下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

下町っ子

神田 博雅

今日は「幽霊の正体見たり 枯れ尾花」です
th

無題
たまに拙文で「江戸っ子」と書いていますが、「三代続けば江戸っ子」と巷間で言われている定義を当て嵌めれば私の父は東京生まれではないので、私が「江戸っ子」というのは間違いです。
このルールに則れば私の孫が真の江戸っ子になります。
今でもそうですが、真の東京っ子がいないのと同じに、江戸時代も江戸に生まれ育った人間が少ないからこのような定義が生まれたのでしょう。
もっと細かく定義しますと、京橋、日本橋は江戸っ子で、私が生まれた神田は江戸っ子と言わず敢えて神田っ子と言います。要は最高級ランクなのです。
同じように下町という言葉もよく使いますが、そもそも下町とは、お城下町 ( おしろしたまち ) であり、京橋、日本橋、神田のあたりだけをいうのだそうです。
そういう意味でも私は真の下町っ子ではありません。

生粋の「江戸っ子」の条件とは「1.水道水 ( 上水 ) で産湯を使い2.金のシャチホコ横目でにらみ、3.おんば日傘で育つ(恵まれた環境で子供を育てること)」と言われています。
私は神田で生まれ佐竹(今の東上野)で育っていますが、その後は父の仕事の都合で下町に移転しましたのでこの条件下でも「江戸っ子」ではありません。
ただし下町に移転する前はこの条件に合致していました。
特に3番目のおんば日傘は母が産後の肥立ちが悪く病弱だったこともあり、赤ん坊の頃は母方の祖母が育児の為に上京してきたので、この点では完璧でしょう。

下町では正しくは江戸でもないのに、三代続いていたら「真の江戸っ子」と尊敬されていました。
しか〜し個人的には、「順江戸っ子」と自称すべきだったのでしょうね。
「江戸っ子」というのが現在でも蔓延(はびこ)っているのは、所謂一つの選民意識なのです。
くだんの影響を多大に受けた小学校の頃には、その選民意識から葛飾区、足立区、江戸川区から転校してきた人間を「カッペ(田舎ッペの略)」と言って思いきり馬鹿にしていました。
理由はかの地には田圃、畑があったからです。

話は少し脱線します。
私と同年で生まれた所謂同級生は約1,800,000人います。
内東大に行ったのが3,000人(0.2%)、慶應に行ったのが6,000人(0.3%)、早稲田に行ったのが12,000人(0.7%)、日大に行ったのが100,000人(5.6%)となります。
要は、東大生は希少価値なのです。
だから彼らはエリート(選民)と言われるのは確率論の上からも必然なのであります。
ちなみに私の高校にも東大進学者は多数おります。
今でもたまに彼らに会いますが、みんただのアル中のハゲデブオッサンです。
東大卒と申しても、それは高校時代に他よりも勉学に励んだ証明であって、その証明だけで厳しい人生行路は乗り切れません。その後の人生において刻苦奮闘の努力が無ければただの通過証明です。
当社においても多数の東大卒がいますが、半分くらいは通過証明書の保有者です。
半分くらいの人達の通底にあるのは単なる薄っぺらい低俗な優越感だけであります。
「優越感はそれを凌駕する優越感に簡単に負ける」という事を言いたかったのでした。
なお例えとして分り易いので東大をだしただけで選民意識を持っている人は皆同じだと思います。
東大関係者の皆々様あいすみません。

そもそも江戸っ子江戸っ子といいますが多くは家康が江戸に政権を移した時に連れてきた愛知県人が祖先ではありませんか。
佃煮でお茶漬けを流し込むといえば、江戸っ子の酒のシメの一つと言われています。
その佃煮の発祥の地で今でも江戸風情が色濃く残る佃は、元はと言えば大阪人の町です。
と申しますのも、本能寺の変が起こった際、わずかな手勢で堺にいた家康の三河への脱出を手助けしたのが、摂津国佃(せっつのくにつくだ)村の漁民だったのです。
家康はそんな彼らを江戸に呼び寄せ、隅田川の石川島という小島続きの干潟(ひがた)を埋め立てた土地と、隅田川と河口一帯の漁業権を与えて恩返しをしたのです。
その埋立地が佃島なのです。
選民思想なんてルーツをたどれば「幽霊の正体見たり 枯れ尾花」と断じたかったのでした・・・


佐賀はハイレグ?



今日はとばりが降りた神田司町に出没です。
IMG_3169
このお店は中学生の時に三省堂に参考書を買いに来た時に立ち寄っていました。
本当に久しぶりです。
今日のお店は昭和27年創業の老舗「博雅」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-2-8
電話:03-3252-5001‎
定休日: 日曜・祝日

IMG_3158
お店の外観です。

IMG_3160
私が通っていた頃のお店の外観です。

IMG_3162
店内の雰囲気です。

IMG_3161
メニューです。

今日のオーダー「豚肉と玉葱の卵とじ定食」@900円です。
博雅とは「学問・技芸に広く通じ、道理をわきまえていること」だそうです。
なんだか本の街神田にそぐった店名ですね・・・

待つこと5分で「豚肉と玉葱の卵とじ定食」が到着しました。
IMG_3165
見た目紅一点の福神漬けが目に鮮やかです。

それでは実食です
IMG_3166
豚肉と玉葱と卵のゴールデントライアングルが不味いわけがありません。
トロトロの玉子に甘みがあふれた玉葱にふんわりとした豚肉は絶妙です。
清湯も味が深いです。
食べている箸が踊ります。
安定感ある下町の中華です。
満足しました。
美味しゅうございました。

それでは(^_-)

池袋 あんぷく

今日は「下町っ子ならでは・・・」です。
江戸っ子
生れついてのべらんめえ口跡が今でも残っている私達下町っ子には苦手な言い回しがあります。
その理由をわかりやすく申しますとその大半は「巻き舌」に起因しています。
ですので、お〜い▲▲君、今日の打合せはコロラドだぞ、などは舌を噛んでしまうのです。
他にも苦手な言い回しとして、下町っ子にはあまり関係のない言葉で「高所得者層」があります。
後「技術室」はどうしても「ぎじつしつ」になってしまいます。
勤めている会社が民事再生法の適用を受けたので、世間体もあり会社の名前が言いにくい、なんていう人もおりました・・・

早とちりも下町っ子特有の性癖の一つです。
久々に訪ねて来た伯母が、母に向かって「牛肉を持って来たわよ」と言ったものですから、それを受けた母に言われ、市場(いちば)にすき焼の具材を急いで買いに行ったことがあります。
しかし待てども暮らせども待望の「すき焼パーテー」は開催されません。
しびれを切らした私が伯母に確認しますと、そんなことは言ってないわよ。
「急に曇って来たわよ」って言っただけよ、との事でした・・・

私の友人の父親の話です。
そのお父さんが所用で日比谷に行く用事があり、その移動にタクシーを利用しました。
日比谷に向かう道路は空いて車窓から見える景色は飛ぶように写ったそうです。
スポーツ新聞を見ながら乗車していたお父さんは、新聞から目を離した景色が番町辺りに感じたので、運転手さんに「今番町あたりだよね。何で日比谷を通り越したの」って聞いたそうです。
運転手さんは『あれつ?お客さん「渋谷に行って」って言いませんでした。ですので渋谷に向かっているのですが』と答えたのです。
「いやいや日比谷(しびや)って言ったけどな」って言いかえすと、運転手さんは「やはり渋谷(しぶや)って言っていますよね」と返したのでした。
そこでお父さんは全てを理解しました。
生来の江戸っ子であるお父さんは、「ひ」と「し」の使い分けができなかったのです。
帰宅してからお父さんは笑いながら「日比谷へ行く時には、運転手さんに紙に書いて渡さないとな」と笑いながら息子に言っていたそうです。

ちなみに私もその性癖を確実に引いています。
札幌で新しいワープロを買いました。
自宅で資料を作成している時に「避難梯子(ひなんばしご)」がどうしても変換できません。
ご多分にもれず気の短い江戸っ子ですのですぐに買った電気屋さんにダッシュで走っていき「このワープロ買ったばかりなのにもう壊れているぜ!」と怒鳴り込んだ事がありました。
店員さんはこの剣幕に恐れをなして、店内で同様に「避難梯子(ひなんばしご)」って入力しました。
ところが店員さんが入力すると何故かきちんとできるのです。
この動作で故障ではないと思った店員さんは、恐れいりますが、ここでもう一度変換してもらえませんか、といわれたので再現しました。やはり私が入力するとどうしても変換できません。
3回繰り返したところで店員さんは、「避難梯子(しなんばしご)」って入力されています、と鼻で笑いながら私の事を冷たく突き放したのです。今でもこの事を思い返しますと耳の付け根まで真っ赤になります。


日本人が韓国でフリーハグを求めた結果が感動的だった



IMG_1529
今日は池袋に出没です。
前回虎ノ門ヒルズの「あんぷく」さんに行った時、名物の「カルボナーラうどん」を食べ忘れていたので池袋店さんにお邪魔しました。
今日のお店は「あんぷく」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-37-8JPビル1F
電話:03-6915-2646
営業時間:無休

IMG_1521
お店の外観です。

IMG_1524
店内の雰囲気です。

IMG_1525
メニューです。

今日のオーダー「カルボナールうどん(380g)」@1,200円です。
夜は居酒屋になるみたいで私以外の皆さんはグビグビとお酒を頂いていました。
何か不思議な感じです。
といいますのも下町っ子なのでお酒を飲むのは「蕎麦屋」という擦り込みがあるからです。

IMG_1526

IMG_1527

IMG_1528
待つこと3分で「カルボナールうどん」の着皿です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
カルボナーラのmain characterである黒胡椒とチーズが際立ちかなり濃厚でクリーミーな味わいです。
うどんはもちもちでコシがあり美味しいです。
厚切りベーコンは美味しいのですが、数が少ないために後半クリーム味に押されてしまい飽きてきます。
さらにうどんの湯切りが甘かったので、食べ進むにともないクリーミーさが希釈されてベチャベチャ感の印象が高まります。温泉卵好きなので基本高評価なのですが、なぜか心にこの味が留まらないというところです。
多分想定内の味だったからでしょう・・・

IMG_1532
余談ですがこの画像の場所は、池袋で一番危険な地帯です。
今にも青竜刀をぶんぶんふり回す音が聞こえてきそうです。
飲酒時代この地帯が好きな取引先がいてかなりの頻度で通っていましたが、よくぞ生き長らえたなという感慨がひとしおであります。

それでは(^_-)

春日 もつよし

今日は「矢部みゆきさん異聞」の話です。 
宮部みゆき
矢部みゆきさんとは直木賞作家宮部みゆきさんのことです。
彼女は、東京都江東区深川に生まれ、東京の下町に育ち、現在もそこで部屋を借りて仕事場にしています。
江東区立深川第四中学校を経て東京都立▲▲▲高等学校を卒業しました。
裁判所速記官試験(現在養成中止)に不合格の後、中根速記学校で速記を学び速記検定1級取得しました。
23歳のとき小説を書き始め、法律事務所に勤務しながら、1984年に講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室に通い、山村正夫などに師事しました。
1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞した短編「我らが隣人の犯罪」でデビューしその後の活躍は皆さんの知るところであります。

実は矢部さんと私は同じ高校を卒業しているのです。
彼女に小説家を目指させた国語教師望月先生は、私の国語教師でもあります。
同じ国語教師に国語を学びながらその後の人生行路の違いは別途記すこととして、実は彼女が進学校である(正しくはあった)我が母校を卒業後大学進学しなかったのは大いなるquestionだったのです。
でもそれは氷解しました。
彼女、矢部さんは勉強が嫌いだったので、大学進学は毛程も考えなかったようですね。
高校をでた後は、何か手に職をつけようと思って速記の養成所に入ったとのことです。

あるとき矢部さんのお父さんが老人会の新年の集まりに行ったら、我が町から宮部みゆきさんという作家がでました、って町会長が言ったところ、そのお父さんは最後まで、うちの娘です、と言えずに帰ってきてしまったとのことです。
多分こんな町からそんな有名な物書きがでるわけがないと思っている下町なので、恥ずかしくて言えなかったのでしょうと忖度するわけですが、下町ならではのepisodeですね。
そんなお父さんを持つ矢部さんもごちゃごちゃしたところでないと落ち着かないらしく、その為にも今でも下町に暮らしています。彼女も下町特有の人がゴミゴミしていると所が好きな下町っ子だったのです。

下町というのは縦横川で分断されています。しがって川一つ越えれば異国なのです。
矢部さんも東京というのは隅田川の向こう側にある大都会のことで、大人になって出世する人はみんな川を超えていくんだなと思っていたそうです。
これは私も同様で川を超えたらどんな人が住んでいるんだろうと子供の時に思っていましたし、中学校に入った時も同級生との会話の中でも、川向う、川こっち、という言い方は良くしていました。
良く皆さんは下町っていう言葉で一括りにされますが、その実は川で区切られたcommunityだったのです。

今日は同窓生矢部さんのscopeを通して下町紹介をさせてもらいました。
参考文献「チチンプイプイ」宮部みゆき・室井滋著 文春文庫


Yann Frischというマジシャンを知っているだろうか。
パリを拠点に活動している彼の芸に必要なのは
ポットとカップと赤い玉のみ。
どんなものかは見て頂いた方が早い。
まさに神業、最新の北京での国際マジック大会の様子だ。



今日は春日に出没です。
今日のお店は以前から気になっていた豚肉めし屋「もつよし」小石川店さんです。
美味しいのでしょうか、楽しみです。

住所: 東京都文京区西片1-15-19 シャトー小石川B1F
電話:03-3812-2199
定休日:日曜日

IMG_3820
お店の外観です。

IMG_3822
店内の雰囲気です。
今日もlate lunchだったので店内のお客は私一人でした。

IMG_3819
IMG_3821
メニューです。


IMG_3823

IMG_3824
今日のオーダー「豚肉飯中盛」@780円です。
待こと7分で着丼です。
なんだか薔薇盛みたいな風情ですね。
見るからに、ちょっと量がtoo much for meですね。一応中盛頼んだつもりだったのですが。
気を取りなおして実食です。
ウンこれは美味しいですね。
焼き具合良し、甘辛い味付けはこの豚肉の焼き加減に良く合っています。
うんガシガシと豚肉が胃袋に収納されていきます。
最後の方は飽きるかなと思っていましたがそうでもありません。
最後まで美味しく頂きました。
しか〜し、次の日体重計にのったら1kgきっちり太っていました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)



神谷バー徒然

台東区浅草1丁目1番1号って何処なのか即答できる人はかなりの浅草(エンコ)通です。
答えは「神谷バー」です。
さらに「神谷バー」は当て字で「鍛バー」が正しい字と言いきれる人にいたっては、ほとんど土地っ子と言い換えても良いでしょう。

会社で私の事を「下町っ子」と知っていて浅草のグルメスポットを聞く輩は多いのです。 
私はそういう時は、「鍛バー」の電気ブランを紹介します。
そして必ず次の事を付け加えます。

「いいかい電気ブランってすんごくアルコール度数が強いんで、3杯以上飲むと必ず腰が取られちゃうのヨ。それでさ、ほとんどの人がヨ、店を出るとサ、鍛バー出たところの横断歩道の手前当たりで腰が取られるちゃうわけ。それがな、また上手い具合にヨ、歩道の渡り口の脇に電信柱があるのサ。皆腰がとられちゃっているから、仕方なくそれにしがみつくのネ。
ところが腰が取られちゃってるからズルズルとその電信柱からずり落ちるわけ、明治の頃からソリャ気が遠くなるくらいの長い間にヨ、皆がその電信柱でズルズルってするからサ、その電信柱テカテカに光っちゃってまるで鏡みたいなのよ。当たり前に顔も写るんだぜ。その鏡みたいな電信柱を背景に記念写真取るのが鍛バーでのキマリなのヨ!」
※私はこのような話し方はしません。あくまでも雰囲気横溢の為の話法です。

でも誰もこの記念写真を撮った人はいません。何故ならこれ完璧な私のプラフだからです。
これかなりの人が引っかかります。ヒドイのに至っては、どう探してもないので交番に聞ききにいき、そこのオマワリさんが言うことには、、大分昔に撤去されたと言っていました、とか言いだす人まで出てきました(オマワリさんも嘘つき
参考までに電気ブランは、度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類があります。鍛バーのメニューでは前者をデンキブラン、後者を電氣ブランとしているそうです。(鍛バーHPより転用)
長いこと禁酒しているのでこんなヨタネタを書いてしまいました。本当は出向いてブログネタにしたかったm(__)m

今日は決算の締めです。忙しく外出も儘ならず社員食堂で昼食です。
獲物は「サバ塩」@850です。
NEC_0078
Powered by PICS


ここのサバ塩は軽く半焼にしてあり、お客様の注文を受けてから焼きます。ランチの書き入れ時なので仕方ありません。でも以外にイケますよ。身もホクホクしています。若干高い気もしますが許せます。

さらに今日は四本足(松葉杖)だったので、私の席まで出前していただきました。
ありがとう、アキレス腱治ったら重点的に食べに行きます。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ