下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

伊藤若冲展

Good bye 2016❣

今日は「Wishing you all the best for 2017❣」です。
2016年も後残すところ16時間になりました。
まさに「光陰矢の如し」であります。
今年を振り返えってみましたら、今年もよく旅行をしていました。
そこでオムニバスですがこの一年間を紹介して今年を締めさせていただきます。

無題1

7e7f1dffdfcdf02f7

無題

e99fe8dd-s
英語がしゃべれないので海外旅行をヘジっていた奥様ですが、なぜか「台湾に行きタイワン」という事となり台湾に行きました。台湾は、Tourist-friendlyの国で沢山の良い思い出ができました。

無題2

無題3
奥様はもう行かないと言っていたのに19回目の春の京都に行きました。
今年の桜はきれいでした。

IMG_4359

IMG_4371

IMG_4515

IMG_4519

13912429_1

13876202_10
倉敷、尾道、安芸の宮島、広島原爆ドームに行きました。
原爆の惨劇には心が痛みました。
NO MORE WAR❣であります。
原爆の日に海外のSNSの友人に宛てたメールを紹介します。
その日の私の心象風景であります。
あまりウマい英語ではないのですが、意味は通じていたようです・・・
While Japanese war situation was predominantly disadvantageous, United States of America had three options as second word war ended.
1. Japan’s mainland landing operation.
2. Request the Soviet Union to join them to end this war.
3. A guarantee of continuation of the Emperor system over Japan.
Under this circumstance, if they can end this war by using the atomic bomb, they limit the chance of the Soviet Union spreading after the war.
And they can justify a massive amount of atomic bomb’s development expenses for the country.
What defined Hiroshima as the first aim, was because they thought that there were no the prisoners' camp among aimed cities (Hiroshima, Kokura, Niigata, and Nagasaki).
As a result, the holy lives of approximately 140,000 people were lost by the end of December, 1945.
70 years passed and atomic bombs victims’ include people from third and fourth generation in Hiroshima. And it is difficult to perpetuate memories regarding this event.
Particularly, young persons tend to tell that they do not understand meaning of the war, including atomic bomb.I believe we have to pass down the memory of bomb victims who took great pain for the next generations.
It would protect us from nuclear calamity.

日本の戦況が圧倒的に不利な中、アメリカは戦争終結手段として、日本本土上陸作戦、ソ連への対日参戦の要請、天皇制存続の保証、原爆の使用という選択肢がありました。
こうした状況の下、原爆投下により戦争を終結する事ができれば、戦後ソ連の影響力が広がるのを避けられ、また膨大な経費を使った原爆開発を国内向けに正当化できるとも考えたのだそうです。
広島を第一目標としたのは、目標都市(広島、小倉、新潟、長崎)の中で唯一、連合国軍の捕虜収容所がないと思ったためです。
いずれにしても1945年12月末までに約14万人の尊い命が失われたのです。
戦後70年経て、当地広島でも被爆者の方々も第三世代から第四世代に入り、戦争そのものが風化しています。
特に若い人からは、原爆のこと、戦争のことはわからない、との発言が多くなっています。
個人的には非常な苦痛を被った被爆者達の記憶を後世に伝える事が、核の破滅から私たちを守ってくれる事だと信じています。

14102728_10

14089160_
夏には伊豆に泳ぎに行き、宿泊したホテルで疑似食中毒となり散々な目にあいました。
プールで死ぬほど泳ごうという事になっていたのですがわずか100Mしか泳げず、大ショックを受けました。

IMG_6267

IMG_6357

IMG_6546

15232209_

15203154_

IMG_6540
秋には神戸と20回目の京都に行きました。
京都には伊藤若冲展を観にいったのですが、その筆致の素晴らしさには感動しました。

IMG_6738 - コピー
年末には家族が増えました。
今年はこれが最大の快事であります。
家族が増えるのはうれしい事です。

IMG_0268
個人的にはよく勉強しました。
ある国家資格を取ろうと刻苦奮闘の努力をしました。
来年はそのXデイがやってきます。
さらに精進しましょう。
いよいよそれなりの年が近づいてきました。
人生の最終章は、奥深く、味わいにあふれ且精神的に贅沢な生活になろうかと思います。
いまだに未開の地平を開拓していくような、そんな意気込みで新年を迎えようと思います。

15542408_
Wishing you all the best for 2017❣ 
2017年が皆様にとって最善の1年になりますように祈っております。
よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します。

Good bye 2016❣

2016年神戸・京都旅行 其の四

今日は「2016年神戸・京都旅行 其の四」です。
中村軒を後にした私たちはバスに乗り京都駅にもどり地下鉄に乗り換えて、午後の目的地である相国寺に向かいました。

#伊藤若冲展
今回は相国寺境内にある承天閣美術で開催されている「伊藤若冲展」を観にきました。
この展覧会への出向きは私の強い希望です。
まずは雨に煙る相国寺境内の紹介です。
IMG_6534

IMG_6535

IMG_6541

相国寺さんはかつて訪れております。
折角ですので前回アップを紹介します。
鳴き竜
法堂は写真撮影禁止でしたので画像は「京都を歩くアルバム」さんより転載させて頂きました。
相国寺は法堂にある「鳴き龍」が有名で、この「鳴き龍」も目的の一つでした。
天井には「鳴き龍」として有名な狩野光信の蟠龍図(ばんりゅうず)が描かれています。
絵の下で手を叩くと円の縁あたりで「ブーンブーン」と鳴いているように響きます。
立つ位置がずれると聞こえません。
龍は平面じゃなく丸いお皿の中に描かれていて、円の縁が盛り上がっています。
手を叩くと、その反響が集まる下にいる人にだけに聞こえるようです。
多重反響現象(フラッターエコー)というらしいです。
ちなみに音の聞こえ方が今一つだったので拍手乱打しましたら、法堂におられたご住職に叱られました。
で〜も、それにはめげずに先達の叡智にいたく感動していたのでした。

なぜ雨に煙る京都まで来て「伊藤若冲展」を見たかったのでしょうか。
実はこれも過去ネタでその理由をアップしていますのでご紹介します。
若冲展

IMG_3241

IMG_3240

IMG_3243
生誕300年を記念した若冲展を見に行ったのです。
しかも早起きして・・・
着きましたらこの行列です。
すでに2時間待ちです。
しかも今日は真夏日です。
炎天下の中、走るのは好きですが、並ぶのは嫌いです。
当然のことながらスキップしました。
秋に行く京都は相国寺で常設の絵を拝観する事にしました。

IMG_6531

IMG_6532
という事で伊藤若冲展です。
若冲は鶏画を始め動物・植物を緻密に描きつつ、写実と想像を融合した独自の世界観を作品に反映しており、若冲の作風の特徴は、精密な写実でありながら幻想的な雰囲気を持つている画風と言えます。

WS000004-3
当然のことながら展示画は写真撮影禁止ですので、ネットからの転載です。
個人的には数多くの展示作品の中でこの絵に感動しました。
若冲の絵を見ていますと、真摯な美とは、コインの裏表で決まるようなギャンブルではなく、もっと緻密で、もっと継続的で且つ不断の集中力とそれに耐えられる体力にあるのだなと強く感じた次第であります。

#祇園界隈
IMG_6546
相国寺の後はバスで祇園にいきました。
今年の紅葉のハイシーズンは一週間前でした。
かかる中、そぼふる雨の影響もあり人影もまばらで寂しい限りです。

#芸能界こぼれ話
IMG_6548
女優の田畑智子さんの実家でもある、京都の老舗料亭「鳥居本」さんです。

f85b52c6
この「鳥居本」さんをのぞいた後、この図子(大路・小路をつなぐ道)を奥様がのぞいていましたら、いきなり見知らぬ老人が話しかけてきました。あまりにも親しげな態度から、知り合いなのかなと一瞬思いましたが赤の他人でした。
おもろいおじいさんです。
京都で所帯持っておなごが生まれたら不幸やで、と言い放ったのです。
私が何でですか、と聞けば、京都のおなごで顔がええのんは皆歌舞伎役者に食い物にされるんや、というではないですか。宮沢りえは中村勘九郎と付き合っていて、京都ホテルオークラで逢瀬を重ねていたのなんて皆知っとう。
りえ以外にも芸妓と付き合っていてそりゃ滅茶苦茶やわいな。
さら〜に芸妓のほとんどは歌舞伎役者の京都妻や、中村橋之助だけじゃないわ。
悪い奴ほどばれんのや、と言いたい放題です。
確かに京都裏話は面白いのですが、このような怪しい人と話し込むのは本意でないので、適当なところで別れました。すべてを公開できないのは残念なのですが、みな興味深い話ばかりでした(笑)

IMG_6570
雨宿りを兼ねてコーヒーブレイクです。
お邪魔しましたお店は、「鳥居本」さんのはす前にあります。
今日のお店は「RIGOLETTO SMOKE GRILL& BAR (リゴレット スモーク グリル&バー)」さんです。

住所: 京都府京都市東山区祇園町南側570-192
電話:075-532-0112
定休日:無休

IMG_6569
お店の外観です。

IMG_6553
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私は「焼きリンゴタルト、バニラアイス添え&ブレンドコーヒー」@540+@648=1,188円
奥様は「ピスタチオのティラミス&カモミールブレンド」@540+@702=1,242円
です。

IMG_6561

IMG_6565

IMG_6563

IMG_6567
待つこと7分ですべて到着しました。
このお店は甘ったるいボサノバのリズムが絶え間なく流れているなか、ホールスタッフは体育会接客です。
とてもミスマッチな雰囲気です。
このお店はカジュアルスパニッシュイタリアンとしては祇園で確固たる地位を築いています。
時間帯のせいもあるのでしょうが夕刻前ですが、皆サングリア(赤ワインにレモン・オレンジなどの果汁を混ぜて作るスペインの代表的な飲み物)をデキャンタで頼みグイグイと杯を空けています。
雰囲気もいいし、料理も美味しそうです。
東京発信のお店ですが、祇園では使い勝手がよさそうなお店です。
そうそう焼きリンゴタルト、バニラアイス添え、ピスタチオのティラミスともども美味しかったです。
特に焼きリンゴタルトはかなりのレベルで感動いたしました。

IMG_6560
夜はお店をはねた芸妓さんが立ち寄り、ちょっと艶めかしい雰囲気になるそうです。
目の前に実家がある田畑智子さんも京都に戻ってきたときには、時おり顔をだすそうです。
このお店はお薦めですね・・・

#京都はすでにクリスマス
jpress-2016XMAS_1201

IMG_6576

IMG_6578
祇園を後にした私たち夫婦は京都駅に舞い戻りました。
京都は既にクリスマス一色です。
京都にクリスマスは似合います。
京都のクリスマスは、人の心に明かりを灯してくれるような感すらします。

最後は名曲「なのにあなたは京都へゆくの」で締めさせていただきます。
4日間に亘りお付き合いいただきましてありがとうございました。

それでは(^_-)

上野 伊豆栄

今日は「不忍慕情」です
GWの中日は奥様と上野に出没です。
今日は大きな二つの目的があって上野に参りました。
宜しかったらお付き合いください。

#伊藤若冲展
若冲展

IMG_3241

IMG_3240

IMG_3243
生誕300年を記念した若冲展を見に行ったのです。
しかも早起きして・・・
着きましたらこの行列です。
すでに2時間待ちです。
しかも今日は真夏日です。
東京都美術館からのアナウンスは、熱中症にご注意ください、のみです。
このような行列の中どうやって飲料水を買いにいくのでしょうか・・・
炎天下の中、走るのは好きですが、並ぶのは嫌いです。
当然のことながらスキップしました。
秋に行く京都は相国寺で常設の絵を拝見する事にしました。

#ぼたん苑
上野東照宮ぼたん苑は、1980年(昭和55年)に日中友好を記念して開苑致しました。
現在は、中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹があでやかに咲き誇ります。
また、4月中旬からは華鬘草(荷包牡丹)や石楠花、5月上旬からは芍薬も見頃をむかえます。
「上野ぼたん苑」HPより転載
IMG_3265

IMG_3266

IMG_3273

IMG_3274

IMG_3275

IMG_3280

IMG_3279
若冲展をスキップした私たちが向かった先は「上野ぼたん苑」です。
真夏日の上野公園ですが、このぼたん苑は生い茂る木々で陽がさえぎられていてひんやりとしていました。
綺麗ですね。
心が洗われるような気分になりました。
本当に若冲展を並ばなくて良かったです・・・

#上野東照宮
1627年(寛永4年)、津藩主藤堂高虎と天台宗僧侶天海僧正により、東叡山寛永寺境内に家康公を お祀りする神社として創建され、1646年(正保3年)には正式に宮号を授けられ「東照宮」となりました。
現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光公が造営替えをしたものでございます。
その後戊辰戦争や関東大震災でも焼失せず、第二次世界大戦にも不発弾を被っただけで社殿の倒壊は免れました。 江戸の面影を現在に残す貴重な文化財でございます。
「上野東照宮」HPより転載
なぜかこの東照宮には入った事がありませんでした。
多分入館料が高く、今までではそれにヘジッていただけです。
さすがに今ではこのレベルの料金(ぼたん苑と併せて1,100円)は痛痒を感じませんので入場しました。
想像以上に豪華です。
以下に一挙に公開します。

※石灯籠
IMG_3284
200基以上あり、ほとんどが現在の社殿の建築の年1651年(慶安4年)に諸大名より奉納されたものです。
大石鳥居の脇にある大きな灯籠は1631年(寛永8年)に佐久間勝之より奉納されたもので、高さ6.8mと あまりにも大きいのでこの名があります。
名古屋の熱田神宮、京都南禅寺の大石灯籠と合わせて日本三大石灯籠のひとつに数えられています。

※大楠
IMG_3285
樹齢600年以上の上野の祖木といわれている御神木です。
幹の太さは8m以上で上野公園一です。

※唐門
IMG_3283

IMG_3295

IMG_3292

IMG_3300
1651年(慶安4年)造営。国指定重要文化財。正式名称は唐破風造り四脚門です。
柱内外の四額面には左甚五郎作の昇り龍・降り龍の彫刻があり、毎夜不忍池の水を飲みに行くという伝説があります。偉大な人ほど頭を垂れるということから、頭が下を向いている方が昇り龍と呼ばれています。
これは知りませんでした。

※社殿
IMG_3290

IMG_3298

IMG_3299
1651年(慶安4年)造営されました。国指定重要文化財であります。
文化財保護の為、社殿内は非公開としております。
金色殿とも呼ばれており、参道側から拝殿、幣殿(石の間)、本殿の三つの部屋から構成される権現造りです。
社殿外壁には豪華な彫刻が施されています。


という事で第一の目的は「伊藤若冲展」だったのです。
そして第二の目的というのは『「伊豆栄」さんで鰻をを食べる』なのでありました。
幼少の頃、御徒町にとても裕福な伯母がいました。
IMG_3263
我が家もその近くの佐竹に家がありましたので、母が伯母の家に行くと、必ず「伊豆栄」さんで鰻をご馳走になっていたのです。
高校生になっても二三回、母ともどもご馳走になっていたのですが、長じて自らの財布ではここの暖簾をくぐった事がありませんでした。
多分、ここもその値段にヘジッていたのでした。
ということで「伊豆栄」さんの鰻は、私の「ソウルフード」なのであります。
今日のお店は「伊豆栄」不忍店さんです。

住所: 東京都台東区上野2-11-19
電話:03-3832-0785
定休日:年中無休

IMG_3246

IMG_3247
お店の外観です。

IMG_3244
最初はこの本店に入ろうと思ったのですがここは観光客様御用達なので敬遠して不忍店にしたのでした。


IMG_3249
店内の雰囲気です。

IMG_3248
不忍池が一望できます。
お客は皆シニアのセレブです。
さすがに外国人の方はいませんでした。

IMG_3250

IMG_3252
メニューです。

今日のオーダー
私は「うな丼」松@2,700円です。
奥様は「姫重」@3,780円です。

待つこと13分で「うな丼」の到着です。
IMG_3257


秒差で「姫重」の到着です。
IMG_3260
ここで、ここの仲居さんに「姫重」の内容を聞きましたら、美味しいものがたくさん入っております、と明後日(あさって)の話になりました。
思わず、勉強不足!出直してこい、と言おうとしましたら、奥様からイエローカードが飛んできましたのでその言葉を呑みこみました。
話題を変えまして、こちらの鰻は、地のもの(国内で獲れた鰻)ですか養殖ですか。
老舗ですから地のものなんでしょうね、と尋ねましたら、当店は味が命ですので、産地とかにはこだわっていません、と完璧に老舗の威厳を前面に出して切り返してきました。
仲居風情のくせに、この木で鼻を括ったような言い方を許すはずもなく、暴れん坊将軍に変身しようとしましたら、間髪入れず奥様から二回目のイエローカードが飛んできました。
あいすみません。もう何も聞ききしません。
大人しゅう「うな丼」のみに気持ち傾けむけますわ。

味ですか、鰻は焼き直しでしょう。
13分で到着するわけありあませんもの。
うん、身が薄いですね。
タレは美味しいのですが脂のノリが今一です。
伊豆栄さんは、こんなレベルではなかったはずなのに。
今は昔の話ではありました・・・

IMG_3258

IMG_3259
奥様の「姫重」は、鰻を除けばみな美味しいかったですね。
特に玉子焼きと南瓜は絶品です。
煮物はやはり老舗のプライドでしょう。
大変美味しゅうございました。

食べ終わった頃に奥様から、うな丼と鰻重はどう違うの、と聞かれたので、父からの蘊蓄の受け売りで、鰻重は鰻の中心の部位でうな丼は鰻重の切り落としだよ。だから一流のお店は、うな丼と鰻重の値段を変えているはずだよ、と言ってからこのお店のメニューを見直しましたら同じでした。
このお店は鰻の容れ物が違うだけした。
ということで、私の思い出探しの食事は終わりました。
どうやら老舗「伊豆栄」さんも観光名所化してしまったみたいですね・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ