今日は「君子豹変」の話です。 

大学3年の時銀座の三愛でアルバイトをしていた時の話です。

当時職場の課長は井上課長といって見た目ダンディですが大人しくどちらかというと影の薄い方でした。さらに申せば出世も大分遅れていたようです。
しかしたまに外人のお客がきますと売り場の女性が井上課長を呼びにきます。
何故かといえば、この井上課長は外国語が堪能なのでした。
といっても英語と独逸語だけなのですが、とても流暢なものでした。

ある日売り場のお局(つぼね)さんにそれとなく、井上課長、何で語学堪能なのですかね、と聞きましたら、大学は▲▲だし、お父さんの仕事の関係で中学までドイツで暮らしてみたいよ、とのことでした。
▲▲大学か!私の先輩じゃないですか、と記憶に刻みこんだのです。

しばらくして井上課長と話す機会があったので、躊躇(ためら)いながら、実は私、井上課長の大学の後輩なのですが、といいますと、そのようだね、履歴書見ていたので知っていたよ、とのことでした。
最近の大学の話聞きたいから今度飲みに行くか、とお誘いを受けたのです。

次の金曜日、井上課長から今日大学の悪友と飲みに行くから、一緒に来ないかと、声をかけられました。
その日の夕方、その悪友さんと、井上課長、私とで小粋な風情の小料理屋の暖簾をくぐりました。
しばらく取りとめない話をしていたのですが、少し興がのってきたころ、悪友さんが井上課長の旧悪を暴露し始めたのです。

この井上課長ってすごい方だったのです。
この悪友さんは柴田さんっていうのですが、その柴田さんが課長に成り立ての頃、上司と折り合いが悪く、会社を辞めようかとまで悩んでいて酒席でその行く末を井上課長に相談したそうです。
すると井上課長は、俺にまかしとけ何とかするから、と励ましてくれたそうです。

飲んだ次の日の昼前、柴田さんが昨日の酒が抜け始めたころに、受付の女性から困惑した声で電話があったそうです。“柴田課長、柴田課長の友人と称する方が「社長に会わせろ、頼みたいことがあるんだ!」”と叫んでいるんです、どうやらお酒を飲まれているようでかなり強行に申し入られるので応対に困っています。とのことでした。

柴田さんは全身から血の気がひき、あわてて五階の事務所から一階の受付まで脱兎の如く階段を駆け下りて行ったそうです。
すると井上課長が真っ赤な顔して“社長を呼べ”と声高に談判していました。
柴田さんは井上課長を取りなしながら会社の外に連れ出したそうですが、本当に驚いたそうです。

柴田さんは、今では笑い話だけど、まさか酒を飲んで会社にくるとは思わなかったよ、と言われていました。
井上は感情量が豊富でその中に宝石のように妙に透き通ったところがあり、それが酒を飲むと突然と洪水状態になっちゃうんだよな、としみじみと語ってくれたのでした。

しかし世の中、一見大人しそうな方が豹変すると怖い、という話をよくききますが・・・
それにつけても、大学の先輩、井上課長のことをあらためて見なおしたのでした。

今日の画像は天の川です。
日本とちがって迫力が違いますね!
天の川

天の川



今日は晴海トリトンに出没です。
今日はトリトン1Fのフードコートにある「イケ麺」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-8
:03-5144-8257
定休日: 無休

IMG_8704
お店の外観です。

IMG_8705

IMG_8706
店内の雰囲気です。
休日のランチタイムなので大半の方はジョッキを片手に食事を取られています。

IMG_8707

IMG_8708

IMG_8710
今日のオーダー「平打チーズカレーつけ麺」@850円です。
このお店はオーダーを頼むとワイヤレス子機が与えられ、それを持って席で待っています。
だいたい10〜15分で“出来ましたョcall”があります。
ブルブルッて子機が振動したので"出来ましたョcall"です、カウンターに取りに行きます。
見ためは美ウドンです、はたして美味しいのでしょうか?

それでは実食です。まずつけ汁に麺をつけてたぐってみました。
オゥオゥ、パンチがあるじゃないですか、いけます。
トロケチーズがmild accentになっています。
平打麺もgoodな食感です!

しかし付け合わせのトマトまではよかったのですが、タマネギを投入したあたりから急にethnic的振舞いが顕著になってきました。ウーン、何なんだこのウドンは、気分はもうVietnamです・・・これ以上は適切なcommentが見当たりません(笑)
イケ麺、オソるべし!
個人的には牛肉と人参あたりでお茶をにごしてくれても充分に結構だったのですがネ?
でも美味しかったですよ

それでは(^_-)