下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

中山素平

日本橋 栄太楼喫茶室

今日は「現在になりきること」です。
マザーテレサ
昨日は去りました。
明日はまだ来ていません。
わたしたちにはただ、今日があるのみ。
さあ、始めましょう。
今、この瞬間幸せでいましょう。
それで十分です。
その瞬間、瞬間が
私たちの求めているものすべてであって
他には何もいらないのです。
(マザー・テレサ)

あなたが悩みを抱えているとき、あなたは過去のことを考えています。
あなたが不安を感じているとき、あなたは未来のことを心配しています。
我々人間が、生きていく上で「より良き明日を思うところ」に不安が生じるのは必然のことかもしれません。
「明日への希望」と「不安」は表裏一体と言えましょう。
明日への希望を願う気持ちが強ければ強いほど、同時に抱く不安も強いのではないでしょうか。
こうした不安とどうのように付き合っていくのか・・・
なかなか難しいものですね。

私の尊敬する先生がよく使われた言葉に達磨大師の「前を謀らず、後ろを慮らず」というちょっと難解な言葉があります。これは不安にとらわれ、今現在がすっぽりと抜け落ちている我々に「現在になりきる」姿勢を指導する言葉です。
過去を憂えても、未来の不安に慄いても、何も変わることはありません。
我々に出来るのは、今この瞬間をいかに充実させるかのみです。
コツコツと目の前の必要な関わりに取り組んでいきましょう。
「現在になりきること」このことが未来への活路なのです。

「現在になりきること」といっても一体何をやればいいのでしょう。
とりあえず「現在になりきること」がわかったらやりはじめましょうということになります。
これは「やる気が出てきたらやる」といった考えで、自分の気分に任せての行動と言えます。この当りがすこし難しいのですね。具体的に申せば、現在仕事や家庭なのなかで気になっている事とか積み残している事に対して、やる気になったら取りかかろうというのではなく、とにかく取りかかることなのです。
気分ではなく小刻みに行動することなのです。
ここで大事なことはその結果は別問題なのです。
場合によってはうまくいかない事もあるでしょう、それでも目の前にある懸案を解決しようとする行動が大切なのです。これが「現在になりきること」だと考えています。

私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ」という一種のaphorism(人生への戒め)です。問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない、信用されない、何も任されない、認めてもらえないような人になっては、人生つまらないじゃないですか。ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
トラブルはあなたの価値を決して下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。


The Most Epic Safety Video Ever Made


IMG_5697
今日は「お江戸日本橋♪」に出没です。
時計は17時を指そうというのにまだお昼を食べていません。
なにか食べなくちゃ、死んでしまいます(笑)
ということでお邪魔したのは老舗中の老舗「榮太樓總本鋪 喫茶室 雪月花 」日本橋本店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋1-2-5 榮太楼ビル1階
電話:03-3273-6310
定休日:日曜・祝日

IMG_5698

IMG_5707

IMG_5700
お店の外観です。

IMG_5702
店内の雰囲気です

IMG_5701
メニューです。

今日のオーダー「赤飯弁当」@1,188円です。
実はお赤飯は大好物です。
正直毎食お赤飯でもよいくらいです。

IMG_5703
注文をしようとお姉さんを呼びましたら「は〜い 栄太樓ですっ♪」ではなく「ただいまうかがいます」ですって、ちょっと残念でありました。
待つこと6分で「赤飯弁当」の到着です。
見た目優雅というか雅(みやび)ですね。

IMG_5704

IMG_5705

IMG_5706
それでは実食です。
重箱の弐の重を開けますと、お芋の天麩羅、人参、筍、蕗、里芋の煮付け、玉子焼き、鶏の肉団子、茹で空豆、香の物が満を持して現れます。
壱の重はお赤飯です。ほくほくの栗が重の中心で彩りを添えています。
おかずは淡い味付けで上品な仕上がりです。
お赤飯は餅米が多いのでしっとりと炊けています。
味ですか、イケますね。
子供のときに裕福な伯母の家で頂いた幕の内弁当を彷彿します。
私に取りましては過去への郷愁も加わりとても美味しく頂きました。
しいて申せば「は〜い 栄太樓ですっ♪」のご発声が聞けなかったのが残念至極でありました。

それでは(^_-)

宇都宮 宇都宮みんみん

今日は「splashの最近考えた事」です。
宿題を強制的にさせられてきた子どもは、宿題を忘れた子供に宿題の答えを教えません。
この例えの拡大解釈で、どのような辛いことも、ただただ耐え、努力するだけで生きてきた人にしてみれば、安易に流されて生きてきた人を優遇する社会の仕組みは許せないのです。このような考え方は、社会的常識一般からいえば歪んでいるのでしょう。
しか〜しその「歪んだ考え方をする」人々も、その人が置かれた状況の中で考えれば自然なのです。
自分の運命として、厳しい状況に素直に反応した結果、社会的に多少歪んだ考え方になっただけです。
常識的な考え方をする人だって、同じようにあらゆる苦しみに耐えて、嫌なことをしながら頑張って昇進したときに、安易に流されて怠けてきた人が要領の良さだけで昇進したなら納得しないでしょう。
そうなのです、辛い思いに耐えて生きた人々が、易きに流されて努力をしない人を認めたら、自分の今迄の生き方、自分の価値、自分の存在を否定することになります。
若いころから刻苦勉励して生きてきて、社会的に成功した人が超保守主義に傾くのは自然なのです。
換言すれば「お前達は、俺のように辛い努力をしなかったではないか」ということなのです。
というか、何よりも、辛い努力をしないで安易に生きてきた人が嫌いなのである。許せないのですね。
私を含めてこのような人っていますよね・・・

最近の新人育成はマニュアル中心のOJTです。
何か困難ことがあると新人はマニュアルを要求してきます。
いわゆるstandard operating procedure(標準作業手順書)です。
たしかに業務効率の点からしますとマニュアルは便法なものです。
で〜もマニュアルは、その作業をする時に考えずにやるためのnavigatorです。
その要諦は考えてはいけないという規律を要求する物です。
それがマニュアルの本質でもあります。しか〜しマニュアルを作る側は本質を見つめて作るのですが、残念ながら新人には那辺を十分に教育しないで使わせますと、彼等は心得ぐらいに捉えて読みます。
本質は守らなければならないのです。
本質を忠実に行うから良い結果が出るのです。

マトリックス
しか〜しマニュアルの最大の欠点は業務全体の森羅万象を網羅しているわけではありません。
マニュアル記載されていない事象が起きた場合は、マニュアルの手順をすべてキャンセルして問題の本質を掘り下げて対処することです。
特にビジネスの世界にはマニュアルで解決されないことが多々あり、その為に「応用力」言い換えればinsightfulな行動が要求されるのです。
新人の方にはここを強調したいのです。
世の中の言い古された言葉に「男は敷居を跨げば七人の敵あり」というものがあります。
ましてdog yearの昨今です。映画マトリックスの例でいえば「男は敷居を跨げば数えられないほどの敵あり」となります。従いまして今迄以上に「地頭(じあたま)」を強くしておきましょう。

トラブルは避けられません。
生きている以上、色々なトラブルに巻き込まれます。
そこで「自分は駄目な人間だ」などと決して思ってはなりません。
自分は良く頑張ってきた人間なのだ、どんなトラブルを抱えようが自分は素晴らしいという確信を持ち続ける事です。
私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ。」
問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない(信用されない、なにもまかされない、認めてもらえない)ようになっては、人生つまらないじゃないですか。
ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
もう一度繰り返します。トラブルはあなたの価値を下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。
結果はその次でしょう。
こんな事を書く日もあります。


今世界的ブームになっているHAPPYの福島版を作りました。
総勢200名、たくさんの人を巻き込むカバー動画作り、とても勉強になりました。福島のHAPPYをぜひ、感じてください!



IMG_1293

IMG_1292

IMG_1300
今日は夜のとばりが落ちてくる時間帯の宇都宮に出没です。
今日は20時までに帰社せねばならず多分退社の23時越えは必至であります。
そこで新幹線の待ち時間を利用しましてかるい夕食をとりました。
今日のお店は「宇都宮みんみん」ホテル アール・メッツ店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ 3F
電話:0286-600-3151
定休日:不定期

IMG_1294
お店の外観です。

IMG_1296
店内の雰囲気です。

IMG_1295
メニューです。

今日のオーダー「焼餃子+水餃子+ライス」@605円です。
宇都宮「みんみん」は何度もきていますが、パセオさんに入っているこちらへは初めてです。
ホテルの中にあるのでとてもオサレです。
基本的にこのようなしつらえのお店は大好きであります。
しか〜しホールスッタフさんの動線はよくなく見ていてイライラします。
プラ〜ス私語が多い事もあり好感は持てませんでした。
いくらアルバイトであるからといって、仕事中ですので客にその内容が分かるような私語はいけません。
多分マネージャーが日ごろ注意していないのでしょう。

IMG_1297

IMG_1298

IMG_1299
待つこと10分で「焼餃子+水餃子+ライス」の到着です。
見た目美味しいそうです。
まずは「焼餃子」をガブリです。
皮がカラッと焼かれていて、芳醇な小麦の匂いが口の中に広がります。
餡は抑えめな野菜味ですが、これが皮の美味しさを倍加させています。
美味しいです。
それに反して「水餃子」は見た通りのあじです。
スープに浸されてでてくるのかなと思ったのですがただのお湯でした。
もしスープ浸しでしたらごめんなさい。
味音痴のブログですので・・・
結論ここは「焼餃子ウマシ」のお店です。
あんど「コスパ良し」のお店でもあります。
以外にここ穴場かもしれません・・・
雰囲気を大事にする方にお勧めのお店です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ