下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ヴァン・デ・グラス

お茶の水 ヴァン・デ・グラス 5th

今日は「明色化」です。
たたき亭3
土佐人は酒を飲む。それも甚だしい。国税庁の統計では酒の一人あたりの消費量が日本一であると言い、検察庁の統計でも酔っぱらっての刃傷沙汰の件数が日本一であるという。これは土佐人にとって愧ずべきことであるか。 
そうではなさそうなのである。土佐にあっては、ある者が泥酔のあまり自動車にひかれて死んだとする(そういう例はじつに多いが)。他の諸国ならば、だから言わぬことじゃない、とうとうざまを見たか、ということが反応になるであろう。 
「ところが、ここではちがうのです」 
と、ある知人がいった。よくやった、とまでは思わぬにしても、その非業の者に対にて好感を持ち、そこまで飲んだか、痛烈なことよ、というような、たとえばリングの上で死んだ拳闘選手をたたえるようなそういう明色の感動をもつ。これはかれらの衒気ではなくかれらの特質なのであり、この重要な特質についてはさらに後述せねばならないが、とにかく土佐人が他の日本人ときわだってちがうところは、かれらの意識をどういう暗い課題が通過しても、出てくる瞬間には化学変化をおこしたようにあかるくなっていることである。物事を明色化することの天才であり、この稿の筆者が感嘆するところは、酒量および酒の事故日本一という統計的記録における土佐人の肝臓の強靭さよりもそれをひらきなおってお国自慢にして謳いのけてしまうというかれらの明色性なのである。
「歴史を紀行する」司馬遼太郎著より転載

土佐には行ったことがあるちや!(高知には行ったことがあります!)
旅行中はうんと楽しかっちゅう。(旅行中はとても楽しかった。)
そんで酒場にもいったけんど、なんちじゃない。(そして酒場にも行きましたが、どうってことはありません。)
こじゃんち飲んだちゅう人はおらんがやき。(たくさんお酒を飲んでた人はいませんでした。)
この大酒飲み神話は、げにげにまっことなが?(この大酒飲み神話は、本当のことなのでしょうか?)

ということで久々の土佐弁は疲れますので普段の文体に戻します。
私達(奥様帯同)が飲みに行ったお店はグルメガイドで一押しの店に行きましたので、もしかすると地元の人より観光客が多かったのかもしれませんが、やはり雰囲気で地元の人は分ります。
その中で、地元の人を注意深く見ていましたが鯨飲される方はいませんでした。
しいていえば飲む量は当時の私の方が破格でした
さすがの肝臓強国も次世代にこの鯨飲文化のDNAは継承されなかったのでしょうか?
そういえば高知の若い人達の大半は標準語を話していました。
皆が、げに、まっこと、ほんまかえ、的なノリで話しているのかと思っていましたので、これにはかなりの違和感があったと申上げざるを得ません。

土佐人のあっけらかん性をあらわすこととして、日本人の多くが共有している後生欣求的な(極楽行きを願うような)湿潤な瞑想の感情をもっていないことといわれています。
年をとっても寺社仏閣詣りなどをせずポリネシア人のごとく、後生にもっとも障りのある狩猟や魚釣りという殺生を気にせず、また悲惨な話でも、それを因果応報の暗い宗教的な教訓に振り返る様なことはせず、湿感のない俗謡に謡あげてしまうという明色化のふるまいにはあこがれるところは多くありました。
これについても垣間見ることさえできなかったのは残念の極みでもあります。

明色化・・・
多分司馬遼太郎先生の造語ではあると思いますが私の好きな言葉であります。
一時期というか、停酒する2年前まで、私は明色化を酒飲に頼っていました。
しか〜し酒飲による明色化の欠点は、次の日に「宴のあと」状態となり、空しさ寂しさみたいなものが襲ってくることです。
そしてそれを回避するためにまた酒を飲んで補うということが繰り返されて、さらにアルコールの酒毒が脳を犯し、習慣的飲酒に繋がっていったのではないかと思います。
それでも停酒を始めた頃は、将来再開した時の一杯の極楽を一時も忘れず夢にまでみていました。
そしてその再開の一杯が一合に、一合が一升に広がっていき、それに伴う心地よさは天にも昇る様なものであると堅く堅く信じていました。
ド素面(しらふ)状態の現在では、明色化は酒飲で造るのではなく、現実で造るものかと思うようになってきています。
暗い事に直面しても衒気(げんき)になるということは個人的にはできないまでも、明日は晴れ、という気持ちを絶えず持っていれば明色化は可能と思うところであります。

It isn't what you have, or who you are, or where you are,
or what you are doing that makes you happy or unhappy.
It is what you think about.

あなたを幸せにしてくれるものは、あなたが持っているものや、
あなたが何者か、あなたが何処にいるか、なのではない。
それは、あなたが何を考えるか、なのである。

Dale Carnegie(デール・カーネギー)


YOUTUBEチャンネル「AmazingLife247」より投稿されたのは古今東西の日本のCMのまとめ。「Ultimate Weird Japanese Commercials Compilation」というタイトル通り、外国人から見た「とびっきり変わった日本のCM」が凝縮されています。
まとめられているのは懐かしのCMから最近のものまで。もはや見慣れてしまって何も思わないけれど、外国人から見るとこれが奇妙なのか・・・そんな感覚の違いを感じたり、改めて見て「やっぱりおかしいよこれ」と思ったりする内容となっています。



IMG_7188
今日はお茶の水に出没です。
時計を見たら20時23分です。
さすがに帰社する気にもならず、夕食でもたべるかと思い、なにやらガッツリしたものが食べたくてお邪魔したのがこちら、御茶ノ水で一美味しいイタリアン 「ヴァン・デ・グラス」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2−23アクセス御茶ノ水ビル1F
電話:03-3255-8182
定休日:日曜日 

IMG_7180

IMG_7181
お店の外観です。

IMG_7183
店内の雰囲気です。

IMG_7182
メニューです。

今日のオーダー「ゴルゴンゾーラソースパスタ」@1,300円です。
な何と2年振りの再訪です。
どうでしょうこのお店には通算100回以上は来ていると思います。
マスターは相も変わらずハンサムガイでお変わりありません・・・

IMG_7184

IMG_7187
待つこと16分で「ゴルゴンゾーラソースパスタ」の到着です。
ウワゥ!湯気が立ち込めています、熱々です。
トッピングは人参(赤)、ブロッコリー(緑)、カブ(白)です。
イタリアンですからイタリアの国旗を表したのでしょうね・・・

味ですか、とても美味しいです。
味付けはゴルゴンゾーラ、生クリーム、プラ〜ス隠し味です。
シンプルですが、この方が本来の味が楽しめます。
やはりゴルゴンゾーラは美味しいですね。
ピカンテの塩味が絶妙に生クリームに合っています。
久々に食べる極楽を味わえました、たまにはこのような日が有ってもいいですよね!

それでは(^_-)


お茶の水 ヴァン・デ・グラス 2011年1st

今日は「女性ってコワイ」の話です。 
大学三年生の時銀座の三愛デパートのコート売り場でアルバイトをしていました。
コート売り場の課長は大学の先輩でとても可愛がってくれたので、一生懸命にコートを売りました。結果売り場の中でTop5に入る成績を残したものです。

毎日コート売り場にくる妙齢の女性がいました。
何故か私はこの女性にコートを売ることができませんでした。
手を変え品変え努力をするのですが、のれんに腕押しというのか糠に釘というのか駄目なのです。買ってもらえなくてもこの女性が来ますとパブロフの犬のように接客してしまうのです。そんな自分をいつも悲しく思っていました。

この女性客と接客を初めてから10日間位たってからですか、この女性から唐突に告白されたのです。
「実は私、万引き対策の警備係なの。いつも接客してくれてありがとう。ボーナスが入ったらコートを買いますから、今日からは相手をしなくていいわよ」と言われたのです。
後日わかったのですが、私以外の売り場の女性は皆この妙齢の女性が万引き対策の警備係なのを知っていたのでした。
それにも関わらず、彼女達はそれを承知の上で件(くだん)の警備係の女姓が来ると意図的に私に接客させていたのです。
私は愕然としました。女性の怖さに触れた21歳の冬でした


IMG_9598
この画像を見て驚いて下さい・・・あまりたいしたこともないのですが。
皆さんは、この色ボタンの上に漢字が書いてある理由を知っていましたか。
世の中には青色を緑と読む人がいるので、その錯誤を避けるために為に漢字で表記されているって考えた人はまともなお方です。
実は書かれている理由は全く違うのです。
この漢字表記は日本人の約5%はいるという色弱者の人のために書かれていたのです。
要は色弱者の方は色の判別が難しいのです、所謂広義のBarrier freeなのでした。

今日はお茶の水に出没です。
なにやらガッツリしたものが食べたくてお邪魔したのがこちら、御茶ノ水で一美味しいイタリアン 「ヴァン・デ・グラス」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2−23アクセス御茶ノ水ビル1F
電話:03-3255-8182
定休日:日曜日 

IMG_9590
お店の外観です。

IMG_9591
コンソメスープです。これは何回飲んでも美味しいですね。このカップの縁に唇をよせた瞬間に立ちこめてくる、濃い目の胡椒の香りを嗅ぐとこの店にきたのだなと感じます。

IMG_9592
今日のオーダー「明太子マヨネーズスパゲッテー」@700円です。
待つこと15分で着皿です。
相変わらず麺量が多いですネ、目の子で300gはあるのかと思います。
実はこの店には70〜80回は来ているのですが「明太子マヨネーズスパゲッテー」だけは食べたことがないのでした。ということで本日は初体験です。
明太子の辛さとマヨネーズのmariageですか、ちょっとimpactあるかなって感じもしますが後半この味にハマってきます。
イケますね、美味しいですね。
希望を言えばマスター、もう少し振りかける海苔の量を多くしてください。
ご馳走様でした、舌もお腹も大満足でした

それでは(^_-)

御茶ノ水 ヴァン・デ・グラス 2010年1st

今日は「私にとっての明治大学」です。
ヴァン・デ・グラス31
今日は御茶ノ水でキスグレ(酔っ払う)です。この夜景は明治大学辺り?の夜景ですか、キレイですね。
今日のフリネタは「明治大学」です。この大学には色々と思い出があります。やはり私にとっての明治大学は、北海道支社から東京本社に転勤になったとき何故か営業課長から人事課長に配転された頃の思い出です。入社以来ずーぅと営業だった私は人事に配属されたといっても何もわからず、毎日右往左往しながらヒーヒーしていたのでした。
そんな私を見かねた上司の人事部長が私に最初に命じたことは、明治の学生さんを集めろ、ということでした。そして慣れない仕事の中で唯一遣り甲斐を感じたのは、この部長のいう明治の学生さんを一人でも多く当社の会社説明会に来てもらうことです。これなら長年の営業経験が活かせると思った私は、シコシコ会社説明会の資料を作り、週に三回は明治大学さんの就職課に訪問していたのでした。今でも明治大学さんの就職課は有名ですが、当時は大学の“売手市場”で同業界の人事の猛者連が就職課さんに多数つめかけ、群雄割拠の中、明治大学さんの就職課長に面談するのは至難のわざでした。何とか持ち前の粘りで、就職課長さんの了解を取り付け、同大学の掲示板に自社の会社説明会を貼らせていただいた時は天にも昇る気持ちで一杯でした。
確かに採用面接していても往時の明治の学生さんはガッツがあったことが思い出されます。

そして大学の応援歌数々あれど、私が好きな応援歌(除母校)はやはりこの歌でしょう。

一、 ここはお江戸か神田の町か
  神田の町なら大学は明治
二、 大学明治の学生さんは
  度胸一つの男立て
三、 度胸一つで神田の町を
  歩いて行きます学生服で
四、 学生服なら明大の育ち
  ボロは俺等の旗印
五、 ボロはまとえど心は錦
  どんな事にも恐れない
六、 どんな事にも恐れはせぬが
  可愛いあの娘にゃかなわない
七、 可愛いあの娘はいつでも捨てる
  母校の為なら命まで
八、 命捨ててもその名は残る
  大学明治の名は残る
  ついでに俺等の名も残る


会社の明治大学出身者と飲む度にこの歌を唱和させられるのですが、ノリがよくお酒がグイグイと入ってしまいます(笑)

ヴァン・デ・グラス32
ということで今日のお店はフリネタの通り、御茶ノ水で一美味しいイタリアン 「ヴァン・デ・グラス」さんです。お店の外観です。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2−23アクセス御茶ノ水ビル1F
電話番号:03-3255-8182
定休日:日曜日 

ヴァン・デ・グラス33
店内の雰囲気です。

ヴァン・デ・グラス34
コンソメスープです。これは何回飲んでも美味しいですね。このカップの縁に唇をよせた瞬間に立ち上ってくる、濃い目の胡椒の香りを嗅ぐとまたこの店にきたんだなと思わせてくれます。

ヴァン・デ・グラス35
本日のオーダー「牡蠣のトマトクリーム」@700です。

ヴァン・デ・グラス36
味ですか、牡蠣の濃厚な味がスープに溶け出していて、まさに海の味です。
これはイケます、タマリマセン。牡蠣はホッコリしていて海の滋養が堪能できます。
麺はお約束のアルデンテですし、申し分ありません。
ここのマスターとは本当に長い付き合いです、いつも何気に気を使っていただきますので御茶ノ水にきたら心がけて寄るようにいたします。

それでは(^_-)

続 御茶ノ水 ヴァン・デ・グラス

今日は「雷にあったら」の話です
真っ盛りです。そこで夏にはつきものの「青天の霹靂」の雷です。
街中で遭遇したら、建物の中に逃げ込むのが一番です。車の中なども比較的安全です。
山中では木のそばから3mほど離れしゃがみこむのがいいのです。距離を取るのは電気が伝わってくるのを防ぐ為です。テントは一見安全そうですが雷避(よ)けにはならなりません。よく金属製のものを外したほうが雷が落ちにくいという説がありますが、全くの誤解です。雷の落ちやすさを左右するのは高さです。よって河原など近くに高いものが無い場合はその場を即に離れるのが賢明です。
【日経PLUS1 「レジャーの危険、対処に自信は?」】より転載
札幌にいたとき栗沢(札幌近郊)で運転中強烈な雷雨にあったことがあります。運転していた場所が栗沢の農道(農道といっても幅は普通の道路)ですから、周りに何もありません。上述のように何もないところですので雷は縦横無尽に落ちます。これが綺麗なこと綺麗なことで本当に瞠目しました。まさに自然が創りだす最高のスペクトラムショーです。青白い稲光がギザギザにしかも幾何学的に絡み合います。時折はオレンジの光の束が真っ逆さまに落ちてきます。その様はまるで瀑布のようです。音もハイパワーのドルビーサウンドですのでその振動は最高です。まったく東京では見られない光景でした。

今年も京都に紅葉狩にいきます。そして今年の場所は紅葉の穴場である宮内庁管轄の「修学院離宮」なのです。ところがここ申込順なのですね、それも四ヶ月前の一日即ち今日が申し込み初日なのです。したがって今日は五時におき、六時からオープンする宮内庁HPにアクセスをしたのです。昨日寝たのが一時半すぎですから完璧に睡眠不足です。サクサクと登録して寝直そうと思っていたのですが、全く同じことを考える輩がいてトラフィックが増加したため登録画面がフリーズしていました。残存見学可能者のカウンターが減っていくのを眺めながらアクセスできないもどかしさ、京都の紅葉狩大ピンチです。何とかかんとか第一希望を登録できたのが九時で、残存見学可能者数が減ってきたので、多分枠を超すなと思い(枠をこすと抽選になります)第五希望まで登録し終了したのが十一時です。なな何と5時間も宮内庁さんと遊んでしまいました。なんというメランコ型人間(執着心が強い)なのでしょうか、あきれました。でも苦労あって第五候補の京都御所にはいけそうです(ホッ)

ヴァン・デ・グラス11
御茶ノ水に出没です。
なにやら人だかりの多いお葬式だなと思いみていましたら、7月28日に乳がんのため亡くなったロック歌手、川村カオリさん(享年38)の葬儀でした。ご冥福をお祈りいたします。


ヴァン・デ・グラス12
そして今日のお店は御茶ノ水で一美味しいイタリアン 「ヴァン・デ・グラス」です。お店の外観です。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2−23アクセス御茶ノ水ビル1F
電話番号:03-3255-8182
定休日:日曜日 

ヴァン・デ・グラス13
コンソメスープです。これは何回飲んでも美味しいですね。このカップの縁に唇をよせた瞬間に立ち上ってくる、濃いめの胡椒の香りを嗅ぐとまたこの店にきたんだなと思わせてくれます。

ヴァン・デ・グラス14
今日のオーダー「カレースパゲッティ」@700です。

ヴァン・デ・グラス15
やはり食べ方はこのように大量のチーズを雪の様に降らせガツンと食べるのがお約束でしょう。

ヴァン・デ・グラス16
味ですか、美味しいですね。かなりHotなキーマカレールーにアルデンテで茹で上げたパスタがよくあいます。口内で弾ける挽肉のプリプリした食感も一興です。心より満足しましたhappy01
ところでマスター、今日も「出張でこられたのですか」と私にいっていましたが、もう私は札幌には住んでいませんからね(笑)


それでは(^_-)

御茶ノ水 ヴァン・デ・グラス

今日は「どんどん焼き」の話です。
昭和38年11月16日に墨田区京島にとんでもない公園ができました。
名前は「マンモス公園」です。その当時では多分一番高くて大きな滑り台を二基有した公園です。
早速友達と誘い合わせて行ったのですが、その威容に接し腰を抜かすくらい驚いたのでした。
画像右の滑り台と比べてください巨大さが分かりますよね




そしてその公園の脇の屋台で生まれて始めて「どんどん焼き」を食べたのです。
「どんどん焼き」というのはお好み焼きの路上販売品です。

いまのお好み焼きのごとく、何でも彼でもメリケン粉の中へまぜこんで焼き上げる、というような雑駁なものではありません。ベースは、いうまでもなくメリケン粉を溶いて鶏卵と合わせたものです。

メリケン粉の中へ材料をまぜこむのは「牛てん」のみで、これは牛挽肉と日本葱を入れ、ざっくりとまぜ合わせて鉄板へながし、焼きあげてウスターソースで食べます。イカやエビを焼くときは、かならず、メリケン粉をうまく小判型に鉄板へ敷き、その上へ材料をのせ、さらに上からメリケン粉をかけまわして両面を焼くのです。
牛てん、餅てん、やきそば、キャベツボール、カツレツ、オムレツ、パンカツ、お汁粉。これらはみんな「どんどん焼き」のメニューです。やきそばは、焼きそばと同じようなものなのですが、それ以外は名前を聞いただけでは勘違いしそうな代物ばかりです。
メリケン粉の上にパン粉がかかるとカツレツ、溶き卵を焼いたものをメリケン粉で包むとオムレツ、食パンの両面を鉄板で焼いたものにメリケン粉をかけて焼くとパンカツ。お汁粉は豆餅を焼き餡子をのせ、くるくると巻き上げたものを鋏で小さく切り、メリケン粉で容器を焼き上げ先の餅を入れて黒蜜をかけるというものです。たいがいはウスターソースで食べています。
池波正太郎「食卓の情景」(新潮文庫)より転用

私は「どんどん焼き」の中でも特にパンカツが好きでよく食べました。
たしか10円前後で、カツと同じ味が楽しめるのですからタマリマセン。
長じて家で昔の記憶をたどりながら作っては見るのですが、なかなか同じ味が作れません。どなたか作り方教えてもらえないものでしょうかm(__)m

マンモス公園といえば公園の近くにストリップ劇場があり、そこでボヤ程度の火事が発生しました。ところがその火事で近所の人が集まってしまった為中にいた観客達が近所の人たちに見られるのが恥ずかしく皆背広やジャンパー等で顔を隠してでてきました。
子供心に大人たちの恥ずかしい意味が半分くらいしか分からなかったのですが、とても面白かったことを覚えています(笑)


今日は上顎洞炎の治療で御茶ノ水の東京医科歯科大学に行きました。この病院大学病院にしてはサービスが良く行く度に感激の嵐なのです。
それにしてもよく医者に行くなと呆れています

お店は「ヴァン・デ・グラス」です
住所:   東京都千代田区神田淡路町2-23
電話番号:03-3255-8182

ここほとんど身内みたいなお店なので書くのもためらったのですが、私は原則お昼ご飯ネタなのであえて紹介します。ここ安くて美味しいしマスターも感じよく好感持てます。
ランチはスパ中心ですお勧めはカレースパ、鶏のホワイトソーススパ、ガーリックスープスパ、納豆スパですが何を食べても美味しいですね。
後このお店注意しなければいけないのは増量です。中盛@150、大盛@250、特盛@300なのです。
一度若いのにそそのかされて大盛を頼んだののはいいのですが、夕方までパスタで胃が膨満していました。特盛は食べたら命に影響あるかもしれません(笑)

今日の獲物は「シーフードのトマトソース+カップスープ」@700です。


アサリ、トマト、玉ねぎ、イカの具に隠し味の鷹の爪を加えてほのかにピリ辛感を出しています。
味ですか美味しいですよ、ここは裏切らないので細かいコメントしない事をお許しください。

人のこといえませんが久々に見たマスター老けましたね。それと値段が上がっていたのは小麦粉の高騰のせいかしらん
確か以前は@650のような記憶がありました。しかし@700でもこのパフォーマンスならB級グルメですかね(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ