下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ラーメン二郎池袋東口店

池袋 ラーメン二郎 5th

今日は「異物混入」です。
ファミレス - コピー
皆様ご承知のとおり、このブログは毎週土曜日の朝5時から夕方5時までに3話書き上げてその後走りに行き雑用をすませて夜の10時にはファミレスで夕食をとりながら4話目を書き始めているのです。
どうでしょうこのような生活を間違いなく7年以上は続けており、あらためて神経症の継続力というか持続力に刮目というか瞠目している次第であります。まさに「継続は力なり」を具現しております。

IMG_9685
今日も近隣のJナサンで遅い夕食をとりながら4話目の推敲をしていました。
そこに私が頼んだ「ほうれん草とベーコンのカルボナーラ」が運ばれてきました。さすがにお腹がすいたのでワシワシと食べていましたら、白地に青のラインが入った四角いビニール片が出現しました。
個人的にはこのような異物はまったく気にしません。
しか〜しこのファミレスの対応に興味がありましたので呼び鈴を押しました。
しばらくして女性のホールスタッフがきて、なにかご注文ですか、と聞きましたので、異物が入っていますよ、と言いましたら、事態がのみこめずしばらくしてから、大変失礼いたしました。今かわりのものをお作りします。作り直しのお時間を5分ほど頂いても宜しいでしょうか、と言って皿を撤収して厨房に駆け込んでいきました。
すでに三分の一程度食べ終えていましたので、また一から食べるのかと思い、正直ちょっとうんざりとした気分になりました。

IMG_9686
それから3分後にくだんの女性のホールスタッフがきまして、作り直しの間、これを食べて待っていていただけますでしょうか、と言って野菜サラダを置いていきました。
これまたうんざりした気分になりました。
まさにマニュアルの押しつけですよね。

IMG_9688
しかも先ほどの時フォークを持っていってますので、この洋風サラダを箸で食べなくてはならないというトホホの事態になりました。
個人的には甘味デザートの方が良かったのです。

それから3分後作り直しの「ほうれん草とベーコンのカルボナーラ」がきました。
今度のはかなり作り手の気合がはいっているのがわかりました。
なぜか画像は撮り忘れました。
今度の運び手のホールスタッフは男性です。
このたびは大変失礼いたしました、と悪びれた感じもなくマニュアル通りの対応でした。
急な他用を思い出したのでブログの推敲をやめて会計をすませたのですが、ここでも、大変失礼いたしました、とのお詫びがあっただけです。

どうなのでしょう。
心がこもっていないお詫びの言葉を除けばよくできたマニュアルだと思います。
個人的には作り直す際にどのような対応をして欲しいか聞いてほしかったものです。
仮に半分以上食べて気がついたら作り直しはno thank youです。
待ち時間の無聊を慰める野菜サラダもno thank youです。
当然のことながら注意喚起をしただけですので、作り直しを含めてどのような対応をしたらよいのか聞いていただけたら宜しかったのではないでしょうか。
それと謝りにくるのであればホールスタッフではなくて厨房若しくは店舗の責任者にしていただきたいものです。

もし私がこのお店の責任者でしたら、会計の際に1,000円程度の食事サービス券を渡したでしょう。
実は、私たちの心には、他人から一方的にモノをもらうと、自然とお返したいという気持ちが働くそうなのです。
これを「返報性の法則」といいます。
これを最大限に発揮するチャンスが到来しましたのでこれを利用しない手はありません。
もしかしたらこれが奏功して私がこのお店の上得意になったかもしれません。
さら〜に「今後このようなことがないようにしますので、これに懲りずまた当店にお越しください」も付け加えた方がよいでしょう。
個人的には推敲していた4話が来週のネタに変わったのでうれしく思っています。
正直にもうしますと、一日で4話をupするのは苦行になってきているのです。
それでもふりネタの質が落ちないようたゆまぬ努力をしております。


This funky music makes me feel so good



IMG_9659
今日はそぼ降る雨が重たい池袋に出没です。
こういう日はラーメンでしょう。
今日のお店は「ラーメン二郎ラーメン」 池袋東口店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-27-17
電話:03-3980-0210
定休日:月曜日

IMG_9660
お店の外観です。

IMG_9663
店内の雰囲気です。

IMG_9661
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン・半麺・麺堅・野菜・にんにく」700円です。
IMG_9665
なななんと待つこと3分で着丼です。

それでは実食です。
IMG_9666

IMG_9667
今日は前回の学習で卓上にあったカネシをほんの少しだけ加えました。
味が引き締まりました。
乳化はほぼほぼ満足です。
硬麺は私の好みです
豚は固めでしたがめずらしく脂身も固めでした。残念・・・
今日の二郎は今一です。
理由はスープが熱々でありません。
これがラーメン全体の喫水線を下げています。
前回が大満足でしたので残念です。
こんな日もあります、ハイ。

それでは(^_-)

池袋 ラーメン二郎 4th

今日は「火事・・・」です。
Image_of_Triangle_Shirtwaist_Factory_fire_on_March_25_-_1911
トライアングル・シャツウェスト工場火災は、1911年3月25日にニューヨーク市マンハッタンで発生した火災であり、町の歴史の中で死者数が最多の産業災害かつ、アメリカ史で死者数が最多の事故の1つである。
火災により縫製工146人(女性123人、男性23人)が 、火災や煙の吸引、または転落、飛び降りにより死亡した。
犠牲者の大半は16歳から23歳までの近年のユダヤ人・イタリア人の移民女性であった。
年齢がわかっている犠牲者のうち、最高齢の犠牲者はProvidenza Panno (43歳) であり、最年少はケイト・レオーネとサラ・ロザリア・マルチーズ(ともに14歳)であった。
所有者が階段吹き抜けや出口へのドアをロックしていた (労働者の無断休憩や盗難を防ぐための当時の一般的な方法)ため、燃える建物を脱出できなかった労働者の多くが8階、9階、10階から下方の通りへ飛び降りた。
この火災により工場の安全基準の改善を要求する法律が制定されたり、スウェットショップの労働者の労働条件を改善するために奮闘した国際婦人服労働組合の成長に拍車がかかったたりした。
工場はマンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジ地区のワシントン・プレイス23–29番地に位置するアッシュ・ビルディング(現在はブラウン・ビルディングやニューヨーク大学の一部として知られる)の中にあった。
この建物はアメリカ合衆国国定歴史建造物およびニューヨーク市指定歴史建造物に指定されている。
事故直後の文献では死者数は141人から148人となっているが、現代の文献の大半は火災による死者は146人(女性123人、男性23人)であるということで合意している。
犠牲者の死因の大半は焼死や窒息、鈍的外傷(飛び降り)か、これら3つの組み合わせであった。
最初に飛び降りた人は男性であり、それとは別の男性と若い女性が飛び降りて死亡する前に窓でキスしているところも見られた。
Wikipediaより転載

この悲惨な火事の記事は私の心を暗くし、まさに頭の中に墨汁を溶かしたような闇が急速に広がってきたのです。
特に最後のキスのくだりは人間の心の最も尊い部分を信じあってこのカップルは飛び降りたのでしょう。
多分このキスで天国での再会を約束したのでしょうね。
悲しいです・・・


日本でも似たような人災的火事が起こりました。
ご記憶もある方もおられようかと思いますが、ホテル・ニュージャパンの火事です。
簡単にこの火災の顛末を以下に記します。
この火事の責任者である横井英樹はとにかくケチで、目先の損得を優先にする経営者でありました。
1979年4月にホテル・ニュージャパンの経営権を握ると、従業員を大量に解雇、徹底的な合理化を進め、宿直従業員を減らしました。
出入り業者への支払いも常に遅れがちで、設備管理会社も契約解除を通告、同ホテルから撤退していたという有様だったそうです。
そのような状態であったため、火災当日はまともな初期消火ができず、警報ベルは鳴らず、非常放送もなく、避難誘導も皆無に等しかったそうです。ほとんどの宿泊客は寝ていたため、火事に気づくはずもなかったのです。
折しも異常乾燥注意報発令の中、火はあっという間に広がり、多くの宿泊客が取り残されたのです。
当日同ホテルに宿泊していたのは442人。うち9階と10階に泊まっていたのは103人で、この高層階の宿泊客から多くの犠牲者を出しました。
煙に巻き込まれ部屋や廊下で死亡した人のほかに、熱さに耐え切れずに飛び降りまたは転落して死亡した人が13人もいたのです。
窓から身を乗り出し助けを求めている宿泊客の影像を覚えている方もおられるのではないでしょうか。
天の王朝ブログ「ホテル・ニュージャパン火災2」より転載

ビートたけしさんは、火災当日にホテル・ニュージャパンに宿泊しようとしたがたまたま持ち合わせがなく、やむを得ず新宿に在住していた高田文夫さんに借金し、新宿プリンスホテルに宿泊したため難を逃れたそうです。
悲惨なのは窓枠にしがみつき炎の熱さを我慢してまさに九死に一生を得た方ですが、事故後体調をくずしてこの火災から数年の内に亡くなったそうです。その話を私に教えてくれた人の談では、多分ストレスによるものではなかったのかな、と言われていました。
せっかく奇跡的に助かったのに・・・
火事はこのように悲惨です。
まさに、マッチ一本火事の元、であります。
昨今ではマッチの存在というかその擦りかたを知らない子供もいるそうですが、就寝の際は火の元の確認をしてからお休みください。


IMG_8276
今日は真夏日の池袋に出没です。
暑い日に熱いもの食うべしであります。
ということで出向いたお店は、私のソウルフードを食せるお店です。
今日のお店は「ラーメン二郎ラーメン」 池袋東口店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-27-17
電話:03-3980-0210
定休日:月曜日

IMG_8268
お店の外観です。

IMG_8271
店内の雰囲気です。

IMG_8270
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン、ニンニク、野菜、麺堅、半麺」@700円です。
8ヶ月ぶりの再訪です。
ここのラーメンはカロリーが高いので極力行かないようにしているのですが、ついついその引力に引き寄せられてしまいます。
学生時代は一日2回も食べたことがありました。朝1限の授業が休講だったので遅めの朝食、午後からは麻雀をし続けていたのでお腹が空き総帥に出前(昔は2階の雀荘に限り出前をしていた)を頼んで早めの夕食という感じですか。それでも太らなかったのですが、新陳代謝がちがうのでしょうね

IMG_8272

IMG_8275

IMG_8274
待つこと10分で着丼です。
それでは実食です。
今日のカネシは程良い味わいでしたが物足りなさを感じたので、卓上にあったカネシをほんの少しだけ加えたら完璧な味になりました。この手があったのですね・・・
乳化はほぼほぼ満足です。
硬麺は私の好みです
豚は固めでしたが脂身はジューシーでした。
今日の二郎は美味しいです。
この5年間で最高の二郎でした。
太るのは嫌ですがたまには行きませう。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ