今日は「落語らくだ」の話です。
私の好きな小説家椎名誠先生が自分の作品「風まかせ赤テント」の中で「らくだ」を絶賛していたました。好奇心の強い私は、早速に完成度の高い三遊亭可楽の「らくだ」を聞いてみました。以下が粗筋です。

【QOT】
とある長屋に住むのが本名を「馬」、あだ名を「ラクダ」と言う男。そのラクダの長屋に、ある日兄貴分の「丁目の半次」がやってきた。返事が無いので入ってみると、何とラクダが死んでいる。そう言えば、夕べ会ったときにフグを持っていたが、さてはそいつに当たったのか……。

「兄弟分の葬儀を出してやりたい」、そう思った半次だが金がない。考え込んでいると、上手い具合に屑屋がやってきた。早速、その屑屋の久六を呼んで室内の物を引き取ってもらおうとするが、久六はラクダ宅の家財道具の状態を全て言い当てて断ってしまう。訊くと、何回もガラクタばかりを引き取らされたらしい。ますます困る半次。と、その頭にあるアイディアが。
「月番を呼んで来い」
久六を月番の所に行かせ、長屋から香典を集めて来るよう言いつけさせるのが半次の魂胆。久六は断るが、仕事道具を取られしぶしぶ月番の所へ。月番は、「一度も祝儀を出してもらった事はない」と断るが、結局「赤飯を炊く代わりに香典を集めてくる」と了承した。安心した久六だが、ラクダ宅に戻ると今度は大家の所に通夜に出す料理を届けさせるよう命令された。ところが、ここの大家は有名なドケチ。そのことを話すと、半次は「断ったらこう言えばいい」と秘策を授ける。
「死骸のやり場に困っております。ここへ背負ってきますから、どうか面倒を見てやってください。ついでに『かんかんのう』を踊らせてご覧に入れます」
仕方なく大家の所へ行った久六。大家は「家賃を何年も貰っていない」と断り、すかさず久六が「かんかんのう」の話をすると「やれるものならやってみろ!!」。久六がそのことを伝えると、何と半次は久六にラクダの死骸を担がせ、本当に大家の所へ乗り込んでしまった。そして、死骸を文楽人形のように動かし、久六に歌わせて「かんかんのう、きゅうのれすー」。本当にやると思っていなかった大家、縮み上がってしまい、料理を出すよう約束した。
これで解放されたと思った久六。だが、今度は八百屋の所へ「棺桶代わりに使うから、漬物樽を借りて来い」と命令された。しぶしぶ行くとやはり八百屋に断られた。「かんかんのう」の話をすると先ほど同様「やってみろ」と言われるが、つい今しがた大家の所で実演してきたばかりだと言うと「何個でもいいから持って行けー!」。
これで葬式の準備が整った。久六がラクダ宅に戻ると、大家の所から酒と料理が届いている。半次に勧められ、しぶしぶ酒を飲んだ久六。ところが、この久六という男、普段は大人しいが実は物凄い酒乱だったのだ。呑んでいるうちに久六の性格が豹変、もう仕事に行ったらと言う半次に暴言を吐き出してしまう。これで立場は転倒、酒が無くなったと半次が言うと、「酒屋へ行ってもらって来い! 断ったらかんかんのうを踊らせてやると言え!!」
何だか分からなくなった半次は言われたとおりに酒を買ってくる。そうこうしている内に、話はラクダの葬礼へ。剃刀を借りてきて坊主にし、漬物樽に放り込んで荒縄で十文字。天秤棒を差し込んで二人で担ぎ、久六の知人がいる落合の火葬場に運び込んだ。
が、道中で樽の底が抜けてしまい、焼き場についたら中は空。仕方なく死骸を探しに戻ると、橋の袂で願人坊主(にわか坊主)がいびきをかいて眠っている。酔った二人はそれを死骸と勘違いし、樽に押し込んで焼き場に連行するとそのまま火の中へ放り込んでしまった。
熱さで願人坊主が目を覚ます。
「ここは何処だ!?」
「焼き場だ、日本一の火屋(ひや)だ」
「うへー、冷酒(ひや)でもいいから、もう一杯頂戴……」
【UNQOT】
【らくだ(落語)ウィキペディア(Wikipedia)】より転載



聞いてみて椎名誠先生が絶賛する理由がよくわかりました。所謂下層階級出身の主人公が様々な社会や事件であった経験を述べるというピカレスク(悪漢)小説のステレオタイプな落語なのですね、ともすると落語は苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)や貧困などを笑いで虚仮(こけ)にする似非下克上的Story Makingがおおいのですが、これは極めて分かりやすく、楽しめる話です。特に最初はグズグズに唯々諾々(いいだくだく)していた屑屋の久六が一度酒を飲むと豹変して、逆にヤクザ者の半次を仕切る件(くだり)が、「三つ目がとおる」の主人公写楽 保介(しゃら ほうすけ)が幼稚でいつも皆にいじめられているのに三つ目になった途端、俄然反撃するSituationに似ており痛快無比なのです。結構お勧めできる一品です。

今日のお店は以前夜の部で行った月島「愛伊堂留亭」さんです。店主のお母さんからお昼も、美味しいから来てね、と言われていたのを思い出しての再訪です。

愛伊堂留亭11
お店の外観です。

住所: 東京都中央区月島4-8-10
TEL:03-3533−8565
定休:日曜日・休日

愛伊堂留亭12

愛伊堂留亭13
今日のオーダーは「刺身定食」@900です。刺身はマグロ、中トロ、ハマチ、タコ、イカと盛り盛りでしかもデラ美味です。焼き鮭はたおやかな味付けでイケます。ちなみにご飯はお代わりFreeです。個人的にはここのお母さん煮物がお上手なので付け合せのキンピラゴボウがお気に入りなのです。お隣の「新富鮨」さんと比べると若干お高いのですが、その分Performanceが良いので呑み込んでしまいましよう。
月島にランチの名店ありですね、ご馳走様でした 

それでは(^_-)