今日は「非常識客に店員がキレるのはまずい?」です。
非常識客
せっかく外で食事を楽しんでいるのに、他の客の非常識な行動で気分をぶち壊しに。さらに店員のその迷惑客への対応にも疑問が残る場面に遭遇した質問を取り上げます。

「ファミレスで店員が客にキレてました。。。」

「ファミレスで食事をしていたら、4組の子連れ主婦が来店しました。テーブルに座るや、子どもは店を駆け回り、他のお客さんの料理を『ちょっと、ちょーだい』などと言いまわっているではありませんか。(中略)…店員がそのグループに注意に行ったら、主婦が逆ギレ。我慢できなくなった店員が『お前らに出す料理はない!迷惑だから出て行け!』と追い出しました。大変すっきりしたのですが、明らかに客が悪い場合でも店が客にキレてもいいの?」

質問者も店員の対応に溜飲を下げる思いをしていますし、その瞬間はよかったのかもしれません。ただし、

「私がその場にいたら拍手したかもしれませんが、社会人がキレていい場面なんかない。キレたら負けですからね」(ginga2さん)

「どんな場合でも、キレたら負け。(中略)…冷静にお話しをして、出て行ってもらうのが本来でしょう」(inababzさん)

「店の信用を保つ意味でも、店が責任を持って客を選ぶことは必要なので店員の行動は正しい。ただし感情的になることは、店側、客側のどちらも許されない」(nun9lvx581さん)

キレてしまったら、その傍若無人な客と同じになってしまうわけで。

「あとで店長さんが大変だったろう。そのばかな客は言いふらすぞ、悪口を」(kyo-moguさん)

店にとっては二次被害を招く可能性も否定できません。

■丁寧に応対していれば…

ではその店員はどう処理すればよかったのでしょうか?

「個人経営の居酒屋で『お客様は当店のサービスがお気に召さないご様子ですので、お代は結構ですから今すぐ出て行ってください』と言った店員を見たことがあります。(中略)…次にその店に行ったら、『お客様は神様です。でも祟り神と貧乏神はお断り!』という張り紙が貼られていました。(中略)…丁寧にお帰り願うマニュアルも存在するはず」(mizukiyuliさん)

いくら腹が立ったとはいえ、冷静さを欠いた言葉遣いでは、よけいにその客の神経を逆なでするだけ。ぐっと堪えることが必要だったでしょう。

「本来なら店長やマネージャーなどが、(中略)…帰っていただくなどの対応をすべきでしょうね」(yumi0215さん)

その店員がどのようなポジションかは不明ですが、いち店員であるならば、上司に応対してもらった方が今後に禍根を残す危険性は低かったかもしれません。

「お客様は神様ではありません。サービスを提供し、それに見合った報酬を渡す対等の関係。(中略)…日本企業は客に譲りすぎているためクレーマーなどが調子に乗る。(中略)…一人の客のために、何十人もの顧客を失うくらいなら、皆さんの気分を害するものはキッチリ排除する姿勢が重要」(rokomettoさん)

とはいえ、根本的に悪いのはその主婦グループ。低姿勢でも店側の主張はきっちり通す、そんな芯の強さが接客業には求められるのかもしれません。

津島 千佳 (Tsushima Tica)
Livedoor NEWS「非常識客に店員がキレるのはまずい?」より転載

最近この手の話は散見ではなく拡大しています。
ということは公私をけじめない人が増えているということです。
私の生まれ育った下町では、他人様に迷惑をかけぬよう生きなさい、と親が常日頃から子供達に口が酸っぱくなるくらい言い続けてきました。
したがいまして私はそのように育ちましたし、当然子供達にもそのように躾てきましたので、我が子供達においては、店の中を駆け回ったり、他のお客さんの料理を「ちょっと、ちょーだい」などと言いまわったりするようなことは絶対にありません。
いずれにしてもすごいことになっています。
特に最近のこの手の子どもを持つ親たちは、お店の人が怒るからやめなさい、とか、隣のおじさんがコワい顔をして睨んでいるからやめなさい、とか完璧に他罰的な発言を繰り返しているのが特徴です。
それでは自分の子どもを怒れないのかといえば、決してそんなことはなくて、そこまでの打擲(ちょうちゃく)を我が子にするのかという暴力行為は平気でしています。
まぁこれはあくまでも人によりけりですがね、事実でもあります。

今回のフリネタの話ですが、思わず実話ですか、と大きな?をつけたくなるところです。
仮に本当だとしたら、この店員さんの取った行動は間違っています。
言い換えれば、「お前らに出す料理はない!迷惑だから出て行け!」と言った時点でこのお客と同じ精神構造になったことを披露しているようなものです。
個人的にはこのような場合は、この店の責任者がでてきて、このグループの責任者的位置付の人を別室に招き入れ、現状の喧騒と縁をきらしてから話し合うべきです。
社会的常識のない人に常識をぶつけても意味ないかもしれませんが、お店の対応としてお子様たちの行動は他のお客様に対して迷惑になるので至急止めさせてほしい、という申し入れをすべきです。
それでも聞き入れないのであれば、既にテーブルにだしたものついては料金をいただき、その上で帰っていただくよう強く申し入れをし、さらに今後の来店は丁重にお断りすべきです。
それでもラチがあかない場合は威力業務妨害罪等の法律的手段を講じるしかないでしょうね、まぁそこまでの必要はないと思いますが・・・

礼儀正しいところが我が日本国民の長所であります。
一日も早くこのような蛮行が終息することを望みます。
その為には皆が公衆エチケットには敏感になり、気がついた時には一声かける様な注意喚起を心がけていきましょう。


「え・・・?これがイタリア・・・?」とイタリア人でも首を傾げてしまうようなものも収録されています。
これを見て日本人はイタリアをどう思うのか、私はとても気になります!

 

今日は小川町に出没です。
ないにやら美味しいまぐろ丼を食べさせるお店があるということで早速いって参りました。
今日のお店は「Xibi(シビ)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町1-7-4 チカラビル 1F
電話:03-3219-3646
定休日:日曜・祭日

IMG_6211
お店の外観です。

IMG_6216
店内の雰囲気です

IMG_6212
メニューです。

IMG_6213

IMG_6214
今日のオーダー「ユッケ丼(鮪のたたき韓国風)+玉子」@700+@50=750円です。
待つこと10分で「ユッケ丼(鮪のたたき韓国風)+玉子」の到着です。
見た目、よだれが出そうな美丼、です。

それでは実食です。
このユッケ丼はマグロの他に野菜も沢山乗っておりヘルシー丼でもあります。
味ですか、かなりのウマウマです。
コチュジャンベースで和えられた鮪のたたきはoilyの部分を上手く緩和してくれて楽しめます。
さら〜に玉子のnice assistも忘れてはなりません。
ユッケと玉子の親和性は今さら申すまでもありませんよね。
コスパもよくお奨めの丼です。

それでは(^_-)