下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

万人力

続 入谷 万人力

今日は「下町雑感」の話です。
IMG_4335
今日は私用プラ〜ス母の命日も相俟って下町に参りました。
母の墓参をすませるとpetit shoppingがあったのでスカイツリーまで足を伸ばしました。
行きすがら思うところがあり以下に綴ってみました。
ということで今日は私の下町雑感です。

IMG_4329
吾妻橋のゆるキャラ「あづちゃんの家」です。
今下町はゆるキャラブームです。

あづちゃん
あづちゃんの他ににも

おしなりくん
おしなりくん

言問姐さん
言問姐さん

ソラカラちゃん
ソラカラちゃん

台東くん
台東くん等多士済々です。
しか〜し前半の3人あづちゃん、おしなりくん、言問姐さんは負け組で、後半の2人ソラカラちゃん、台東くんは勝ち組みでしょう。
いわゆる東京スカイツリーブームに乗ってまちおこしということでしょうが、東京スカイツリーを持つソラカラちゃんと浅草は浅草寺を有す台東くんは抜群の知名度ですのでそれなりの存在感はあります。したがいましてあえてまちおこしをしなくてもよい背景を持ち合せています。
その一方で東京スカイツリーブームに乗ってまちおこしをしようとした本所吾妻橋、押上、業平、向島地区はその東京スカイツリーの恩恵に属さず、東京スカイツリーの出現により周辺の経済の地盤沈下を早めただけという事になってしまいました。

実際スカイツリーの直下業平で寿司屋をやっている同級生はスカイツリーが誕生するまではそれなりにお店はにぎわったとのことですが、誕生以降は一見の客は潮が引くように遠のいたといっていました。それに追い打ちをかけるようにスカイツリー効果により地下が上がった分の固定資産税が重くのしかかっきて困っているとこぼしていました。

さら〜に押上、業平の商店街では当初予定がなかった生鮮食料品店が東京スカイツリー内にあるソラマチにできたということで約束違反だといきまいて墨田区に抗議していますが、これまた遅きに失したというところであります。

このままでは押上、業平の商店街はシャッター商店街になることは必定であります。
これらの商店街はもんじゃタウン月島の様な街全体がひとつのmallになるように仕向けていかないと落ちていく夕日はその後に続く漆黒な夜にバトンを渡してしまうでしょう。
実際ヨーロパの町々は下町の様なshopping mallを数多く有しており今でも活況を呈しています。それは町全体の特徴を明確にfeatureしてそれをconsumerに印象付けています。
例えば“もんじゃたべるのなら月島”“美味しいう焼肉を食べるのなら新大久保”とかいう具合です。
確かに“言うは易く行なうは難し”ですので軽々には申せませんが、下町生まれの私としましては、いま一度地元が往時の輝きを取り戻して欲しいと願うところであります。

IMG_4367

IMG_4368
実際に東京スカイツリー内にあるソラマチは物価が高くこのお店「宙寅屋(そらとらや)」さんのように何の変哲もない「えび味噌らーめん」を@1,100円で供しても客はちんちんに賑わって活況を呈しています。
これがいわゆる相乗効果です・・・

ここから後はending rollです。

とちまるくん

IMG_4334
栃木のゆるきゃらとちまる君です。
栃木PRのキャンペーンが終わったので控室に入ろうとしたらメタボな身体?(頭)が邪魔をした為に扉に引っ掛かって入れませんでした。仕方がないので扉を壊して入室したのです・・・org
嘘です・・・

IMG_4333

IMG_4332
生まれて初めて見た桜島大根です。
鹿児島(かごんま)のよかおごじょ(美女)は約17kgのこの桜島大根をスーパーで買って帰るそうです。
折角のよかおごじょ(美女)も腕が太くなりますよね。
本当なのでしょうか?
ちなみにこの話は鹿児島の観光PRにソラマチに来ていたミス鹿児島のお嬢さんから聞いたものです。

IMG_4330
これはメガトン級のsurpriseです。
なな何と業平橋は「なりひらばし」ではなくて「なりひらはし」と読めというのですか。
1662年の創架以来業平橋は「なりひらばし」です。
そんな与太聞いたこともありません。
この橋の管理責任者でてこ〜い!です。


知らないという事はコワイ・・・



IMG_4328

IMG_4314
今日のお昼はソラマチで並んで食べる程時間に余裕がありません。
従いまして入谷まで車で移動しました。
ということで油そば初体験という奥様のために向かった場所は、下町油そばの絶巓「万人力」さんです・

住所: 東京都台東区入谷1-24-2
電話:03-3876-2420
定休日:無休

IMG_4315
お店の外観です。

IMG_4320
店内の気配りです。

IMG_4327
お店の特集記事です。

IMG_4317
メニューです。

本日のオーダー、私が「並盛(140g)+ワンタンスープ」@600+@100=700円です。
奥様が「並盛(140g)+メンマ」@600+@100=700円です。

IMG_4318
調味料の面々です。
卓上には、お酢とラー油以外にも調味料が豊富に並んでいます。
万人がらし(赤唐辛子)、万人すりごま、おろしにんにく、にんにくチップです。
これは充実していますね。
これだけの調味料があれば自分好みの油そばを楽しむことができます。

IMG_4319
メンマです。
ウンこれは良く炊けていますネ。
これだけ美味しいと昔を思いだしてビールを頼みたくなってしまいました。

IMG_4321
ワンタンスープです。
これは美味しいですね。
特にスープが熱々で、鶏ガラの香りが高くてイケます。
ちょっとクリビツですね。

IMG_4324

IMG_4326
待つこと7分で、油そばの着丼です。
うん相も変わらず芳醇な匂いが鼻腔をくすぐります。
お約束のラー油とお酢を一周半ずつかけ回します。

それでは実食です。
ウンこれは美味しいですね。
油そば初体験の奥様も同様な感想です。
麺はモチモチして美味しいし、特にここの油そばは、油がとってもいいですね。
醤油ダレはきりっとしていて好きな味わいです。
ここはとても、すごく、きわめてお薦めのお店です、ハイ。

それでは(^_-)

入谷 万人力

今日は「入谷逍遥」の話です。
今日は昼一の打合せがお客様の都合で伸びたためすこし時間ができました。
折角入谷にきたので少し町をぶらぶらしてみました。
私にとって入谷はグルメタウンです。
大学生の時によく食べにちがうか呑みに来ていた街です。
それではここから後はパチリでご覧ください。

まずは鴬谷駅周辺からです。
IMG_4273
鴬谷駅から高架橋をおりたところにある立飲み屋街です。
こうやってマジマジと見ますと昼間はまともな所なのですね。
そうそうここから根岸に向かって線路際を歩いていくと大淫靡なzoneが出現します。
いわゆる春を鬻(ひさ)ぐ女性がひしめき合って立っているのですが、なにかいまでも戦後の様な雰囲気です、といっても私は戦後当時の雰囲気は知りませんのであくまでも想像ですが。
最近は女性が国際化してきているようです。でも長生きしたかったらこのような女性には拘わらない方がよいですよ、too dangerous・・・
誤解があるといけないのでお断りしておきますが、札幌在住の時に一時期出張の際の定宿を鴬谷にしていたのでこの大淫靡zoneは良く通り抜けていただけですから。決して詳しいのではありません。

閑話休題おはなしはもどりまして
ここの立飲み街ではよく飲みました。
私の飲酒歴を振り返ってみても、言葉が適当でないのですが、このような社会の底辺の人達がひしめき合って呑んでいるお店が大大好きなのですね。
勿論今は違いますよ、昔の話ですからね。
何で何だろう、下町生まれではかたづけられないような、何か私の身体の中に貧民窟が大好きDNAが存在しているのでしょうね・・・単に育ちが賤(いや)しいからかな?

IMG_4272
「ダンスホール新世紀」さんです。
ここ知っていますか「Shall we dance?」の舞台モデルになったところです。
大人気なダンスホールです。
ちなみに私の好きな回文の一つが「ダンスがすんだ」です・・・

入谷に移動しました。

IMG_4271
戦前の家屋です。
ここら辺(あたり)は戦争で空襲に遭わなかったみたいですね。
其処彼処(そこかしこ)にこのような家が現存していますもの。

IMG_4270

玉勝
この画像は「ケン太」さんより転載
1玉勝
この画像は「ケン太」さんより転載
相撲料理「玉勝」さんです。
ここは本当によくいきました、すごく美味しいです。
多分ちゃんこでは東京一でしょう、自信あり!
元力士だった先代が昭和33年に開店したという老舗ちゃんこ屋ですが、先代はあまり強い力士では無かったように記憶しています。いいのです、相撲が巧くなくても料理が美味ければね。
付出しの肉詰め蓮根はお薦めの一品です。
ちゃんこは美味しいのですがお値段が高いので寒い時ではなくお財布が熱い時、ちがうか厚い時にお訪ね下さい。

IMG_4269
中華そば「光江」さんです。
昔は入谷交差点の角にありました。たしか火事でやけてこちらに移転したのです。
ここの雲呑麪(わんたんめん)はお薦めです。

池波しの
この画像は「本物の沖縄料理はいかが?」さんより転載
このお店ではよく池波 志乃さんにお会いしました。
彼女って顔がお父さん似(金原亭馬生)で好きだったのですが、知らない間に整形していたのですね。
整形しない方が良かったのに、多分彼女が家に住んでいたら夜怖くてトイレにいけないでしょう・・意味不明
そうそうこのお店閉店していました、閉店するならするでmailしてくれなきゃです。
今日はこのお店へ食べにきたのに、どうしましょう(笑)

IMG_4268

えびすや
この画像は「バテバテなんちゃってグルメブログ」さんより転載
「肉のえびすや」さんです。
下町揚げもの惣菜の頂点です。
ここのメンチはお薦めです。
揚げたての熱々のメンチを紙袋に入れてもらい、それにウースターソースをたんまりとかけていただきます。
下町生まれでよかったなと思う瞬間です。

IMG_4264
小野照崎神社です。
ここの三年に一度行われる本社神輿の渡行はすごいですよ。
確か祭礼の日は5月19日だったように記憶しています。

IMG_4261

IMG_4263

かっぽうさいとう
この画像は「バナナメロン」さんより転載
IMG_4262
割烹「さいとう」さんです。
超デカ盛り海鮮丼で有名なお店です。
入ろうかなと思ったのですが、今日は麺類とキメ打ちしているので見送りです。

IMG_4260
私の奥様の大好きな勿論私も大好きですが、ジョニ男、風に吹かれて豆腐屋ジョニー、男前豆腐の製造販売をしている「男前豆腐店株式会社東京事務所」です。
東京で販売されている豆腐商品はこの事務所が管轄しています。

IMG_4258
下町の酒屋「水上酒本店」さんです。創業は明治33年です。
木造建築では珍しい3階建です、どうでぃすげぇだろう、ってあなたが力んでどうするんですか、もしかしたら歩き疲れたのですね、もうすぐですよ、今日のお店は・・・


大変ながらくお待たせしました。
今日のお店は油そばの下町チャンピオン「万人力(ばんにんりき)」さんです。

住所: 東京都台東区入谷1-24-2
電話:03-3876-2420
定休日:無休

IMG_4240
お店の外観です。

IMG_4244

IMG_4251
店内の雰囲気です。

IMG_4243
お店の案内です。

IMG_4247
食べ方の三カ条です。

IMG_4245

IMG_4248
調味料の面々です。
卓上には、お酢とラー油以外にも調味料が豊富に並んでいます。
万人がらし(赤唐辛子)、万人すりごま、おろしにんにく、にんにくチップです。
これは充実していますね。
これだけの調味料があれば自分好みの油そばを楽しむことができます。

IMG_4254

IMG_4255
今日のオーダー「並盛(140g)」@600円です。
待つこと6分で着丼です。
見た目可愛らしいですね。

それでは実食です。
まずはラー油とお酢を一周半ずつかけていただきます。
ウン、これは美味しいですね。
特にモチモチツヤツヤの麺は熱々で美味しいです。
特にここの油そばは、油がとってもいいですね。
醤油ダレはきりっとしていて下町の人が喜びそうな味わいです。
この醤油ダレと油のmariageが奏功しているのでしょう。
お薦めの一品です。

そうそう油そばって一気呵成に食べるでしょう、140gで少ないかなと思っていても
いったん胃に入ると麺の空隙に水分が吸収され急速に麺が膨張します。
したがいまして、食後は予期せぬ膨満感に苛(さいな)まれます。
これが油そばの欠点ですね。
ではゆっくり食べればということなのですが、冷めた油そばって冷めきった恋愛みたいでいただけません、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ