下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

人力車

浅草 香港楼 2ND

今日は「恩師との語らい」です。
私の恩師は、私の血統が士族である事を永い間記憶の箱にしまわれていました。
ところが何かの拍子に先生がその箱を開けられたのです。
そして先生は秘書に、その事で私と話す機会を作りなさいと命じられたのです。
すぐさま秘書からメールがわたしに入ったのです。
その内容とは、先生が私の先祖の話を聞きたがっているので早急に出向くように、との事でした。
そのメールを受けた私はしばし悩みました。
確かに我が一族はサムライの系譜ではありますが、正確に申しますと1025年から1613年のほんの600年間の話でありますので趣旨違いではないかと思ったのです。
そして、その旨の返信をしますと、それはそれで受付されたのですが、今年の1月に先生が吉原の歴史に触れた本を上梓した事もあり、浅草にも詳しい「私を囲む会」が設営されたのです。
しか〜し、ただ行けばいいだけではありませんでした。
当然の事ながら会の設営は私が行い、実際会場となったホテルには数回出向いて打合せを行い当日を緊張して迎えたわけであります。

4144531
我が恩師は御年米寿(数え年で88歳)でありますがどこにも老人臭いところはなく、私がお教えを受けた大学の頃から変わらずで、お茶目な女性のままたんに87年間という時空を経て今日に至っただけです。
先生は慶應の経済学部で理論経済学を修め、大学院で労働問題や計量経済学を学び、我が大学の名誉教授であられます。
1997年11月には紫綬褒章、2005年5月には瑞宝中綬章を受勲しておられます。
その実態は下町の好奇心の強い女性であります。
先生は慶応義塾大学の女子の2期生であられます。
その当時、大学の中には1・2年生にほんの女性がいるだけでそれ以外は大学・大学院ともども男性の中で講義を受けられていたのです。
このような状況下でありますので、女子専用トイレも少なく、女子更衣室も整ってないなか義塾で学んでおられたのです。その苦労を先生にお聞きしますと、そういれればそうかもしれないけれど・・・
私はそういう事に無頓着なのね、という反面、大学在学中に結婚をされています。
なんでそんなに結婚を急がれたのですか、と聞きますと、実は大きな理由があったのよ、と言われましたので、その理由とはなんでしょうか、と聞き返しますと、仕事についてから苗字が変わるのが嫌だったの。
今では信じられないけれど、その当時は結婚して働いていると色眼鏡で見られたのよ。
それが嫌だったのね、と笑いながらお話をされていました。
実は先生は「ジェンダーハラスメントは絶対に許さじ」という強いお気持ちを持たれておられていて、今回吉原関連の本を出版された根っ子はそこにあるのです。
先生の現在の目標は主業である経済学以外のフィールドでミリオンセラーの本を出したいとの事で目標は御年95歳でいまだ執筆活動をしている「佐藤愛子越え」だそうです。
なんでしょうかこの勢いはまさに怪物であります

私も好奇心の強さでは人後に落ちませんが、先生はさら〜に私のはるか上をいっています。
できますれば私も先生同様に運よく米寿を迎えることができましたら、先生以上の好奇心をもって生きていたいものです。
さら〜に、その日を迎える事ができましたらこの日をゴールと思わず、まだまだしなくてはならない事があるのではないか、否、その為に命が残されたのだと自らに言い聞かせたいと思っています。
蝋燭は、燃え尽きる直前が一番明るく輝くといいますが、まさにこれこそが有終の美ではないかと思う今日この頃であります。

IMG_6116
すみません。
私の先祖の話は長くなりますので割愛させて頂きます。
しか〜し、上述の先生の昔話しや私の近況の報告やメインテーマの浅草の話など3時間近くも歓談させて頂き大変有意義な時間を過ごせました。
まさかこの歳になって先生と親しく時間を共有できるとは夢想だにしませんでした。
良い思い出になりました。
最後に先生からのメッセージを貼付してこのフリネタを終わります。
自慢たらしいところはありますが、在学時代に褒められた事がないのでちょっとだけ天狗になりたかったものとご承知おきでご笑覧ください。


WORLD ORDER "HAVE A NICE DAY " Shibuya Ver.



今日は所用があって浅草に出没です。
IMG_5919

IMG_5915

IMG_5918

IMG_5924

IMG_5925

IMG_5926

IMG_5927
今、浅草は人力車の人気が沸騰していて、その人力車を収納する駐車場が急増しています。
個人的には、親がもらった足があるのに人力車に乗るのはしてはいけない事と戒めているので今だかつて乗車した事がありません。
多分、一生乗らないでしょう・・・
気がついたら夕方になっていました。
夕食を食べていきますか。
今日のお店は下町中華トップの「香港楼」さんです。

住所: 東京都台東区雷門1-6-7
電話番号:03-5358-0998
定休日:無休

IMG_5891
お店の外観です。

IMG_5893
店内の雰囲気です。

IMG_5892
メニューです。

IMG_5895
今日のオーダー「トマトと玉子の炒め&小ライス」@820+@100=920円です。

IMG_5894
待つこと3分でテーブルセットの到着です。

IMG_5895
待つこと7分で「トマトと玉子の炒め」の到着です。
見た目、酸味が強そうな感じがありありです。

IMG_5897
気を取り直して実食です。
玉子はトロトロで美味しいです。
案の定、トマトは酸味が強いですね。
もう少し茹でて酸味を飛ばしてほしかったものです。
この料理は好きでよく頼むのですが、私の好みは玉子が主でトマトは香りづけて的な味わいが好きなのです。
まぁ好き好きですが・・・
これはこれで美味しかったですよ。

それでは(^_-)

小伝馬町 鳥番長 総本店

今日は「死に支度」の話です。

死に支度いたせいたせと桜かな

これは聖典からとった言葉ではない。ごらんのように俳句である。一茶の句である。この句を私は親しい知人や友人の死にめぐりあうたびに心のなかで呟く。 
このところ、知人や友人の死にたびたび会う。この間まで元気だった人の訃報を耳にする。祭壇の花のなかに遺影を拝むことが多くなった。 
おそらく、それは私がある年齢に達したからにちがいない。かつて死は私のかなり遠くの地点にある気持だったが、それが少しずつ近づきつつある。友人や知人が一人一人去っていくたびに、その思いや切実だ。 
にもかかわらず私はまだ充分な死に支度をしていない。たいていの人がそうであるように、その時になってどたばたしても仕方ないとわかっているので運を天に委せる気でいる。 
上智大学のデーケン先生はドイツやアメリカで行われている「死の教育」「悲しみの教育」を日本人も行うべきだと提唱されている人である。不意に襲ってくる癌、その時心やすらかに死を迎えるためには前もって死の教育を受けておくべきであり、またその遺族も「悲しみに負けぬため」に悲しみの教育を受けておくべきだというのが先生の持論であり、上智大学でその講座をお持ちである。 
「死に支度いたせいたせと桜かな」、という一茶の句にはやはり散る桜におのれの死を考え、その準備をしようと思う一茶の気持があらわれている。 
死ぬ時は死ぬがよし、と日本の聖者は言った。これも好きな言葉である。願わくはそのような気持で死を受容できたら、どんなに良いであろう。 
知人や友人の死去を知るたびに、私は今、書いたような気持をくりかえし、くりかえし味わうのだが、しかし「死ぬ時は死ぬがよし」にはまだまだ程遠い。 
そのような大悟は自分を宇宙のなかの一生命と見て、宇宙のリズムに素直に従おうという心だろうが、その素直さが私には欠けている。
「生き上手 死に上手」遠藤周作著より転載

私の父母はいずれも70歳以上生きておらず、その例に倣(なら)えば、私は人生の終焉まで20年を切ってしまいました。

死ぬことが怖い理由の一つとして、自分のすべてがその日からまったく消滅するという感覚に耐えられないということがあります。
そういう意味では特定の宗教に帰依している方は死に対しては心が安寧なのでしょうね・・・
私は全くの無宗教で且死ぬのは生きているというコンセントが抜けるだけと思っている人ですので救いようがありませんorz・・・
まぁ生物はいつか死ぬので明日のことを思い図るより、今日一日をexcitingに暮らせてよかったなという日にしていこうと思っています。
できますれば死ぬ間際は奥様・子供達に看取られ自分の人生を振り返り 「生きていて良かった」と反芻し、そしてこのような人生を与えてくれた父・母に感謝しながら息を引き取れたらどれだけ幸せでしょうか。
いずれにしても痛い思いをして死ぬのだけは勘弁してほしいものです。
そういう意味では枯れ木が朽ちるように亡くなる即身仏(自己ミイラ)はいいかもしれませんね・・・
たまにはこのような事も書きます。


NASAのジョンソン宇宙センターが作った、NASA Johnson Styleだそうです。
「科学ってサイコー」みたいな感じでちょっとクール!



IMG_4300

IMG_4301
今日は小伝馬町に出没です。
私の前に何台もの人力車が走り抜けました。
何があったのでしょう・・・
そんなことよりランチです。
今日のお店は炭火鳥料理「鳥番長」総本店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋小伝馬町14-8
電話:03-5651-5366
定休日:無休

IMG_4292
お店の外観です。

IMG_4296
店内の雰囲気です。

IMG_4293

IMG_4295
メニューです。

今日のオーダー「がっつり焼鳥番長丼(ご飯少なめ)」@850円です。
硬派な私としては店名の“番長”に魅かれて入店しました。
したがいましてこのお店は初見参です。
店内に入るとすごく活気があります。お客様が来ますと「ようこそ鳥番長へいらっしゃいませ」との店員さん全員の活気溢れるご唱和があります。ちなみのお客様が帰りますと「お客様がお帰りです、ハイ、ありがとうございました」とこれまた店員さん全員の活気溢れるご唱和で送りだしてくれます。
居酒屋chainの店員さんみたいな喉からの声ではなく腹からふりしぼる様な声ですので個人的には大満足です。

閑話休題おはなしはもどりまして
今日のオーダーに悩みました。
そいう時にはホールスタッフさんに教えていただきます。
このお店のホールスタッフさんの一押しは「がっつり焼鳥番長丼」でした。
しか〜し見るからにtoo muchでしたので、ご飯は少なめにしていただきました。

IMG_4297

IMG_4299
待つこと6分で「がっつり焼鳥番長丼」が到着です。
見た目ド迫力且美味しそう丼です。
すごい量ですね、大ぶりの焼き鳥が3本分入っています。
それでは実食です。
肉が柔らかいです、炭火で焼いているので香りも良いです。
皮もジューシーでとても結構です。
ネギも甘みが充分にでていてこれまたとても結構です。
丼ツユも甘辛さが過不足なく結構です。
これは美味しいですね。
普通これだけの量ですと最後は飽きてくるのですがそれがないのですよ。
すごいものです、久々に大満足のランチでした。
ごっつあんです、番長!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ