下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

京都慕情

2016年京都観桜旅行 其の壱

今日は「2016年京都観桜旅行 其の壱」です
京都は秋の紅葉を見納めした時に、しばらくは京都にロンググッバイをいわなければなりませんが又いつの日か訪れることでしょう・・・とか言っていませんでしたか。
ハイ、言ったような気がします。
それなのにまた京都に出向いたのですか。
行ってしまったのですからしょうがないじゃないですか。
過去はデリートできません。

京都の夜のにぎはひに
まぎれ入り
まぎれ出で来しさびしき心 

要は京都慕情なのですね。
7590679530_50a57fb92e_z
という事で二週間前に台湾にいったばかりなのにまたぞろ京都に行ってきたのです。
今回でなな何と19回目です。
もう見るところないのかと思っているでしょう。
そこを探すのが私のお仕事なのです。
という事で私たち夫婦の2016年度京都観桜の旅です。
宜しかったらお付き合いください。

京都駅に着きました。
IMG_3021
何ということでありましょう。
天気が悪いではありませんか。
天気予報では今日はなんとか持ちこたえるのですが明日は雨みたいです。
天気運は台湾で使い切ってしまいましたので今回は雨の京都です。
仕方ないですね。

私たち夫婦が愛用する電チャリです。
IMG_3020
今回もこの電チャリで京都の風になります。
あれ時おりお日様がさしてきました。
また私たち夫婦は奇跡をおこすのでしょうか。
なにか奇跡を起こす宗教ブログみたいになってまいりました。

#鴨川を歩いて渡る
IMG_2750

IMG_2749
今回、数ある奥様の希望の中から最初の指令です。
それは「鴨川を歩いて渡る」です。
実は鴨川にはところどころにこの様な歩石があります。
水かさが浅い時はこのような状態ですので川面を渡れるのです
私たち夫婦は生まれて初めて鴨川を歩いて渡りました。

#市比賣神社(いちひめ )神社
IMG_2737

IMG_2741

IMG_2745

IMG_2742
まずは女性の守り神である市比賣神社に参りました。
ここは外せません、ハイ。
皇后陛下様の御用達神社ですから「女人厄」など軽くすっ飛んでいきます。

手水舎「瀞」(すがすがしい)
IMG_2738
「瀞(すがすがしい)」とは「清」・「浄」の文字が組み合わさった文字で「自分の心をすがすがしくしなさい」という意味を表しています。龍神の手水は神々しいですね。

天之真名井(あめのまない)
IMG_2739

IMG_2740
ここに絵馬を掛け、「天之真名井」のご神水を飲んで手を合わせると、心よりの願い事が一つだけ叶うと伝えられています。お試しあ〜れであります。

#蹴上〜インクライン
IMG_2753

IMG_2755

IMG_2758

IMG_2760

IMG_2763

IMG_2764
個人的には京都ではここの櫻が一番好きです。
心なしか花弁が大きいような気がします。
レールの上を歩くのはワクワクします。

#石塀小路
IMG_2774

IMG_2776

IMG_2778

IMG_2780

IMG_2779

IMG_2782

IMG_2783
東山の地、禅刹高台寺に隣接する石塀小路は、重要伝統的建造物保存地区に指定されており、京都でも指折りの風情ある路地として大正時代から粋人が逍遥し、独特の街並みと趣を残す場所です。
京都に数多く来ていたのにこの小路は知りませんでした。
ここでウンチクです。
京都では通り(大路・小路)をつなぐ細い道を「図子(辻子)」と呼び、行き止まりになっている道を「路地」と呼んでいます。以外とこれは知らないと思います。


今日のランチのお店は「丸福」さんです。
京都で一番好きなお蕎麦屋さんです。
今日は観桜シーズンでもあり行列ができていました。
私たち夫婦がお店に入りますと、女将さんが莞爾として笑い出迎えてくれました。
歓迎されるというのは気分が良いものです。

住所: 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル塩小路町530-5
電話:075-371-4258
定休日:日曜日

IMG_2726
お店の外観です。

IMG_2729
店内の雰囲気です。

IMG_2728
メニューです。

私のオーダー「カツ丼」@750円です。
奥様のオーダー「天丼こそば(温)」@1,050円です。
待つこと16分で両方とも到着しました。

まずは私の「カツ丼」です。
IMG_2733

IMG_2735
揚げたてのカツをハフハフしながらいただきました。
熱々のカツに絡まったトロトロの玉子が絶妙な味です。
濃い目の割り下もこのカツ丼の味わいを引きしめています。
これは絶品です。
美味しすぎます。

奥様の「天丼こそば(温)」です。
IMG_2730

IMG_2732
ここは揚げ場の方がいい仕事をしています。
カラッとサクサクと揚がった天麩羅は極上の味わいです。
お出汁の利いたこそばも結構な味わいです。
これまた絶品です。
美味しいです。

それでは(^_-)

続 本郷 ニッキカフェ

今日は「続 京都慕情」です。
太秦
私にとりまして京都は第二の故郷です。
一度親子三人で真夏の京都に行ったことがあります。
正しく申せばその時の子供とは奥様の胎内にいました長男です。
今思いだしますと翌月の9月に出産を控えていたわけで良く行ったよな、と思ってその旨を奥様に確認しましたら、きちんと産婦人科に行って、長旅をしてもよいかどうか確認してお許しを得たから行ったのよ、とのことでした。
成程・・・
この時は奥様の希望で太秦映画村に行ったのです。
40度近い猛暑の中、太秦の仕出し役者は重厚な鬘(ズラ)を被っているのにもかかわらず、全く汗をかいていないのに奥様は大いに驚いていました。

缶ビール
当時「スローなブギにしてくれ」等の小説で有名な片岡義男さんにはまっていました。
彼が創りだす主人公はどれだけお酒を飲んでも酔わないというhard-boiled guyなのです。
私はこのふるまいに大憧れをしたのです。
大飲しても、くずれない、みだれない、こわれない、これってsuper coolですよね。
たまさか帰路の新幹線が「こだま」でしたので、どれだけビールを飲んでも平然としていられるか試してみました。
缶ビール(500ml)を15本飲んだ辺りが浜松だったな、との記憶が最後です。
結局、薬局、放送局、私はhard-boiled guyにはなれませんでした。
消える魔球とかけて、よく冷えた缶ビールと解く、ふったらあかん・・・

銭湯
30歳前後の時の京都出張の話です。夕方に京都につきホテルをcheck inして、そこで時間に余裕があるので風呂に入り、後は取引先を接待するだけの京都の夜でした。
しか〜しホテルの窮屈なバスユニットを嫌った私は、京都の老舗銭湯に入ろうと考えていたのです。
偶然ホテルへ行く途中に歴史を感じさせる銭湯がありそこの暖簾をくぐりました。
番台のオバサンはトレンチコートを着アタッシュケースを持った、どこから見てもサラリーマン風の若いお兄さんが忽然と入ってきたので驚いていました。
番台でタオルと練りシャンプーと石鹸を求め、おもむろに脱衣して、引き戸を開け風呂場に入りました。
京都の銭湯は東京の下町のように風呂場の奥に矩形の湯船があるのではなく、風呂場の真ん中に矩形の湯船があります。さすがところかわれば湯船の場所も変わるものだなと私は妙に感動していたのです。

この銭湯の湯は、底が見えないほどの濁り湯です。体を軽くながしてから、風呂にはります。
風呂に入りますと突然ブクブクと体が沈む感じと、それと同時に鼻腔の深いところに大量のお湯が差し込んできました。どうやら私は溺れたようです。
何故なんだろうと思いながら、水面にでようとして手足をばたつかせました。
時間にして数秒なのですが、なんとか水面に顔をだすことができました。
そして心の安静を取り戻した私は、この水没の事態を理解したのです。
要はここのお風呂は湯船が深いのです、丁度私の乳あたりに水面があります。
私の身長は177cmですから、その乳に水面があるということはかなり深いのです。
すぐに足が着くものだと思って湯船に入った私はたまらずその深みにはまってしまったのです。
世が世なら溺死していました(笑)
他の京都の銭湯は入ったことがないのですが、京都の銭湯は皆このような深さなのでしょうか、多分京都は「立ち湯」文化なのでしょうね。



IMG_5679

IMG_5680
今日は本郷に出没です。
この道路の森閑さは皇太子様が通られるので二車線通行制限となっているのです。
なにかすごく物々しいですよね。

ということで今日のお店は「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_5683
お店の外観です。

IMG_5687

IMG_5688
店内の雰囲気です

IMG_5686
メニューです。

今日のオーダー「スモークサーモンとブロッコリー、完熟トマトと生クリームのトマトクリーム スパゲッティ(珈琲付)+モンブランインペリアル」@800+@498=1,298円です。

IMG_5689

IMG_5691
待つこと8分で「完熟トマトと生クリームのトマトクリーム スパゲッティ」の到着です。
見た目色鮮やかなスパゲッティです。

それでは実食です。
パスタはアルデンテでかすかに芯を感じます。
ソースは完熟トマトの味が勝っていますが、普段いただく生クリームの濃厚な味わいではありません。
散りこぼれる薄紅色の花がくるくると舞いあがる春の息吹を感じます。
美味しいですね。

IMG_5694

IMG_5695
デザートは「モンブランインペリアル」です。
このモンブランは珈琲風味の生地にマロンクリームをホィップクリームで包んだものです。
控え目の甘さは噛みしめるたびに味をふくらませます。
大満足な味です。
美味しいです。

コスパも良く加えて接客も良くお気に入りのお店です。
また訪れましょう。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ