下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

健康寿命

神田 ジンコック

今日は「熱燗が美味しい季節になりました」の話です。
お酒呑むな、酒呑むなのご意見なれど♪
ヨイヨイ♪
酒呑みゃ酒呑まずにいられるものですか♪
ダガネ♪
あなたも酒呑みの身になってみやしゃんせ♪
ヨイヨイ♪
ちっとやそっとのご意見なんぞで酒やめられましょか♪
トコ姐さん酒持ってもってこ♪
亡き父はこの歌が好きでした。
その影響か私もこの歌が好きでした。
この歌を口ずさみながらお酒を飲んでいますと怖い物なしでした。

984dfc524fd3a24143022e460f464f72e74d4fea
燗酒の味がひときわ冴える季節になってきました。
酒は百薬の長といいます。
ほどほどに飲めば健康に良いのでしょう。
それができない人・・・
即ち私みたいな人は停酒するしかないのです。
ここ数年、日本人の平均寿命は急速に延び、世界トップクラスの長寿国になりました。
しか〜し、ただ長生きなだけでなく「健康寿命」という考え方が注目されるようになりました。
要は、健康上の問題で日常生活を制限されることなく生活できる期間という意味であります。
厚生労働省は2018年3月9日、「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表しています。
前回(2013年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びています。
2016年ベースで申せば、平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年なのです。
男性なら長生きしても最後の9年間、女性なら12年間は健康上の不自由さを感じながら死を迎えなければならないのです。

お酒が好きな人の多くは「アルコール使用障害」になります。
日本では成人人口の3.4%が該当するそうです。
飲酒が原因の死亡者は毎年300万に達するそうです。
仕事柄、多飲から肝硬変で亡くなる先輩は多いです。
こういう方々は、皆から、そんなに飲んだら長生きできないよ、と言われるのですが、こういう人は、酒飲んで死ねるなら本望。上等だよ、と開き直るのです。
結果として、大概望んだような結末をむかえているのですが。
たまらないのはその家族です。
このような人が亡くなる直前にはまるで憑き物が落ちたかのように善人に変わるのです。
この変身によりその家族はなんでもっと早く救えなかったのだろうと深く傷ついてしまうのです。
でもそれも人生です。
やり直しのきかない人生です。
後悔しないのであれば好きに生きればいいのです。
後悔するのが嫌なのであれば自らを律すればいいのです。
そのように考えます。


ネタフリの歌です。
ヤッとん節(1991)石川さゆり



IMG_9885
今日は神田に出没です。
行列のカレー屋さんに出向きました。
今日のお店は「ジンコック」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル 1F
電話:03-3251-1795
定休日:土曜日、日曜日、祝日

IMG_9886
お店の外観です。

IMG_9887

IMG_9891

IMG_9890
メニューです。

今日のオーダー「ビーフときのこのカリー(極辛)&カニクリームコロッケ」@780+@190=970円(内税)です。

IMG_9888
満席必至のすごい人気店です。

IMG_9892
ここのホールの女性が面白いのです。
例えて申せば、私がルールブックみたいなもので、顧客におもねるという事がありません。
例えば、画像のお客様が支払いをしようとすると、片づけが先ですからと言って立たせてまたせています。
外で待っている人はそのような努力は知る由もないわけですし、呼ばれたら入ればいいと思っています。
その一方で、支払の人は、例えば会社に戻る時間を念頭において席を立ったわけですから、よもや店内の片づけが優先されるとは思わないわけです。
他にも窓越しから見て、店内に空席ができたので、扉を開けて入ったお客様には、まだ入店できせん、とキメて外に出します。
これも外に出すまでの必要があったのでしょうか。
店内で立たせて待たせてはいけなかったのでしょうか・・・
私はそのやりとりを背面で受け止めていたので下町のオバサンを想起していたのですが、支払の時に、そのご尊顔を拝見しましたら、若い美しい女性だったので二度びっくりした次第です。

閑話休題
IMG_9893
待つこと9分で「ビーフときのこのカリー(極辛)&カニクリームコロッケ」の到着です。
見たでわかります。
これは美味しいでしょう。

IMG_9894

IMG_9895
それでは実食です。
カリーは美味しいです。
所謂、シャバシャバ系カレーですが、香辛料がルーと良くマッチしていてイケます。
トロトロの牛肉と弾力あるキノコの組合せに作り手のセンスを感じさせます。
カニクリームコロッケはベシャメルソースが美味しいです。
生クリームでも使っているのでしょうか。
この辛いカリーに良く合います。

IMG_9896
加えて真っ赤な福神漬けもよくこのカリーに合っています。
そういう意味では、ある種のジャパナイズドインドカリーではないでしょうか。
これで@970円では「コスパ良し」です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

新秋津 ダルバール

今日は「荒れる図書館」です。
最近、女性74.21歳、男性71.19歳の健康寿命(健康的に生活できる期間)が伸びてきており、寝たきり老人にはなりにくいみたいなので、健康なうちは働こうと決めました。
その就活の為に二つの国家資格を取ろうと勉強を始めたのです。
脳生理学的には、人の目がある所で勉強すると記憶力が高まるようです。
そこで図書館で勉強するようになりました。
最近の図書館は家でする事がない有閑老人のたまり場と化しておりかなり混んでいるのです。
学習室もそうです。
その為に学習室で勉強するには受付で番号札をもらわないといけません。
場合によっては予約待ちもあります。

とある日曜日に個人机の勉強室が混んでいて取れなかったので、6人が座れる四角い席で勉強していましたら、となりにナイキのゴルフ帽をかぶったなにやらヘビーデューティな老人がドシンと大きな音を立てて座りました。
多分席が空いていたから座ったのでしょう。それにしても乱暴な老人だなと思いました。
20160427_kireru-1
しばらくしたら図書館の女性のクラークさんがやってきて、すみません。
この席は予約席です。
この様な番号札がないと座れません。中央カウンターで受付していただけませんか、と丁寧にお願いしたのです。
するとその老人は無視を決め込んで反応しません。
たまらずそのクラークさんは、お願いですから、受付を済ませて席にお座りください、と今度は強い声でお願いしたのです。
すると、その老人は、空いている席に座って何が悪い、と言ってからクラークさんが手に持っている番号札をもぎ取って、力まかせにパキンと二つに折って、それをクラークさんの顔めがけて投げつけたのです。
私はその一部始終を見ていて、どうしたもんじゃろか、と考えていましたら、私と同様にその一部始終を見ていた斜め前の大学生がキレて、その老人のところに行き、いきなり胸倉をつかんで立ち上がらせ、ジジイ、ルールは守れ、と言って揉み合いが始まったのです。
祭礼ならその二人の間に体を入れてなんとかするのですが、図書館に勉強に来ているのですから、そこまでの義理はないよな、ということで退席して、移動する事20分、デニーズに場所替えをしたのでした。

所謂、半グレ化する不良老人ですか
彼らの暴行の検挙数はこの20年で45倍になっているそうです。
そしてこのような場合、警察がきて捕捉された高齢者は、まずは謝りながら号泣したり、哀れな老人を装って許しを請うたり、自身の不幸な境遇を訴えたり、ボケたフリをしたりするそうですよ。
そして、なおも追及されると、「覚えていない」などと言ってとぼけ、中には「認知症だから仕方がない」と開き直るケースもあるそうです。
新聞等では見聞きしていましが、実際に目の当たりにしますとかなりクリビツです。
帰宅してそのあらましを奥様に話しますと、まさか、△△さん・・・
一体何発殴ったの、でした。
そんな、大昔の青春の蹉跌を今さら言われても・・・
若い時のストリートファイトはファッションですから。
赤井英和さんもNHKでそのように申していました。
まして、手が腐っても老人なんか殴るわけがないですよ。
意外にも奥様の体内時計の一部が20代の頃で止まっていた事がわかり、かなり驚いた「荒れる図書館」でございました。


Vijay Singh hole in one Masters 2009 shot at 16 redbud



今日は秋津に出没です。
IMG_4137

IMG_4138
美味しいインドカレー屋さんがあるとのことでお邪魔しました。
今日のお店は「ダルバール」さんです。

住所: 東京都清瀬市野塩1-340 ヴェルカーサ 1F
電話:042-495-0205
定休日:無休

IMG_4140
お店の外観です。

IMG_4147
店内の雰囲気です。

IMG_4144

IMG_4145
メニューです。

今日のオーダー「バダーダル(豆)&チーズガーリックナン」@690+@550=1,240(内税)です。
このお店はテークアウトのお客様が多いようです。
ひっきりなしに子供を連れた買い物帰りの主婦がテークアウトのカレーを求めていました。
お店はできて一年くらいの様です。
本店が清瀬にあるとか申していました。
ホール責任者は在日24年とか、その割には日本語があまりうまくありません。
ちなみにご出身地はインドのデリーだそうです。

待つこと16分で「バダーダル(豆)&チーズガーリックナン」の到着です。
IMG_4148
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_4149
バダーダルは想定内の味ですがまずまずです。
豆美味しです。
実はダルカレーは大好物なので特に豆が美味しいとうれしくなるのです。

チーズガーリックナンです。
IMG_4150
これ食べた瞬間に稲光が体を突き抜けました。
とても美味しいので。
まるで一流ホテルのパイを食べているような味わいです。
ふわふわでしっとりとしたナンの甘さが波状攻撃で襲ってきます。
オオ美味しすぎます。
さら〜に中でトロ〜リと溶けているチーズがふくよかな味わいです。
私の脳も同期してトロケてきました。
この醍醐味は筆舌に尽くせませんね。
ガーリックは好き好きですが、私はこれが気にいりました。
味がしまります。
冷めても味はそれ程落ちずでご機嫌なカレーレでした。

支払時に、インド人は1から19迄の掛け算「パハレ(日本の九九)」ができるので、レジスターなんかいらないでしょう、と笑っていいましたら、電卓はいらない。だけどもレジスターはレシートを欲しがるお客様の為にある、と答えていました。やるな!インド人です(笑)

それでは(^_-)

佐野 まるQ リターンズ

今日は「幸せな最後とは・・・」の話です。
日本老年医学会は今年、11年ぶりに終末期医療の基本見解を見直した。「患者の尊厳を損なったり苦痛を増やしたりする場合は治療の差し控えや撤退も選択肢」と延命一点張りを戒めた。とりまとめた飯島節・筑波大教授は「延命を追求しすぎると患者の利益にならないこともある」と語る。  
関西の中堅病院で患者の家族に延命措置として胃ろうを説明し、希望されれば胃ろうを作る内科医は「自分は絶対に胃ろうは嫌」と話す。どんな状態でも長く生きたいと願う人もいれば、そうでない人もいる。 
100人超の国会議員でつくる「尊厳死法制化を考える議員連盟」(増子輝彦会長)は延命措置をとらなかったり中止した医師の免責を定めた法案を検討中だ。  
財政破綻した夕張市。171床の総合病院は19床の診療所に縮小し、約100人に増えた在宅療養の患者を医師の森田洋之さん(40)らが往診する。森田さんはかつて九州の病院で胃ろうを作る手術を繰り返していたが、そんな医療に疑問を感じ、夕張へ移り住んだ。
今は肺炎ワクチンなどによる予防医療に力を入れる。入院しないことを目指す医療で「夕張市は死亡率が下がり、医療費も減った」(森田さん)5年前に全国並みだった1人当たりの高齢者医療費は、全国より年10万円安くなった。 
厚労省によると、生活に制限のない「健康寿命」は女性が73.6歳、男性は70.4歳。平均寿命との差である「不健康な期間」は女性が12.8年、男性は9.2年になる。人生最後のままならぬ月日をどう過ごすか。判断力を失ったらどうするか。間われているのは私たちの生き方そのものだ。
日経新聞「医療再建」より転載


胃ろうの問題は難しいですね。
自分の意思で胃ろうを作ることあるいは作らないことを希望する人はまだいいのでしょうが、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、脳梗塞、脳出血等の疾患に不幸にもなった方はどうしたらいいのでしょう。
これらの疾患の方はすでに自分の意思表示ができない状況にあります。
そして早晩嚥下ができない状況に陥ります。
病院は点滴が行えますが、点滴が行えない施設では本人が好むと好まざると胃ろうの措置を取らざるを得ません。そうしませんと口から栄養が取れない状態になりますので栄養失調により死に至るからです。

人間は生きることも大変ですが、きれいに死ぬことはさらに大変です。
曲解されるのは嫌なので、敢えて言いますが、きれいに死ぬことの範疇として自殺は論外です。
きれいに死ぬ為には、元気なうちに家族に万が一の時に延命を望むか望まないかを書面で残しておく必要があります。
側面的に延命措置をとらなかったり中止したりする医師の免責を定めた法律の立法化も急務でしょうね。

平均寿命との差である「不健康な期間」は女性が12.8年、男性は9.2年にも注目する必要があります。病院が老人で溢れている現状は、このような不健康な期間が長期に亘っているからなのですね。これは、決して老人軽視ではありません、統計的事実であります。

ある程度の年齢になったら、人生の最終goalを見据えてのending designを作っておく必要があると思う今日この頃です。


JR東海 X'mas Express 歴代CM 1988年〜1992年 深津絵里 牧瀬里穂 高橋理奈 溝淵美保 吉本多香美



IMG_2120

IMG_2119

IMG_2118
今日は所用があり栃木に奥様と出没です。
東北道上り線蓮田SAにあったレアなお土産です。
「Chuップリン」は昨年4月に仙台で販売を始めた蒸し焼きプリンで、マヨネーズのような容器に入っているのが特徴です。スプーンを使わずに片手で吸って食べるものです。
販売開始直後から、ユニークな形状と「濃厚でありながらクリーミーな口当たりがおいしい」と評判を集め、1カ所で1日1000個を売り上げる日もあるなど「売れ行きは大変好調」だそうです。地元客や観光客が土産物として利用し、リピート率も高いという一品ですが、どこで売っているのか不明でした。
こんなところにあるとはクリビツです。
味ですか、意外に濃厚で美味しかったですよ。
一個@300/100g円です。

閑話休題おはなしはもどりまして
ということで今日のお店は佐野ラーメンの頂点「まるQラーメン」さんです。

住所: 栃木県佐野市若宮下7-6
電話:0283-24-9955
定休日:無休

IMG_1949
お店の外観です。

IMG_1958
店内の雰囲気です。

IMG_1951
メニューです。

IMG_1954
二人でshareした「餃子」@400円です。
見た目、美餃子です。
それでは実食です。
あれん?皮が不味くなっています。
以前の皮はモチモチしていてとても美味しかったのですが、今日の皮は肉厚でしかも硬いです。
餡も甘みがありません、少し変な味わいを感じます。
どうしたのでしょう・・・

IMG_1952
奥様のオーダー「チャーシュー麺」@800円です。
これは絶品ですネ。
丸鶏と鰹をベースに透明感溢れるマイルドなスープは安定感があります。
麺は佐野ラーメン特有の青竹踏みの麺ですから、モチモチしていて口内食感最高です。

IMG_1953

IMG_1955
私のオーダー「みそホルモン」@400円です。
このホルモンはいつ食べても弾力感があってプリンプリンしています。
ホルモンの脂身も嫌みなく、さらにこの味噌が秀逸です。
これは美味しいですよ。
近所にあれば毎日食べに行きたい一品です。
佐野に至福の「みそホルモン」ありですか・・・

それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ