下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

伝法

続 浅草 ロッジ赤石

今日は「伝法院通り」異聞です
IMG_3343

IMG_3346
本日は所用があり奥様と浅草に参りました。
時間が余ったので伝法院辺りをブラリしました。
昔はこの通りは貧民窟的な様相を呈していましたが、remodelしてから見違える程のオサレなstreetに変身しました。

「〜しやがる」などの乱暴で荒っぽい言葉使いを「伝法な口調」と言いますが、originは伝法院の門番が住職法親王様の威光を頼んで無茶なことをしたことから、粗暴な振る舞い、即ち見世物や劇場などに無銭で押し入ることをさしていました。
私が子供の頃は、女性が男っぽい口調で啖呵をきるときに「女なのに伝法な」というような言い方をしていましたが今では死語でしょう。

ということで今日のフリネタは「伝法院」通りです。
宜しかったらお付き合いください。
IMG_3328

IMG_3340

IMG_3331
意外に知られていないのが伝法院通り「地口行灯(じぐちあんどん)」です。
地口とは江戸時代に流行した言葉遊びで、駄洒落の一種です。
これを絵画化したのが「地口絵」で、これを行灯に仕立てたのが「地口行灯」です。
この「地口行灯」を祭礼などに競って飾る、というのが江戸の風習のひとつでした。

IMG_3333

IMG_3334

IMG_3336

IMG_3338
上記画像は鎮護堂(おたぬきさん)さんです。
鎮護堂(おたぬきさん)の縁日では、古くから数多く「地口行灯」が奉納され、賑やかに飾られていたのが「地口行灯」の嚆矢です。
今では12本の街路灯(24面)に年間を通してこの「地口行灯」を飾るようになったのです。

以下にその一部を紹介しますのでご覧ください。
IMG_3320
たらいに見かわすかおとかお(互いに見かわす顔と顔)

IMG_3321
とんでゆに入る夏のぶし(飛んで火に入る夏の虫)

IMG_3323
大かぶ小かぶ山から子供がぬいてきた(大寒小寒山から小僧が泣いて来た)

IMG_3324
はだかで田っぽれ田っぽれ田っぽれ(裸でかっぽれ)

IMG_3326
大かめもちだ(大金持ちだ)

IMG_3327
おやおやうずばっかり(おやおやうそばっかり)

IMG_3332
おかめはちまき(傍目八目)

IMG_3341
おおたけのみ(大酒のみ)
如何でしたか・・・


IMG_3310

IMG_3311

IMG_3315
ということで今日のlunchは浅草です。
最近TVでやたらfeatureされている喫茶店です。
今日のお店は「ロッジ赤石」さんです。

住所: 東京都台東区浅草3-8-4
電話:03-3875-1688
休日:月曜日

IMG_3298

IMG_3299
お店の外観です。

IMG_3302
店内の雰囲気です。

IMG_3300
メニューです。

今日のオーダー
私は「カツ重(お新香・味噌汁付)」@1,030円です。
奥様は「ポーク生姜焼き(ライス、味噌汁付)」@1,030円です。

待つこと28分で「カツ重(お新香・味噌汁付)」の到着です。
「カツ重」に遅れる事2分で「ポーク生姜焼き(ライス、味噌汁付)」の到着です。
私はここの黒縁の眼鏡をかけたお姉さんの威圧的接客がすきではありません。
確かに孤軍奮闘で客に対して目配り、気配りしながら身を粉にして働いているのは理解できますが、その苦労を威圧的接客で示すのは如何なものかと思います。
今日もパートのおばさんがオシボリを間違えてごみ箱に入れていたのを叱責していましたが、その言い回しが刺刺(とげとげ)しくて、こちらにまでもそれが伝染してきて一緒に怒られているような気分になってしまいます。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_3303

IMG_3304
味ですよね。
私の「カツ重」は卵の黄身と白身がつややかに、そしてふわふわと揺れています。
その中に抱かれるように、顔をのぞかせるのは熱々のカツです。
カツ良し、玉子良し、割下良しの三冠王です。
これはスーパー美味しいですね。
浅草でもこのレベルの「カツ重」をだすお店は少ないのではと思います。

IMG_3306
見た感じブラックペッパーが多いように思えたのですがそれ程のインパクトにはなっていません。
ホテルの厨房経験がある店主?が作る外連味(けれんみ)のない調理は、一本の矢に変じるらしいです。
私の味覚中枢のど真ん中に「美味の矢」が深く突き刺さりました。
とても結構でした。

IMG_3307
総じてコスパは悪いと思いますが、早朝までやっていますので、その人件費を考えれば
宜(むべ)なるかなと納得します。
またTVでfeatureされるみたいです、さら〜に混みますね。

それでは(^_-)

小伝馬町 十六文そば七

今日は「そうだったんだ其の四」の話です。 

◆お金の実感
一万円も目方は1g。一億円は10kg。一兆円は100t。一万円札の厚さは0.1mmあるので、百万円の束は1cm、一億円の束は1m、一兆円は10mですと。
ちなみに私が手にもった最高の現金は3千万円=3kgですか、所詮小市民です。

◆ドングリの木
ドングリという名前の木っていうのはないそうです。
ドングリとは椎の実、栃の実、樫の実、ミズナラの実などの木になる実の総称だそうです。
これは恥ずかしながら知りませんでした。

◆伝法
伝法とは浅草の伝法院からきています。
この寺で働く男たちが、威勢がよくて暴れん坊だったので、こういう言葉が生まれました。
芝居小屋に押し掛けてただで観たり、無銭飲食をしたり。
初めは「困った連中」という意味の隠語だったのでしょう。次第に威勢のよさだけが残って、今の私達の感覚では「江戸っ子らしい、いなせな言葉づかい」を言います。
伝法ですか、下町では女性に対してのみ伝法を使います。例えば「貴女はいつもそのような伝法な口のきき方しているとお嫁になんか行けないわよ」など、なぜでしょうか?

◆ビール湿布
ビールに含まれるアルコールなどの成分には、油を溶かす効果があります。
家でビールを飲み残してしまった時には、キッチンペーパーにビールをつけ“ビール湿布”を作って、ガスコンロなどに張り付けておきます。
しばらくしたら、油が浮き出てくるのでそのまま拭き取ります。
ビールの匂いは時間がたてば消えてしまうので気になりません。
これは奥様に教えなくちゃ!


ロンドン(CNN)欧州連合(EU)が人種差別反対の狙いを込めて制作したCMが人種差別的だと批判され、ネットでの公開からわずか数日で配信中止を余儀なくされました。

問題のCMは、クエンティン・タランティーノ監督のアクション映画「キル・ビル」に出てくるような黄色いトラックスーツ姿の白人女性が1人で駅にたたずんでいる場面から始まります。そこへアジア人の空手名人と三日月刀を振りかざしたターバン姿 のアラブ人、上半身裸でドレッドヘアの黒人という男3人が次々に現れて女性を威嚇します。しかし女性は落ち着いた様子で 分身の術を使って男たちを取り囲み、武器を収めさせます。全員があぐらをかいた姿勢で座ると、女性の分身が12の黄色い星に変わってEUの旗が現れるという趣向です。

制作に12万7000ユーロ(約1370万円)、広告配信に12万1500ユーロ(1315万円)を費やした力作でしたが、2日に7000あまりのウェブサイトで公開された直後から批判の声が噴出しました。動画共有サイト「ユーチューブ」で最も多く支持されたのは、「つまりこの動画は、『白人至上主義』に勝てる人種はないと言いたいのか?」というコメントだったのです。

EU広報はこの動画について、16〜24歳のゲーム世代にアピールする狙いで、アクション映画やゲームに登場する、典型的なキャラクターを登場させたと説明しています。「人種差別の意図はまったくなかった。一部の人たちからこのような見方をされたことを残念に思う」と述べ、「気分を害した人には謝罪したい」と話しています。
ご覧ください。



今日は小伝馬町に出没です。
今日のお店は「十六文そば七 小伝馬町店」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋小伝馬町17
電話:03-3254-3711
定休日:日曜・祝日

IMG_0344
お店の外観です。

IMG_0343
店内の雰囲気です。

IMG_0345
メニューです。

IMG_0342
今日のオーダー「かつそば」@950円です。
ここのカツそばが食べたかったのです。
もともとこのお店はカツが美味しくて有名なお店です。
さらにここのカツはヒレカツを使っているのでいきおい食指が動きます。
「かつそば」とは、カツ丼のアタマに台(蕎麦)付のものです。
まつこと15分で着丼です。大振りなヒレカツがふたつ、卵とじにされてそばに乗せられています。青菜と白ネギを縦に細長く切ったものが見えます。薬味のネギは別に添えられています。
蕎麦は白っぽい細麺です。
味ですか、これは美味しいですね。薄味の出汁(だし)を吸ったアタマの衣のグズグズの食感が堪らなくイケます。その上カツもとても柔らかくて美味しいですね。
白っぽい細麺が脇役に徹していますので、その為カツの美味しさが十二分に堪能できます。
しいていえばカツの量が多いので完食するのに一苦労するのが瑕瑾でしょうか。
この「かつそば」はとても美味かったですよ、ご馳走様でした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ