下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

モーツアルト

茅場町 たん助六

今日は「合コン考」です。
合コン2
さすがに今となって合コンなぞはいきませんが、大学はそのような出会いが大好きな学校でして、若い時はよく企画しましたし、良く行きました。
特に私はファッションに気を使うオサレな仲間が多かったのでhigh-end志向でした。
High-end志向をわかりやすく申しますと、所謂御三家である聖心、フェリス、白百合の女子大学生と付き合う事です。したがいまして、ここらの女子大と合コンの企画をしませんとかなり安く見られました。
日本女子、学習院女子は高田馬場の学校の色がついていて、その当時はまるで汚い雑巾を見るような感じすら持っていました。あくまでも当時ですからね。

一度、赤坂のイタイリアンで複数の東大の女子学生と親しく合コンする機会がありました。
その時は、私達の事をまるで女衒(ぜげん)、即ち性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身売買業者のように思っていたようで「そのような事ばっかりしていますといつか地獄に落ちますわよ」的な慈愛あふれるご助言を発し続けていました。
当時の私の大学のイメージがそうだからといっても、それはいくらなんでも言いすぎです。
そこまで落とし入れるのであれば、「蓼食う虫も好き好き」という諺はあったにせよ、「貴女だけは売る自信はない」と耳許で囁きたい気持ちが頭をもたげました。
しか〜しね、さすがにね、そこは大人の対応をしました。

それからしばらくして、今度はフェリスの美女達と銀座の喫茶店「モーツアルト」で合コンした時に、その中の美的女子から驚愕のつぶやきがありました。それは次の様なものでした。
「私は、今日まで容姿に自信のない友達から合コンに誘われたことは一切ありませんわ。
どんなに仲良くても『合コンに行ってきたわ』と事後報告のみですもの。
それなのに『イケメンの男友達を達紹介してくださらない』などはよく頼まれますから都合いいなと思います。
同じような容姿の友達からはさそわれますけれどね。
合コンは幹事以上の美形の友人を誘わないのは暗黙のルールでしょう。
美人は合コンに行かなくても普通に生活しているだけで相手はみつかりますものね。」
な何と自信にあふれたお言葉でしょう。
個人的には、これこそ「美人特権」だと思いますのでおおいに支持しました。

合コンの誇大喧伝は今でも連綿と続いていると思います。
特に女性は同性をやたら褒めます。
それも「一点美人」です。
顔が小さいから始まって鼻の穴が縦長で格好いいなどと枚挙にいとまがありません。
これって、本当は不均衡な仲間の美醜バランスを「それぞれにきれいな部位がある」と認識することによって、皆が同一だと思いこもうとしているのでしょう。
加えてうかつに相手のすごく良いセールスポイントを褒めれば、熾烈な異性獲得競争において無用のadvantageを相手に与えてしまうという深謀遠慮も働いているのでしょう。
だから影響力の少ない「一点ボメ」になるのでしょう。

合コンはある種の「競争原理」の縮図です。
従いまして、競争原理を受け入れるのは合コンを参加する人としてはまったく当然のことで、疑う人はいないと思います。しか〜し、これがさらに加速していき、暴走していけばどうなるのでしょうか。
競争に勝つために、いろいろなものを例えば友情などを犠牲にしていくことになるのでしょう。
競争とは、お互いに相手とフェアプレイで戦って、互いに成長するためのものだと申しても、今さら詮無きことですよね・・・

There's beggary in the love that can be reckoned.
計算された恋は卑しいものだ。
William Shakespeare(ウィリアム・シェイクスピア)


Top the bottom run through The Snow Centre Hemel Hempstead for Forged In Steel!



IMG_4491
今日は茅場町に出没です。

IMG_4492

IMG_4493
これが今話題の「OKB3」さんです。
この3人は大垣共立銀行の行員さんだそうです。
初めてみましたが、マジにクリビツです。
すごいですね、最近の銀行は・・・

IMG_4481
ということで今日のお店は行列の牛たん屋さんです。
今日のお店は「たん助六」さんです。

住所: 東京都中央区兜町16-6 1F
電話:03-6667-0155
定休日:日曜日・祝日

IMG_4489
お店の外観です。

IMG_4487
店内の雰囲気です。

IMG_4482
メニューです。

今日のオーダー「牛たん焼定食」@980円です。

IMG_4483
待つこと2分で牛たんスープと麦ごはんの到着です、
透き通ったタンスープはネギのジュリエンヌ(千切野菜)と厚い牛たんが入っています。
これは秀逸です。とても美味しいです。

IMG_4485
待つこと5分で牛たんの到着です。
見た目bolumy(和製英語)ですね。
牛たんは柔らかくて美味しいです。
噛みしめるたびに草原を漂うようなふくよかなしっとりとした香りを感じます。
とても美味しいです。

IMG_4484
白眉は味噌南蛮ですね。
辛さは少しキツイのですが、すごく楽しめるのです。
これこそまさに「ご飯の友」でしょう。

気になったのはマダム(お店の奥様の店内呼称)なのですが、針の穴を通さんばかりの気配りにはおどろかされました。しか〜しこれは丁寧と慇懃無礼の狭間にあります。
個人的には後者の方が強いように感じました。
その理由は、厨房に対する指示が上から目線だったからです。
まぁどちらでもよござんすが、すごく素敵なお店だったので、前者であって欲しいなと思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

続 神田 ビーバー

今日は「Our boom in my school days」の話です。 
私は中学・高校と稽古後の一杯が楽しみで真面目に剣道をしていました、違うか(笑)
ということで中学・高校時代は異性交遊なぞ無縁だったのです。
しがって日本有数のチャライ大学に進んだ後は、迷わず女性にもてるというテニスサークルに入ったのです、自然、当然、必然!
テニスサークルには麻布高校から入学してきた、やたら六本木周辺に詳しい友人がいました。彼は有名女子大学にも強力なコネもっており、その中で彼の得意な女子大学は、なな何と美智子妃殿下様のご卒業された聖心女子大学なのでした。
聖心女子大学は当時の男子学生、垂涎の女子大学だったのです・・・今でもか(笑)

以下は彼が実践した聖心女子大学生の陥落の実例です。
それを読みやすく?splash風にarrangeしました。
甘ったるいベトナムコーヒーみたい内容ですが、これが後に続くフリネタのkeyになりますので、まずは我慢して一読ください。
時期はクリスマスの直前です。



ねえ、ねえ、もうすぐクリスマスだよねぇ。慌てもののサンタさんがいてさ、クリスマスのプレゼントの買いだしの途中に鞭を無くしたんだ、ってと言うと、エッ、そうなの、そのサンタさんクリスマスの時困るんじゃないの、って彼女が言うので、大丈夫だよ、僕が見つけたからさ、って答えれば、嘘っ、どこにあるの、って彼女が聞き返しました。
実は、今日ここに持ってきているんだよ。
エッ、どこ、どこにあるの。見たい、見たいわ、と彼女が言うんで、おもむろに胸のポケットから白くて細いコイル状の丸まった紙を取り出して見せました。

すると彼女は、これって、もしかしてストローの紙袋じゃないの、って言うので、これは一見ストローの紙袋に見えるかもしれないけど、実はこれがサンタさんが無くした鞭なんだよ。
ただし魔法がかかっているからこのように見えるだけなんだ。折角だから今日は特別に君の為にこの魔法を解いてみせようか、って言うと彼女は、見たい、ぜひ見たいわ、とせっつきました。

それじゃ魔法を解くのに少し準備が必要だから待っててね、それと魔法が解けた時のお約束だけど、Noという言葉は封印されちゃうけど大丈夫だよね、とつけ加えたのです。

しばらく時間をおいて、それじゃ魔法を解くから、って言って、その丸まった紙袋にストローをスポイトの様にして水滴を一滴たらしました。

するとその紙袋は水の表面張力でゆっくりと確実にまっすぐに伸びていったのです。
そこにはあらかじめ仕込んであった「付き合って下さい」という言葉がマジックで黒々と書かれていました。

それを1〜2分間まんじりと見つめていた彼女は、この魔法ってずるいわょ“No”って言えないんでしょう。小ズルイ悪魔にひっかったみたいね、と笑いながら承諾してくれたのです。

その時偶然にも、モーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークが二人のロマンスの船出を称賛するかのように高らかに店内に響きわたったのでした。


テニスの練習の後、麻布高校出の友人からこの話を聞いた我らアホタレ達はこの技は使えると色めきだったのです。
早速練習場の近くにあるファミレスにいきアホタレ達全員でストローがついてくる飲み物をたのみました。早速このストローの袋の技を実践してみたのです。
この技はとても難しいのです、言うは易く行うは難し (いうはやすくおこなうはかたし)なのです。
袋をきつく巻くとキレイに伸びず、途中で止まってしまうのです。逆にゆるく巻くと伸びてこないのです。
ここから我らアホタレ達はいかにしてキレイに伸ばせるかという方法を追求し始めたのでした。
巻き数、巻き締めの力、水のたらす量等を徹底してキッチリと研究しました。
一月位だって、なんとか究極の方法を纏めあげたのですが・・・
肝心要(かなめ)の女性へのapproachを怠っていたものですから、この究極の落とし技を使う機会はなかったのでした、本当のアホ!
ちなみに麻生高校の友人は卒業後、大手石油会社に入社して、今ではセクハラ営業本部長として業界内外にその名を響かせているそうです。


今日は神田に出没です。
神田で見つけたniceな洋食屋「ビーバー」さんに再訪です。

住所: 東京都千代田区神田紺屋町46
電話:03-3254-1746
定休日:日曜・祝日

IMG_0037
お店の外観です。
このお店はこの地に店を構えて今年で51年目だそうです。
店名の「ビーバー」は同様に洋食店を営んでいる親戚達が、店名をみな動物に肖(あやか)って付けていたので見習ったそうですよ。

IMG_0038
懐かしい料理サンプルです。昔の下町のお店はみなこれらのサンプルがありましたよね。

IMG_0045
店内の雰囲気です。

IMG_0040
かき玉子のコンソメスープ(お代りfree)です。
カップの縁に唇をよせると、鼻腔に突き刺さるような尖がった胡椒の香りが立ち込めてきます。
美味しいです。

IMG_0041

IMG_0044

今日のオーダー「カレーピラフ」@900円です。
珍しいですね、カレーピラフの上にカレールーがかかっています。
味ですか、とてもピリッとした味付けで、カレーを食べているんだなと実感させられる一品です。
付け合わせのサラダはedgeが立ってシャキシャキしていて口当たり最高です。
ピラフとカレールーの相乗効果が際立っています。
お奨めの一品です、お試しください。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ