下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

リアル

続 石神井公園 リアル

今日は「グッバイ筋肉営業」です。
現有戦力が今まで以上に力を出すしか日本経済が伸びる道はない。
といって無軌道に働き続ければ、貴重な働き手にダメージを与える。時間の使い方を変えれば生産性は上がる。こなすべき仕事にどう取り組むか。
働き手の判断ひとつだ。
サイバーエージェントの山内隆裕取締役(33)は時間を気にせずバリバリ働く新人時代を過ごし「筋肉営業」とやゆされた。今は平日午後8時に帰る。
子会社社長も兼務する慌ただしい日々で、「1時間あたりの価値の最大化」を意識する。
60分の会議は50分に短縮。浮いた時間で社員と意見を交わし、企画を練る。定例会議はやめた。
昼食も打ち合わせに使う。
子育て中の女性や束縛を嫌う技術者も、会社にいる時間は短いほうが力が出る。そう考えた。

楽天を辞めフリーで働く日下朋子さん(36)。市場調査や広報支援など常時5つほどの仕事をこなす。
ベンチャー経営者とは二人三脚で事業開発を進める。
さぞモーレツな働きと思いきや、1日を仕事、遊び、勉強、睡眠に分け、働く時間は「6時間」に限定。
2年前の病気が転機になった。
基本原則がある。1つは働く場所を選ばない。
東京の自宅、福島の実家、貸しオフィスを活用する。
2つ目は得意な仕事だけやる。苦手な作業は他人に任せる。
3つ目は1日1分でも前進する。「毎日がオーディション。1回のメールや提出物に魂を込める」。
収入は正社員時代と比べても満足のいく水準という。

2人の共通点は、時間を自分の判断で使うところだ。働く時間を抑えても成果は落とさない。
安倍晋三首相(62)は働き方改革を巡り「モーレツ社員の考え方が否定される日本にしたい」と宣言した。
長時間働きづめは時代遅れだが、成果が出なくては元も子もない
日本経済新聞「働く力再興 第2部」より転載

11255117_1434998056810179_1816204080_n
筋肉営業からの決別ですか、熱意と汗に勝るものはないというふうに育てられた体育会営業を出自とする者からすると寂しい限りです。
最近、会議でも報告会みたいな会議はよそう、と言い続けてきて会議の内容を変えようと努力していますが、やはり永年に亘ってそのような体質が染み付いてしまうと一朝一夕には変えられず、言うは易く行うは難し、であると痛感しています。
新規営業もそうです、教科書では「人と違う事をやる事」と書かれています。
しか〜し人と違っていても、儲からないのでは意味がありません。
正しくは、人と違った儲かる事をやりなさい、という事になりますが、「儲かるいい事」だとすぐにわかる事だったら、とっくに別の誰かが思いついているはずです。
あるいは、まだ誰も思いついていなかったとしても、すぐに「いい事」とわかることだったら、みんながその事業に参加して追いつかれてしまいます。
所謂バンドワゴン効果(流行で人気になった商品があると、 多くの人がそれを買い求めるようになるという事)です。これに便乗する事は、マーケティングでいうフォロワーの戦略、即ち先発企業の戦略を模倣して市場での地位を維持していく事になりますので儲かりません。
経験的に「いい」と思われることは皆がやりますので、結局、競合になってしまい、ますます厳しい状況になります。皆が「いい」と思う事などやる必要はなくて「そんなのだめだろう」と思うような事に意味があるのです。
要は、業界の常識から逸脱しても、市場ニーズに応えるためには、積極的に踏み込み、当事者意識と信念を持って仕事をすることです。

49b36177e63ca7e7335e9e07aeba515f

img_17d3cc105697c737f3145f7d9eb8961e51513
私の尊敬するUSJマーケティング本部長の森岡毅さんとかネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEO高岡浩三さんがこれの実践者であります。
よく新入社員にいいますが、熱心としつこいのは違う、と同様に、挑戦と無謀は違いますので、那辺にはご注意ください。


やらせじゃなければスゴイ!



IMG_6070
今日は私の大好きな「辰巳軒」で食事をしようと石神井公園に出向きましたら臨時休業でした。
お休みでは仕方ないのでお店を変えました。
今日のお店は居酒屋風インド料理の「リアル」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-19-12 大野壱番館 1F
電話:03-3904-6511
定休日:無休

IMG_6073
お店の外観です。

IMG_6077

IMG_6079
店内の雰囲気です。

IMG_6081

IMG_6076
メニューです。

今日のオーダー「ダルチキンカレー&ガーリックナン」@850+@320=1,200円です。
IMG_6082
待つこと8分で「ダルチキンカレー&ガーリックナン」の到着です。
なんですかこのマッシブさはテニスのラケットみたいです。
それでは気を取り直して実食です。

IMG_6084
まずは「ダルチキンカレー」です。
豆好きなのです。
このルーは辛さもいいし、豆もほっこり炊けていますし、私の好きな味わいです。

IMG_6083
ガーックナンはナンだけに難がありません。
刻みガーリックの香りが食欲をそそります。
これまた美味しです。
高カロリーをものともせず無我夢中でいただきました。
大満足の夕餉でした。
しか〜し次の日に体重計に乗ったら1堊えていました。
これがいわゆる後ナン(難)であります。

それでは(^_-)

石神井公園 リアル

今日は「食べ合わせ」です。
今は比較的に余裕ある暮らしをさせていただいておりますが、小さい頃は貧乏でした。
子供の時の唯一無二のご馳走といえば「鰻」です。
往時も高価でしたが今ほどではありませんでした。
それでも食卓に上がるのは限られていました。
下町の家庭でしたので土用の丑の日にはかならず鰻はいただきましたが、それ以外にはあと数回位だったかのように記憶しています。当時は高価な鰻の代わりに廉価な穴子を食べていたのだと思います。
小学校低学年の頃に鰻を食べたい時には、母親に塩むすびを作ってもらい、アクタレ同級生と鰻屋さんの軒下で、鰻を焼く匂いをおかずにして、くだんのおむすびを食べた事もありました。これ以外に美味しいのですよ(笑)

それから幾星霜、今でも鰻は好きです。
07_27_1r
奥様も次男も鰻が好きですので、かなりの頻度で現在は鰻をいただいています。
ある日、奥様が朝食に鰻を出すときに、△△さん、夏バテ予防のために梅干しも食べてね、と言ったのです、ちょっと待ってよ。鰻と梅干って食べ合わせが悪いじゃん、と言いましたら、そんなの迷信よ、と一顧だにしませんでした。
そこでこの迷信を調べてみました。
結論としては、梅干は胃酸を濃くして、うなぎの油分の消化を助けるので好ましいそうです。
従いまして食べ合わせの言い伝えには、医学的な根拠はないみたいです。
どうやらこの迷信の背景は、鰻が腐っていたら、酸味がでますよね。もし腐った鰻と梅干しを一緒に食べると、梅の酸味のせいで、鰻が腐っていることが判らないためみたいのようです。
それ以外にも「天麩羅と西瓜」、「蟹と柿」、「心太と生卵」とかがあるみたいですが、体調によるのではと思うところであります。最後の「心太と生卵」の食合わせは、その食合わせそのものが存在しないと断じます、ハイ。


お試しあれ!



今日は雨に煙る石神井公園に出没です。
IMG_4621
美味しいカレー屋さんがあるとのことからお訪(とな)いを入れました。
今日のお店は「リアル」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-19-12 大野壱番館 1F
電話:03-3904-6511
定休日:無休

IMG_4612
お店の外観です。

IMG_4616
店内の雰囲気です。

IMG_4613

IMG_4615
メニューです。

今日のオーダー「ダルフライ&チーズナン」@690+@450=1,140円です。
薄暗い店内のTVから今日のニュースが流れています。
小糠雨に煙る歩道を硝子越に眺めていたら、耳障りな暴言が聞こえてきました。
その声の主の方に視線を落としますと、そこには白いフレームの眼鏡をかけた中学生の姿が目に入ってきました。
目の前に座っている母親に、そこまでいうな、とか、余計なお世話だ、みたいなささくれた言葉を吐きまくっています。
昔の下町なら問答無用と周囲(まわり)にいる頑固親爺から張り倒されていたので、その例に倣って張り倒そうかと思って椅子から腰を浮かせたのです。
しか〜しまかり間違えば「傷害罪」になりますので止めました。
最近、人間が練れてきたみたいです。
で〜もねぇ、であります。

待つこと12分で「ダルフライ&チーズナン」の到着です。
IMG_4617
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_4618
チーズナンはバカウマです。
ここのチーズナンはチーズが濃厚です。
焼き加減も最高です。
美味しいですね。

ダルフライは私の好きなカレーです。
IMG_4619
ダル(豆)のカレーが一番カレーの味が分るような気がするからです。
ここのダルフライはカレーの味が複雑です。
ルーの中にはピーマンの千切りが入っていてそれが苦味と食感に複雑さを加えているようです。
ルーも美味しいです。
満足なカレーでした。
五月蠅い中学生もお腹がくちてきたのか、母親への攻撃がアイホンに変じていました。
雨も小降りになってきました。
帰りますか・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ