私の好きな作家の一人が浅田次郎です。
この人小説のジャンルで浅薄あるもののストリィーテラーとしての力量は高いと思っています。
しかし今週刊文春に連載している「一刀斉夢録」ですが、かなりの噴飯ものです。今週号は坂本竜馬の暗殺の場面を書いているのですが・・・無理があります。
多分浅田さんは、剣術を知らないのでしょうね。
反駁は今週中に書きます。

ちなみに以下が明治政府に現存している坂本竜馬暗殺の事故記録です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時:慶応3年11月15日午後9時頃
所:京都河原町蛸薬師下ル西側・醤油商近江屋新助宅二階
被害者:坂本竜馬(海援隊隊長)33歳ほとんど即死。全額部(致命傷)、左肩先から左背骨、さらに全額部に傷喉に2箇所の突き傷(トドメ)があったという資料もある。)
中岡慎太郎(陸援隊隊長)30歳
2日後死亡。後頭部、肩、胴、背、股等12箇所に傷
(頭を3度ほど突き刺されていたという資料もある。)
藤吉(下僕) 死亡。背等に6箇所の傷
現場における刺客の遺留品
,蹐色の刀の鞘
∪菘幼の瓢亭という料理屋の下駄の片方
目撃者の証言:
藤吉「犯人は十津川郷某と名乗り、名刺を出した。」
中岡慎太郎「刺客が斬り込んだ時、『こなくそっ』といった。」
「刺客はトドメを刺さず、『もうよい、もうよい』といった。」
「入ってきた刺客は、2人だった。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のお店は月島にあるタン塩カルビ「まんぷく苑」です。


このお店会社の歓迎会で一度来たことあり味は確かです。
マカナイ料理のネギ飯(メシ)がシンプルな料理でしたがとても美味しかったのが記憶に残っています。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1サンスクエアビル2F
電話:03-3531-2989
定休日:不明

今日の獲物は「ユッケジャンうどん」です。これはユッケジャンうどん+ご飯+サラダ+オイキムチで@940です。


味ですか、かなり辛いですがここのお店は、決して裏切りませんでした。かなりのハフハフでしたがとても美味しくいただきました。マイナス点はまったくありません。

しかし一つ疑問があったのです。それはユッケジャンクッパが@840です。しかしユッケジャンうどんは@940です。お店に出されていた両者を見比べたのですが、ご飯とうどんの「差」しか分かりません。そうなんですトッピングが全く一緒なのですね(笑)

なんだろうとズーット考えていましたら、答えは簡単でした。
ユッケジャンうどんには外付けでご飯がつくのです。つまりユッケジャンうどんはうどん+ご飯なので@100高かったのですネ。
私は+@100とるならばユッケジャンうどんにご飯をつけないで欲しいと思うのです。
だって私はうどんだけでご飯までは食べられませんので(笑)

それでは(^_-)