下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

京橋

京橋 ど・みそ 3rd

今日は「思い出したくないレストラン」の話です。
ど・みそ1

ど・みそ2

ど・みそ3
上記画像は「こよさん」より転載です。
今日は北海道話です。数日前Blogで思い出したくない観光スポットということで「千歳インディアン水車」のネタを書きました。奥様とその話をしていたら、そういえば二度行きたくないレストランがあったよね、という話になったのです。今日のフリネタは思い出したくないレストラン東野幌の「エーデルワイス」さんです。
お店の紹介文を以下に記します。
【QOT】
JR野幌駅南口からまっすぐ延びる道(1号線)を進み、高速道路を越えてすぐ左に見えてくるスイス風の建物がスイス料理のレストラン「エーデルワイス」です。オーナーの渡辺陽一さんは元酪農家。昭和55年(1980年)にスイスを訪れ、スイスの牧場でホームステイしながら体験したことが渡辺さんの人生観を一変。帰国してから廃屋を8年間かって自分一人で改装し現在のレストランを開業。お店に一歩入ると、そこは渡辺オーナーが世界中から集めた品々が飾られ独特の雰囲気をかもしだしています。お店の料理は、なんといってもチーズフォンデュ。自家製の手作りパンととろけるチーズのコンビネーションは、多くのファンを獲得しています。お子様でも食べられるように工夫してあるため、家族づれのお客さまも多いとのこと。このほか、ラムステーキ、トリステーキもそのボリュームが好評です。
【UNQOT】
このお店「チーズフォンデュ」の有名店ですが、まずオーナーがしょっちゅう海外に旅行しているので殆んどやってないというか不定休なのです。よって行くこと自体希少価値なので、好奇心の強い私は行く機会を虎視眈々と狙っていたのでした。とある日このお店に電話したら、今日はやっている、とのことでしたので雪の中ワザワザ家族全員で大谷地から東野幌まで出かけたのです。お店に入って驚いたのは店内が中国のディズニーランドみたいで統一感がないのです。それとコートを脱ぐと寒いこと寒いこと、一応暖炉があるのですが、この建物そのものがオーナーの手作りなので隙間風がビュービュー入り込んでくるのです。まず水がでてきたのですが、これが日向(ひなた)水みたいな味わいでナマラ不味いのです。札幌近郊(札幌は水が美味しい)なのに何でっていう感じです。それとメニューを開けると、パラパラとホコリが立ち上がります。鼠が出て来ないだけまだマシですが、どうやら掃除が行き届かないようです(笑)
料理は決め打ちの「チーズフォンデュ」です。しばらくするとおもむろにメインディシュの「チーズフォンデュ」が出てきました。これは固形燃料でチーズをトロケさせるのですが、これが腐っているのか火力が弱く、チーズがトロケません。仕方なく半トロケの状態で「チーズフォンデュ」を食べ始めました、当然のことながら半トロケなのでチーズが粉っぽくて美味しくありません。さらに驚いたのが名物じゃがいもパンです。これ石かと思うくらい硬いのです。いくら「チーズフォンデュ」につけても柔らかくなりません、そのうちこのパンを噛みすぎて顎が疲れてきました。もうこれ以上この店にいたら餓死すると思い、這(ほ)う這(ほ)うの体で大谷地の自宅に逃げ帰ったのです。お腹が中途半端だったので、帰宅途中ひばりヶ丘のロイヤルホストで食べ直してお腹を鎮めたのでした(マジ)
今このように振り返りながら書いていても、あの時の恐怖が昨日の事のように蘇ってくるのです…マジにスゴイお店でしょう(笑)

ど・みそ4
今日は銀座に出没です、街は知らない間に装いをクリスマスに変えていました。今年も残り少なくなりましたね。今日のお店は、味噌ラーメン日本一?「ど・みそラーメン」さんです

ど・みそ5
お店の外観です。

住所: 東京都 中央区京橋3-4-3
電話:03-6904-3700
定休日:祝日

ど・みそ6
店内の雰囲気です。

ど・みそ7
券売機です。アレッ!最近新作出してないようですね。

ど・みそ8
今日のオーダーは「みそらーめんラーメン」@750です。普通のみそラーメンは初食です。スープはお約束の熱々です。麺は中太縮れ麺で、モチモチでその弾力で口の中でも絡んできます…美味しい。モヤシは生きているかのようにパリンパリンしています。
スープは濃くあり、深みあり、そして微妙にHot(辛い)です。美味すぎて言葉がありません、ここの「みそらーめん」は粉う事なき日本一?だと思います。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

京橋 バルテッラ BarTerra

マラソンは危険なスポーツ?
東京マラソンでタレントの松村邦洋氏が急性心筋梗塞で心配停止状態になったのは記憶に新しい話ですね。
古いデータですが厚生省研究班(当時)が84年から88年にかけて調査した「スポーツ種目別の年代別突然死発生数」によると、全体吸う645例のうち、ランニングで死亡した人は165人(26%)、ゴルフの87人(13%)、水泳80人(12%)、ゲートボール45人(7%)、登山37人(6%)等に比べて圧倒的におおいのです。
【週刊文春「マラソンが白血球を破壊する」から転載】
実は私マラソンマンなのです。一番最高がフルマラソンで3時間35分台ですので、普通レベルのランナーでしょうか(笑)
確かにマラソンは健康なスポーツとはいわないもののこんなに死んでいるのかとは驚きを禁じえないです。
私のマラソンクラブではフルマラソン502回完走(ギネス記録らしい?)とか、200kmの耐久マラソン完走とか多士済々ですがいまだかつて亡くなられた方はお一人だけです。たしかこの先輩は心臓が悪いのに無理された結果というように聞き及んでいます。
いずれにしても他山の石としなければいけませんね。ここだけの話ですが、私のマラソンクラブの大半の方は走っている最中に死ぬのは本望だと申していますが、実は私もそう思っています。マラソンするっていう人はマゾなのかもしれませんネ(マジ)

今日は久々にビッグビジネスを決めたので、自分に乾杯するために最近良く出没する京橋グルメストリートにある、コ洒落たスペインレストラン「バルテッラ(BarTerra)」です。

バルテッラ1
お店の外観です。

住所: 東京都中央区京橋3-4-4
電話:03-3275-1082
定休日:日曜・祝日

バルテッラ2
乾杯の「熟鮮ビール」@620です。

バルテッラ3
チャームの「黒豚のガーリック焼」@500です。これは美味しいです、マジにいけます。

バルテッラ4
本日のメインデッシュ「イカポンチのとろけるチーズかけ」@780です。これは平板の味でした。

全部で¥1,900ですのでお手軽ではありました。
ここのお店料理レベルはかなりたかいです。米国で修行されたスペイン人風貌のシェフは感じよく、話題も豊富で飽きさせません。
再訪しようと思っているのですが、メニューが高い値付けのものしか掲載されてなく少し腰引けている私がいました(笑)

それでは(^_-)

京橋 せんねんそば 八重洲口店

ここのところ少しメタボっポクなったのでお昼はお蕎麦です。
歩いていると24時間営業の立ち食い蕎麦屋さん(実際はテーブルと椅子がある)があったので入りました。お店には「当店は水にこだわった蕎麦屋です」と書いてあります。ふむふむと更に読み続けると、「当店では宝石セラミック、活性炭ホール、機能セラミックス、マイナスイオンホールなどを使用した美味しいせんねん水を使用しています」との事です。本当に期待して良いのでしょうか(笑)
せんねんそば1
お店の外観です。

住所: 東京都中央区京橋2丁目2-18
電話:03-3273-2772
定休日:年中無休(24時間営業)

せんねんそば2
今日の獲物「大盛蕎麦」@350です。この盛で@350はシビレマス。ちなみに並盛は@250、特盛は@450です。コストパフォーマンス最高ですね(笑)

せんねんそば3
味ですか意外にイケます
ここのお蕎麦はこの効能灼(あらたか)なせんねん水で生麺を茹で、そして洗い更に冷水でしめてだされるそうですが実は大嘘です。
正しくは冷水でしめて、そのまま取り置きにしているのです。
しかし麺は緩いものの蕎麦の香りはしっかりしています。付汁も良く出汁が取れておりそこそこのレベルです。
Manual通り作ればかなりのお味と推察しましたのでちゃんと作ってくださいナm(__)m

それでは(^_-)

続 京橋 ド・ミソ

人間は何か嫌なことに見舞われる時、人生において進むべき道を誤ってしまったときなどに白を好む傾向があります。白が好きな人というのは、人の道を外れた生き方をする人が嫌いで、つい厳しく接してしまう傾向があります。一方白が嫌いな人は口ばかり正しいことをいっている、いわゆる偽善者を嫌う傾向があります。騙されにくい人だともいえます。
中略
白は放射エネルギーを肌に透過して、自律神経を活性化してくれます。その上体が必要とする全ての色の波長を栄養として取り入れてくれるので、健康回復に効果的なのです。逆に黒は太陽光を全部吸収して、光が反射されないので健康に大切な光を私たちの体に届かなくさせてしまいます。
【純白の色彩浴の旅へ 石井亜由美著より転載】

今日はお彼岸なので奥様と両親の墓参に行く途中、白のファッションを好む「白衣の民」韓国とのWBCを運転しながら応援していいました。日本に惨敗した韓国の金寅植監督は「今日は投手を温存したことでこんな結果になった」とかのたまっています。これでは「負け惜しみの民」にお名前を変えた方がよろしいのでは(笑)

工場などの作業着は汚れ易いので、グレーやブルーの色の付いたカラフルなものが無難なのですが、本田技研の創業者本田宗一郎さんは、汚れた作業服で良い製品は出来無い、と言って真っ白な作業服を着用するように決めたといいます。これはこれでスゴイ「信念の民(人)」なのでしょうネ


今日のお店は味噌ラーメンの頂点「ド・ミソ」です
ドミソ11
お店の外観です。

住所: 東京都 中央区京橋3-4-3
電話:03-6904-3700
定休日:祝日

ここから先はパチリでご覧下さい。

ドミソ13
店内の雰囲気です…お洒落ですね

ドミソ12
新メニューが上市されました。

ドミソ14
私の獲物新メニュー「みそカレーラーメン」@1,000です。これ最高です。言葉ではうまくいい表すことができないくらい美味しい合格合格合格合格合格特筆すべきはスープですか、スパイシーでありながら下品でなく、味噌スープによく合います。挽肉のプチプチ感もタマリマセン。麺もシコシコ、モチモチでイケます。本当に完璧でした…ご馳走さまでした。

ドミソ15
奥様の獲物「特味噌こってり」@900です。奥様もこれには最大級の賛辞です。シャキシャキモヤシ、ツルツル麺、熱々で深みのある味噌スープ、とろけるチャーシュー、トロトロ卵、こんなに美味しい「味噌ラーメン」生まれてこの方食べたことがないとまで言いきっています 合格合格合格合格合格

ドミソ16
やたら日本語の上手な家族で旅行に来ている中国人三人家族が飛び飛びで座っていたので席を譲り、さらに次の女性二人客も離れて座っていたのでさらに譲りましたら、お店の方から「あいすいやせん」とのことでサービス券をいただきました。
すごい気配りですよね…感動しました

それでは(^_-)

京橋 ど・みそ

電気煙草が売れているらしい。
ど・みそ1
なにか子供の玩具みたいですね(笑)

以下はその説明文です。
【QOT】
"RUYAN"(如烟)は中国Golden Dragon Group (金龍集團有限公司)が 販売する「害のない」電気煙草。カートリッジ交換式の煙管のようなもので、タバコの葉を燃やすのではなく液状のニコチンをバッテリーで気化させ(というか霧状にして)吸うためタールや一酸化炭素といった有害物質を摂取することがなく、体に害を与えないという製品。
煙のようにみえるのはカートリッジに含まれている(ニコチンを含まない)液体の蒸気で、煙草のような感覚を与えるためのもの。煙草本体に見える部分はリチウムイオンバッテリー、先端の「火」は作動状態を示すLEDライト。葉巻風やパイプ型など各種あり、基本の煙草型本体は$200くらい。カートリッジは別売交換式。
【UNQOT】

早速買ったお取引様がいて禁煙(ちなみに日本で売られているのはニコチン無タイプ)に挑戦しました。
しかしいちいち充電するのが面倒くさくて即にお蔵入りになったそうです(笑)

今日のお店は「アド街ック天国」京橋編に出ていた2006年にオープンした味噌ラーメン専門店「ど・みそ」です。もともと大手企業に勤めていたご主人・齋藤賢治さんが、会社の自主廃業を機にラーメン屋へ転身。独立を決意し理想の味を研究した結果、信州味噌や八丁味噌など4種類をブレンドしたオリジナルの味を完成させました。ゲンコツ・鶏ガラをベースに背脂を合わせた濃厚スープに、「浅草開化楼」特注の平打ちちぢれ麺を使用。こってり濃厚でパンチの効いた味噌ラーメンの奥深さは感動ものです。
というのが「アド街ック天国」の惹句ですがはたしてお味はどうでしょう
ど・みそ2
お店の外観です。

住所: 東京都 中央区京橋3-4-3
電話:03-6904-3700
定休日:祝日

ここから先はパチリでご覧下さい。

ど・みそ3
お店の惹句です。

ど・みそ4
今日の獲物「特味噌こってり」@900です。 太麺に、チャーシュー2枚、海苔2枚、コーン、もやし、玉子です。味ですか「こってり」の割にはそれ程でもなく美味しいスープです。スープは熱々で、麺もモチモチで美味しい。特筆すべきはシャキシャキのモヤシこれはイケます。チャーシューも後半にはトロトロになってきて麺に纏わりつきます。ここさすがに味噌ラーメンの頂点といわれるのは納得です合格合格合格合格

ど・みそ5
しいて苦言を呈すれば、味が濃ですね。今日はやたら喉が乾きました。この間の来々軒でこりているに・・・歴史は繰り返されました。それと私語が多いですね(笑)今日私が食べている間に店主がサブのスタッフの人と、スタッフの人のマンション?の話を終始していました。美味しいラーメンを作るのがお仕事なのですから、そんな話は仕事が終わってからゆっくりと話せばよいのではないでしょうか・・・かなり残念でございました

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ