一著)は、良いタイトルは「その言葉そのものが大衆の関心を引きつけるようなもの」と説く。
20101229日経新聞「 春秋」より転載

たまには“泣き本”でも読むかということで加納朋子著「モノレールねこ」を手にとりました。やはりこれも「タイトルの魔力」に魅かれたのですね。
ちなみに巻末にある吉田伸子さんの解説でその「 モノレールねこ」の雰囲気を感じとってください。
モノレールねこ
この画像は「楽天ブックス」より転用
表題作の「 モノレールねこ」は、まずそのネーミングがいい。「肉が小汚い毛皮の下で雪崩を起こしている感じ」「なんかこう、スライムみたいな感じででろーんと広がっている」ほど、ノラ猫のくせに太っている(その上不細工)形態から名付けられた「モノレールねこ」。そう、このネーミングからも分かるように、加納さんの物語には、優しさだけではなく、ぴりっとしたユーモアもあるのだ。その「 モノレールねこ」の、ふてぶてしい可愛らしさ、は私を含む世の猫好きなら、思わず目尻が下がってしまうほど。たぷたぷのお腹を揺らしながら、“伝書鳩”ならぬ“伝言猫”として、懸命に国道を渡っている「モノレールねこ」の姿が、読後もきゅっとせつなく胸に残る。
「 モノレールねこ」加納朋子著 文春文庫より転載
しかしこの本に所収の8編のanthologyには それぞれ目頭が熱くなりました。
特に「ポトスの樹」は反則です。安心して読んでいましたら突然の展開にたまらず落涙してしまいました。
こんな日もいいものです・・・

あと二日寝るとお正月なのでそれふさわしいtopicです。
静岡大学①

そして答えが以下です。
静岡大学②

静岡大学にふさわしい富士山のグラフが答えです。
出題された先生は端(はな)からこの答えを意識して問題を作られたわけですが、なんとも遊び心あふれた先生ではないでしょうか・・・

今日は三十日(みそか)だというのに朝も早(はよ)からお仕事です。
といいつ私以外にも結構出社している人間がいて、一体全体どんだけ仕事好きな人がいる会社なのでせう。
結局仕事は15:00過ぎに終わり、所用があり月島に出没です。
凍てつく体には、やはり麺類でしょう。
ということで今日のお店は「健楽ラーメン」さんです。

住所: 中央区月島378
:非公開
定休日:木曜日(ランチのみやる場合あり)

IMG_6544
お店の外観です。
最近エコポイント目当てで、薄型液晶TVを買ったようです。
その前にも内装とシャッターを変えたのですが、誰も気づかなかったようで、当然のことながら、薄型液晶TVを買ったのも気づくお客も少なく、折角の先行投資も営業面ではあまり効果がないようでした・・・

IMG_6543

IMG_6542
今日のオーダー「タンメン」@660です。
このお店は兄弟メニューで「野菜そば」@660 もあるのですが、この兄弟の違いは「タンメン」が油で炒めてからスープで煮たてます、「野菜そば」は油で炒めることなくそのままスープで煮たてます。よって前者はoily、後者はhealthyなのです、ハイ。
味ですか、野菜の甘さと豚肉のふくよかさが絶妙にスープに絡みあいます、すごく美味しいですね。個人的には月島一番だと思います。
接客もいつも一定の距離をおいてしてくれますので、気を使わずに食べられます。
やはり月島のお店はこうでなくっちゃいけません!

それでは(^_-)

月島 健楽 3rd

今日は「Is this guy Mr.Takamori Saigo?」の話です
健楽31

健楽32
一葉の写真が伝わっています。慶応元年2月中旬から3月18日までの間に、長崎へ集結をかけられた各藩の勤皇党は、西郷南洲翁及び勝海舟と共に、世界の情勢に明るい、オランダ人宣教師フルベッキ博士を訪問しました。
大隈重信・副島種臣ら門下生と共に、日本の統一をどうしたら良いか、王政復古は、どうなってゆくのかをフルベッキ博士を交え相互して議論し合ったそうです。
この写真は、写真術の祖、長崎大村出身の写真家、上野彦馬の写真スタディオでフルベッキ博士の子どもも交え、和やかな雰囲気で記念撮影されたものです。
明治28年に、この写真は、宗教家で歴史家でもある戸川残花が「太陽」に掲載しましたが、政界の一部の圧迫を受け、やむなく佐賀藩の学生達として紹介されました。
このため現在まで分からなかったのです。また、この写真は、宗教記録として、フルベッキ博士が所持し、絶対に手放さなかったものを、戸川残花の強い要望により借り受けたものなのだそうです。
【中略】
1899年、上野公園の銅像除幕式に列席した西郷隆盛の未亡人イトが亡夫の銅像を見た瞬間、「宿んしは、こげなお人じゃなかったこて」(うちの人は、このような人ではなかったのに」)と思わず声を出すと、隣席に腰かけていた西郷縦道がイトの足を踏んでたしなめたというエピソードが噂となって全国に広まり、それが元になって銅像の西郷隆盛の顔は本物と似ていないと信じる人が増えたということを物の本で読んだことがありますが、このイト未亡人の言葉は「銅像の顔が記憶に残る亡夫の顔と似ていない」ことを意味するのではなく、「銅像のように、西郷が着物姿で人前に現れるはずがない」という意味であったと、新人物往来社編集の『西郷隆盛 七つの謎』に書いてありました。
「教育の源典を考える」及び「www3.ocn.ne.jp/~sigikain/meijisyasin.html」より転載

西郷隆盛は写真嫌いだった為、生前一葉の写真もないというのが歴史上の定説でした。しかし私の前に唐突に出現したのがこの写真(西郷隆盛は後列真ん中の13番)です。
この写真を始めて見たのは今から7年前初めて寺田屋を訪れた時です、何故か寺田屋の一階に貼ってありました。しかし其の真贋はすぐ分りました。これはFakeです、答えは簡単ですね、明治天皇が写っていることと、勝海舟の顔が全く違いうことです。しかし坂本竜馬は似ています、それと西郷隆盛はこのような顔だと思いたいのです・・・いずれにしても貴重な画像であることは間違いありません!

今日は久々に月島に出没です。日曜日の月島のランチといえば「一心」か「健楽」でしょう、悩みに悩んで結局コッテリしたものを食べたいということで「健楽」になりました。
久々に訪れた健楽は、息子さんが茶髪から黒髪の短髪に変わっていました。もうキャバクラ遊びは止めたのでしょうか(笑)

住所: 中央区月島3−7−8
電話:非公開
定休日:木曜日

健楽33
お店の外観です。

健楽34
店内の雰囲気です。

健楽35
メニューです。

健楽36
今日のオーダーは私の好物の一つ「カレーラーメンラーメン」@800です。

健楽37
このラーメン野菜がコンモリです、白菜、キャベツ、ニラ、モヤシ、人参が大挙して入っています。豚肉も負けずにシッカリと投入されています。特筆なのは、単なるカレーパウダーのみでなく、なにやら丸秘の隠し調味料が入っているとか?
味ですか、美味しいですね!カレーの辛さが頭にビンビンきます、これでしょうカレーラーメンの楽しみ方は、私の脳細胞をガツッリと充分にマッサージしてくれました。
麺はストート中太麺ですが、このスープには合います。
とても美味しゅうございました、ご馳走様でした

それでは(^_-)

続 月島 健楽

今日は月島「健楽」でご常連さんとどこの「焼肉屋」が美味いか話を素面でしていました。
色々お店の名前がでた中、栄えある我町月島裁定
番は・・・地元晴海「トラジ」
番は・・・枝川コリアンタウン「大喜」
番は・・・鹿浜サラダが半端でなく美味しい「スタミナ苑」
にて決着がついたのですが、鹿浜の「スタミナ苑」は16:30にいっても並んでいるので、行ったことがある人はサラリーマンであれば絶対仕事をサボっています・・・多分私もかな(笑)

そして今日のお店は月島の「健楽」です

健楽1
そして今日のお店は月島の「健楽」です。お店の全景です、月島B級グルメの最高峰中華料理店です。

住所: 中央区月島3−7−8

健楽2
本日の獲物「ニラ炒め定食」@770です。

健楽3
定食のご飯です・・・画像に入りきれなかったのでゴメンナサイ(笑)
味ですか・・・ここのニラ炒めは美味しいhappy01
ここのオヤジさん野菜の炙り方最高ですね。できればもう少し肉を増やして欲しいなと思う今日この頃です。味付けもくどくないしこれぞニラ炒めの王道です。
息子さんも月島界隈で飲み歩きばかりしてないと、はやくお嫁さん見つけなければオヤジさんもお店をユズレナイヨ
でもオカアサンがしっかりしているからビビッてこないか(笑)


それでは(^_-)

月島 健楽

今日は「オウム事件」の話です。
以前 ブログ に書いた通り交通事故に会った私は、千歳の遠藤病院に入院したのです。

隣のベッドの患者さんが小さな声で私に語りかけます。
「お兄ちゃん、ここの病院生きて出た人はいないよ。元気で入っても、皆薬で悪くさせられてお陀仏だよ。悪いこといわないから、元気の内に他の病院に行ったほうが良いよ」
入院初日は、痛みで寝られなかった事もあったのですが、天井を駆けずり回るネズミの音にも悩まされ、確かに病院なのに不衛生極まりないなと思った次第なのです。

次の日何故か退院を引き止められたものの、新札幌の社会保険病院に転院しました。
生命保険に加入していた為個室を使えることができました。
そこでもあばら骨の痛みでウンウンとうなっていました。当然夜も寝られません。
確か9時頃の臨時ニュースでオウム最高幹部村井秀夫の刺殺事件をやっており、延々とそれを個室で見ていたため今度は怖くて眠れなくなったのです。
まさに踏んだり蹴ったりとはこのことです。

さて「オウム事件」ですが、札幌に転勤した頃期中入社でお嬢さんが仲間に加わりました。
ところがこのお嬢さんオウム出身らしいのです。前述した通りその当時の世の中は「オウム教団」話で染まっており、この出自は看過できません。
人事も信仰の自由は守らなければならないと建前的にいってはいたものの、これは完璧な人事のボーンヘッドです。さらにこのお嬢さんのお兄さんは道内に変な共和国を作りその共和国の初代王様とのことでした。

人事から彼女の身辺調査を依頼されました。直に彼女に聞いてみるとなんとアッケない結末でした。
まずオウム出身なのですが、正しくは北海道のオホーツク海沿岸、稚内−知床の丁度真ん中にある「雄武(おうむ)」出身だったのです。
そしてお兄さんは当時村おこしの一環で雄武は道内で一番早く日が昇る場所ということから「サンライズキングダム」という観光共和国を作りその初代王様だったとのことです。
大騒ぎにならず良かったですね。 
そうなのです人事は彼女の実家の住所を振り仮名がふってなかったため「ゆうぶ」かな程度と思って見ていたそうです
ちなみに私が道内で一番読めなかった地名は「花畔」です。これは「ばんなぐろ」と呼びます。
でもこの漢字って「ばんなぐろ」で変換できるのですね(笑)

そして今日のお店は最近NHKの朝ドラで喧(かまびす)しい月島の「健楽」です
住所: 中央区月島3−7−8

このお店見てくれはあまりキレイではないのですが味は昔ながらの味というのでしょうか美味しいのです。一押しは自家製ワンタンを使用した「ワンタン麺」です。後「ニラレバ定食」もお勧めです。多分このお店月島では一番ではないでしょうか。
そして今日の獲物は「カレーラーメン」@800です。



カレーラーメンは一般的にはルー系かカレー粉系に別れるのですが、このお店は私の大好きなカレー粉系でした。味はカレーの香りもよく、肉も多く満足です。しいていえば麺がこのカレーの重厚さに少し負けているかなという程度です。カレーだけでも美味しいのにそれに美味しいラーメンが加わればワンダホーな味になることは間違い有りません。スープも熱いのでハフハフと汗を流しながら平らげました。やはり下町のラーメンはこうではなくちゃいけませんゼ(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ