今日は「交通ルールは守りましょう」の話です
img20191006_09444909
地元の体育館の帰り道、私は疲れた体を自転車にのせて家路に向かってペダルをこいでいました。
しばらくすると私(緑丸)は右折する曲がり角に差し掛かりました。
私が右折するのと同時に前方に左折してくる中年の女性の女性(赤三角)が視野に入ってきました。
お互いしばらく進んでいくとお見合い状態となりお互いの進路を防ぐ形になってきたのです。
私はレディファーストの観点から、自転車を停めてその女性を先に促すような体制を取り、この女性が通り過ぎるのを待っていました。
それにしましても運動神経のない女性です。
私が先にコーナーインして入ってきているので、彼女は大きくコーナーアウトしてのコース取りをすれば、私は立ち止まって彼女が通り過ぎるのを待つこともなかったのであります。

1467958008
私が道を譲った女性の風体は、赤とピンクと緑色がスパングル(花柄模様)の長袖カットソー、べっ甲の眼鏡をかけた私の好みとはマギャクの痩せた女性でした。
彼女は通りすぎた後私に、道路は左側通行です。
交通ルールはきちんと守ってくだ〜さ〜い、と変な節をつけて言い放ったのです。
私は、立ち止まってくれてすみません、だろうと思って、何を言われているのですか。
ちょっと待ってください、と言いますと、彼女は自転車のスピードをマックスにして、今度は、交通道徳は守りま・し・よ・う、とスタッカート(一音符ずつ短く切って言うこと)で刻んで言い放ってから脱兎の如く私の視野から消え去ったのです。
私は唖然としました。
確かに私は彼女の言う通り左側通行ではありませんでした。
それも私の視野に彼女が入った時に、彼女が右側通行で走って来たから右側通行にしたのです。
彼女は、私の事を認めてから、曲がり角に最短距離に行くためにわざわざ左側通行に替えたのです。
その為にお見合い状態になったのです。
世の中にはこのような強引な屁理屈をいう人がいます。
極めて気分が良くありません。
帰宅して、この顛末を奥様に話しますと、自分が悪いのに「左側通行を守りましょう」という女性は多いわよ。
気にしな方がいいわ、と私に同情してくれました。
そうなんだ。このように自らが地球を回しているように思っている女性はそれいなりにいるのだなと妙に得心したのであります。


10番街の殺人・ Slaughter on 10th Avenue /高中 正義



IMG_7327

IMG_7326

IMG_7324

IMG_7328

IMG_7329
今日は浅草に出没です。
海老が食べたかので「尾張屋」さんに行きましたら臨時休業でした。
仕方がないので海老つながりでこのお店にしました。
今日のお店は老舗洋食の「ぱいち」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-15-1
電話:03-3844-1363
定休日:毎週木曜日(連休あり)

IMG_7330
お店の外観です。

IMG_7333
店内の雰囲気です。

IMG_7331
メニューです。

今日のオーダーは「海老フライ定食」@1,500円です。
昭和11年開店です。
浅草では有名店の老舗でしょう。
ここは数えきれないくらい来ています。
このお店はビーフシチューが美味しいのです。
店名は「ちょっと一杯」を芸人読みで天地をひっくり返したものです
ここの欠点は値段が高い事ですね。
それに定期的にコックさんが変わるので、引き継ぎ期間に味が変わる事があります。
しか〜し、今日は店主の勇二さん1人で切り回していました。

IMG_7341
調理に時間が掛かるみたいで、私が座るとイライラしながら店員さんに「時間かかります」出しておいて、と怒鳴っていました。

IMG_7342
そういえば店外にはコックさん募集の張り紙がありました。
調理場に人が足りていないようです
高校の時の店主の勇二さんは学校から帰ってきては、好き勝手なわがままな発言をしていた事を思い出しました。その時には、家が裕福な子供はいいなあと妙に感心していましたが今では店主さんですから、月日の変わるのは早いものです。
高校の時はひょろひょろしていましたが今は身の丈180僂鯆兇┐覦両翩廚任垢らこの変化には驚きました。
それにしましてもこの店主はたびたび、よいっしょ、と気合を入れてから調理を始めるのでやかましい限りです。

IMG_7334
待つこと3分でテーブルセットが到着しました。

IMG_7335
待つこと9分でお新香が到着しました。

IMG_7336

IMG_7338

IMG_7339
待つこと13分で「海老フライ定食」が到着しました。
ランチですからですか海老が小ぶりですね。

IMG_7337
それでは実食です。
海老フライはカラッと揚がっていて美味しいです。
昔と変わらず衣は香りが高くて美味しいです。
那辺は昔と変わりません。
ベテラン店員さんの適当な接客も昔と変わりません。
那辺は妙な懐かしさを感じていました。
いずれにまししても美味しさにブレはなく安心しました。
しいて瑕瑾を申せば味噌汁が煮詰まっていたことくらいですか。
今、浅草では老舗のお店が廃業し続けています。
右手に浪漫、左手に算盤、背中に我慢を背負っての末永くの弥栄(いやさか)を祈っております。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)