下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ラーメン大

練馬 ラーメン「大」 4TH

今日は「パンカツを作ろう!」
パンカツ
この間三宅裕司さんの「ふるさと探訪」を斜め見していましたら、八王子がパンカツのオリジンだったというフィーチャーがありました。
これにはのけ反ってしまったのでした。
日本パンカツ協会のキーパーソンの加藤さんによりますと、実は「パンカツ」は八王子全域ではなくて、このあたり(横山町・八幡八雲神社周辺)の文化なんです。
ここは戦後いわゆる闇市があったところで、せめてカツの気分だけでも味わいたいという人に出していた食べ物でした。屋台では結構な人気だったようです、との事でした。
ちょっと待ったであります。
かの有名な下町を代表する国民的作家である池波正太郎先生は、パンカツを含めた「どんどん焼き」は下町のソウルフードであると先生の小説の中で数多く紹介しております。
従いましてパンカツのオリジンは八王子ではありません。
我が下町なのであります。
ちなみに「どんどん焼き」というのはお好み焼きの路上販売品です。
いまのお好み焼きように、何でも彼でもメリケン粉の中へまぜこんで焼き上げる、というような雑駁なものではありません。
ベースは、いうまでもなくメリケン粉を溶いて鶏卵と合わせたものです。
メリケン粉の中へ材料をまぜこむのは「牛てん」のみであります。
これは牛挽肉と日本葱を入れ、ざっくりとまぜ合わせて鉄板へながし、焼きあげてウスターソースで食べます。
イカやエビを焼くときは、かならず、メリケン粉をうまく小判型に鉄板へ敷き、その上へこれらの材料をのせ、さら〜に、上からメリケン粉をかけまわして両面を焼くのです。
牛てん、餅てん、やきそば、キャベツボール、カツレツ、オムレツ、パンカツ、お汁粉。
これらはみんな「どんどん焼き」のメニューです。
やきそばは、焼きそばと同じようなものなのですが、それ以外は名前を聞いただけでは勘違いしそうな代物ばかりです。
メリケン粉の上にパン粉がかかるとカツレツになります。
溶き卵を焼いたものをメリケン粉で包むとオムレツになります。
食パンの両面を鉄板で焼いたものにメリケン粉をかけて焼くとパンカツになります。
お汁粉は豆餅を焼き餡子をのせ、くるくると巻き上げたものを鋏で小さく切り、メリケン粉で容器を焼き上げ先の餅を入れて黒蜜をかけるというものです。
これらのものたいがいはウスターソースで食べています

パンカツって知らない人が多いと思いますので簡単に説明します。
と申しましても「百聞は一見に如かず」ですので、メシ通さんの「八王子が誇るC級グルメ『パンカツ』はもっとメジャーになっていい」から画像をお借りして展開します。
20170202133137 (2)
ごくふつうの食パン2枚と大量のラードが必要です。
食パンには溶いた小麦粉をつなぎにしてパン粉がまぶされています。
20170202133412 (2)
まずは十分に熱のとおった鉄板にラードをがっつり投入!
20170202133021 (2)

20170202133759 (2)
1分〜1分半ほどで片面がきつね色になった頃合いを見て、ひっくり返してもう片面を焼きます。
そしてこのとき、「追いラード」を投入する事を忘れずに!
20170202223818 (2)
焼き上がったパンにソースを回し掛けます。
20170202223959 (2)

20170202224105 (2)
このように切り分けて完成です。
如何ですか?
要は「疑似カツレツ」なのです。
肉はないのですが食べていますと間違いなく「カツレツ」に思えます。
私は今でも初めて「パンカツ」を食べた時の感動をいとも簡単に蘇らすことができるほど、その時の衝撃は言い尽くせないものであります。
たしか当時の値段で10円だったと記憶しております。
当時の下町の貧しい子供たちは「どんどん焼き」で高級総菜を食べた気になっていたのでした。

20170202133412 (2)
たまに家でこのパンカツを再現していただきますがどうしても昔の味がだせません。
今回この番組を見ていて氷解しました。
家で作るときはサラダオイルを使っていましたがこれでは往時のパンカツは再現できないのです。
日本パンカツ協会の加藤さんによりますと、パンカツにはラードが必須なのです。
そうじゃないと肉っぽい甘みとカラッとした食感が出ないんですね。
というようにこのジャンクの味の原点はラードだったのです。
こんど試してみましょう。
料理の楽しみがまた一つ増えました。


ここはドイツのボーフムという街。
ガチョウがマーチングの音楽に合わせて、行進しています。



IMG_1488 (2)
今日は練馬に出没です。
寒かったのでラーメンでも食べようとこのお店にお邪魔しました。
今日のお店は、ラーメン「大ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区豊玉北5-32-9 フォレストヒラキ1F
電話:非公開
定休日:無休

IMG_1489 (4)
お店の外観です。

IMG_1502
店内の雰囲気です。

IMG_1490 (2)
メニューです。

IMG_1492 (2)
調味料の面々です。

IMG_1494 (2)
今日のオーダー「半ラーメン+玉ネギ」@620+@50=670円です。
待つこと4分で「半ラーメン+玉ネギ」が到着しました。
今日のオプションは、ニンニク、紅ショウガ、玉ネギでした。

IMG_1497 (2)
今日の味変は唐辛子です。

IMG_1495 (2)

IMG_1498 (2)
見た目、人間の食べるものではありませんね(笑)
久々に訪れたのでトッピングの量がわからなかったのです。
それでは実食です。

IMG_1500 (3)
麺はいつも通りの荒縄麺であります。
美味しいです。
しか〜し、スープが紅ショウガの味が強すぎて酸っぱくなっています。
このようなオプションを頼んだ自らの不明を恥じるだけです。
玉ネギもツーマッチです。
なにを食べているのか分からなくなりました。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」の典型的な食べ物でした。
それでも完食はしたので由としておきますかOrz

それでは(^_-)

続 練馬 ラーメン大 練馬店

今日は「スカイレストラン」の話です。

「あの日にかえりたい」はユーミン人気を決定的にした6枚目のシングルです。TBS系ドラマ『家庭の秘密』主題歌。当初は別の詞が使われる予定でしたが、ドラマの内容にふさわしくないということですべて書き直されたといいます。その当初の詞はハイ・ファイ・セットの「スカイレストラン」として提供されているこの歌です。よって歌詞を入れ返して「あの日にかえりたい」を歌ってもOKなのです。
しかしこの歌詞すごいですね。
なつかしい電話の声に
出がけには髪を洗った
この店でさよならすること
わかっていたのに

もしここに彼女が来たって
席を立つつもりはないわ
誰よりもあなたのことは
知っているわたしでいたい
歌詞:荒井由美

愛の終わりが分かっていても髪を洗う女心・・・それなのに新しい彼女が来たら開き直るわよっていっているこの女性、怖すぎます。
別れ話にあえて新しい彼女を呼ぶような勇気ある男性は世の中に存在はしないでしょう。
しかしこの歌は名曲で私のmy favorite songの一つですが、聞くたびに恐ろしさで身の毛がよだち脇の下がジワッと濡れてきます。
やはりユーミンは非モテ女性のQueenか・・・
スカイレストランって結構行っています。
その中で札幌駅脇のセンチュリーロイヤルホテルのロンド ですが、回転展望台の回転が速すぎて、回転酔いします(笑)
なんでこんな設計にしたのか不思議です。一説には早く気分を悪くさせて、客の回転率をあげ為とか・・・気分はメリーゴーランドでしょうか、ハイ。

今日はニンニクこんもりラーメンが食べたくて「らーめん大 練馬店ラーメン」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都練馬区豊玉北5-32-9 フォレストヒラキ1F
電話:非公開
定休日:無休

ラーメン大21
お店の外観です。

ラーメン大22
店内の雰囲気です。今日の厨房スタッフは何か感じ悪そうです。席待ちしている間に、食券をすでに買っていたお客さんに対して、先に食券買ってから並んでください!って怒鳴っていました。そしてそのお客さんがすでに買ってある食券を見せますと、失礼しました、すみませんでした、の一言もいいません。
こういう方はどのようなお仕事についても駄目でしょう・・・多分

ラーメン大23
「カレーパウダー」です。このお店が好きな理由はカレーパウダーが死ぬほどかけられる事です・・・実はカレー好き

ラーメン大24
本日のオーダーは「ラーメン+野菜少し入れ+ニンニクちょい入れ+麺少なめ」@600です。最初のトラブルでへんな先入観がありましたが、まず最初に野菜が美味しくありません、前回は美味しかったのに。それと相変わらずスープが熱くありません。
チャーシューもパサリンコしていて今ひとつです。
チェーン店なので作る方によって、味が変異するのは仕方ないにしても、私にとってはかなり残念な練馬の夜でした。

それでは(^_-)

練馬 ラーメン大 練馬店

今日は「方言徒然」の話です。
京都の舞妓さんは短刀(ドス)を見せるとき「ドスどす」というのでしょうか?

むかし山手線の液晶パネルクイズで「けーけけけ」とは鹿児島弁でどんな意味?という問題がありました。答えは「貝を買っていきなさい」らしいです・・・
これはあまりポピュラーでないそうです、確かに貝を売っているお店って少ないですからね。「こけけ」-->「こっちに来い」はよく使われるとか。

大学の時、鹿児島出身の友人が同じく鹿児島の友達に「わいぼらびんた」っていっていていました。
意味が分からず聞いたところ「わい」(あなた)「ぼら」(魚の名ですが、この場合はお馬鹿な意味)「びんた」(頭)、要は「お前馬鹿だな」っていうことらしいです。

長崎での電車の中の会話「あいとっと」「とっとと」とは「この席空いていますか」「いえとってます」とのことです。これはわかりますね。

静岡では「のろま」は「しょろしょろしてる」とか。

富山では「正座する」を「ちんちんかく」というそうですが、今では死語です-->富山で確認しました。良く使われるのは「ちんちんかかれんか!」-->「正座しなさい!」だそうです。

東京では「あたぼうョ」-->「あたりめぇだべらぼうめ」は死語になりつつあります。

北海道で一番難解な地名は「花畔」-->「ばんなぐろ」だと信じでいます。

何か肩の力抜けていますね、たまにはこういうフリネタもいいでしょう?


今日は仕事帰りに酒抜きで真面目に夕飯を食べに行きました、でも23時ですが。
今日のお店は「らーめん大 練馬店ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区豊玉北5-32-9 フォレストヒラキ1F
:非公開
定休日:無休

ラーメン大1
お店の外観です。「ニンニク入れますか?」の惹句で有名なお店です。

ラーメン大2
お店の雰囲気です。気持ちよく店内パチリを許してくれました。

ラーメン大3
調味料の面々です、そうこのお店カレー粉がおいていました、エライ!
カレー粉好きな私は感動すら覚えました。

ラーメン大4
今日のオーダーは「ラーメン+野菜多め+ニンニクちょい入れ+魚粉」@600です。このお店二郎系かインスパイア系かは不明ですが、いずれにしてもその筋店です。
野菜多めにしたので、麺にたどり着くにはこの野菜の山を食べなければなりません。それでは食べ始めましょう。野菜は美味しいですね、この手の野菜に良く見られる臭みもなくスイスイと入ります。麺は太目の荒縄麺です、これは好きな麺ですね、固さもちょうどよく美味しいです。そしてスープです。熱くない、それにかなりoilyですね、oilyなためか味が薄く感じられます。仕方ないので卓上にあったカレー粉をガシガシかけます。すると意外とイケるじゃないですか、とても美味しいとはいえませんが、個人的には満足です。
コスパもいいし、店内も二郎系の様な妙な緊張感もなく結構でした。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ