下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ワンタン麺

続 飯田橋 ラーメン 高はし

今日は「サケが生まれた川に戻れるのは」の話です。
北海道ではこの秋も、多くのサケが子孫を残す為に川に戻ってきます。餌を求めて数年間、外洋を巡り、高い精度で故郷に辿り着きます。どうやって方位を定め、生まれた川を特定できるのか、サケの“Navigation System”は謎に包まれています。
【中略】
サケはなぜこれだけの距離を迷わず生まれた川に向かえるかについて、有力な説は日の出と日の入りの方角と地磁気を利用して自分の位置を割り出す「地図とコンパス説」があります。サケの頭部には鉄を含む成分があり、磁気センサー役を果たしていると考えられています。
【中略】
サケは高度な生物時計を備え、生まれた川まで戻る時間を記憶しているという説もあります。海流を体感して方位を把握しているという仮説も唱えられていて、すっきりした答えは出ていません。
サケが生まれた川を見分ける際には、匂いが大きな役割を果たすことも分かってきました。サケの鼻は人間の100万倍以上の感度を持ち、極微量な成分も感知できるからです。これについてはアミノ酸が鍵を握っていると見て、どのアミノ酸に反応するのかを調べているのが今日の科学の現状なのです。
【日本経済新聞 ナゾ科学】より抜粋

ラーメン高はし11
私が北海道に転勤になった時最初に訪れた観光スポットは、千歳市にあるサケの遡上が楽しめるインディアン水車です。私はインディアンだけにアイヌ部落みたいなものと勘違いしたのもいけなかったのですが、着いてみたら上のパチリのインディアン水車が一基あるだけでそれ以外は全く何もないところでした。すでにサケの遡上はピークが過ぎており、ただ円形の水車が緩慢に回っているだけです。時折とぼけたサケが捕獲される程度で、観光客もほとんどいず、まだ当時一歳の次男をオブってわざわざきたのに、あまりの観光施設のなさにヒドク呆れ返った思い出があります。今は「千歳サケのふるさと館」という立派な施設があり、それなりに楽しめるようですが、その当時は上述の通り惨憺たるものでした、思い出したくなかった(悲)

インディアン水車(いんでぃあんすいしゃ)は川を遡上する鮭を捕獲するための設備。水車の籠に鮭が入ると、水力により回転し水揚げされる仕組み。北海道庁初代水産課長・伊藤一隆により日本に伝えられる。北海道の千歳市内を流れる千歳川に設置されているものが有名で、国内ではほぼ唯一水力のみでの稼働が可能。なお、千歳サケのふるさと館は、このインディアン水車を基に作られた、観光客等の見学向けの施設である。発祥は北アメリカ。但しインディアンの名を冠しているものの、ネイティブアメリカンが発明したものではないらしい。なお、捕獲と言っても川を遡上する鮭は身に脂が無く、卵も固くて食用には適さないことから、ほぼ繁殖事業が目的である。
【インディアン水車 - Wikipedia】より抜粋

今日のお店はワンタン麺日本一「ラーメン 高はしラーメン」さんです。
ラーメン高はし12
お店の外観です。あれお店の場所微妙にずれていますね,移転したようです。

住所: 東京都千代田区飯田橋3−11−30
電話:03-3239-5274
定休日:土・日・祝日

ラーメン高はし13
今日のオーダー「ワンタン麺」@950です。なんでしょう久々にきたら新装開店なのに何か違います。第一に客目線ではなく、ご主人目線の店員さん、こんな人いましたっけ、感じ悪いです。それとスープ味がはっきりしません、当方の体調もありますのでこれは伏せおきますが、しかしかかし美味しくありません。それに私が日本で一番好きな「ワンタン」のプリプリモチモチがなくなりました。その上に「ワンタン」の肉が臭いです・・・どうしたのでしょう、何があったのでしょうか
私はここのたおやかな味、そしてプリプリモチモチの「ワンタン」大好きでした、ギリギリの味付けで勝負してくるご主人に対していつも敬意を払っていました。
捲土重来を期待したい今日この頃の飯田橋のワンタン麺でした(悲)

それでは(^_-)

月島 生駒軒

世の中には面白い人がいます。それは生駒軒の謎を調べている人です。
生駒軒は下町育ちなら誰でも知っている中華料理店で下町を歩いているとやたら目にします。ところが生駒軒はフランチャイズではなく以下の定義で成り立ったっているそうです。

「生駒軒のれん会」に属している
ラーメンは \500
「児玉製麺所」から麺を卸している
具は5点セット「メンマ」「ワカメ」「チャーシュー」「長葱」「ナルト」
生駒軒のロゴの使用が認められている

生駒軒発生のメカニズム参照

といこうとで今日のお店は「生駒軒」です。
住所:中央区月島1丁目26-10
Tel:03-3531-6467
定休日:日曜祝日

そして獲物は「ワンタン麺」@690です。


このお店「堅焼きソバ」は美味しいし、他の料理もそこそこ美味しいのですが、麺系はいまひとつです。
一つには麺の湯切りが悪く、妙にお湯っぽいのです。
スープはマズマズですが、チャーシューは今ひとつです。
生駒軒グループの限界か(笑)

生駒軒の謎はここのオジイサン曰く、暖簾分けといっていますが、「生駒軒のれん会」説からはずれます。
しかしこのお店オジイサン夫婦と息子夫婦でやっている庶民的なお店です。
夜のおつまみ系料理も充実している、下町B級グルメのお店です。
今度飲みに行った時に、生駒軒の謎は聞いてみるつもりです。



それでは(^_-)

月島 健楽

今日は「オウム事件」の話です。
以前 ブログ に書いた通り交通事故に会った私は、千歳の遠藤病院に入院したのです。

隣のベッドの患者さんが小さな声で私に語りかけます。
「お兄ちゃん、ここの病院生きて出た人はいないよ。元気で入っても、皆薬で悪くさせられてお陀仏だよ。悪いこといわないから、元気の内に他の病院に行ったほうが良いよ」
入院初日は、痛みで寝られなかった事もあったのですが、天井を駆けずり回るネズミの音にも悩まされ、確かに病院なのに不衛生極まりないなと思った次第なのです。

次の日何故か退院を引き止められたものの、新札幌の社会保険病院に転院しました。
生命保険に加入していた為個室を使えることができました。
そこでもあばら骨の痛みでウンウンとうなっていました。当然夜も寝られません。
確か9時頃の臨時ニュースでオウム最高幹部村井秀夫の刺殺事件をやっており、延々とそれを個室で見ていたため今度は怖くて眠れなくなったのです。
まさに踏んだり蹴ったりとはこのことです。

さて「オウム事件」ですが、札幌に転勤した頃期中入社でお嬢さんが仲間に加わりました。
ところがこのお嬢さんオウム出身らしいのです。前述した通りその当時の世の中は「オウム教団」話で染まっており、この出自は看過できません。
人事も信仰の自由は守らなければならないと建前的にいってはいたものの、これは完璧な人事のボーンヘッドです。さらにこのお嬢さんのお兄さんは道内に変な共和国を作りその共和国の初代王様とのことでした。

人事から彼女の身辺調査を依頼されました。直に彼女に聞いてみるとなんとアッケない結末でした。
まずオウム出身なのですが、正しくは北海道のオホーツク海沿岸、稚内−知床の丁度真ん中にある「雄武(おうむ)」出身だったのです。
そしてお兄さんは当時村おこしの一環で雄武は道内で一番早く日が昇る場所ということから「サンライズキングダム」という観光共和国を作りその初代王様だったとのことです。
大騒ぎにならず良かったですね。 
そうなのです人事は彼女の実家の住所を振り仮名がふってなかったため「ゆうぶ」かな程度と思って見ていたそうです
ちなみに私が道内で一番読めなかった地名は「花畔」です。これは「ばんなぐろ」と呼びます。
でもこの漢字って「ばんなぐろ」で変換できるのですね(笑)

そして今日のお店は最近NHKの朝ドラで喧(かまびす)しい月島の「健楽」です
住所: 中央区月島3−7−8

このお店見てくれはあまりキレイではないのですが味は昔ながらの味というのでしょうか美味しいのです。一押しは自家製ワンタンを使用した「ワンタン麺」です。後「ニラレバ定食」もお勧めです。多分このお店月島では一番ではないでしょうか。
そして今日の獲物は「カレーラーメン」@800です。



カレーラーメンは一般的にはルー系かカレー粉系に別れるのですが、このお店は私の大好きなカレー粉系でした。味はカレーの香りもよく、肉も多く満足です。しいていえば麺がこのカレーの重厚さに少し負けているかなという程度です。カレーだけでも美味しいのにそれに美味しいラーメンが加わればワンダホーな味になることは間違い有りません。スープも熱いのでハフハフと汗を流しながら平らげました。やはり下町のラーメンはこうではなくちゃいけませんゼ(笑)

それでは(^_-)

西新宿 たからや

今日は私の「死にそうになった話」です。
それは1995年4月19日に起こりました。当時札幌にいた私は朝一の飛行機で打合せの為、取引先様と一緒に東京へ出向く予定となっていました。

朝一自宅に取引様に迎えに来てもらい一路新千歳空港に向かいました。
たしか当時新千歳空港はできたばかりで、空港駐車場はやたら料金が高く、ほとんどの人は空港周辺の駐車場に泊めそこから送迎してもらい空港に行っていました。
取引様の利用する駐車場は千歳の美々(地名)の農道の前にあったのですが、そこは北海道ですので規模が違います。農道といえども広幅農道で四車線あり、その駐車場の収容台数は400台は下りません。
私の奥様はこのロケーションを知らない為、数十分後私からかかってくる重要な電話を勘違いするのです。

珍しく道央道が混んだ為飛行機の発機時間が切迫してきており、自然とお取引様の運転は荒くなってきています。千歳インターで降りそこから美々の駐車場でまではかなりスピードを上げ、時間を詰めようとしています。四月とはいえ周辺にはまだ雪も残っており何やら嫌な感じがしていました。
どうにかこうにか駐車場の入口が見えてきていたので、なんとかギリギリ間に合うなと思っていました(ホッ)。

すると前からかなりのスピードで直進してくる車があります。
取引様は右折して駐車場に入るので、この突進してくる車を行かせてからだと思っていました。ところが豈(あに)図(はか)らんや行かせる気持ちはサラサラも無くこの車より先に右折して駐車場に入ろうとしています。私は取引様にこのままだと突進してくる車にブツカルヨと叫び、そして取引先様の顔を見ますと完璧に目が吊り上っています。こりゃ駄目だと思い今度は突進してくる車の運転手を見ます。この運転手はもう避けられないと思ったのかハンドルの上に頭をかぶせ全く前方を見ていません。
私は下手するとお陀仏だなと思いました。そうはいいながらぶつかる直前に気持ち運転手側に体をずらせ激突に備えたのです(結構冷静だったのです)

車が激突してからどのくらい時間が経ったのでしょうかどうやら私は意識を取り戻したようです。
筆舌に尽くせないくらい惨憺たる状況です。車は私の座っている部分を中心にして大破しており、そして目の前にあるフロントガラスはキレイに無くなっていました。そしてそのグラスの破片はまるで頭から小麦粉を引っ掛けたように私の体を覆っています。

車の中が血の匂いで満ち溢れています。追突した運転手と取引様が何度も死なないでくれと絶叫しているのが聞こえます。
口の中も血の匂いでむせ返り息も絶え絶えです。なんか駄目そうだなと思い、とり合えず奥様に携帯で電話します。「今千歳の駐車場でヒドイ交通事故にあったょ。下手すると死ぬかもしれないから後は宜しく頼むね」と告げました、すると奥様は、「はいはいわかりました、病院が決まったら連絡してね」とのことです。

その日の昼前に奥様と部下が病院に来ました。
奥様は病院に来るなり大事故なら大事故と何でチャンと言わないのと、カンカンに怒っています。来る前に事故現場に立ち寄り事故車を見て驚愕したそうです。こんな車の助手席に乗っていたら決して軽い怪我ではないことが容易に想像がついたからです。

ちゃんと言ったのにネ死ぬかもしれないって(笑)
助かったのはどうやら奇跡のようです。怪我は左あばら骨多重骨折、肺挫傷で全治一ヶ月の重症でした。
取引様の車が三菱の高級車ディアマンテだったので、ドアの鋼板が厚く一命を取り留めることができたようです。
万が一ライトバンのような薄いドアでしたらこのブログを書くこともありえませんでした。

今日は新宿にこまごました物の買物に来ました。
久々に「萬来」で巨大チャーシュー麺を食べようと思ったのですが、なんと「萬来」は大型ビルになっており、しかも建築中でした。
仕方ないので隣の「たからや」に行きました。
住所:  東京都新宿区西新宿1-4-11宝ビル1階
電話番号:03−3344-3166

あとはパチリでご覧下さい。
たからや玄関
たからや玄関です、結構渋いですね。このお店も巨大チャシューが売りのようです。隣が巨大チャシューの盟主「萬来」ですので、立ち向かおうとする根性がスゴイですね(エライ)



たからや店内
ちょっとレトロな店内です。なにやら期待が持てそうですネ


たからやヤカン
アルミヤカンのピッチャーです。仕事柄腐食しているのが気になります。



醤油ワンタン麺
醤油ワンタン@950です。四角なシナチク×三枚とワンタン×3枚が乗っかっています。麺は中太麺です。味ですが、ショッパイだけです。味に深みもありません。ショパッさだけならまだ立ち食いソバのラーメンのほうがましです。シナチクも硬いだけでサクサク感もありません。折角四角にしているのでなにか仕掛けがあるのかと思いきや何もありません。最後に期待していたワンタンですが皮が粉っぽく肉もジューシーさもありません。これで@950はサギだといいたいとこですがこれでも繁盛しているので人生色々、ラーメンも色々なのですね


新宿モード学園
今話題の新宿モード学園です。こんな建物できたらいいなとプラン図をだしたら施主が気に入り採用になってしまったようです。プランはプランなのでといって設計事務所(N設計)は逃げ回ったそうですが、逃げ切れずご用となったようです。自分の仕事とは関係無いのですが係わっている人が皆ヒーヒーいっているので気になってパチリしました。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ