下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

レストラン綺羅

赤沢温泉郷 レストラン綺羅 4th

今日は「2019年熱海・伊豆旅行 其の弐」の話です。
恒例の熱海・伊豆旅行です。
今日は其の弐編です。

#熱海に戻ります
IMG_5899 (2)

IMG_5904

IMG_5905

IMG_5909
約3時間の初島滞在ですが楽しめました。
乗船して25分で見慣れた熱海の街並みがウェルカムバックと言っているようにみえました。

熱海から伊豆高原までは「黒船電車」で参りました。
IMG_5920

IMG_5921

IMG_5919


#赤沢温泉郷近景
IMG_5923

IMG_5924

IMG_5927
ホテルに着きました。
台風の影響で雨の予報でしたがなんとかお空はこらえてくれています。

#レストラン綺羅
それではお待ちかねのショウタイムです。
今日の食事は赤沢温泉郷内にある「レストラン綺羅」さんです。

住所: 静岡県伊東市赤沢字浮山163-1
電話番号:0557-53-5555
定休日:赤沢温泉郷の定休日に準ずる

IMG_5928
お店の外観です。

IMG_5936
店内の雰囲気です。

IMG_5929
メニューです。

IMG_5931

IMG_5933 (2)
まずはお疲れ様乾杯です。

#先付
糸三つ葉のお浸し しらす 枝豆豆腐 いくら 割り醤油 山桃の赤ワイン煮 じんた南蛮漬け 焼き鮎煮浸し 芽葱 焼き油かます寿司 酢橘 
IMG_5935
先付は全て美味しいです。
個人的には、 枝豆豆腐が一番のお気に入りです。
枝豆のもつ豆の美味しさが凝縮されたような味わいでした。

#造り
近海鮮魚(鰆、鮪、目鯛)の盛りあわせ あしらい一式
IMG_5937
これは鐵板メニューです。
伊豆のレストランですので全てが新鮮で美味しいです。
個人的には、去年と同じく鰆に清き一票を投じます。

#汁物
鱧身丈 順才 玉蜀黍すり流し 振り柚子 
IMG_5938
とうもろこし好きはこの汁物には皆ノックアウトされるでしょう。
江戸っ子なので鱧身丈は口に合いませんでしたし、基本的な鱧って美味しくないと思います。その代わりに順才のにゅるっとした食感が補ってくれました。

#煮物
茄子オランダ煮 茄子 海老そぼろ餡掛け 隠元 木の芽
IMG_E5939
オランダ煮とは素揚げして煮込んだものです。
海老そぼろ餡掛けが高得点です。
この美味しさで丸茄子オランダ煮は顔色なしです。
このお店の板長の煮物はお上手です。
美味しいです。

#焼物
伊佐木柚庵焼き 芽生姜
ロースト 山葵 照り焼きソース

IMG_5940
これは平板です。
なんでしょう。
この料理だけは他の料理と比べて見劣りします。

#口直し
トマトのコンポート 白ワインゼリー
IMG_5941
トマトのコンポートは美味しさにブレがありません。
板長の自信作です。
とても美味しいです。

#揚物
ずわい蟹の天麩羅
小茄子 明日葉 青海苔とろろ

IMG_5942
ここも安全策ですか。
美味しいに美味しいのですがもう少しチャレンジして欲しかったです。

IMG_5943
勿論の論、塩でいただきました。

#ご飯
冷やし蕎麦 薬味
IMG_5944

IMG_5945
これは内作ではなく買い入れ品です。
出すのが遅かったのか蕎麦の水切りが悪かったのか蕎麦が水っぽいですね。
これは珍しいです。
上手の手から水が漏るではありませんが、那辺はきちんと押さえて欲しかったものです。

#デザート
青りんごの炭酸ゼリー
ミルクゼリー シャインマスカット

IMG_5946
炭酸ゼリーは流行り始めていますがこれはチャレンジしています。
味も120点です。
締めが良いので全て「良し」です。
来年も食べに来ますしょう!

それでは(^_-)

赤沢温泉郷 レストラン綺羅 リターンズ

今日は「2018年熱海・伊豆旅行 中編」です
「カフェレストラン・オー・ミラド―」さんで食事を済ませんた私たちは念願の「MOA美術館」の見学とあいなりました。
「MOA美術館」とは静岡県熱海市の高台にある美術館です。
世界救世教・教祖の岡田茂吉(882年〜1955年)が創立者で、彼のコレクションを基盤に、国宝3件、重要文化財66件(2016年現在)重要美術品46件を含む約3500件を所蔵しています。
その内容は、絵画・書跡・工芸・彫刻等、日本・中国をはじめ東洋美術の各分野にわたり、美術的にも、研究的にも大きな魅力と価値のある作品によって構成されています。
IMG_8752
メインロビーからは、初島や伊豆大島、房総半島から三浦半島、伊豆半島まで180度の大パノラマを眺望できるというナイスな美術館なのです。

それでは皆様を「MOA美術館」に誘います。
パチリ主体ですが、極上の美術品をお楽しみください。

#黄金の茶室
IMG_8750

05kincha2-1024x683
天正14年(1586)正月、豊臣秀吉が時の天皇、正親町天皇に茶を献じるために、京都御所内の小御所に組立式の黄金の茶室を運びこみ、黄金の道具を用いて茶会を行ったという史実に基づいて復元制作したものです。
秀吉は、この黄金の茶室を、天正15年の北野茶会に用い、天正20年には朝鮮出兵のため肥前名護屋に出陣した折、大阪より運ばせ茶の湯を行ったことが知られ、大阪城落城とともに消滅したと考えられています。
黄金の世とも呼ばれた絢爛豪華さと、閑寂な侘数寄という対照的な諸相を見せる桃山時代の美意識を堪能できます。

#吉田博木版画展
訪れた時は「吉田博展」が開かれておりました。
結論を先に申しますと、この人は天才です。
天才たる所以はその他に類を見ない摺数です。
平均して30回以上、多いもので70回を超え、「陽明門」では96回の重ね摺を施し、精緻で写実的な表現を実現しています。彼の作品は心に訴える何かを確かに持っています。
じっと目を凝らして作品を見入っていますと、あたかも自らがこの描かれた場所のどこかにいるような気分にさせられます。
これははるばる熱海まで出向いていく価値があります。
それでは私の気にいった作品のパチリをご紹介します。
IMG_8754

IMG_8755

IMG_8758

IMG_8759

IMG_8761

IMG_8763

IMG_8764

IMG_8768

IMG_8769

IMG_8770

IMG_8775
ちなみにこの作品はダイアナ妃が自ら求め、ケンジントン宮殿の執務室に飾っていた「光る海」です。
陽が傾く頃の水面の白いきらめきを巧みに表しています。
この版画を見ていますととけだるい太陽に照らされた船、そしてその中にいる人の話し声が聞こえてくるような気がします。

IMG_8760
「見当をつける」という言葉、普段の生活のなかで使いますよね。
だいたいこんな感じだろう?
みたいな予測をたてるという意味ですよね。
これ、実は版画=浮世絵の用語なのです。
色を摺るとき、ぴったりと同じ位置に和紙を置くためになにかしらの目安が必要になります。
従いまして、この白い矢印が「見当をつける」の「見当」なのです。

IMG_8778

IMG_8784

IMG_8783

IMG_8785

IMG_8786

IMG_8787

IMG_8790

IMG_8791
ということで初島に向かう一筋の船の白い軌跡を見ながら元来た道を戻り、次の目的地に向かいました。

IMG_8792

IMG_8795

IMG_8796

IMG_8797
着いた伊豆高原駅は台風の近づきを表すような明と暗の雲が入れ替わりながら流れていました。
赤沢温泉郷に到着しました。

#プールでダバダ
IMG_8799

IMG_5086
今回の旅行も私は泳ぎに来たのです。
本当は熱海のサンビーチで泳ぎたかったのですが、溺れる恐れはないのに、奥様が溺れるかもしれないということで、今年もプールでのスィミングです。
去年までは200Mを泳いでいましたので今年も8往復(25M×8回=200M)をトライしたのですが、隣のレーンで泳いでいた外国の方と速さを競ったので、なん何と1回でバテテしまいました。
少し息を整えてから泳ぎを再開したのですが、動悸がきつくて動悸がきつくて、しまいには光速の餅つき機みたいな鼓動になりました。
それでも何とか8往復したのですが、最後は力尽きてプールから上がれずで、こけてしまい体をプールのコンクリートの縁にしたたかに打ちつけてしまいました。
それからしばらくして打撲したいたるところが黄変して、その衝撃のすごさを物語っていました。
体力の衰えを感じるのは寂しいものです・・・

それではお待ちかねのショウタイムです。
今日の食事は赤沢温泉郷内にある「レストラン綺羅」さんです。

住所: 静岡県伊東市赤沢字浮山163-1
電話番号:0557-53-5555
定休日:赤沢温泉郷の定休日に準ずる

IMG_8816

IMG_8815
お店の外観です。

IMG_8808
店内の雰囲気です。

IMG_8802 (2)
メニューです。

IMG_8803

IMG_8804
それではお楽しみの夕食の始まりです。
まずは「お疲れさまですビール」で乾杯です。

先付
翡翠茄すり流し 蟹身 順才 卸し生姜 鰈の煮凝り 山桃の赤ワイン煮 水蛸の木の芽和え 穴子寿司子
IMG_8805
先付は全て美味しいです。
個人的には、水蛸の木の芽が一番のお気に入りです。
まさに海からの贈り物をいただいている感じです。
程よい焼き加減から醸し出される口内感触が最高でした。

造り
近海鮮魚(鰆、鮪、目鯛)の盛りあわせ あしらい一式
IMG_8806

IMG_8807
伊豆のレストランですので全てが新鮮で美味しいです。
個人的には、鰆に清き一票を投じます。

汁物
とうもろこしすり流し 黒むつ 車海老 白茄子 柚子
IMG_8809
とうもろこし好きはこの汁物には皆ノックアウトされるでしょう。
とうもろこしの椀物とはこの発案がすごいです。
奥様は、中に潜んでいた黒むつにノックアウトされていました。

煮物
丸茄子オランダ煮 豚バラあっさり煮 かも字菊 糸唐辛子
IMG_8811
オランダ煮とは素揚げして煮込んだものです。
豚ばらがとても食べやすくて且つ美味しかったです。

焼物
鱸のバターソテー アスパラガス 生雲丹 帆立炙り 浅つきのソースディル
IMG_8813
鱸は焼き加減最高です。
塩の振り方も最高です。
バターの香りが食欲をそそります。
今までのところこれが今日一だと思います。
帆立の炙りも秀逸ですが、鱸のバターソテーにはかないません。

牛サーロインスのソテー 照り焼きソース
IMG_8812
これはあらかじめ味が分ってしまい特段のサプライズはありませんでした。
普通のところでいただけば充分に美味しいのでしょう。

口直し
ベリートマトのコンポート
IMG_8814
トマトの甘さにノックアウトです。
口直しのレベルではありません。
美味しいの一言です。

揚物
伊佐木アーモンド揚げ 南瓜 青唐辛子
IMG_8818
ここで揚物は少し食傷気味です。
伊佐木にアーモンドは少しカニバッテいる感じがしました。

ご飯
青しそ蕎麦 薬味
IMG_8820
清涼感溢れた青しそ蕎麦は絶品です。
つけ汁も結構でした。
美味しいです。

お替りの蕎麦
IMG_8821
二枚目の蕎麦もそのパフォーマンス変わらずで美味しいです。
これまた美味しく頂きました。

デザート
桃ゼリー 生クリーム 巨峰
IMG_8822
ここで洋風テーストですか、サプライズです。
巨峰は絶ウマです。

以上で二人のお楽しみは終わりです。
去年、一昨年、と比べては失礼ですが、今年は格段の美味しさです。
スタッフに聞きましたら、板長は変わらずとの事です。
すごく自己研鑽されたのでしょうね。
美味しい料理をありがとうございました。
来年も美味しい料理を食べに来ますから、今年よりさら〜に美味しい料理を供してください。

それでは(^_-)

続 赤沢温泉郷 レストラン綺羅

今日は「2017年伊豆の旅 後編」です。
伊豆高原駅に参りました。
IMG_2046

digest2
ここからは赤沢温泉郷の送迎バスでホテルまでむかいます。
ホテルに着くやいなや私は着替えてプールに直行しました。

#去年のリベンジ
08d5407f-s
去年はこのプールで100Mしか泳げず、私の悔し涙でプールの水嵩を増やしました。
ところがこれは間違いだったのです。
去年、プールの監視員の方からは、片側25Mプールと聞いたのですが、どう見ても25Mプールには見えず、為念、今年のプールの監視員に聞きましたら片側50Mプールとの事です。
という事は、去年は200M泳いだことになります。
これに気を良くした私は、5往復しましたので、今年は250M泳ぎました。
去年より50Mオーバーです。
リベンジができました。
プールも慣れると海よりも良いですね(笑)

#夕方のお風呂
onsenkan_imgmain

digest1 (2)

digest1
プールで泳いだので身体はキレイなのですが、風呂は別物です。
早速、部屋でくつろいでいた奥様を伴ってお風呂にいきました。

IMG_2016

IMG_2018

IMG_2019
ここの温泉はパノラマの露天風呂がウリです。
この画像は風呂からのものではありませんが眼下にはこのような景色が広がります。

#レストラン綺羅
お楽しみの夕食です。
今年はなにやら期待がもてそうです。
理由は簡単です。
ホールスタッフの動きがキビキビしているからです。
このように眼が生き生きしたホールスタッフがいるレストランで不味いものをだされたことがありません。

IMG_2040
店内の雰囲気です。

IMG_2036
窓辺から見えた綺麗な夕焼けです。

IMG_2021
メニューです。

IMG_2025
まずはお疲れさまです乾杯です。

先付
IMG_2026
先付の内容は、トマトのガスパッチョ冷製スープ、コンソメゼリー、白ずいき含ませ煮、とんぶり、丘ひじき、抹茶の魚素麺、蟹の棒寿司、だだ茶豆、富士山サーモンの味噌漬け、酢取り茗荷です。
盛り付けがキレイです。
みな美味しかったのですが、白ずいき含ませ煮、とんぶり、丘ひじきが美味しいです。
トマトのガスパッチョ冷製スープも美味しいです。

造り
IMG_2027
先付の内容は、赤沢近海の盛り合わせ あしらい一式です。
刺身はすべて美味しいですね。

IMG_2030
特筆すべきはサザエです。
これだけ美味しいサザエをいただいたのは久々であります。

煮物
IMG_2031
煮物の内容は、茶わん蒸し 若鶏、百合根、銀杏、椎茸、三つ葉です。
これはブレのない味です。

強肴(しいざかな)
IMG_2032
強肴の内容は、金目鯛の煮付 冬瓜(とうがん)、隠元、針生姜、木の芽です。
地元で獲れた金目鯛です。
色が鮮やかです。

IMG_2033
味ですか、身が柔らかく、特に皮の直下にある脂身が絶妙な味です。
これは極楽の味わいです。
美味しいです。

ご飯
IMG_2034
私は駿河御飯、赤出汁、京漬物です。
駿河御飯は美味しすぎます。
海に囲まれた国に生まれた幸せを感じました。

IMG_2035
奥様は冷やし蕎麦、薬味です。
美味しいのは美味しいのですよ。
しか〜し、私の駿河御飯と比べたら失礼ですが格がちがいます。

デザート
IMG_2039
デザートの内容は、小玉西瓜、水羊羹です。
これまた日本に生まれて良かったと思わせる和のデザートです。
美味しいです。

#日の出と共に朝風呂
IMG_2048

IMG_2043

IMG_2044
朝もはやから二人で朝風呂です。
朝日を浴びながらのお風呂は体がシャキッとします。

#赤沢スパ
IMG_2070

IMG_2076

IMG_2072

IMG_2074

IMG_2075

IMG_2107

18403323_1271938969591916_1309065208910573489_n
朝風呂を入り、美味しい朝食をとりしばらくTVをみながらくつろいだ後は赤沢スパです。
ここは奥様の希望です。
私はこの海洋深層水プールではひたすら仰向けになってぼーっとして水に浮かんでいました。
下から吹き上がってくる適度な泡が全身を刺激し、心身ともにリラックスします。

658fcdf5-s

10303435

spa05
今年から料金を値上げした分のサービスで、ヒーリングドーム(高濃度酵素とアロマに満たされた癒しのドーム)、タラソハマム(中低温サウナ内での天然ミネラル粘土パック)、ソルトピット(塩レンガと塩水によって塩の結晶が発生した低温空間)が楽しめるようになりました。タラソハマムでの天然ミネラル粘土パックは美肌になりました。

#赤沢亭
赤沢スパでリフレッシュした私たちは昼食を取りに赤沢亭に構内移動車で出向きました。
居酒屋と聞いていたのですが、かなりサレオツなお店です。

IMG_2078

IMG_2079
お店の外観です。

IMG_2082

IMG_2088

IMG_2084

IMG_2089
店内の雰囲気です。

今日のランチです。
IMG_2091
奥様は「すし御膳」@1,800円です。
「すし御膳」の内容は、地魚寿司、季節八寸、冷やしたぬき蕎麦、茶わん蒸し、水菓子です。

IMG_2099
私は「赤沢ヘルシー蕎麦」@1,080円です。
「ヘルシー蕎麦」の内容は、納豆、オクラ、山芋、胡瓜、なめこ、茗荷、トマトです。

IMG_2092

IMG_2093

IMG_2094
まずは、奥様の「すし御膳」はちょこちょこと和の味わいを楽しむ懐石膳です。
全てに安定感があり美味しいです。

IMG_2096

IMG_2098
私の「ヘルシー蕎麦」は、見た目より数倍美味しいすぐれ蕎麦です。
ご機嫌な味でした。

IMG_2100
別腹で「白玉ぜんざい」@432円を頼みました。
甘さ控え目で美味しいです。
二人とも和の優しさに包まれて夢心地であります。

#食後のお風呂
IMG_2103

IMG_2102
えっ、食後に昼風呂ですか・・・
海洋深層水プールは海水でしたので奥様は、シャワーでは完璧には洗い流せない、と言っております。
さもありなんです。
これまたお付き合いしました。
昨日から何回お風呂に入っているのでせうか(笑)
たまには良いでしょう。

IMG_2106

IMG_2108

IMG_2105
伊豆高原駅から踊り子号に乗り込みましたら、奥様は湯疲れか、即、白河夜船と相成りました。
めずらしくまったりとしたバカンスとなりました・・・

それでは(^_-)

赤沢温泉郷 レストラン沙羅

今日は「Happiness 伊豆 here voI.3」です。
あまり評判がよくない私の「旅行記」ですが気にせず投稿します。
今回は「夏の伊豆でとことん泳ごうぜ」という企画です。
第三編であります。

#まずは朝ご飯
IMG_5140

di2
昨日の作り置きの冷たい料理の恨みを熱い温泉ですっきりと流した翌朝は健やかな目覚めでした。
お腹もすきましたのでレストラン「沙羅」さんに行きました。
ここの朝食バイキングは和洋50種類以上のメニューが並びます。
新鮮な干物や旬の素材をふんだんに使い、上品に仕上げたお総菜や焼きたての干物などの和食、毎日ホテルで焼いているデニッシュパンや、朝の目覚めにやさしいスープなどの洋食があります。
デザートには瑞々しいフルーツのほか、美味しいケーキがふんだんに食べられます。
江戸の敵を長崎で討つ、ではありませんがこの朝食はご機嫌です。
すべて美味しいのです。

IMG_5136
ちなみにこれが私のプレートです。
IMG_5137
二人のプレートを並べるとこんな感じです。
私は洋食派で奥様は和食派です。

IMG_5138
特筆するのは、伊東にある浜源商店さんの「鯵の干物」です。
これはもしかしたら、私が伊豆高原一押しの「山幸ひもの店」さんより美味しいかもしれません。

IMG_5135

IMG_5160 (1)

IMG_5161
海辺を見ればもうスキューバダイビングをやっている人がいます。
ご苦労様です。

#スパを颯爽と歩く
d6

IMG_5131

IMG_5094

IMG_5150

IMG_5153

IMG_5156

IMG_5159

spa4
本日の奥様の希望は海洋深層水「赤沢スパ」でウォーキングする事です。
深海を循環する海洋深層水にはミネラルをはじめ、自然の恵みがたっぷり入っています。
海洋深層水100%のプールは細胞のひとつひとつまでをリフレッシュしてくれるそうです。
奥様は小一時間ひたすら歩いてプールをラウンドトリップしていました。
私は泡のマッサージをず〜っと体中にあてて天国に昇ったような気分になっていました。
ここはまさにパラダイスです。
朝からご機嫌です。

それでは(^_-)

赤沢温泉郷 レストラン綺羅

今日は「Happiness 伊豆 here voI.2」です。
あまり評判がよくない私の「旅行記」ですが気にせず投稿します。
今回は「夏の伊豆でとことん泳ごうぜ」という企画です。
第二編であります。
IMG_5085
ホテルに着きました。
今回のホテルはDHC赤沢温泉郷内にある赤沢温泉ホテルです。
まずはホテルの説明文を紹介します。
「赤沢温泉ホテルは、ご家族、お友達とお過ごしいただく大切な時間を温かく心地よく演出 するリゾートホテルです。 とっておきの伊豆のリゾート地、赤沢の豊かな自然が与えてくれる至福のリフレッシュタイムをぜひお楽しみください。」
IMG_5126
で〜も奥様からは、ただ泳ぎたい為に伊豆まできたのでしょう・・・
と冷たいお言葉をいただきましたが、まさにその通りです。
map_cart

IMG_5127

IMG_5129

IMG_5133
この施設は遊ぶところ一杯ありかなり気にいっています。

#とことん泳ごうぜ
IMG_5099
という事でチェックインしてすぐにプールに行きました。
ここは施設間の移動はバスを都度呼んで移動します。

最初はチャポチャポと浮かんでいましたが満を持して記録会です。
奥様はプールサイドで見ているだけです。
IMG_5086
為念、プールの長さの確認です。
プールスタッフに、50Mプールですよね、と聞きましたら、25Mプールで〜す。
短いですか?と予想だにしないお言葉をいただきました。
それでは継泳です。
泳ぎはクロールです。
長距離はクロールでしか泳げません。
まずは25Mですが余裕のよっちゃんです。
そして折り返すと体が重くなりました。
さら〜に50Mを折り返したら右の二の腕当たりに筋肉痛が・・・
すこし速度を落として75Mです。
駄目です、半分くらい溺れてきました。
ここで水死か、根性をいれて75Mを折り返しました。
なんだか頭がくらくらしてきましたら死んだ母親が目の前にでてきて、いい歳してバカな事しなさんな、と怒っています。実はこの時点でかなり水を飲んでいて、今度は半分ではなくほとんど溺れていました。
気合で頭をもたげると残り15Mでした。
よしここから気合だといって、息を止めて、全身全霊の力を込めて、手をかきます、足を蹴ります。
最後の方でまた大量の水を飲んだのでお陀仏かと思っていたら、慣性の法則でプールの端にたどり着きました。
何とか生きているようです。
その証拠に荒い息をしていますので。
ななんていうことでしょうか、たった4本でギブアップです。
昔80本を普通に泳いでいたなんて今の状態では想像すらできません。
私が大量に水を飲んだのでプールの水嵩が少しへったような・・・
キメました、来年また来てリベンジです。

#レストラン綺羅
IMG_5090
泳いだ後は奥様がDHCで化粧品を買いたいというのでお付き合いをして本日のメインイベントの夕食です。
今日のお店は「レストラン綺羅」さんです。

IMG_5083
窓際の席でしたので広大な太平洋が眼下に広がります。
激しく降っていた雨も上がってきました。
明日は雨が落ちないようです。

IMG_5101
メニューです。

まずは「お疲れ様ビール」です。
IMG_5108
私は「キリンフリー」です。
奥様は「ヴァイツエン(フルーテイビール)です。

先付けです。
IMG_5109
青菜のお浸し、太刀魚寿司、酢橘、枝豆豆腐、煎り胡桃、くこの実、割醤油、鱧八幡巻き、蓮根煎餅です。

IMG_5111
造りは、鰆(さわら)、鮪(まぐろ)、鱸(すずき)、です。
味ですか、先付はこんなものでしょう。
特段のサプライズはありませんでした。
造りは鮮度がありませんね。
特に鱸はエッジが落ちていて生っぽかったです。
刺身だなぁと感じたのは鮪くらいです。

汁物です。
IMG_5112
小鯛ひきしお焼き、ヤングコーン、ズッキーニ、木の芽、です。
これは美味しいですね。
ズッキーニの食感に魅了されました。

煮物
IMG_5113
枝豆饅頭(魚のすり身)、小倉、小茄子オランダ煮、銀餡、木の芽、です。
これは可もなく不可もなくです。
小茄子オランダ煮はふんわりと炊けていて美味しいです。

焼物
IMG_5115
かます塩やき、酢橘、芽生姜、ミデイァムトマト、海老とうもろこし揚げ、です。
焼物は全部作り置きです。
美味しい不味い以前の話です。
加熱したらできるだけ早く食べさせる。
できるだけつくり置きせず、必要量だけを調理することが調理現場の基本ではありませんか。
高級リゾートホテルでしょう。
DHCを冠している高級リゾートホテルですので、そのお名前が泣きますよ。

煮物
IMG_5119
ホワイトアスパラの茶わん蒸し、海老、百合根、占地(しめじ)、柚子、です。
茶わん蒸しも冷めています。
茶わん無視しようかなと思いましたが残すのも失礼ですので一応食べました。
しか〜し煮物もぬるいなんて、調理人の矜持みたいなものはないのですかね(笑)

止肴
IMG_5122

IMG_5124
鰈(かれい)龍飛巻き、蛇籠胡瓜、茗荷 加減酢
ご飯、京漬物、赤出汁、西京焼き、です。
西京焼きは冷たくなっています。
いつご臨終されたのでしょうか。ご成仏ください。

IMG_5120

IMG_5121
この、鰈(かれい)龍飛巻き、蛇籠胡瓜、茗荷 加減酢が美味しかったですね。
かなりのレベルだと思います
ここの板長はそれなりの腕があるのでしょうね。
多分DHCの上の方から、夕食時の混雑回避要請があり、致し方なく作り置きという板前としてやってはいけないことに手を染めて忸怩たる思いで板場に立っているのでしょう。
伊豆の人に悪い人はいませんから・・・

デザート
IMG_5125
白桃ゼリー、巨砲、チーズケーキ、ミント、です。
これは見た目とおりの平板の味です。
総じて趣ある品々でしたが冷めたら台無しです。
残念な夕餉でした。
この恨みは熱い温泉ですっきりと流しましょう・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ