今日は会社でお仕事、というのも最終日体調不良でそそくさと退社した為です。
晦だというのに普段と変わらないな(笑)
昨日は病院に行って耳鳴りの治療です。

「アナス・ボリビス」ラテン語で「ひどい年」です。
この言葉は、1992年エリザベス英国女王が即位40周年の昼食会でいわれたもので、その年のエリザベス女王の不幸な出来事を全世界が知っていた為、その日のうちにこの言葉は地球を駆け巡りました。
私にとって今年はアナス・ボリビスかもしれません。
ここのところ痔に始まって、大腸炎、耳鳴りと病院通いが続いています。
お医者様がいわれるのには老化の前兆とのこと、若い若いと思っていても少しずつ人生のゴールに歩を進めているのでしょうね(悲)

大腸炎がぶり返したので、今日は可愛い食事です。
そしてその獲物は西武池袋百貨店地下、韓国家庭料理「ヨンヤン」のトック@630です。

このお店の惹句は以下の通りです。
【QOT】
Yong Young(英陽)とは韓国の地名で、この地域のヨンバンドという品種の唐辛子が最高級といわれています。
甘味とほのかの香りがありフルーツの様な味わいです。稀少価値の高い唐辛子とキムチを是非お試しください。
【UNQOT】

要は韓国式お雑煮ですかね。但しうるち米を使用しているので食感は大分ことなりますが。


味ですか。大腸炎には優しいほっくりとした味で美味しいです。
特に牛挽肉が淡白な味にアクセントと歯ごたえを当たえてくれてとても結構でした。
今年も残すところ後一日です。
来年は良い年になるかな(笑)

それでは(^_-)