下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

人形町

人形町 そよいち

今日は「collection of jokes vol.2」です。
最近見つけた小噺です。
宜しかったらお付き合いください。

#長生き
長生き
「いいですか、このまま飲酒をつづけると、かなり危険です。
完全に酒を断ってください。完全にです。
そうすれば、寿命が延びることを請合います。
それだけ、生きている時間が長くなるってことですよ」
「おっしゃる通りです、先生。
先月一日だけ、酒が飲めなかった日がありまして。
いやぁ、その一日の長かったこと、長かったこと・・・・・・」

常識と異なる論理を持っている人、人生の優先順位が著しく異なる人、これらの異なる理性が交差するときの落差が面白い小噺です。

アエロフロート社の飛行機が、あまりにも時刻表通りに飛ばないので、ついに怒り心頭に発した男が
「どうせ遅れてばかりいるのなら、時刻表なんかつくるな!」
と息まいたところ
「お客さん、時刻表があるから、遅れもあるのです」
と職員にたしなめられた。
この話と同じです。
視点の切り替えによる落差です。
この「長生き」ネタも同じ構造で構築されています。

#客の希望
はげ頭の男が理髪店を訪れて、理髪師のふさふさした髪の毛を羨ましげに見つめながら、次の様にお願いした。
「もし、僕のヘアスタイルを君のと同じようにしてくれたら、百万円差し上げよう」
「お易い御用です、お客様」
そう言って、理髪師はたちどころに客の要望を叶えた。
自分の頭髪をきれいに剃ってしまったのだ。

話し手が想定している対象を正反対のものに変えることで、想定している対象をハイジャックする方法です。
これと似た話を中国出張の時に聞きました。
取引先が中国出張の際に自らの身におこった窃盗事件を現地の仲の良い中国人にこぼしていましたら、その中国人はムッとして、で〜もすべての中国人が泥棒ってわけではありませんからね!
そして一呼吸おいてから、しか〜しすべての泥棒は中国人であ〜る、とのたまったとの事でした。

#アドバイス
パーティで弁護士と医師が歓談。
そのさなかにも、ひっきなしに他の客達が割り込んできて、あれこれ医師に体調の不調を訴えたり、健康上のアドバイスを求めたりする。
さすがの医師もうんざりした面持ちで、弁護士を羨ましがる。
「まったく、いつもこうなるんです。仕事を離れても気の休まるときがありませんよ。
それにしても、先生はよく相談責めにならずに済んでいますね。
何かコツでもおありになるんですか?」
「コツってほどのものではありませんがね。僕だって相談されれば、先生みたいに懇切丁寧にお答えしてますよ。
ただね、後日、相談された方に必ず請求書をお送りすりる事にしているんですよ」
「なるほどいいアイデアだ!さっそく取り入れなきゃ」
医師は大いに弁護士に感謝したのだった。
そして翌日、くだんの弁護士から請求書が届いたのだった。

自らがこの医師の立場なら、本件は契約行為がなされていない、と異議を申し立てるところでしょうが、人ごとになりますと、そら見たことか、とその無防備の態度に笑ってしまいます。
ところで私の高校の飲み会メンバーの中には、医師×2名、小説家×1名がいます。
そういえば、彼等は同級生の両親の健康相談や、子供が小説家になりたいのだけれど、一度原稿みてくれない、とか確かにひっきりなしに相談を受けながらお酒を飲んでいます。
この話と同じように、これからこの手の相談は有料対応といたします、と宣言したならば、その瞬間に同級生の手にしているグラスの中身が彼ら目がけて飛んでいくでしょう。
これが日本です、私達の国です、ハイ。
「必殺小噺のテクニック」米原万理著より転載


千手観音?



IMG_6392

IMG_6389

IMG_6390

IMG_6391

IMG_6393
今日は桜の香りがむせ返るような人形町に出没です。
今日のお店は訪問宣言店です。
今日のお店は「そよいち」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町1-9-6
電話:03-3666-9993
定休日:日曜・第1月曜日

IMG_6377
お店の外観です。

IMG_6385
店内の雰囲気です。

IMG_6379
メニューです。

今日のオーダー「ポークソテーライス(おかわり自由、豚汁付)」@1,800円です。

今日のお店は人形町の洋食の名店であった「旧きらく」さんの長女・次女さんがやっているお店です。
オープン当初は「ビーフかつれつ そときち」という名前でしたが、訪れました時には「そよいち」さんに名前が変わっていました。
私は白木のカウンターに座って長女さんの料理している所をそれとなく見ていました。
料理が終わったようで、今度は向きを変えビーフカツの下ごしらえ(筋切等)に入りましたので、私と向き合うような形になりました。作業中、長女さんが何度も私の方に視線を送ったので、何か緊張するものを感じました。
昔、「旧きらく」さん時代になにか迷惑をかけたかな、と頭の中で過去記憶を反芻したのですが、そのような事はありません。
しばらくして長女さんがおもむろに、お久しぶりですね、お元気でしたか、と言われたのです。
確かによくきていましたが顔を覚えられていたとは驚きです。
それも本当に「久闊を叙す」的な永き時間が横たわっていましたので尚更です。
そこでしばらく長女さんと先代と先代奥さんの話で旧交を温めたのでした。
余談ですが帰宅して、この旨を奥様にはなしましたら、それを次男が聞いていて、単にお父さんの顔がかわっていないだけじゃない、と結論付けていました。
それだけかなぁ・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_6381
まつこと6分で「ポークソテーライス」の到着です。

IMG_6382

IMG_6383 (1)
このポークソテーは肉厚のロースをいため、フランベをし、しばらく蒸し焼きにします。
そしておもむろににんにく、バター、醤油を加えて味を整えます。
「新キラク」さんと「そよいち」さんとのちがいはポークソテーを蒸し焼きにするかしないかと、バターの量とソースの量です。いずれも「そよいち」さんの方が多いです。

参考までに「新キラク」さんのポークソテーです。
IMG_5956

それでは実食です。
うん、美味しいです。
私のベロセンサーの感度はそれほどよくないのですが、こちらの方が「旧キラク」さんの味だとおもいます。
肉は柔らさ、too muchのソース、ともに先代と同じです。
加えて「思い出」という隠し味もありました。
キャベツが適度にソースを吸ってくれるのも懐かしくおもえました。
大満足で人形町の名洋食店の味を堪能しました。
長女さんご馳走様でした

それでは(^_-)



人形町 翁庵

今日は「京都スタイル」の話です。
「この苺、甘くないなあ、いつも買(こ)うてるのにこんなん売らはって。今度文句いわなあかん」と京都の知人はいう。
東京にいた頃の私なら、いつも買ってる店だからこそ「いわないでおこう」になっていたはずだ。
些細なことだけれど、些細な表現の積み重なりが生活であり、内面を形作る。何事にも主体的な京都人は、おそらく東京の人間より他者から愛される必要を感じていないのだろう。だから他人に惑わされにくく、逆に堂々と批判をする。
京都人は、揺るがずに「自分が一番」なのだ。
自分の喜びのために周りの人間がいて、日々の生活がある。はんなりとした表情の裏には、生命力旺盛な野生的精神があふれている。
京都スタイルとは、五感と自己肯定感に裏打ちされた野生のスタイルだ。
日本の中に「京都」があってよかった。
【京都スタイル 甘利君香著】より転載
久々に読後感悪い小説を読んでしまいました。この作者は東京から京都に移り住んで10数年、そこで京都が1200年を超す長い年月を掛けて作られた、信じがたい、ローカルルールに慣れていくプロセスを書きしるたものです。本人が嫌々慣れてきたこのローカルルールは、結果的に京都人のライフスタイルを表現したもので、それを知悉した私はスゴイのよ、という様に読めたのです。
私的には、京都が大いなる都ではなく大いなる鄙であることは分かったのですが、このようにアザトクすりかえられると、嫌なら書くな、褒めるなよ、と言いたいところでした。

今日は下町ビギナーさんと人形町に特攻です・・・前回も確か人形町でしたネ
今日のお店は、飲んだ後の締めで入った人形町は明治座御用達「翁庵」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町2-26-9
電話番号:03-3666-7656
定休日:土曜日、日曜日、祝日


翁庵1
お店の外観です。

翁庵2
店内の雰囲気です。お姉さんノースリーブで寒くないのですか(笑)

翁庵3
メニューです。

翁庵4翁庵5
締めで飲んだ、焼酎「白雪郷」です。これ馬鹿美味です。お酒の強くない下町ビギナーさんも締め飲みだというのにクイクイと盃をすすめていました。

翁庵6
今日のオーダー「ネギせいろ」@750です。

翁庵7
蕎麦自体は細切り気味の繋がりのよい比較的腰のある蕎麦です。もともとこの「ネギせいろ」は天カスだけでしたが、店主がサービスで肉厚のイカに変えたのですが、値段は上げなかったという見上げた一品なのです。
しかしかかし、この蕎麦不思議です。イカ天は熱々、蕎麦はよく冷水洗いしてシャキシャキ、でもつけ汁は熱々、そして山葵で食べる、これってオカシクないですか。つけ汁の熱々はこのメンバーにはそぐわないでしょう。さらに麺は細切ですから、食べているうちからすぐにふやけてしまいます。仄聞するに、ここのイカ天はこの熱々つけ汁にどっぷり浸し、て、ご飯の上に乗せて天丼風に食べるのが明治座のお約束とか・・・その為なのですかね、つけ汁が熱いのは?
味ですか、蕎麦以外はとても美味しかったですよ、蕎麦だって即に伸びなければイケます。
白眉はつけ汁でしょう。これは合格合格合格合格です。堪能しました。味醂、昆布、鰹節、なにが良いのでしょうか、好きな味付けです。天麩羅も美味しくあがっていましたし、肉厚のイカも結構でした。
人形町に老舗の名店ありですね

それでは(^_-)

人形町 鳥金

来月は高校の同窓会です。出席する同窓生の職業を見ていると医者と学校の先生が多いいこと…一応進学校だったからありえるか(笑)
ちなみに私の高校は私服だったので雀荘、喫茶店、パチンコ屋等はどこでもでした。3年生の時は理科系コースだったので、文科系授業はほとんど受けず上記のところで暇をつぶして、違うか…図書館で受験科目を勉強していました。
ある日パチンコ屋さんのアレンジボールコーナーで友達と受験参考書を買う資金を作っていました。二人ともその当時のお金で3,000円位になったので切り上げお店を出ました。
余談ですが、その頃アレンジボールで勝つと必ず煙草に変え高校周辺の喫茶店、洋食店、ラーメン屋等に半額で卸していましたのでそこそこのお金になっていたのです。
お店を出て友達に「三福で堅焼ソバでも食べようゼ」と声をかけたら、ナナ何とその友達がヤクザ屋さんにカラマレテいました。そして友達はアイコンタクトで私に助けを求めているのです。「義を見てせざるは勇なきなり」です。
「オジサン、俺の友達に何か用あるの」
オジ「何だお前は(怒)お前も仲間か」
「そうだよ」
オジ「お前も来い」
「事務所は勘弁してよ、何にもしてないじゃん」
オジ「ツベコベいわずにお前も一緒に来い」
二人とも同じ剣道部で体力には自信あるし、最悪パチンコ屋の5軒隣が交番なので、このヤクザ屋さんに蹴りでもいれてそこに逃げ込めばいいやと算段していました。
するとこのヤクザ屋さん何と交番とは反対方向にいくのではなく交番の方に私たちを連れて行きます。「甘いなこのヤクザ屋さん」とほくそえんでいたらそのまま交番に直行です。
しまった少年補導の刑事(デカ)さんかと気付いたのですが、後の祭りです。どうやら甘かったのは私のようでした。
仕方なくいつもの通り剣道のライバル校の選手になりすまし「二度としません」と謝り無罪放免です。その後友達に「何で助けを求めたんだよ」というと「馬鹿いうな、逃げろって合図したんだよ」と返します。当時この光景を見ていた仲間がいてその日の内に校内で有名人になりました…しかし刑事(デカ)さんとヤクザ屋さんは似ていますね(笑)

鳥金1
今日のお店は人形町B級焼鳥「鳥金」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町2丁目24-6
電話:03−3664−5659
定休日:不明

鳥金2
今日の獲物「鴨親子丼」@800です。鴨親子丼、小鉢、鴨吸物、香の物のラインアップです。しかし玉子は鴨のではなく鶏なので正しくは「鴨他人丼」ではないのしょうか(笑)

鳥金3
ここのお店良く夜飲みにいくのですが、当たり外れが多いのです。
味ですか、鴨肉は弾力がありすぎなかなか噛み切れなかったことと少し味付けが濃いのを除けばマズマズですね。人形町でこの値段であればB級グルメ店としてはOKでしょう。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ