下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

京都の銭湯

続 本郷 ニッキカフェ

今日は「続 京都慕情」です。
太秦
私にとりまして京都は第二の故郷です。
一度親子三人で真夏の京都に行ったことがあります。
正しく申せばその時の子供とは奥様の胎内にいました長男です。
今思いだしますと翌月の9月に出産を控えていたわけで良く行ったよな、と思ってその旨を奥様に確認しましたら、きちんと産婦人科に行って、長旅をしてもよいかどうか確認してお許しを得たから行ったのよ、とのことでした。
成程・・・
この時は奥様の希望で太秦映画村に行ったのです。
40度近い猛暑の中、太秦の仕出し役者は重厚な鬘(ズラ)を被っているのにもかかわらず、全く汗をかいていないのに奥様は大いに驚いていました。

缶ビール
当時「スローなブギにしてくれ」等の小説で有名な片岡義男さんにはまっていました。
彼が創りだす主人公はどれだけお酒を飲んでも酔わないというhard-boiled guyなのです。
私はこのふるまいに大憧れをしたのです。
大飲しても、くずれない、みだれない、こわれない、これってsuper coolですよね。
たまさか帰路の新幹線が「こだま」でしたので、どれだけビールを飲んでも平然としていられるか試してみました。
缶ビール(500ml)を15本飲んだ辺りが浜松だったな、との記憶が最後です。
結局、薬局、放送局、私はhard-boiled guyにはなれませんでした。
消える魔球とかけて、よく冷えた缶ビールと解く、ふったらあかん・・・

銭湯
30歳前後の時の京都出張の話です。夕方に京都につきホテルをcheck inして、そこで時間に余裕があるので風呂に入り、後は取引先を接待するだけの京都の夜でした。
しか〜しホテルの窮屈なバスユニットを嫌った私は、京都の老舗銭湯に入ろうと考えていたのです。
偶然ホテルへ行く途中に歴史を感じさせる銭湯がありそこの暖簾をくぐりました。
番台のオバサンはトレンチコートを着アタッシュケースを持った、どこから見てもサラリーマン風の若いお兄さんが忽然と入ってきたので驚いていました。
番台でタオルと練りシャンプーと石鹸を求め、おもむろに脱衣して、引き戸を開け風呂場に入りました。
京都の銭湯は東京の下町のように風呂場の奥に矩形の湯船があるのではなく、風呂場の真ん中に矩形の湯船があります。さすがところかわれば湯船の場所も変わるものだなと私は妙に感動していたのです。

この銭湯の湯は、底が見えないほどの濁り湯です。体を軽くながしてから、風呂にはります。
風呂に入りますと突然ブクブクと体が沈む感じと、それと同時に鼻腔の深いところに大量のお湯が差し込んできました。どうやら私は溺れたようです。
何故なんだろうと思いながら、水面にでようとして手足をばたつかせました。
時間にして数秒なのですが、なんとか水面に顔をだすことができました。
そして心の安静を取り戻した私は、この水没の事態を理解したのです。
要はここのお風呂は湯船が深いのです、丁度私の乳あたりに水面があります。
私の身長は177cmですから、その乳に水面があるということはかなり深いのです。
すぐに足が着くものだと思って湯船に入った私はたまらずその深みにはまってしまったのです。
世が世なら溺死していました(笑)
他の京都の銭湯は入ったことがないのですが、京都の銭湯は皆このような深さなのでしょうか、多分京都は「立ち湯」文化なのでしょうね。



IMG_5679

IMG_5680
今日は本郷に出没です。
この道路の森閑さは皇太子様が通られるので二車線通行制限となっているのです。
なにかすごく物々しいですよね。

ということで今日のお店は「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_5683
お店の外観です。

IMG_5687

IMG_5688
店内の雰囲気です

IMG_5686
メニューです。

今日のオーダー「スモークサーモンとブロッコリー、完熟トマトと生クリームのトマトクリーム スパゲッティ(珈琲付)+モンブランインペリアル」@800+@498=1,298円です。

IMG_5689

IMG_5691
待つこと8分で「完熟トマトと生クリームのトマトクリーム スパゲッティ」の到着です。
見た目色鮮やかなスパゲッティです。

それでは実食です。
パスタはアルデンテでかすかに芯を感じます。
ソースは完熟トマトの味が勝っていますが、普段いただく生クリームの濃厚な味わいではありません。
散りこぼれる薄紅色の花がくるくると舞いあがる春の息吹を感じます。
美味しいですね。

IMG_5694

IMG_5695
デザートは「モンブランインペリアル」です。
このモンブランは珈琲風味の生地にマロンクリームをホィップクリームで包んだものです。
控え目の甘さは噛みしめるたびに味をふくらませます。
大満足な味です。
美味しいです。

コスパも良く加えて接客も良くお気に入りのお店です。
また訪れましょう。

それでは(^_-)

池袋 山頭火 池袋店

今日は「私の京都奇譚二つ話」です。
高校生の修学旅行のときの話です。当時の修学旅行は三泊四日の中で一日がfree planでした。友人同士でグループを組み京都市内の観光spotを廻ります。嵐山近郊を重点的に歩きました。皆歩きつかれたので、お茶でも飲もうよ、ということになり、とある喫茶店にはいりました。
お店に入るやいなや私達に対する視線が異様に熱いのです、なんか変だなと思い冷静に店内を見回すと、店内は100%女性客ばかりです。さらに皆それぞれが色鮮やかなビニールキャップをかぶっています。
異常に気がついた友人の一人が表に飛び出し、このお店の看板を確認しに行きました。そして足早にもどり皆に、店まちがえたようだ、このお店は美容院だ、といったのです。
その時点では皆だれもがこのお店が美容院であることがわかっており、なんでこのお店に入ったのかが知りたかったのです。
答えは簡単でした、この店名は正確には「コーセーロレアルサロン嵐山」なのですが、オッチョコチョイのやつがいて、この名前を「コーヒーロレアルサロン嵐山」と読み間違えていたのです、しかしとてもcloseな名前なので、ありかなという感じですが、突然東京弁を喋る私服の高校生らしきグループが大挙して店に入ってきたのですから、一番驚いたのは、中にいたお客さんでしょう。

30歳前後の時の京都出張の話です。夕方に京都につきcheck inして、時間に余裕があるので風呂に入り、後は取引先を接待するだけのitineraryでした。ホテルの窮屈なバスユニットをヘジった私は、京都の銭湯に入ろうと考えていたのです。偶然ホテルへ行く途中に銭湯がありそこの暖簾をくぐりました。
番台のオバサンはトレンチコートを着た、みるからにサラリーマン風の若いお兄さんが忽然と入ってきたので驚いていました。
番台でタオルと練りシャンプーと石鹸を求め、おもむろに脱衣して、引き戸を開け風呂場に入りました。京都の銭湯は下町のように風呂場の奥に長方形の湯船があるのではなく、風呂場の真ん中に長方形の湯船があります。さすがところかわれば湯船も変わるものだなと私は妙に感動していたのです。
体を軽くながしてから、風呂にはります。すると突然ブクブクと体が急速に沈む感じと、それと同時に鼻腔の奥底に大量のお湯がツンと差し込んできました。どうやら私は溺れているようです。
何故なんだと思いながら、水面にでようとして手足をバタつかせました。時間にして数秒なのですが、なんとか水面上に顔をだすことができました。そして心の安静を取り戻した私は、この水没の事態を理解したのです。
要はここのお風呂は湯船が深いのです、丁度私の乳あたりに水面があります。私の身長は177cmですから、その乳に水面があるということはかなり深いのです。よってすぐに足が着くものだと思って湯舟に入った私はたまらずふかみにはまってしまったのでした。本当に“アブナイジャナイデスカ”といいたいところです、世が世なら溺死していました(笑)
他の京都の銭湯はいったことがないのですが、京都の銭湯は皆このような深さなのでしょうか、私の長年の疑問です。

山頭火1
今日はお彼岸なので、奥様と揃って私の両親の墓参りに行きました。
行く途中、この間の「アド街ック天国“牛込神楽坂”」編にでていました俳優?の「峰竜太」さん宅を見学してきました。
建物は思ったほど大きくはなく、なぜか我が下町の名物アサヒビールスーパードライホール屋上のウ○コオブジェに相似しています。
為念、パチリしてきました。しかし「峰竜太」さんはお金持ちですね…

今日のお店は池袋「山頭火ラーメン」の暖簾をくぐりました。

住所: 東京都豊島区南池袋1-23-3
電話:03-5957-1191
定休日:無休

山頭火2
お店の外観です。

山頭火3
店内の雰囲気です。厨房スタッフは中国人が多いようです。

山頭火4
私のオーダー「塩ラーメン」@850です。ここの塩味は豚骨と野菜に北海道特有の「タラ」の干物をベースに、絶妙なブレンドで作られているそうです。味はいいですね、美味しいです。具は、大ぶりのチャーシューと木耳、ねぎ、そして小梅が乗ります。小梅の必然性はよくわかりません。麺は中細のちぢれ麺で北海道ラーメン特有の低加水麺らしいですが、もそもそして美味しくありません。全般的にです。しかし、塩ラーメンが@850とはかなりお高いですね・・・

山頭火5

山頭火6
奥様のオーダー「とろみ醤油ラーメン」@850です。これは魚介系スープにトロミがついています。味はかなりのレベルです。「塩ラーメン」ともどもですがチャーシューがとても美味しいですね。しかしスープの攪拌が悪く丼の底の方でダマになってのこっていましたのが残念でした。

しかしここのお店はnet上ではすごく評判が悪いですね、久々にこれだけ叩かれているお店にめぐり会いました。たぶんコストパフォーマンスが悪いのと、接客かなと推察するのですが、個人的にはそれほど酷評を受ける感じではなかったと思うのですが…

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ