下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

佐野ラーメン

佐野 亀嘉

今日は「スマホ悲話」です。

こんな事って・・・
スマホが大事か、子どもが大事か・・・
事故が起こってからでは遅すぎます。
このような事は、ファミレスでも良く見かけます。
子供の大事な成長時期なのに、子供との会話、スキンシップもとらずにスマホに熱中している母親が数多く散見されます。このような母親はこの動画の予備軍なのです。

余談ですが、会社からのスマホ、アイパッドの携帯持指示がありながら長い事拒否っていたのです。
とうとう総務部からよびだされて、いい加減に持っていただけませんか、と言われ持つことになりました。
会社としては「常在戦場」の励行らしいのですが・・・
それに対して私は、physicalな営業力強化こそが大事で「情報武装」でお茶を濁すのはおかしい。
さらにスマホはすぐにdischargeしてしまうので「常在戦場」は維持できない。
それならば電話は今迄とおりガラ携を持たせるべきだろう、と口をとんがらしてゴネたら、最終的にガラ携、アイパッドの組合せになりました。ハイ。
言ってみるものです・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
imagesYS4YP221
フリネタ程ひどくはありませんが、私にも肝冷える話があります。
長男がハイハイをできるようになった五月晴れの土曜日の朝の話です。
当時の我家は洗濯物を5階の上にある屋上に干していました。
私も奥様が屋上で洗濯ものを干している間、長男をハイハイさせながら遊んでいました。
しばらくして奥様が敷布を干し始めたので視界が遮られるようになりました。
すこし目を離していた隙に長男の姿が見えません。
で〜もバブバブという声がしたので声の方に視線を移します。
すると私の目に飛び込んできた光景は、私の心臓を止めるほどのものでした。
な何とこともあろうか長男は屋上にある手摺の下桟をくぐり抜け、手摺とパラペットの間で無邪気にハイハイをしていたのです。
万が一パラペットに這い上りそこから落ちたら、いくら私の息子といえどもお陀仏です
すぐに引きずり出そうとしたのですが、動作がストップモーションのコマ落ちのようにゆっくりと感じられたのです。
実際はかなりの速さだったと思います
そしてすぐにその足を掴みそのすき間から長男を引きずり出し、胸にしっかりと抱きしめました。
突然の荒々しい衝撃により、長男は焼きゴテを押しつけられたかのように泣きだしました。
さら〜に長男を抱きしめながらこの事態を気がついていない奥様に、なんでしっかりと見てないんだよ、と怒鳴り倒したのです。
胸の鼓動は早鐘を打ったままでしばらくの間は平静さが取り戻せませんでした。
わずか数秒間のこの出来事ですが、いまでも思い出すたびに戦慄がはしります。
本当に本当に本当に怖い思い出なのです。
今は昔の話であります。


こういうオチは好きです。



IMG_6551
今日は所用があり奥様と栃木に出没です。
今日は二人で探した「佐野ラーメン」の新規店です。
今日のお店は「佐野らーめん 亀嘉 (かめよし)ラーメン」さんです。

住所: 栃木県佐野市富岡町372-5
電話:0283-24-8775
定休日: 火曜日

IMG_6530
お店の外観です。

IMG_6532

IMG_6537
店内の雰囲気です。

IMG_6534
メニューです。

IMG_6531
お店のbest3です。

今日のオーダー
私「塩ラーメン」@830円。
奥様「ラーメン」@610円
二人でシェアした
「餃子」@420円
「とろとろ牛スジ煮込み」@480円です。

このお店深夜3時までやっていることも有り居酒屋メニューが充実しています。
なにかうれしいですね。
それとかなりの数の有名人のサイン色紙があります。
かなり離れたところにあるのですが、隠れた名店なのでしょうか?

IMG_6539
待つこと5分で「とろとろ牛スジ煮込み」の到着です。
画像はあまりよくないのですが、これ絶品です。
例えていえば「高級コンビーフ」を佐野風に進化させたものです。
このトトロじゃなくてトロトロ感最高です。
口内でゼラチン質がトルネードを起こしています。
お美味しいではあ〜りませんか!

IMG_6542
待つこと9分で「餃子」の到着です。
いい焼き加減ですね。これは食べる前から美味しいのが分かります。
ということで実食です。
うん、厚めの「皮」美味しです。
野菜多めの「餡」美味しです。
奥様はこれにはまりました。
舌鼓太鼓の乱れ打ちです。
しか〜しこのお店のサイドメニューはレベル高いですね。

IMG_6544
待つこと11分で「ラーメン」あんど「塩ラーメン」の着丼です。
まずは「ラーメン」です。
麺はご当地定番の手打ちピロピロ麺です。
ラーメンのスープは動物系と魚介系で構成されていますが、魚介系が強いですね。
チャーシューは柔らかで油くどさもなく美味しいです。
メンマのピリッとした辛さは高評価です。

IMG_6543
そして「塩ラーメン」です。
これはデジャブです。

0017[1]
この「塩ラーメン」はどこかで食べたよね、と考えていましたら思いだしました。こちらのラーメンでした。
このラーメンを数段上のレベルにもっていったような味わいです。
このようなクリソツがあるんだなと感動しながらいただきした。

総評です。
このお店は地元の方がどこかで飲んで飲み足りなくて「締め」にくるお店でしょう。
近くにあれば毎日行きます、キッパリ。

それでは(^_-)


佐野 万里

今日は「I am dying for an octopus !」です
NHKBSプレミアム「世界の入りにくい居酒屋」の「ポルトガル・ポルト編」をたまさか奥様と観ていました。
この番組面白いですね。

hrk_01

hrk_02

hrk_03
出演者のポルトガル人達が素でNHKのディレクターにぶつぶつと文句を言っていたのをノーカットでexposureしていました。このような外連味(けれんみ)のない番組は大大大好きです。

ポルトガル人ってタコが好きなのですね。
実は私もタコが好きなのです。
人から、好きな食べものは?と聞かれれば、必ずタコとハスと答えています。
しか〜しいくら好きだからと言っても、この二つを最後の晩餐にする気は毛頭ありません・・・

ハスが好きになった理由を書くと長文になりますので別の機会のフリネタにさせていただきます。
タコは簡単ですので以下に紹介します。

imagesZZ7Z5RHZ

imagesK6UZ8NKF1

増毛町

煮ダコ
元来タコは好きでしたが、しか〜し今ほどではありませんでした。
大好きになったのは札幌に転勤になってからです。
担当先の一つに増毛の取引先がありました。
打合せが終わって増毛町からオロロンラインを通って雄冬岬に向かう沿道に沢山の「ボイルだこ」を売っているお店があり、気になったので立ち寄りました。
折角ですので試食をさせていただきましたら、これが美味しいこと美味しいこと、あまりの美味しさに言葉を失いました。増毛のタコは寒冷な海で育ったため、身が引き締まっていて、ほのかな甘みがあるのです。
塩のみで味つけしており、添加物を一切使用していませんので、タコ本来の旨味と歯ごたえが絶品なのです。
爾来タコにはまりました。

奥様は今でも私の好きなオカズを作れなかった時はタコを買ってきます。
私にタコだけ与えておけば大満足しているからです。
確かにその通りです。
個人的はタコを噛みしだいていると、大海原の香りが口内に漂ってきます。
タコを噛みしめるたびに海のイメージがふくらんできて、波の音が静かに聞こえてくるような錯覚に陥るのです。
そうなのです私にとってタコを食べるという事は、海そのものを食べていると言うのと同意語なのです・・・
タコ大好きなのであります。


How to Cut Tomatoes Like a Ninja



IMG_2995
今日は所用があって佐野に参りました。
今日のお店佐野ラーメンの頂点のお店です。
今日のお店は「万里ラーメン」さんです。

住所: 栃木県佐野市高萩町437-7
電話:0283-23-3891
定休日:水曜日

IMG_2996
お店の外観です。

IMG_3000
店内の雰囲気です。

IMG_2998
西武ライオンズ・巨人で活躍した小関選手の実家でもあるそうです。

IMG_3002
メニューです。

今日のオーダー
私は「手打ちラーメン」@640円です。
奥様は「チャーシューメン」@840円です。
二人でshareした「餃子」@400円です。

IMG_2999
行列の長いお店という事で、行列覚悟で訪れたましが、それほどでもないなぁと思いきや、店内には10〜12人位が席を待っていました。
しか〜し聞きしに勝る繁盛店です。
待つこと35分で席に座れました。

IMG_3003
目の前にありましたチャーシュースライサーです。
ここで大量のチャーシューが切り落とされます。

待つこと14分で、「手打ちラーメン」、「チャーシューメン」、「餃子」が到着しました。
見た目落ち着いた感じのラーメンです。

IMG_3004

IMG_3005
それでは実食です。
「手打ちラーメン」の具はチャーシュー2枚とメンマ、その上にネギがのっています。
「チャーシューメン」の具はチャーシュー5枚とメンマ、その上にネギがのっています。
まずはスープをいただきました。
スープは佐野ラーメンの特徴である透きとおったスープです。
最初は口当たりが良かったのですが、後半スープの強さが際立ってきました。
ちょっとしょっぱいですね。
麺はこれまた佐野ラーメンの特徴である手打ち麺です。
麺を例えて申せば、ホルモンのセンマイの皮の様にビロビロと落ち着きがありません。
麺というよりワンタンの皮という方が適当なあらわしかと思います。
チャーシューはジューシーでそれなりにトロトロしていて美味しいですね。
やや脂が多い感じですが、強い醤油ベースのスープにはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。
総じて麺を除けば美味しいラーメンだと思います
麺は
It depends on how the person feels this texture.(人の好き好きです)
でしょう・・・

IMG_3007
餃子は特筆するものはありませんでした。

個人的には35分も待って入るお店ではないような気がいたします。

それでは(^_-)

続 佐野 まるQ

今日は「続とある一日」の話です。 
すみません前回同様フリネタはありません・・・悪しからず。
昨日から奥様の実家で揚げ膳、据え膳のまさに苦しゅうない状態で盛夏の一日をくつろいでいます。
といっても高校野球を見ているか、炎天下の中走っているか、義理の弟と飲んでいるかという極めてわかりやすい行動patternです。
今日は夏休み最終日です。
帰省?土産を買いに栃木市大平町へ葡萄を奥様、義理の妹、甥っ子とで買いに行きました。
IMG_9088
葡萄園のオバサンから、何のお店をやっているのですか、と聞かれキョトンとしたのですが、私の着ていたTシャツを見て質問されたようです(笑)

最近葡萄農家は苦戦しています。
それはわざわざ葡萄園に行かなくてもそれなりの葡萄がスーパーにて安価で買えますので集客が今一つのようです。
ハクビシン
カラスやスズメの被害は害鳥対策の進歩で少なくなったようですが、それに反して数多くの害獣ハクビシンの被害が急増しているとのことです。
ハクビシンは特に果実類を好むことから、葡萄園に侵入し葡萄を収穫寸前に食べてしまいます。たちの悪いことにハクビシンは獣道(けものみち)というトンネルを掘って葡萄園に侵入しますので一度目をつけられたら手の打ち様がないようですね。

IMG_9082

IMG_9085

IMG_9083

IMG_9084
私達が訪れたのは富田ぶどう園さんです。

住所: 栃木県栃木市大平町下皆川179、ぶどう団地入口2件目左側です
:0282-43-3360
定休日:不明

巨峰(きょほう)、翠峰(すいほう)、藤稔(ふじみのり)等糖度の高い葡萄を育てています。みんなで相当量の葡萄を味見したのですがすべて満足の一品でした。

ということで今日のお店は佐野ラーメンの頂点「まるQラーメン」さんです。

住所: 栃木県佐野市若宮下7-6
:0283-24-9955
定休日:無休

IMG_9074
お店の外観です。

IMG_9077
店内の雰囲気です。
正しくいえば小上がり3部屋の一番奥の部屋です。
このお店はいつも超満員です、栃木県民に支持されています。
というのも駐車場の車は大半が栃木ナンバーですから。

IMG_9075
メニューです。

IMG_9079
今日のオーダー「みそホルモン」@400円です。
ホルモンでこれほど美味しいものって食べたことがありません。
肉は柔らかくしかも弾力がありますネ、口の中でプリンプンと踊ります。
さらに肉が甘いのです。
味噌の程良い辛さが肉の甘さを強調させているのでしょう。
口うるさい帯同した次男も絶賛していました。

IMG_9078
「餃子」@250円です。
これはタマリマせん。
皮はパリンパリンでしかも香ばしくて口内感触最高です。
餡は野菜系ですが大量のニラが強い存在感を表しています。
何て美味しいのでしょう・・・最高です。

IMG_9080

IMG_9081
「ラーメン」@600円です。
佐野ラーメンの特長の透明度は今一つですが、このスープは美味しいです。
丸鶏と鰹をベースに透明感溢れるマイルドなスープはイケます。
麺は佐野ラーメン特有の青竹踏みの麺ですから、モチモチ芯硬めです。
この麺は、美味しい、美味しい、美味しいです。
今回チャーシューのみは栃木だけに今市でした。
夏季休暇での楽しみの一つは奥様の栃木帰省の際のこのお店「まるQ」さんでのランチです。

それでは(^_-)

佐野 利休

今日も北海道の話です。
帯広にはとても仲のよいお取引先の部長がいて良く飲み歩きました。正確にいいますと北海道在住時の私はお酒を全く飲まなかったのでウーロン茶でのお付合いです。
この部長必ずお酒に飲まれてしまいます。そして帰宅は車で、所謂「酒気帯び運転」です。しかしそうはいいながら「酒気帯び運転」は立派な道交法違反ですので自分で基準を設けて道交法違反に抵触しないようにしていました。
以下はある夜の二人の会話です。

部長「いいかい××さん(私の事)お酒は飲んでも飲まれちゃイケナイヨ」
「フムフム」
部長「例えばあそこにクラブのビラ配っているお姉チャン二人いるべな」
「・・・」
部長「あのお姉チャン二人が四人に見えた時は代行で帰るのサ、今日はチャンと二人ハッキシ見えてるから車で帰っても大丈夫ってわけ、今日はマイカーデイ
「しかし・・・ビラ配っているお姉チャンは一人だけだよ」
部長

その後大分たってこの部長「酒気帯び運転」で事故を起こし、完璧に「酒気帯び運転」を止めたのですが、その滅茶苦茶ドラマチックな顛末は別途カキコしましょう。

今日は奥様の実家に行きます。そして先週のおぞましい事件を払拭する為奥様の実家に行く途中にある佐野のアウトレットに立ち寄りです。
今日のお店は行列のできる佐野ラーメン「利休」です。本当は大大好きな「まるQ」に行きたかったのですが15時過ぎに入ったので休憩時間により「まるQ」はクローズ、仕方なく「利休」に行ったのが本当のところです。

利休1
利休2
お店の全容です。

住所: 佐野市越名町2040-2
電話: 0283-27-0708
定休日:火曜日(祝・祭日の場合は翌水曜定休)

ここから先はパチリでご覧下さい

利休3
今日の獲物まず奥様が頼んだ人気N0.1特性「利休麺」@900です。これは豪華塩バラチャーシュー、肩ロース漬けチャーシュー、白髪ネギ、味付け玉子、めんま、なると、青葉、海苔の構成です。

利休4
そして私の獲物「しょうゆらーめん」@650です。ここの麺は日々の天候、気温、湿度までも考慮しつつ毎日毎日職人が一つ一つ 丁寧に手もみで仕上げた自家製麺です。 そしてスープは魚介系、動物系の合わせだしのサッパリスープです。

利休5
ここのお店国道沿いにあるので多分行列ができるのでしょう?味ですか、麺は多少の固さはあるものの少しユルメです。スープは出汁は利いていますが深みがありません。トッピング系はさすがに美味しいのですが、ベースになる麺とスープが佐野にあるのに今市です。
「まるQ」で佐野ラーメンの美味しさ知っているだけに残念でした。奥様の実家の方々は佐野ラーメンには「まるQ」より美味しいお店はまだまだあるとのことですので奥深いですね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ