下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

メリークリスマス

高田馬場 べんてん リターンズ

今日は「Christmas omnibus vol.2」の話です。 
クリスマスがcountdownされています。
もう少ししましたら街中に“Merry Christmas”のご唱和が響き渡るのでしょう。
ところでアメリカでは“Merry Christmas”って言わないのをご存知でしたか。
アメリカは多民族によって形成されている移民国家です(いまでも世界の移民の20%はアメリカを目指すと言われています)。
そうしたさまざまな人種や民族が混合している状態はこれまで「人種のるつぼ」(melting pot)とか「サラダボウル」(salad bowl)と呼ばれてきました。
いろいろな国からやってきた人がたくさんいるということは、すなわちさまざまな宗教を背負った人たちがいるということを意味します。

つまり、アメリカにはキリスト教以外の宗教をもった人びとが数多くいるということです。
そうした人にとってクリスマス(キリストの降誕祭)は自分たちにはまったく関係ないことなのです。
ですから、当然のことながら「クリスマスおめでとう!」( Merry Christmas!)の挨拶もしません。
では、そうしたクリスチャンではない人たちはどんなあいさつをしているかというと、
ほとんどが Happy holidays!(よい休暇を!)か Enjoy holidays!(休暇を楽しんでね!)です。
メールやカードもMerry Christmas!は書かず、 Season’s greetings!(季節のごあいさつ)としてWe wish you all the best for the holiday season (素晴らしい休暇を過ごされますように)などと書くのが一般的です。
「ニュース超速報」参照


「I Love Cinemas」シリーズの評価が高い手嶌 葵が、クリスマス名曲を全編英語でカバーしました。心を揺さぶる透明感あふれる歌声とジャジーでアコースティックな手嶌ワールドをお楽しみください。

eggnog
今日カナダ人と来週やるPotluck party(お料理持ち寄りパーティー)の下打合せをしていましたら彼から、飲み物はEggnogだよね、といわれたので直ぐには意味が分からず、数回聞き直したところ、彼らのクリスマスの時の定番飲み物だそうですよ。
帰宅してからあらためてNetで調べたところ、英米などでは、クリスマスや新年のような冬の祭りに供される飲み物のようです。
このクリスマスにはなくてはならない冷たい飲み物は、ミルク(またはクリーム)、泡立てた卵、砂糖、ナツメグ、さらに、ラム酒が伝統的に使われているようですが、近年ではブランデーやウィスキーを入れてもOKだそうです。
飲んだことがないので来週のPartyの時に作って持って来てよ、と頼みましたので、初飲みです。こういうSurpriseが異文化交流の楽しみですネ・・・

皆さんはどのようなクリスマスをむかえますか・・・

今日はグルマンのメッカ、大行列大盛ラーメンのお店「べんてんラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_0219
お店の外観です

IMG_0222
年末・年始休業のお知らせです。
恒例の元旦営業、今年は元旦が日曜日なので材料が入らない為見送ったそうですよ。

IMG_0220

IMG_0221
今日のオーダー「焦がし(焦がし油、葱)塩ラーメン(麺少なめ)」@850円です。
まずここの麺量ですが
Default 350g
中盛 600g(+@100円)
大盛 1,000g(+@300円)
だそうです。
ちなみに今日の私の麺量は240g位なのでしょうか、それでも多いですネ。
食べている時どなたかが半盛を頼まれていたので半盛があるのを知りました。
次回は半盛にしましょう。

味ですか、スープは鯖節を主体とした魚介系のスープです。
スープの熱々は守られています。
少し塩ダレが効きすぎているのか、後半少しきついですネ。
麺は定評あるプリプリ麺です、これは美味しいです。
チャーシューは肉厚があり、なおかつ適度の油がのっており、ホッコリしてイケます。
全般的に美味しいのですが、個人的には麺の美味しさの方に気をとられてしまい、印象が今一つでした。

それでは(^_-)

渋谷 鳥竹

今日は「political correctness」の話です。
political correctness とはアメリカで、性・民族・宗教などによる差別や偏見、またそれに基づく社会制度は建国の理念に反し、是正すべきとする考え方、政治的妥当性のことをいいます。
所謂差別用語ですね。まずは日本の「political correctness」です。

従来の用語中立の用語備考
看護婦・看護士看護師2002年の保助看法改正による
スチュワーデス客室乗務員 1996年に日本航空は前者呼称を廃止、他社も追随した
精神分裂病 統合失調症日本精神神経学会による改名
メクラウナギヌタウナギ2007年、日本魚類学会による改名


本家のアメリカでは
chairman→chairperson
fireman→firefighter
manhole→personhole
deaf→hard of hearing
actress→female actor
bald→comb free
Merry Christmas →Happy holidays
short(身長が低い)→vertically challenged(垂直的障害のある)
blind(盲目の)→optically challenged(光学的障害のある)
Weblio「ポリティカル-コレクトネスとは?」より転載
しかしマンホールをパーソンホールとはいき過ぎでしょう(笑)
さらにクリスマスはキリスト教の行事であるため、公的な場所ではほかの宗教のことも考慮して「メリー・クリスマス」と言わずに「ハッピー・ホリデーズ」(他の宗教の人たちも年末年始は休日になるので)と言い換えたほうがよいとされているらしいのですが、ここまできますとアッケラカンとしてしまいます。
アメリカは暮らしにくそうですね・・・

今日は渋谷で22時まで韓国メーカーと打合せをしていました。最近覚え始めた韓国語と英語をチャンポンで使っているのですが、韓国語の評判が良くありません。
この日韓国人に「××さん(私の事)、貴方もしかして韓国語を女性から習ってない」と言われました。まさにその通りなので「なんで」と聞き返しますと、「話し言葉が、女言葉になっているよ」とのことです、これには驚きましたと同時に恥ずかしい(プックロウォ〜)

あまりこのblogには呑み屋さんはを載せません。理由は簡単で呑んでいるときまでセカセカとパチリは撮りたくないためです、そういう意味で焼鳥屋さんの掲載は久々です。ということで今日のお店は渋谷は焼鳥の老舗「鳥竹」さんです。

住所: 東京都渋谷区道玄坂1-6-1
:03-3461-1627
休日:第2月曜日

鳥竹1
お店の外観です。渋谷マークシティのEASTMALLとWESTMALLのちょうど間に、ボリュームたっぷりの焼き鳥で有名な”鳥竹”があります。
炭火で焼いて40年あまり、2代目は先代に軍隊式に仕込まれたという美しき女将さんです。小気味よく注文をさばく応対が小気味よいですね。「首肉」「ぼんぼち」は売り切れ必死のアイテムです。濃い目の緑茶割り(店内では“緑”と言われている)が味を豊かにします。

鳥竹2
店内の雰囲気です。ちょうどこの日ビジネスマン4人組が飲みにげしたので追いかけてお金を取り戻したと、いまだ興奮覚めやらない口跡で女将さんが話していました

鳥竹3
通しのシナチク@180です。ちなみにお通しは断ることができます。

鳥竹5
皮@300です。焼き過ぎたためか、油分が飛んでいます。それと皮に変な臭いがこびりついて残念でした。

鳥竹4
ぼんぽち@350です。これも焼き過ぎたためか、油分が飛んでいます。肉自体はとてもイケているので残念です。

鳥竹6
一串うなぎ@580です。これはバリ美味ですね、ここら辺の味がbenchmarkだとありがたいですね・・・

鳥竹7
かぶと@220です。ごめんなさい炭化しすぎです、これでは炭です(悲)

焼鳥の聖地にしては、すこし火加減がぞんざいのような感がします。
それと本日はこれ以外に生ビールと緑を飲んで締めて2,890です。下町っ子としましては少し敷居が高いお店のようです。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ