下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

伊東四朗

銀座 俺の揚子江

今日は「軽演劇鑑賞の巻」です。
久々に軽演劇を観に奥様と新橋演舞場へ行って参りました。
IMG_4092

IMG_4103

IMG_4102

IMG_4093
今回観に行ったのは、熱海五郎一座の新作「ヒミツの仲居と曲者たち」でした。
熱海五郎一座とは、伊東四朗さんを座長とする2004年旗揚げの「伊東四朗一座」をもとに、伊東さんがどうしても参加できない場合に、三宅裕司さんが座長として公演する際の劇団名です。
判じ物みたいですが、劇団名は、伊豆の伊東の隣にあるので熱海、四朗に対するリスペクトで五郎という二つをつなぎ合せて熱海五郎一座となったようです。
あらすじは、神奈川県内のリゾート地にある老舗高級旅館「ふじみ楼」が舞台です。
閑散としたその宿に住み込み希望の女性(松下由樹さん)がやってきて、仲居として働き始めます。
懸命な働きぶりですこぶる評判は良いでのすが彼女の素性は謎だらけです。
一方、その旅館の隣には神奈川県知事の息がかかったリゾートホテルが建っています。
ある日、そのホテルの不祥事が週刊誌にすっぱ抜かれてしまい奇想天外な展開になっていき最後は意外な結末に・・・

news_header_P1000206

news_thumb_matsushitayuki

news_thumb_P1000190
特に今回は、シリアスからコメディまでこなす演技派女優・松下由樹さんと、ピーターパンとして舞台に舞い降りて今やミュージカル界のスター・鈴本玲奈さんが加わったものですから、壮観極大捧腹絶倒波乱万丈的ハリウッドスーパーグレートエンターテインメント大爆笑喜劇となったのです。息が切れた・・・
news_thumb_P1000166
特に愛人を連れて温泉に泊まる知事(ラサール石井さん)が偶然にも前東京都知事のふるまいにかぶっており、随所に、非常に政治的な機微に関わることでありますし、相手方の プライバシーもありますから、これはお答えを差し控えさせていただきたいと思います、等の知事答弁ネタを連発させて笑いを取っていました。
news_thumb_P1000158
これはアンコールの時に演出担当の三宅裕司さんが、このような僥倖は生まれて初めてです。毎日、前知事がネタを提供していただくので、台本を書き換える苦労はあったものの、こんなに知事ネタで受けた事はありませんでした、と正直にウレシイ悲鳴を披露していました。
できれば千秋楽が終わった後に辞任してほしかった、と笑いながら結んでいました。
news_xlarge_shunputeishouta_art
さらに笑点の新司会者となった春風亭昇太さんは、局側の強い要請で、新司会者の発表当日の生放送まで、三か月間の箝口令がひかれていた裏話をしていて、プロデューサーから、いいですか、家族といえども話してはいけませんよ、と言われ、俺一人暮らしなの知っていて言ってんだから、独り言もしちゃいけないのかい、と言って笑いを取っていました。
news_thumb_P1000162
さら〜にさらに、共演者のリーダーこと渡辺正行さんからは、昇太ちゃん、俺、口固いので有名なんだ。
絶対に言わないから、新司会者教えて、教えて、と言われ続けたそうです。
自分で口固いという人に「秘密を漏らさない人」がいるワケもなく無視し続けていたのですが、この口固い人は、ひつこい人でもあったようです。
それこそトイレでふんばっている時でもトイレの外から、絶対にいわないから教えて、という執拗な質問攻めに根を上げ、とうとう、ここまでで勘弁してください、と前フリをしてから次のようにリークしたのでした。
新司会者は・・・、実は笑点メンバーの中から決めるようですよ、と言いましたら、そうか、昇太ちゃん以外の人か。わかった、わかった。絶対他人にはいわないよ。約束する、と言ったので、家族には、言うつもりだな、と思ったのと同時に軽い殺意が湧き上がってきた、と言っていました。
まぁ役者がそろっていましたね。脇を固めていたスーパー・エキセントリックシアターの演技は安定感あり、構成も良く、お蔭様で半年間溜まっていた「笑いの在庫」を全部放出しました。
心の底から笑うという事は良いことですね。




ということで今日は奥様とザギンで夕食です。
IMG_4106
今日のお店は「俺の揚子江」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-10-10
電話:03-6264-3390
定休日:不定休

IMG_4111

IMG_4133
お店の外観です。

IMG_4123

IMG_4121
店内の雰囲気です。
このお店は現役音大生のピアノ生演奏が楽しめます。
案内された席がなぜかカップル席だったので妙に緊張しました。

IMG_4118 (2)
メニューです。

まずは「お疲れさま乾杯」です。
IMG_4116
私は「生姜ジンジャーエール(@480)」で奥様は「ジンジャーエール(@380)」を頼みました。
これは意外にキレ味がよかったですね。
まずは喉の渇きを癒しました。

そして手始めは「空芯菜の炒め(@680)」です。
IMG_4126
実はこのような炒めたソースが多い「空芯菜の炒め」は好みではありません。
シャキシャキ感がないのでいきおいソースの味が全体を支配してしまいます。
味が良いだけに残念です。

そして「牛肉のブラックペッパー炒め(@980)」です。
IMG_4129
うん、これは安定感ありますね。
牛肉美味し、ソース美味しです。
ブラックペッパーが味を引き締めています。
これは高評価です。

締めは「エビマヨ10尾(@980)」です。
IMG_4132
あれ、今日の油場さんどうしたのでしょう。
揚げが良くないですね。
普段はもっとカラッと揚っていますのに。
これはこのカラッがなければ味は半減です。
で〜もこのお店「初見参」の奥様は舌鼓を打っていましたので、私の不満はこのエビマヨと一緒に飲みこんでしまいました。

このお店はよく接待メシで使っていますので私の好きな銀座のお店の一つです。
今日はディナーショーの時間に合わせてきたので奥様もご機嫌だったようです。
たまにくるならこんなお店です。
そうそういい忘れていました。
このお店のレギュラーポーション(盛り付け)は多いのであまり一気に頼まない方が宜しいですよ・・・

それでは(^_-)

神田 ゆず屋製麺所

今日は「Celebrity海老名家」の話です。 
初代林家三平の奥さん海老名香葉子さんの自伝を読みました。
大半がご自身の自慢話で鼻につくところも多々あるのですが、ご本人はそうとは思ってないのでしょうね・・・

ますは海老名香葉子さんの略歴から。
第二次世界大戦中、静岡県沼津市に疎開。当時は国民学校の5年生だったが、その最中に起きた東京大空襲で、3代目竿忠の父音吉・母・祖母・長兄・次兄・弟の家族6人を亡くしています(三兄で4代目を継いだ中根喜三郎のみ生き延びる)。
身寄りを亡くしたため、終戦・帰京後は親戚をたらい回しにされますが、父の知人で釣り好きで知られた3代目三遊亭金馬に引き取られています。
金馬家に七代目林家正蔵の妻が出入りしていた関係から、その実子であった初代三平と結婚。三平の芸能生活を陰からサポートしました。また、長女・海老名美どり、二女・泰葉、長男・九代目林家正蔵、二男・二代目林家三平と、4人の子供に恵まれています。
このような経歴です。香葉子さんは本所っ子なのですね。当時のご自宅は三つ目通りの竪川町(現立川)にあったそうです。東京大空襲で三兄のみ生き残ったとか。
私も友達の母親が小学校の時東京大空襲に遭い、その時発生した大火から逃れるため川に入ったところ、川面にも火が入って顔に大火傷をしたと語ってくれました。
そしその左頬に張りついている火傷跡をみて慄然したことがあります。

海老名家は「泰」が名前についている。
初代林家三平=>海老名泰一郎
9代目林家正蔵=>海老名泰考 その長男は泰良
泰葉=>海老名泰葉
二代目林家三平=>海老名泰助

海老名家は高学歴。
初代林家三平=>旧制明治中学卒業
海老名みどり=>川村短期大学卒業
9代目林家正蔵=>東京都立竹台高等学校卒業
泰葉=>桐朋学園大学音楽学部中退(家では芸事について天才と思われていた)
二代目林家三平=>中央大学経済学部国際経済学科卒業(竹台高等学では総代になる)

海老名香葉子さんの病歴
肺結核
心筋梗塞
乳がん

浮気癖
初代林家三平 この時は香葉子さんが自ら出向いてお金で形をつけて別れさせた。
9代目林家正蔵 土下座して謝り許してもらった。

初代林家三平は病院のベッドの上で座ったまま亡くなっている。

伊東四朗の奥さん令さんは海老名家のお手伝いさんで9代目林家正蔵のお守りをしていた。
「海老のしっぽ」海老名香葉子著より転載

ということでまだまだ書き足りないのですがここらで筆を止めます。
個人的には初代林家三平さんのことが思い出されます。
亡父は演芸ものが好きで良く浅草にある松竹演芸場に連れて行ってもらい三平さんの落語は聞きました。子供心にこの人の話は本当に面白いなと瞠目したことが思い出されます。
特に客いじりは天才的ですね、お客が中座すると、お客さんおトイレですか、早く戻ってきてくださいね、それまで面白い話はとっておきますから、とか赤ん坊が泣き声をあげると、すぐにあやしに行くし、まぁスゴイ気配りでした。
そうそう昔の寄席は結構お酒を飲みながら見ている人が多く、下手な芸には、容赦なく罵声が飛んでいました。若手の芸人なんかは固まっていましたね。
客が芸を育てるんだなぁと妙に納得していたマセタ子供でした、ハイ。


今日は神田に出没です。
立ち食い系ではこのお店が神田では一番美味いと思います。
ということで今日のお店は「ゆず屋製麺所」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-19-10 ソーシャルビル 1F
電話:03-3253-2233
定休日:日曜日

IMG_8498
お店の外観です。

IMG_8503
お店のポスターです。

IMG_8499
券売機です。

IMG_8500

IMG_8502
今日のオーダー「ゆずおろしうどん+生卵」390+無料=@390円です。
上の画像はdefaultです。下の画像はこんもりと削り胡麻と生姜をかけたものです。
味ですか、ここは美味しいです、本当に!
だしは本場の鰹節、昆布、煮干しをふんだんに使ったものでとてもすっきりとした味わいでそれにゆずの香りが味に膨らみをあたえます。
麺はしこしこと腰のある麺でこのだしによくあいます。
これで生卵(天ぷらも選べる)がついて@390円には驚きです。
神田にいかれたら是非立ち寄ってください。
裏切りませんよ(^_-)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ