今日は「日本酒復権」の話です。 
忘年会
12月を迎えると一気に忘年会シーズン突入です。
私は全くお酒を飲まないのに今年はすでに5件も忘年会の予定が入っています。
宴席は大好きなので今から楽しみにしています。
しか〜し、二日酔いにならない幸福(しあわせ)はこの上ないものですね(笑)

最近夜の街に小間物屋を開く無粋な輩は減ってきてはいますが、師走の期間だけは随所で散見されます。
このような輩を三都巡りと言うそうです。
即ち、今日(京都)、大酒(大阪)、反吐(江戸)から来ているとのことです。

熱燗もいつ身につきし手酌かな(久保田万太郎)

最近はmeismの浸透からか差しつ差されつの光景が激減しています。
個人的には寂しい限りです、やはりお酒、特に熱燗はこの儀式がないとしっくりきません。
しか〜し、お酒は適量で呑むのが一番でしょう。
それに加えて、楽しい語らいと美味しいつまみでの一杯が最高です。

お酒といえば日本酒ですが、近年50年で酒蔵数が半数の2,000社に減少しているそうですね。
直近の調べによれば酒蔵の製造軒数は、恐らく1,600社前後になってしまっています。
ということで今の日本酒製造の状態はどん底だそうです。
この状況を打破すべくファミリーマートや人材派遣のスタッフサービス・インベストメントが酒蔵買収をして、あらたな日本酒の創造をし始めています。
具体的には、これまでの日本酒のイメージを変える新しさが大切との思いから、アルミボトルの日本酒等の商品開発がなされています。
また、ファミリーマートの戦略会議では、カップ酒を飲んでいただいている方でなく、あたらしいお客様をターゲットにした商品conceptで再生しようとしています。
いずれにしても、新しい試みで日本酒を変えていこうという意欲を持った酒蔵のみが生き残るということらしいです。
今海外では、日本酒が料理に合う酒として皮肉にも脚光をあびています。
このままでは太古の昔から日本人に愛されていた世界に誇る日本酒のpresenceが形骸化してしまいます。
日本の酒(日本酒)が一番日本の料理に合うことを再認識しましょう。
その為にも、皆様これから参加される忘年会ではおおいに日本酒を指名してください。
日本人なら日本酒でしょう・・・


A girl who tried to create a fake car accident to make money in Taiwan
The driver is a cop, he has recorder in his car.



今日は神田に出没です。
お昼食べるのが面倒臭いなぁとブツブツつぶやいていたらこのお店に吸い込まれてしまいました。本当にblack holeのようなrestaurantですね(笑)
ということで今日のお店は当blogではお馴染の「石川亭」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-6 小山第二ビル1F
電話:03-3291-3158
定休日:日曜・祝日(ランチ予約不可)

IMG_3529
お店の外観です。

IMG_3532
店内の雰囲気です。

IMG_3530

IMG_3531
メニューです。

本日のオーダーは「本日のランチ」@1,100円です。
内容は前菜、スモークチキンと梨のサラダ ブルーチーズソース、主菜、石川亭ムサカ(茄子・挽肉・チーズのグラタン仕立て)です。

IMG_3533
前菜のスモークチキンと梨のサラダ ブルーチーズソースです。それでは実食です。
ウンこのスモークチキンはイケますネ。梨も甘くてこのスモークチキンに良く合います。
ここのchefの食材の組合せは、類まれなるセンスで構成されているといつも思っていますが、今日のこの組合せは真(まさ)にストライクですね。とても美味しいです。
さり気なく添えられている胡桃の配慮にも脱帽です。

IMG_3534
主菜の石川亭ムサカ(茄子・挽肉・チーズのグラタン仕立て)です。
ムサカとはギリシャのほか、トルコやエジプトなどの地中海東部一帯でポピュラーなオーブン料理のことです。
見た目美グラタンです。
このグラタンはここの名品であるマッシュポテトがふんだんに使われていてとても美味しいです。
しか〜しちょっと量が多すぎます。さすがにこの量は、私にとってはtoo muchです。
流石に味に飽きはこないのですが、量がね・・・今晩豚になった夢を見そうです。

それでは(^_-)