今日は「CX(フジテレビ)に物申す」です。
ジャーマン1
5月8日放送のフジテレビ系「知られざる“龍馬伝” 世紀の英雄・坂本龍馬 最大の謎と秘密の暗号」 をみました。
龍馬フリークとしては、見逃せませんね、やはり。
内容は特段サプライズもなく淡々と堺雅人さんのMCで番組は進行していました。
しかし許せんネタが二つもあったきに、まっことたまらんぜよ(興奮している!)
一つは、龍馬の暗殺者が十津川と名乗って龍馬を訪れたといっていましたが、これは事実と反します。なぜなら襲撃から二日後に亡くなった中岡慎太郎さんが次の様に証言しているからです。
「犯人は十津川郷某と名乗り、名刺を出した」
すなわち名字は誰も覚えてないのですね、龍馬は十津川に勤皇志士が数多くおり知己もいたため、迎え入れたのです。
二つは「寺田屋事件」の時、お竜さんが、西郷隆盛に助けを求め京都まで走っていったとのナレーションがありました。
深夜二時過ぎに、京都の薩摩藩邸までか弱い女性が行けるわけないじゃないですか、一体伏見から京都の薩摩藩邸まで何kmあるとおもっているのですか-->約9km!
正しく申しますと、お竜さんは機転を効かせて伏見の薩摩藩邸(直線距離:約800m)まで駆け込んだのです。その通報により藩邸から川船を出してもらい龍馬たちは救出され九死に一生を得ることができたのです。
CXさん、見ている人は見ているので時代考証はキチンとやりませう。
書いていて思ったのですが、何か“自分はこれだけ知ってるんだ”と読めるのですが、実はその通りです、あまり自慢することがないもので・・・
ところでTVで龍馬襲撃の再現シーンがあったのですが、龍馬が襲撃されて三太刀で絶命し、その時間といえば3秒以下です、ほぼ即死ですね。
「竜馬がゆく」では司馬遼太郎先生は、暗殺者が龍馬の額を左から右に薙ぎった初太刀が致命傷だと書かれていましたが、どうやら三太刀目のようですね、龍馬が三太刀目を受けようとした時、龍馬の刀の鞘さらにその刃まで傷づけているという強烈な打ち込みから推察できます。
龍馬が死亡したときその額にはクロスカットが刻まれていたようです。
初太刀が横、三太刀目が縦きりですからね、でも龍馬だけになぜか絵になります・・・?

今日はサンドウィッチの名店「ジャーマン」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-17
電話:03-3295-1460
定休日:不明

ジャー2マン
お店の外観です。

ジャーマン3
店内の雰囲気です。

ジャーマン4

ジャーマン5
今日のオーダーは「Cセット(サンドウィッチ+ミートソース+コーヒー」@700です。
このお店の奥さん感じが悪いのです、最初に入店したときテーブル席に座ろうとしたら怒られました、一人客はカウンターに座るのがこのお店でのお約束のようです。
さらにここのお店A、B、C及びジャーマンセットとあるのですが、違いがわからないので二回聞いたところ、スゴクいやな顔をされました。
でも最近分かってきたのですが、この奥さん感じが悪いのではなく、真面目なのでお愛想がいえないのですね、ちがうか(笑)
味ですか、美味しいですね、具が新鮮なのでしょう、特に野菜。
こういう手合いは愚直に真面目に作れば美味しいとおもうのですが、結構言うは易し、行うは難し、で中々できないものです。
ミートソースはひき肉が美味しく、ソースも味わいが深くイケます。
奥さんの淹(い)れてくれるコーヒーがとても美味しい、多分神田一番ではないかと思います。奥さんが淹れるので苦みがほど良いのかも・・・


それでは(^_-)