下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

不易流行

京都 丸福 4th

今日は「京都の馴染みのお店」です。
京都へ奥様と行き始めてから通算で10年間、回数で21回を数え、もはや第二の故郷札幌に勝るとも劣らぬ親しみある街となっています。
よく友人から、もういくところないでしょう、といわれているのですが、何故かいきたい場所が出てくるのです。
多分に京都はコンサバティブな風情を漂わせていますが、その実態はラディカルであります。
換言すれば不易流行(残し伝えるべきものを残し、変えるべきものを変えること)が徹底されているのです。
その典型が祇園の芸舞妓でしょう。

e0177413_12063579
業界紙「花街タイムズ」によりますと、芸舞妓は、北は北海道の芸妓ふく尚さんから南は沖縄のつる葉さんまで43人おりますが、その中で京都府比率は7%です。要は京都の芸舞妓はその歴史的存続の為に、京都純潔主義をいち早く断念し、その人材を他府県に求めたのです。

6c23ef95
余談ですが、京都人がいう京都生まれはこの画像の地域で生まれた人だけです。
京都府比率について突っ込んでもしますと、京都府比率には純粋な京都生まれ以外の芸舞妓の数も含まれており、さら〜にハードルを上げると、10代以上住まないと京都人ではないともいわれていますので、京都人の芸舞妓は全くいないと言い換えても差し支えないでしょう。


original
今日の馴染みのお店はお蕎麦屋さんです。
はじめて行ったのは2017年10月25日です。
ここで食べた「かつ丼」の味は私たち夫婦のカツ丼の美味しさの基準を一変させました。
トロトロの玉子と熱々のカツと過不足ない甘さの割下はまさに至福の味でした。
爾来通い詰めています。
そしてたまには宴席にも使います。
IMG_9465

IMG_9467
ここでの宴席で一番驚いた食べ物は「白魚のおどり」です。
実は、江戸っ子を自任している割には「白魚のおどり」を食べた事がなかったのでした。
加えて、お蕎麦屋さんでこのようなみやびな食事が供される事に対して驚きを禁じ得ませんでした。
まさにアメージングです。
なんでこの様な料理が供されたのかと申しますと、ここの奥様が私の事を常連の京都府警の人間だと思っていたようで、その錯誤によりこのような常連メニューが出されたのです。
この錯誤の理由は不明です。
個人的には、私の相貌はそんなにこわもてではないはずです。

IMG_0613
今回、こそっと私が奥様に頼んだ隠れメニューを紹介します。
という事で今日のお店は京都の「丸福」さんです。

住所: 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル塩小路町530-5
電話:075-371-4258
定休日:日曜日

IMG_0616
お店の外観です。

IMG_6404
まずは「湯葉豆腐」です。
濃厚で大豆の匂いが立っています。
シュッとした口どけには心が沸き立ちます。
美味しいです。

IMG_6405
続いて「茹で海老と海老しんじょ」の到着です。
海老美味し、海老しんじょ美味しです。
しんじょがふっくらと炊けています。
海老の香りがたまりません。
美味しいです。

IMG_0606
続いてお刺身です。
今日のお刺身は「伊勢海老、鮑、バフンウニの盛り付け」です。
伊勢海老はまだ生が残っており、皿の上でうごめいています。

IMG_0608
鮑の新鮮さは画像でもわかりますよね。
とても贅沢な海の幸を頂きました。
美味しすぎます。

IMG_0607
雲丹はバフンウニです。
雲丹は種類によって旬の時期も違うのです。
雲丹の種類ごとの旬の違いがあります。
3〜4月はバフンウニ。 6〜8月がムラサキウニ。 7〜8月がエゾバフンウニ、 9〜11月がキタムラサキウニです。
産卵期前の3〜4ヶ月のバフンウニが一番美味しいとされています。
昆布のミネラルをたっぷりと蓄え、まるまると肥えたウニが不味いわけがありません。
たまらずホッペタがおちてしまいました。

IMG_0610
続いて「季節の天麩羅」です。
これで一人前です。
白眉は海老と帆立です。
他の追従を許さない程の美味しさです。
ちょっとtoo muchなところもありましたが、熱々での出来立ての天麩羅を堪能しました。

IMG_0611
締めは「穴子の天麩羅の茶漬け」です。
穴子美味し、茶漬けの出汁美味しです。
最高のエンディングです。
大満足な夕餉でした。

料金はこれで@6,000円です。
この料金を祇園で頂きましたら@20,000円ですよ。
京都による機会がありましたら是非お立ち寄りください。
ちなみにこれは裏メニューですので、この料理を頂きたかったらあらかじめお店の奥様とご相談してくださいね。

それでは(^_-)

晴海 港湾食堂

今日は「不易流行」です。
不易流行
私は「不易流行(ふえきりゅうこう)」という言葉が好きでよくこのブログでも使用しています。
ちょっと聞き慣れない言葉です。
意味はgoo辞書によりますと
「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。
また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること」
と書かれています。
あまり平易ではありません。

もう少し噛み砕きますと「不易」とは即ち「不変の真理」のことです。
その「不変の真理」を基礎として、刻々と「流行」する森羅万象(世の中に存在する全てのもの)を取り入りいれる事により新たな「知(工夫)」を加えて更にその中から「不変の真理」を抽出していく事を「不易流行」といいます。
これでも平易ではありませんね。

こんな説明はどうでしょうか。
AKB48の総合プロデュサーとして手腕を発揮している秋元康さんが参考になる話をされていました。
その秋元さんによれば、お笑いの世界でも「不偏的な笑い」と「飽きられる笑い」があるといいます。
その年の流行語になるような言葉を生みだしても、それに頼っていると、その言葉が飽きたら終わりです。
それが「飽きられる笑い」です。
一方、たけしさんなどは、そういう「飽きられる笑い」ではなくて、いま話題になっていることを「ネタ(流行)」にして、それを自分の「視点(不易)」を通して、何か面白い事をいったり、やったりしてくれる。
そのお笑いの「視点」が面白いので飽きられないというのです。

さらにこんな説明はどうでしょうか
この間、歌舞伎の番組をみていたら尾上菊五郎さんが、歌舞伎が江戸時代の頃と同じ事(不易)をしいていたらとっくに飽きられている。演ずる役者が自分の感性で演技を組みたて新しい表現をするので現代の人に受け入れられるのだ。もし江戸時代の頃と同じ事をしていたのであればそれは単なる技術伝承にしかすぎない、と言っておられました。そして今回の舞台には若手の発案で「頭で回るヘッドスピン(流行)」を演技に加えたと言っていました。

IMG_9143
上記の説明の通り、秋元康さんや尾上菊五郎さんが言われているような事が「不易流行」に当るのではないかと思います。
特に芸能の世界では、良い新作はやがて時が経ちますと立派な古典になります。
そこでその古典を守ることが伝統ではないのです。
守るとともに常に新しいものを生みだしてこそ観客の鑑賞に耐えられるのです。
これが「不易流行」なのでしょうね。
これは仕事にも通じる話です・・・


成績表を家に持ち帰った息子が撮影したホームビデオ。お父さんの喜び方が半端じゃありません。
こんな親になりたいものです。


IMG_9064

IMG_9065

IMG_9063

IMG_9046
今日は超deepな食堂を紹介します。
そのお店の名前は「港湾食堂」です。
行くのにかなり迷います。
迷っても当方は責任を負いかねます(笑)

住所: 東京都中央区晴海4−6−29 の裏側
電話:不明
休日:土曜日、日曜日

IMG_9048
お店の外観です。

IMG_9049

IMG_9050

IMG_9051

IMG_9052

IMG_9054

IMG_9057
店内の雰囲気です。

IMG_9056
メニューです。

今日のオーダー「煮込み、カボチャとヒジキの煮付け、納豆、ご飯、みそ汁」@650円です。
このお店は取引先にこっそりと教えていただきました。
まさか晴海ふ頭の奥まったところにこのような超deepなお店が生息していたとは思いもしませんでした。
これこそ、知る人ぞ知る、です。

店内は画像の通り会議室の様な感じです。
小上がりの6畳程度の和室もありそこで仮眠もできます。
お客は港湾関係者や近隣のビジネスマンです。
込み入ってないのでゆったりとTVを見ながら食事ができます。

IMG_9059

IMG_9060
今日の料理ですがカボチャとヒジキの煮付けは鉄板です。
カボチャはほっこりしていますしヒジキはオフクロの味付けです。
特筆するのは煮込みです。
良く掃除されて丁寧に煮込まれているので柔らかでフルフルです。
味噌の加減も最高です。
ビールが欲しいところです。
さらにこの煮込みはメニューにないのでこれまた、知る人ぞ知る、です。
結論久々の「安美味」です。

IMG_9062
で〜も折角探し当てたお店なのに3月末で閉店ですって。
多分東京オリンピックの関係ですかね?
とても残念です、ハイ。

それでは(^_-)

蔵前 飛伝

今日は「初めてのJ・プレス」の話です。
新年号にちなんで、J・プレスの初めてづくしを。      
年が明ける。何の感慨もない、と仰有る方もいる。しかし、我ら、伝統を愛する者。
初め、を大切に考えたいのです。 J・プレスの初めをご存じですか。
J・プレスの店がニュー・ヘブンの街に産ぶ声をあげたのは、1902年のことでした。
初代、ジャコビー・プレスのファースト・ネームを頭文字で表し、J・プレス、と看板を掲げたのは、もう76年も前の話なのですね。もっともJ・プレス狂の間では、それよりもまた42年遡って、J・プレスの前身である「ゴールド・バーム・プレス商会」設立の1860年を、記念すべき初めの年とする説もありますが‥・
では、最初にJ・プレスを着たのは誰だったのか。
これは難問です。アメリ力東部の大学、特にニュー・ヘブンの街にあるエール大学の学生であったろうことは、想像に難くないのですが。残念ながら不明なのです。遺憾です。
汚名挽回に、もうひとつ。日本人で初めてJ・プレスを着たのは誰か。これは答えられる。
1937年に内閣総理大臣となった故・近衛文麿氏です。氏は、エール大学留学中に、初代J・プレスと知りあい、帰国後もJ・プレスの服を愛好し続けたとのことです。
さて、あなたが初めて着たJ・プレスは何?今年、最初に着るJ・プレスは、何でしょう。
J・プレス広告傑作選「1978 MEN’S CLUB」掲載より転載

この広告の「汚名挽回」ですが、この言葉は典型的な日本語の言い間違いと評されている言葉です。
「汚名返上」と「名誉挽回」を混同して生まれたと言われています、
「名誉挽回」=「名誉を取り戻す」という意味から、「汚名挽回」=「汚名を取り戻す」=「過去に何らかの過失を犯した人が、再び同類の過失を犯すこと」という意味だと皮肉る知識者もいます。
しか〜しONWARDさんの子会社でもあるJ・プレスさんが、このような入稿ミスって珍しいですよね、もしかしてこの語感を気にいっての確信犯かもしれませんね。

J・プレス

J・プレス2
J・プレスさんですか、my favorite brandですね。
今トラッドを着ている人って少ないかなと思いきや若い人でもそれなりにいるようですよ。
でも私の様なオジになった今でもトラッドを着続けていると、ただのお洒落ボケの不良オジとも言われかねません。
それでも「変えない事が真のお洒落」と日ごろは豪語しています。
しか〜しその裏では「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」に絶えず気を付けています。
よく型破りな着こなしといわれますが、それは型をしっかりと極めた人が言われる褒め言葉であって、それができていない人が突飛な着こなしをすればそれは型なしと揶揄されるものだそうです。
何事にも基本が大事です・・・


IMG_4154
この写真懐かしいですね。「銀玉鉄砲」です。
当時この玩具は主に駄菓子屋や玩具店で販売され、また縁日の露店でも販売されていました。その威力は弱く、至近距離でも新聞紙一枚も射抜けなかった様に記憶しています。
私達が子供の頃は、街の路地裏、廃屋等でギャングごっこなどしてお互いを撃ち合って遊んでいました。
チャンバーには10〜30発程度の銀玉を入れることができました。
なお人を狙うことができる射程距離は精々4〜5m位でしたし、距離が離れれば離れる程玉の弾道が曲がってしまいます。
したがいまして遠距離で打つ場合はそのスライス・フックを考慮して打たなければならないのでかなりややこしい鉄砲でした。
個人的にはかなりのめり込んで遊んでいました。
しか〜し下町の子供は皆貧乏でしたので一度撃ち合いが終わると、玉拾い時間となります。
その際は敵味方入り乱れてひたすら玉拾いをしていたものです。
そのうち撃ち合いをせず玉拾いのみをするしみったれた輩(やから)がでてきたので、徐々に熱が冷めていったような記憶があります。
いずれにしても私達下町の子供にとって忘れることができない遊具です。
今買えば@945円ですか、まだ見ぬかわいい孫達のために大人買いしておきましょうか(笑)


子供達の結婚式にはこれ以上の盛り上がりprofile movieを見せてほしいものです。
冗談で言っているのはありません、ガチマジです!



IMG_4123

IMG_4122
今日は蔵前に出没です。
しか〜し寒いですね。
こういう時には鶏料理です、意味不明・・・
ということで今日のお店は隠れ家的炭焼地鶏「飛伝」さんです。

住所: 東京都台東区蔵前2-4-3
電話:0066-9675-85999
定休日:日曜・祝日

IMG_4115
お店の外観・内観です。
お店の惹句です。
日本三大地鶏と100種類以上の本格焼酎と地酒をご堪能あれ!
当店は日本三大地鶏である「比内地鶏」「名古屋コーチン」「薩摩しゃも」と「60種の本格焼酎」「45種の地酒」が堪能できるお店です。「日本三大地鶏味くらべセット」もございますので、お気軽にお楽しみいただけます。
是非一度ご賞味ください。


IMG_4116

IMG_4117
メニューです。

IMG_4118

IMG_4119
本日のオーダー「焼鳥丼」@750円です。
待つこと7分で着丼です。
見た目ベタな「焼鳥丼」です。
こういうのってコメントのしようがないのですが・・・

それでは気を取り直して実食です。
焼鳥丼の面々は焼鳥×2本、つくね×1本です。
どちらも良く火が通っていますね。
味ですか、焼鳥は過不足なく脂がのっていて結構な味わいです。
つくねは粗いミンチが奏功して充分な歯ごたえが味わえます。
これは美味しいですね。
焼鳥のタレは辛めですがご飯には丁度よい塩梅です。
唯一の瑕瑾はご飯に芯が残っていたのが残念でした。

しか〜し接客はテキパキしていて好感がもてます。
店内は大半が地元客で占められており繁盛店と推察しました。

たまにご元ヤン風のご主人が焼きものの手を休めては、道路を往来する人々を憑かれたように見ている姿が哲学的で絵になるなぁと思い独り気にいっていました・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ