下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

佐野ハイウェイレストラン

佐野 佐野ハイウェイレストラン 6th

今日は「お盆のよもやま話」です
お盆のど真ん中にいます。
今日は極楽浄土から亡くなった方が返ってくるとか・・・
子孫がまったく見当がつかない処に引っ越ししたら右往左往するのではと思います。そのような場合は位牌を手掛かりにして里帰りするのでしょうが、祖父以前の位牌はどこの家でも滅失しているはずですので、位牌にICチップが埋め込まれていませんとトレースはできないとは思うのですが茶々を入れてはいけません。
このような仏事は故人の為のものではありません。
現存している人が祖先や直近の物故者を偲ぶためのものなのです。
このような慈しむ気持ちが子孫の心を浄化するのです。

今回のお盆は義母の新盆ですので奥様の実家で過ごしました。
沢山の人がお盆の挨拶に参ります。
その中で、色々な人間劇場を垣間見ます。
86歳になる遠い親戚は、裏庭の山と申してもほとんど崖状の山の10M位の処にある雪崩防止の柵が壊れていたので、大工道具を持って直しに行ったところ、足を滑らして滑落し、打ち所が悪くて絶命したのです。
検視した警察官が、亡くなった方に対して不謹慎ではありますが、86歳の高齢の方が登る処ではありませんよ。
良く登りました。幸いに即死でしたので苦しむことはなかったと思いますが、と感心していましたがこういうのを寿命というのでしょうか。

義妹の兄の奥様が一ヶ月前に早逝されました。
その仏壇に奥様と線香をあげに行ってきました。
挨拶されたご主人曰く、今までは、遺品の整理等の雑事に追われていて、忙しさに埋没して悲しみに浸る暇はなかったのですが、このお盆の期間はボーっとする時間もあり色々な事が思い出されてきてつらいです、という言葉が胸にささりました。
やはり男は妻に先立たれますと、立ち直るには時間を要しますね。

safe_image
一番の快事は山口の2歳児の奇跡の生還です。
お手柄の小畑さんの無心の態度には感銘しました。
識者は、2歳児は状況を客観的に見ることは難しいので、恐怖心から歩き回ったり、絶望したりすることが少ない。従って、判断・認知能力の未発達がストレスや体力の消耗を防いだ可能性があるとしています。
確かにそうかもしれません。
しか〜し、これは小畑さんの経験に基づいた引きの強さでしょう。
個人的には、小畑さんには国民栄誉賞です!


栃木県といえばこのレストランです。
今日は早起きしたので朝食はこのレストランです。
今日のお店は「佐野ハイウェイレストラン」さんです。

住所: 栃木県佐野市黒袴町1021東北自動車道 佐野SA(下り線)
電話:0283-23-7133
定休日:無休

IMG_9189 (2)

IMG_9190
お店の外観です。

IMG_9223

IMG_9215
店内の雰囲気です。

IMG_9193
メニューです。

今日のオーダーは「朝食バイキング」@1,080円(大人)です。
ここのバイキングは、オムレツ、料理、デザート、佐野ラーメン、ご飯、飲物と6つほどのコーナーに分かれていて、店内が広いため、一つのコーナーに人が集中することはありません。

まずは今日のバイキングメニューの紹介です。
IMG_9194
いなり餃子です。

IMG_9196
玉こんにゃくのうま煮です。

IMG_9198
トマト煮込みハンバーグです。

IMG_9200
揚げ焼売です。

IMG_9224
ソース焼きそばです。

IMG_9204

IMG_9205

IMG_9206

IMG_9207

IMG_9208

IMG_9209

IMG_9210

IMG_9213
そしてここに来たらこれを食べなきゃ損するというオムレツの実演調理です。
このオムレツは掛け値なしに美味しいです。

IMG_9202
今日の私のお好み朝食です。
オカズの今日一はななんと「焼きそば」でした。
勿論紅生姜のアシストつきですのでアドバンテージ付きです。

IMG_9203
そしてご飯です。
美味しそうでしょう。

IMG_9214
食後は珈琲とヨーグルトです。

IMG_9218

IMG_9220
あんどアイスクリームです。

a9b81c3e692333dbf79c300f5124

IMG_9227
最後は、将来、白蓮が来た時の席(キッズコーナー)です。
これで1,080円はお得感あります。

それでは(^_-)

佐野 佐野ハイウェイレストラン 4th

今日は「京都大好き」です。
京都人の裏表・・・

この動画笑えますね。
まるで栃木県と茨城県の争いみたいです。
近代化は社会階層の平準化を推し進めました。
その結果、下層とみなされた人々をあからさまに見下すふるまいを社会は許さなくなりました。
しか〜し、人間の中には、自分が優位にたち、劣位の誰かを見下そうとする情熱もあるのも事実です。
これを全面的に封じ込めるのは難しいでしょう。
局面によっては、それが外にあふれ出すことも認められるきらいがあります。
この動画のように比較的に差し障りがなそうだと思われるとこのように言いたい放題になるのです。

京都通と呼ばれている人には違和感をいだきません。
かくいう私は今日には夫婦で22回、単独をいれると50回は優に超えるという京都往訪記録を有しています。
またその往訪録をブログにアップまでしていますので何をかいわんやであります。
京都が好きになった端緒はその古都がもつ悠久の歴史でありますが、その内に京都がもつブランドを認識して意図的に尋ねていないかと申せば、その部分は大いにあります。
多分に私のような京都往訪歴が永い人間が何かにつけて京都をおもねるから京都の人が選民意識を持つようになったのではないかと思うところであります。
私が京都に行っていた過半の理由は、たんに仕事の打合せで、その中では京都人の選民意識など感じられず、単なる地方都市の取引先であるという位置づけでした。
人口で申せば1,474,015人ですから福岡市の1,463,743人とほぼほぼ同じですから、博多に出張するのと何ら変わりませんし、二次産業がほとんどない都市ですから、ビジネスの拡張性もあまりありませんでした。

PB150580conv20161202
なんで京都は人気があるかといえばジャーナリズムの怠慢です。
京都には寺社仏閣の中で旅情をさそう美しい庭園が沢山あります。
皆さんも京都紹介本などでその画像は見たことがあると思います。
しか〜し、その写真掲載にかかる経費が一点につき30,000円ほどお寺へ納めるしきたりがあります。
勿論、現代建築の場合と同じで、寺の建物や庭などにも、肖像権や意匠権はありません。
本来なら、出版社側がそのようなものを支払う義務はありません。
これを業界では志納金(お布施)と呼んでいます。
そこまでして京都特集を組むのは苦も無く雑誌が売れるからです。
これを怠慢と呼んでも問題はないと思います。
WS000000-2
さら〜に、名は伏せますが、祇園も先斗町も、わしらで持っているようなもんや。
わしらが遊びにいきひんかったら、芸子や舞子のおるところは、つぶれてしまうやないか、という僧侶もおります。
金満坊主の横暴というか跳梁跋扈であります。
その一方で二条城のような国宝が老朽化していて、その改修費用集めで苦労している現状を見ていますと、京都は寺社仏閣が合従連衡してホールデイングカンパニーみたいになったら宜しいのではと強く思うところであります。
最後に、私たち京都ラブの面々は京都の歴史とそれが醸し出す雰囲気が好きなだけで、京都人の本音と建前の文化に加えて大阪人と京都人の違いなんか「どうでもよろし」であります。
先ほど申しました通り、京都観光の収益が一部の肉寺(繁盛寺)に未来永劫に偏在していますと相撲協会みたいに機能不全になりますえ・・・


IMG_5229
今日は佐野に白蓮パパと出没です。
今日のお店は「佐野ハイウェイレストラン」さんです。

住所: 栃木県佐野市黒袴町1021東北自動車道 佐野SA(下り線)
電話:0283-23-7133
定休日:無休

IMG_4228
お店の外観です。

IMG_5220
店内の雰囲気です

IMG_5205
メニューです。

ここのお店は朝食バイキングを食べに来ています。
そのお値段は@1,080円(大人)です。
ここのバイキングは、オムレツ、料理、デザート、佐野ラーメン、ご飯、飲物と6つほどのコーナーに分かれていて、店内が広いため、一つのコーナーに人が集中することはありません。
ここのところ大幅に料理メニューが減りました。
その理由をホール責任者にお聞きしますと、食べ残しの廃棄物が多くなってしまい、その改善策として選択と集中を推し進めたとの事です。。
このようなあっさりとしすぎた結論を聞きますと企業努力が足りないような気がします。
その実態は単なる値上げですからね。

学食みたいになりましたがまずは新たなメニューの数々の紹介です。
IMG_5209
ウィンナー

IMG_5208
ベーコン

IMG_5207
スクランブルエッグ

IMG_5206
ミニチキン黒胡椒

IMG_5228
カレーうどん

そしてここに来たらこれを食べなきゃ損するというオムレツの実演調理です。
IMG_4235

IMG_4236

IMG_4237

IMG_4238

IMG_4239

IMG_4240

さら〜に、ご飯のおともです。
IMG_4230

IMG_4231

IMG_4232

ちなみにこれが今日の料理です。
IMG_5211

IMG_4244

IMG_4242
味ですか、美味しいですよ。

特にオムレツは最高です。
IMG_4241

ちなみに今日一はこのカレーうどんです。
IMG_5212
これ辛さ、コク、トロミが最高です。
なんでこんな美味しいうどんがさりげなくおいてあるのか不思議に思いました。

食後のデザートも充実しています。
IMG_4247

IMG_4246

あんど珈琲です。
IMG_4248
ここで珈琲を一杯飲んでその後は一杯だけお持ち帰りして車の中で飲むのがお約束です。
確かに料理のパフォーマンスは落ちましたが今までがa little bit greatだったのでせう・・・

それでは(^_-)

佐野 佐野ハイウェイレストラン リターンズ

今日は「先延ばしで自滅する人」です。
131111jimon-w960
今日は行動経済学の話です。
まずは聞き慣れない言葉ですが「現在バイアス(私たち自身の評価の歪み)」というワーディングがあります。
「現在バイアス」とは、未来の利益よりも目先の利益を優先してしまう心理のことです。
これに対処するには行動経済学における「現在バイアス」を知り、論理的に考えることが重要です。

20229409_920829751388148_3753909659901910395_n
「現在バイアス」の具体的な例として「夏休みの宿題」があります。
夏休みの宿題を最終日まで残してしまうということは、「現在バイアス」のなせる技です。
毎日少しずつ宿題をしていれば最終日が楽であるといことは誰もが分かっていますが、ついつい遊んで宿題を後回しにしてしまうのです。
これは誰にでも経験があるかと思います。

私たちの内面では、目先しか考えないキリギリス的な自分と、将来を考えるアリ的な自分の間でいつも葛藤が起きています。頭の中で遠い将来の事を計画する際にはアリ的な自分が働いて先の利益の事が考えられます。
ところが、計画実行という目前の利益に直結する実際の選択になると、行動はキリギリス的な自分に支配され、計画にないダメな選択をしてしまいます。
このような計画のドタキャンを「選考の逆転」と申します。
この現象は、高い建物とその手前にある低い木を眺めると建物の方が高く見えますが、間近になりますと手前の木の方が高く見えます。
手前の木が「ごちそう」のように待たなくても早く手に入る小さな利益、その向こうにある建物が「健康」のような長期的な大きな利益と考えれば、「現在バイアス」の考え方が分かりやすくなります。

この「現在バイアス」からのがれ、セルフコントロール(自制、自己管理)を可能にする方法としてプレコミットメント(あらかじめ約束や契約により自らの将来を確実化する)があります。
例えば、私のようにある資格(英検ではない)を取ろうとしているのだけれど、なかなか勉強を始めなかった人間は、取りあえず試験を申し込んで抜き差しならない状態を作っておくなどがその具体例です。
一方で、太ってきた体形が気になってきて痩身になる為にスポーツジムの年会員になり、一年分の会費を期初一括払いまでしました。
しか〜し、太る元凶のお酒をやめられず、さら〜に痩身になる為に、酒を断ってまで汗を流すのが馬鹿らしくなってきました。さら〜に、さら〜に、行かない言い訳の為にジムの前日には意図的に深酒をして、二日酔いだからジムにはいけないというプロテクスト(こじつけ)を作ったりする意図的な自滅選択がプレコミットメントにはあるのです。
事程左様にセルフコントロールは難しいのであります。

このような宿痾(なかなか治らない慢性の病気)である「現在バイアス」からのがれる方法は、極めてシンプルです。
計画性を身につけ、小さな計画を立ててまずは小さな目標を達成する事です。
そしてそれができたならその次に大きな目標を達成できるようにしてみてはどうでしょうか。
若干付け加えますと、目標を達成すするためには、成功している人から学び、見習えばよいのです。
要は成功した人を真似ればいいのです。
そういわれてみますと、そのような方って身近にいるものです。
参考文献:「先延ばしで自滅する人の心理学」大阪大学教授池田新介著


和楽器で本気のルパン三世!



IMG_1679
今日は所用があって佐野に出没です。
今日のお店に行く前に家を8時に出たのですが、途中事故渋滞に巻き込まれお店に着いたのは朝食バイキングが終わる30分前でした。
なんとかギリギリで滑り込みました。
今日のお店は「佐野ハイウェイレストラン」さんです。

住所: 栃木県佐野市黒袴町1021東北自動車道 佐野SA(下り線)
電話:0283-23-7133
定休日:無休

IMG_1677
お店の外観です。

IMG_1702
店内の雰囲気です。

朝食バイキングのお値段は@1,080円(大人)です。
ここのバイキングは、オムレツ、料理、デザート、佐野ラーメン、ご飯、飲物と6つほどのコーナーに分かれていて、店内が広いため、一つのコーナーに人が集中することはありません。
まずは今日の私のオカズのトップスリーの紹介からです。

IMG_1680
※アサリの白煮です。

IMG_1682
※ミートボールと野菜の甘酢餡かけ

IMG_1684
※青菜のぺペロンチーノ(うどん仕立て)

私一押しの「オムレツ」です。
スーパーデリシャスのオムレツができるまでの紹介です。
IMG_1688

IMG_1689

IMG_1690

IMG_1691

IMG_1692

IMG_1693

IMG_1694

IMG_1697
私はこのオムレツが食べたくてここに来ているのです。
地元佐野の「大室養鶏卵」の新鮮玉子はほっぺたが落ちるとの評判なのです。
私も美味しすぎてほっぺたを落としてしまい、口の中にさわやかな初夏のそよ風が入り込んできました。

IMG_1696
という事で今日の私の朝食です。
まずはオカズの面々です。

IMG_1695
ご飯です。
美味しそうでしょう。
オカズ、ご飯ともども美味しいです。

IMG_1698

IMG_1699
食後のデザートです。
これで@1,080円です。
コスパ良すぎでしょう。

IMG_1703
珈琲も美味しいですよ。

そうそう、お神酒徳利の奥様は当然のことながらついて来ているのですが、今日は長男も便乗していました。
長男は想定外の美味しさだったみたいで、とても喜んでおりました。

それでは(^_-)

続 佐野 佐野ハイウェイレストラン

今日は「わざわざ佐野まで朝食を食べに行く」です。
私たち夫婦はたまにこのレストランに朝食を食べに行っています。
そろそろその巡りあわせがきたようです。
と申しますのは半分本当で実体は奥様が佐野のアウトレットで靴を買いたいからなのです。
ダッチロールしながらの一日ですが宜しかったらお付き合いください。

#佐野ハイウェイレストラン
IMG_7763

map
奥様の化粧がいつもより念入りの為レストランにつきましたのは9時です。
店内はコアタイムが過ぎたためかまばらです。
今日のお店は「佐野ハイウェイレストラン」さんです。

住所: 栃木県佐野市黒袴町1021東北自動車道 佐野SA(下り線)
電話:0283-23-7133
定休日:無休

IMG_7723

IMG_7725
お店の外観です。

IMG_7750
店内の雰囲気です。

IMG_7724
朝食バイキングのお値段は@1,080円(大人)です。

IMG_7759 (2)
SA・PAメニューコンテストで表彰されています。

ここのバイキングは、オムレツ、料理、デザート、佐野ラーメン、ご飯、飲物と6つほどのコーナーに分かれていて、店内が広いため、一つのコーナーに人が集中することはありません。
まずは今日の私のオカズのトップスリーの紹介からです。
IMG_7726

IMG_7727 (2)

IMG_7754

IMG_7755

IMG_7756

IMG_7757


私一押しの「オムレツ」です。
スーパーデリシャスのオムレツができるまでの紹介です。
IMG_7761

IMG_7729

IMG_7732

IMG_7733

IMG_7734

IMG_7735

IMG_7738
私はこのオムレツが食べたくてここに来たのです。
地元佐野の「大室養鶏卵」の新鮮玉子はほっぺたが落ちるとの評判なのです。
私も美味しすぎてほっぺたを落としてしまい、口の中にさわやかな春のそよ風が入り込んできました。


IMG_7752

IMG_7746
地元「佐野ラーメン」も一押しです。
セルフですが味は鐵板です。

という事で今日の私の朝食です。
IMG_7736
まずはオカズの面々です。

IMG_7739
ご飯です。
美味しそうでしょう。
オカズ、ご飯ともども美味しいです。

IMG_7743
食後のデザートです。

IMG_7749
珈琲を取ってくるのを忘れていました。

#道の駅 どまんなかたぬま
IMG_7782

IMG_7778
ここはいつ来ても賑わっています。
ここではお買い物です。

IMG_7767
まずは苺からです。

IMG_7774

IMG_7775

IMG_7769
地元でしか買えない卵「寿宝卵」です。

IMG_7776
私の好物「甘辛生姜」です。

IMG_7779

IMG_7768
バレンタイン商戦たけなわです。

IMG_7777
madame shincoさんって誰?

変わりだねカレーです。
IMG_7772

IMG_7770

IMG_7771

IMG_7773
珍しいカレーがあるものです。さすがにこれらは買い求めません、ハイ。

#佐野厄よけ大師
IMG_7785

IMG_7789

IMG_7791

IMG_7793
霊験あらたかな「佐野厄よけ大師」には今まで来たことがありませんでした。
正月三が日には、佐野インター出口は「佐野厄よけ大師」に初詣に行く車で3km近い渋滞になるそうです。
そこから「佐野厄よけ大師」はさらに3km位あるみたいですから、いったい何時間かけて「佐野厄よけ大師」にたどり着くのでしょうか。栃木県の方々は信心深いのですね。
しか〜し、もうすぐバレンタインデーだというのにこの混雑にはビックリポンであります。

IMG_7784
ここにお参りにきましたら「厄よけまんじゅう」を食べないといけないみたいですが、さすがにヘビーな朝食の為にお腹がまだいっぱいで見送りました。

IMG_7795
私もこの初老の方の真似をして「お掃除小僧」さんの身を清めました。
はけば塵払えば又も散り積もる 人の心も庭の落ち葉も。 
ふくよかで愛らしい笑顔のお小僧さんで、竹ぼうきをもって立っているまめまめしいお姿は、子供の無事成長を願う親達の心に言い知れぬ期待感を与えるお地蔵様なのです。

IMG_7800

IMG_7801
6年ぶりに「交通安全お守り」を買い替えました。
普段しないことをしたのでかえって事故にあったりして・・・

#佐野アウトレット
IMG_7802
時間はすでに14時を廻っているのでが、奥様のパワーは衰えません。
私は屠殺場に連れて行かれる牛みたいに引きずられるかのようにしてアウトレット内を巡行していました。
しか〜し、女性の足はたった二つなのに何でムカデの様に沢山の靴を買い求めるのでしょうか・・・
理解できません。

IMG_7803
で〜も、私は前から欲しかったニューヨーカーの赤のクレイジーシャツを偶然にも発見し、たまらず買い求めてしいました。赤のクレイジーシャツって本当にレアアイテムなのです。

疲れ果てた私は、早咲きの梅から舞い落ちる花びらが肩に止まるのをぼんやりと見つめていました。
そろそろ帰りませんと、日が暮れてきました。

それでは(^_-)

佐野 佐野ハイウェイレストラン

今日は「軍歌考」です。
父よあなたは強かった 兜(かぶと)も焦がす炎熱を 敵の屍(かばね)と共に寝て……。昭和14年に大ヒットしたこの歌を、戦後何十年もたつのに不意に口ずさむ人が昔は少なからずいた。美しいメロディーと情感あふれるリズム、悲壮な歌詞が組み合わさった軍国歌謡の代表作である。

日中戦争の深まりを背景に、朝日新聞が公募した戦意高揚歌の入選作がこの曲だ。じつは当時、メディアは軍歌づくりを競っていた。勝ってくるぞと勇ましく……の「露営の歌」が東京日日・大阪毎日。海ゆかば……はNHK。わが大君に召されたる……の「出征兵士を送る歌」は各種大衆雑誌を持つ講談社だった。

あの無謀な戦争になぜ日本は突き進んでいったのか。なぜ引き返せなかったか。戦後70年繰り返され、これからも繰り返されるべき問いを前に忘れてはならないのは、マスコミのこういう役割である。軍部が悪かった。指導者が愚かだった。それはたしかだが、しきりに戦意をあおったメディアの過ちにも自戒を重ねたい。

いくつか歌を紹介したが、聴いてみればどれも秀逸だから驚かれよう。そしてそれゆえに戦時下の人々は大いに心を奮い立たせ、破滅へ向かっていった。こうした歌や映画や、戦場の美談を伝えるあまたの報道とともに国ごと熱に浮かされて昭和の戦争はあったのだ。父よあなたは……。遠い声が呼び起こす痛恨である。
2015年8月13日付日本経済新聞「春秋」より転載

私もこのコラム子の論説に賛成です。
個人的には「統帥権」というこの明治憲法が抱えていた欠陥が終戦に至るまでの日本の軍国主義化を助長した点は否めないものの、軍部の狂走が日本を敗戦という形で終止符をうたせたのは確かな事です。
しか〜しこのコラム子が書いている通り、戦争を賛美したマスコミの責任はどうなのでしょうか。軍部が悪かった。
指導者が愚かだった。それはたしかですが、しきりに戦意をあおったメディアの過ちも糾弾されて良いのではないかと考えます。

軍歌
軍歌は、日本史上、最も国民の心を掴んだ音楽です。
軍歌は、政府にとって国民を戦争に動員するための道具であり、国民には最も身近な娯楽で、レコード会社・新聞社・出版社には、確実に儲かる商品だったのです。
しか〜しその軍歌に背中を押されて死地に出向いた兵隊はどれだけいたのでしょうか。
歌が勇猛なだけにその落差はたまりません。
亡き父は軍隊に行ったものの戦地には行きませんでした。
で〜も軍歌は大好きでした。
その一方、ボルネオ島で参戦した叔父は、左足の脹脛(ふくらはぎ)を銃撃され貫通したため命は助かったものの、貫通銃創ですから貫通口がひどく重傷でした。
友軍から離れた叔父は、傷からの高熱と飢えと傷口に集まるうじ虫に悩まされながらも灼熱のジャングルに身をひそめていました。
間欠的に襲う飢えをしのぐためにうじ虫さえも口に入れたといっていました。
生きて故郷に帰るのだ、という強い思いが救助隊を呼び寄せ、死の縁にいたところを助けだされました。
その叔父は軍歌が嫌いでした。
軍歌を聞くとこの悲惨なる島での彷徨の記憶がよみがえると言っていました。
酔えば、軍歌に殺されるところだったずら、が口癖です。
この叔父の口癖が軍歌に対する正しい評価でしょう。
戦争を繰り返しはならないのは当然のことです。
愚かしい戦争だったと片づけるのは簡単ですが、戦争責任は簡単に黒白をつけられるものでもなく、戦争は風化させずに丁寧且つ冷静にその過ちを正していきたいものです。

History, which is, indeed, little more than the register of the crimes, follies, and misfortunes of mankind.
歴史とは、ただ人類の犯罪、愚行、災難の記録にすぎない。
Edward Gibbon(エドワード・ギボン)


YOKOSO! JAPAN. Visit Japan campaign



IMG_8859

IMG_8861
今日は楽しかった夏休みの最終日です。
最終日は奥様のお付き合いで栃木に出没です。
今日のお店は念願のお店です。
今日のお店は「佐野ハイウェイレストラン」さんです。

住所: 栃木県佐野市黒袴町1021東北自動車道 佐野SA(下り線)
電話:0283-23-7133
定休日:無休

IMG_8818
お店の外観です。

IMG_8856
店内の雰囲気です。

IMG_8822
今日のオーダー「朝食バイキング」@1,000円です。
とうとう念願の「佐野ハイウェイレストラン」にまいりました。

IMG_8821
人気のバイキングですので入場制限があります。
待つこと13分で席に案内してもらいました。

IMG_8857
ここのバイキングは、オムレツ、料理、デザート、佐野ラーメン、ご飯、飲物と6つほどのコーナーに分かれていて、店内が広いため、一つのコーナーに人が集中することはありません。

IMG_8831

IMG_8832

IMG_8826

IMG_8827

IMG_8830

IMG_8853
それではフードコーナーの一部を紹介します。
この紹介はほんの一部ですから。

私はこのオムレツが食べたくてここに来たのです。
地元佐野の「大室養鶏卵」の新鮮玉子はほっぺたが落ちるとの評判です。
スーパーデリシャスのオムレツができるまでの紹介です。
IMG_8825

IMG_8839

IMG_8840

IMG_8841

IMG_8843

IMG_8844

IMG_8846
味ですか。ホテルのオムレツです。
早起きしたかいがありました。
あまりの美味しさに笑いが止まりませんでした。

IMG_8833

IMG_8838
ちなみに「佐野ラーメン」は自分で作るのです。

IMG_8847

IMG_8849
私のプレートです。
デザートのアイスクリームとヨーグルトはこんもりと取ってしまいました。

総括しますと、味はすべておいしいわけではありませんが、その分選ぶ楽しみがあります。
オムレツを基軸に料理を選べば、どなたも大満足できるかと思います。
ここはいわゆる「穴場」でしょう。
自信ありです、ハイ。
という事で私の長いような短い夏休みは終わりました。
また明日からは普通?の内容に戻ります。
引き続きお立ち寄りいただければ幸いです。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ