下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

五右衛門

お茶の水 洋麺屋五右衛門

今日は「ご贈答」です。
お裾分け
私は下町生まれの下町育ちなので今でも良く「贈答」をしています。
奥様は社交的ではないのですが、たまに多めの食材をいただきますと、それでも近隣の仲の良い方にお裾分け(おすそわけ)をします。
これを下町ではお福分けともいいます。
お裾分けの語源の「すそ」とは着物の裾を指し、地面に近い末端の部分というところから転じて「つまらないもの」という意味からきているそうです。
私の幼き頃はこれが多かったのです。
近所の知り合いのところに母のいい付けで、お裾分けを持っていくと、必ずお返しとして何かをいただきました。
お裾分けは手ぶらでは返さない、という鉄の規律みたいなものが下町にはありました。
従いましてあまりたいしたものを持っていったのではないのに、かえって立派なものをお返しでいただき、なにやら似非 わらしべ長者(ある貧乏人が最初に持っていたワラ物々交換を経ていくにつれて、最後には大金持ちになった話)になった気持です。

最近おかえしの慣例がすたれてきたような気がします。
正しくいいますと、同年代の家庭にお裾分けをしますと、時間差でお返しがありますが、若い家庭にお裾分けをしますとお返しがありません。
別にお返しが欲しいのではなく時代の流れを感じているのです。
現代の若い人にとっての贈答は、個人的欲求を発散させるための一手段なのです、
若い人にとって「誰かに何かをあげる」ということは、自らの「あげたい欲求」を発散せるためのレジャー行為なのです。従いまして「贈」をした時点でその欲求を満たしているので、特段「答」がなくても、それほどの痛痒は感じないのでしょう。
もらう方も那辺の感覚を理解しています。
何かをもらう時は「くれるっていうから、もらっておく」という感覚であり「くださいって、こちらが言ったわけではないし」と相手に対する負い目も少ないのでしょう。
従いまして「すぐさま何かを返さなくては」という心もちにはならないのでしょうね。

海外の方が日本の企業に努めて一番驚くのは出張や自分の希望日に休暇を取る夏休みから戻った際の手土産らしいです。
海外ではそのような習慣がないからです。
最初はこの習慣は全世界とはもうしませんがある程度不偏的なものだと思っていましたが否(いな)の様です。
私達のこの行為は、留守中迷惑をかけた、という気持ちの表れなのです。
で〜も最近はPCをhand carryしての出張になっていますので、留守中迷惑はなくなったものの、それでも「気は心」ですからね。
私達の若いころは、出張手当=手土産代だ、と言われて必ず出張すると手土産を持って帰るのは必須でした。
個人的にはこの20年位出張手土産は買いません。
理由は簡単です。「名物に美味いもの無し」だと思っているからです
その代わりとして、不定期に女性限定ですが、どこかで美味しいsweetsがあればそれを求めて帰社します。
その方が美味しいですし、女性も喜びます。
で〜も女子ももらいっ放しの「ごっつあん体質」ではないようで、たまにはいつも頂いているのでと、プチ返礼があります。この様なよき日本の気配りの習慣は永続してほしいものです。


HAPPY WEDDING OSAKA
子供の結婚式の時は絶対にこれをやって欲しい。
踊りた〜い♪ステップ踏みた〜い♪



IMG_2698

IMG_2699

IMG_2702

IMG_2703
今日は20時にお茶の水での打合せが終わりました。
さすがに帰社する気にはならず、夕食をしてから帰宅する事にしました。
ところがところが行くところ行くとこの満席でたどり着いたのは洋麺屋「五右衛門」お茶の水駅前店さんです。
彷徨(さまよ)うこと30分の行程でした。

住所: 東京都千代田区神田駿河台2-3パークノバ゙お茶の水ビル B1
電話:03-3292-2230
定休日:無休

IMG_2716

IMG_2715
お店の外観です。

IMG_2709
店内の雰囲気です。

IMG_2707

IMG_2708
メニューです。

今日のオーダー「スペシャルスィーツセット(たらこと湯葉とモッツレラチーズのカルボナーラ+スープ+サラダ+珈琲+栗のデザートブリュレマロンアイス添え)」1,652円です。

IMG_2710
待つこと5分サラダと和風出汁のスープの到着です。
可もなく不可もなくいわゆるセントラルキチン製の品々です。

IMG_2711
待つこと8分にスパゲッティ―と同時にとお願いしていた珈琲の到着です。
言い間違えたのかなと思って伝票をみましたら「同 Hot」と印字されていました。
どうやら漢字が読めない人を雇っているようです。

IMG_2712

IMG_2713
待つこと11分で「たらこと湯葉とモッツレラチーズのカルボナーラ」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
生クリームのソース美味しいです。
それに軽い塩味のたらこが良く合います。
たらこのプチプチがたまりません。
途中から生卵を合わせましたら味がくどくなりました。
これはthank you but no thank youですね。
しか〜し私は「五右衛門」さんを侮っていました。
さすが大泥棒だけあって人の好みを掌中に収めるのが早いですね。
結構でした。

IMG_2714
食後6分に「栗のデザートブリュレマロンアイス添え」の到着です。
見た目色鮮やかです。
このまろやかな甘さは心の柔らかいところを丁寧に撫でられたような感じです。
ブリュレの甘さが凝縮したカリカリは心を弾ませます。
イケますねこのsweets。

最初は、コスパ悪し、と思っていたのですが、それは間違いでした。
なかなかのdinnerだったのです・・・

それでは(^_-)

麻布十番 五右衛門

今日は「子供の時のご馳走」の話です。 
私の幼少の頃はまだ日本全体が貧乏でした。いわゆる貧食の時代だったのです。
その当時の私のご馳走を振り返ってみます。

マカロニグラタン
まずは最初のご馳走はグラタンでしょう。ハウス食品さんが昭和44年に「ハウスマカロニグラタン」を出すまではほとんど人口に膾炙されていなく、口にすることは少なかったとお思います。
イタリアンレストランなど少ない当時でしたので高級洋食店でしか味わえませんでした。
当時の記憶ではビフテキほど高くはなかったもののそれなりの値段だったとお思います。初めて食べたのは浅草「セキネ」さんです。
ベシャメルソースとの出会は衝撃でした。世の中にこのような美味しいものがあるのかと本当に驚いたものです。それにソースの中に隠れているパイナップルがこれまた美味なのでしたネ。

ビフテキ
次のご馳走はビフテキでしょう。
父が、ビフテキを食べたことがないと大人になってから笑われる、と言って浅草のとある高級洋食店でなな何と「サーロインステーキ」を食べさせてくれました。
今でなら軽く1万円越えの値段になるでしょうか。
初めて食べる高級洋食の味は想像を超えた味でした。牛肉ってこんなに美味しいものなのかとアラタメて刮目した思い出があります。

家食でのご馳走はやはり「すき焼」でしょうか。
当時は「すき焼」といっても鶏すき焼だったような記憶があります。
父の事業の拡大にともなって徐々に鶏肉から牛肉に替っていきました。
私が特に好きだったのはブロックのラードでした。
すき焼の甘辛いタレが充分に染みこんだプルン、プルンしたラードはとても美味しかったでしたね。

そしてバナナでしょう。
日本では1963年3月まで日本の果実生産農家をまもるため、輸入制限がありました。
よって今と違って価格が高くnetで調べたら、当時は1本@1,000円程度でした。
なるほどこの値段なら、病気の時以外は食べられなかったのが理解できます。
当時の台湾バナナは硬くてそれ程甘くなかったような記憶があります

ちょっと視点を変えてみますと、やはり子供の頃ご馳走の一つは父親の宴会の“オミヤ(手土産)”ですね。個人的にはお寿司のオミヤが一番好きでした。
酔った父が紐をぶらぶらさせながら持って帰る包み紙の中身をいつも期待していたのですが、お寿司だった時の喜びは幾(いか)ばかりかです。
鳥房

無題
その次のご馳走は京成電鉄の立石駅にある「鳥房」さんの唐揚げですか。
これは鳥房さんの包装紙なのですぐわかります。
これまた子供だった私の大のご馳走でした。

皆さんの子供の時のご馳走は何だったのでしょうか・・・

今日は炎天下の麻布十番に出没です。
今日は本当に暑い、脳味噌が溶けて耳からでてきそうです。
ランチのお店を探す元気もなく、フラフラと入ったお店がこちら洋麺屋「五右衛門」さんです。

住所: 東京都港区麻布十番2-1-8グランドメゾン麻布十番館2F
電話:03-5419-6412
定休日:無休

IMG_9089
お店の外観です。

IMG_9090
メニューです。

今日のオーダー「ボンゴレロッソ+スープ+アイスコーヒー」@990円です。
IMG_9093
まずはスープです。ホールスタッフのお姉さんが、お熱いですよ、と言って供されたので、フーフーッいって口を付けたら、それ程でもなく、多少冷めた分磯臭く私的にはペケでした。

IMG_9094

IMG_9095
そしてボンゴレロッソです。見た目は美スパですがお味はどうでしょう。
それにしてもこのボンゴレ(あさり)数えられます、全部で7個です。
ソースはトマトを主体にほのかにニンニクの香りがします。
ランチタイムなので先行して作っているのでしょうか、あまりパスタが熱くありません。
味を深めようと粉チーズをお願いしたのですが、完璧に忘れ去られて食べ終え席を立つ頃にお詫びがありました。
パスタのぬるさを除けばそこそこの味だと思います。
しかし何でしょう、ランチタイムだから仕方ないと諦めるべきなのでしょうかね。
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ