下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ムンバイ

続 丸の内 ムンバイ

今日は「Girls Talk」です。
大学のテニスクラブの女子から先週の土曜日に、▲▲君、来週火曜日に六本木で女子会やるから、仕事早めに終わらせてきてよ、との急なmailが携帯にはいりました。
どうしようかなと考えたのです。
勿論女子会は女子会なのですが、彼女達は最初どこかこじゃれたtearoomでお茶しながら大雑談をして、その後飲み会にはいるのですが、その時の酒の話し相手として、私を含めて数人の男子が呼ばれるのです。
私の卒業した大学はcelebrityの子弟(除私)が多く、その例にもれず女子会の女子達もいずれもcelebrityの子弟からcelebrityになったという方々です。
というこからかなり高級な店でやることは「自明の理」であり、要は割勘の員数集めというのが正直なお誘い理由なのです。
しばしそのmailをみて考えたのですが、まぁギロッポンも最近いってないから行くか、ということで、行くよ〜、と返信したのです。

六本木
当日女子会の場所にいくと、どこからみても高級そうです。
思わず財布の中身を再確認してしまいました。
今日は大学時代あまり話した事のない女子達と隣り合う席にすわりました。
彼女達は学生の頃はタカビーだったのであまり好きではなく、正直に申しますと意識的に避けていたのでした。
その中の一人はバツイチで娘が一人、その娘を外資系証券会社の営業部長としての責務のなかで、娘を育てあげて、同じ大学に行かせたという苦労人なのです、その苦労人の話がなかなか面白いのです。
いわゆる男っぷりの良い女性なのです。
その彼女が酔ってきましたら、旧友の秘密話を得々と話し始めたのです。
苦労人「ねえねえ、A子って今のご主人とはず〜っと別居状態なの知っている」
私「去年みんなでA子の家のクリスマスパーティーに呼ばれたけれど、A子からは、主人は、今日は仕事が忙しく会社に行っており皆には挨拶できません、っていってたぜ」
苦労人「だから、仕事が忙しくって毎日不在です、っていうことなのよ」
私「マジで・・・」
とか
苦労人「B子って知っている。B子は内の女子高で最大のヤンキーだったのよ。大学に進学してからイメチェンしたんだけれど、マジに超ヤバかったんだから」
私「斜め前に座っているけれど、普通の女性じゃないか。そのような面影は微塵もないぜ」
苦労人「馬鹿ね、ヒカリものみせたら目がつり上がるわよ」
私「サバが好きなの」
苦労人「▲▲君って、あいかわらずボケてるわよね。ヒカリモノっていったらナイフにきまっているじゃない」
私「サバじゃないんだ・・・」
とかとかこれ以上はかけないのですが、私が言いたいことは、何で女性は仲の良い友人の旧悪をあたかも買い物袋からだすかのように、簡単に暴露してしまうのでしょうか。
勿論苦労人以外のその周りに座っていた他の女性も同様です。
男性も確かに旧悪をばらすことはありますが、それはあくまでも話のネタとして、皆周知の昔の失敗話で、その人の聞かれてほしくない個人情報の類(たぐい)は申しません。
非常に不思議に思った次第です。

Any fool can criticize, condemn, and complain - and most fools do.
どんな馬鹿でも批判したり、非難や不平を言うことはできる。
そして、大抵の馬鹿はそうするのだ。
Dale Carnegie(デール・カーネギー)

IMG_1040

IMG_1042
余談ですが、男子トイレにはいりましたら、白黒の斑(まだら)の帯がゆらゆらと揺れていました。
へぇオサレだなと思い、注視していましたら、実はその帯はウツボだったのです。
マジに驚きました!


結婚式で新郎が新婦に送ったパラパラ漫画が話題になっております。


IMG_1097

IMG_1098

IMG_1099

IMG_1100
今日は丸の内に出没です。
今日は初夏の陽気です、暑い!
やはりこういう日はカレーでしょう。
ということで、今日のお店は「ムンバイ」丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F
電話:03-5293-0115
定休日:無休

IMG_1101
お店の外観です。

IMG_1103

IMG_1104
店内の雰囲気です。

IMG_1102
メニューです。

今日のオーダー「ブラックペッパーチキン」@1,000円です。

IMG_1106
待つこと3分でサラダの到着です。
見た目美味しそうです。
野菜が良く冷えています。
サウザンアイランドドレッシングもイケています。
美味しいですね。

IMG_1107
同着でマンゴラッシーです。
これはコクがあります。
で〜もちょっと甘いですかね。

IMG_1108

IMG_1109
待つこと4分で「ブラックペッパーチキン」の到着です。
見た目辛そうです。
口に湧き上がった唾を飲み込んでから実食です。
まずはスプーンで一口いただきます。
辛さがヒリヒリと頬の内側に伝わります。
もしゃもしゃと噛みしめる音が内耳に届くと同時に汗腺が全開しました。
ぴゅぴゅと汗が水芸のように飛び散ります。
これはすごいですね!
特に胡椒のインパクトがすごいです。
その為か鶏肉の甘さが際立っています。
味ですか、ギリです。
美味しい事は美味しいのですが、もしこれ以上辛かったら救急車を呼ばなければならないでしょう(笑)

それでは(^_-)

丸の内 ムンバイ

今日は「狐と狸の化かし合い」です。
学生の就職活動も本番を迎え、大手企業を中心に内定が出始めた。複数の内定を得た場合、本命以外の企業には辞退の連絡をすることになるが、その際に人事担当者が学生に厳しい言葉を浴びせるケースがある。  
「君1人を採用するのになんぼカネかかったか、わかっとんのか」(関西の大手部品メーカー)
「お前のゼミからは二度と採用しないからな」(大手信託銀行) 
こうした人事担当者の発言の背景には、採用計画に狂いが生じることで発生する多大なコストや、自身の評価が下がることへの恐怖感などがある。ただし、行き過ぎた言動は脅迫となり、法に触れる可能性があると雇用問題に詳しい弁護士は指摘する。
一方、学生の側にも、最近は怒られるのを怖がり内定辞一退を伝えずに連絡を絶つ者がいるという。
ビジネスでは自分の行動に責任を負えない者一は信頼を失う。学生も企業も誠意を持った対応が重要だ。
「内定辞退の修羅場に見る人事の本性」日本経済新聞より転載

人事を経験したものとして、このフリネタの内容はよくよくわかります。
勿論会社側としての立場で、ですよ。
新入社員の募集人員は、基本的には中期計画を基に年度毎の採用人数はきまっているのですが、実態は各部署からの必要人数、会社の業績、景況感を併せ持って調整しています。どうですかね、どこの会社でも非営業部門があります、非製造業なら管理部門、製造業なら管理部門に加えて工場ですか。
大雑把でいえば上場企業であれば、非営業部門の負担額は年間50百万円/人(含む俸給諸給与)くらいですか。
まして新入社員は教育投資を含めてcostの固まりですので言わずもがな良い人材を採るのはmustであるのは言うまでもないと思います。
要は、人事は定員割れをしないように希望をいえば定員ぴったりに採るのですが、フリネタのように内定辞退者もいるので、多少歩留まりをみて多めに採るのです。
このあたりのコスト増が問題なのですね。

余談ですが、定員以上とかやたら大量人数の採用する企業は入社してからふるいにかけますので、根性のない方はそのような会社には上場企業といえども入社しないほうが良いと思います。
加えて給料のよい会社は、当り前ですが滅茶苦茶に仕事がきついのです。
言い換えればそれだから給料が良いのです。
給料がよくて仕事が楽な会社など存在しません。

閑話休題おはなしはもどりまして
詰まるところ定員割れが問題なのです。
万が一定員割れしますと、二次募集をします。
人事としては一仕事終わったと思っていたのに、学生の身勝手な内定辞退によりあらたな仕事が増えるといのは、なんともやりきれないものです。
学生も二次募集によい会社がないのと同様に、会社側も二次募集では良い人材はすでに払底していて採れないのです。
この辺りが頭を抱えてしまうところであります。

狐と狸の化かし合い
かつて当社と当社の競合会社の二股かけていた女子学生がいました。
当社は早々と彼女に内定を打ち、最終の役員面接に臨んだのです。
そして最終面接日の日程調整の為に連絡を取るのですが、ある日から音信不通となりました。
今みたいに携帯電話が普及していなく、固定電話でのやりとりですから隔靴掻痒感は否応なしに強いのです。
断片的にわかったことは、彼女は盲腸の緊急手術で入院している、という事でした。
人事担当としてはそのような状態であれば、役員面接も無理なので内定取消しをしたかったのです。
しか〜し彼女との連絡が取れずしまいで、ちなみに彼女は東京のマンションに親元を離れて一人暮らしでした。
どうしようもなく彼女の自宅に電話したところ、彼女の母親が電話口に出て、事もあろうに私の事を競合会社の人事担当者と錯誤し、娘は今日御社の面接に間違いなく行っている、とのたまったではないですか。
彼女の気持ちもわかります。要は二股をかけ続けたかったのですね。
しか〜し嘘はいけません。
嘘がわかったので、その後の彼女への応対は冷徹であったように記憶しています。
フリネタのように、「お前のゼミからは二度と採用しないからな」と言いたくなるような気持ちはよくよくわかるのです。
要は企業と学生は採用に関しては、フリネタのように「狐と狸の化かし合い」と申したかったのです。


害虫駆除会社の戦略としては十分理解できる。ゴキブリは病気を媒介する害虫で、駆除しなくてはならないものだからだ。このリストのユーモラスな第一発目として、顧客の心をつかもうとするオーキンの奮闘は、おぞましい効果はそれほどないかもしれないが、あなたがゴキブリ大嫌い人間なら、その笑いは虚ろなものになるだろう。


IMG_0434

IMG_0435
今日は有楽町に出没です
最近カレーづいています。
暑くなってきたからですかね?
今日のお店は「ムンバイ」丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F
電話:03-5293-0115
定休日:無休

IMG_0448
お店の外観です。
彼女はやたら日本語が上手いので、どこで日本語を習ったのですか、と聞きましたら、在日の印度人です、との事でした。なるほど納得です、

IMG_0445
店内の雰囲気です。

IMG_0441
メニューです。

今日のオーダー「シェフの気まぐれ豆カレー」@920円です。
ここは歌舞伎の中村獅童さんのおすすめのお店の様です。

IMG_0443
待つこと、3分でサラダの到着です。
見た目美味しそうです。
一口頂きますと、レタスはエッヂが立っていてイケます。
サウザンアイランドドレッシングもイケています。
美味しいですね。

IMG_0446

IMG_0447
待つこと10分で「シェフの気まぐれ豆カレー」の到着です。
個人的には本格印度カレーでは「豆カレー」が大大大好きなのです。
色々な豆が入っていて美味しげです。
それでは実食です。
豆の風味がいかされていて美味しいです。
プラ〜ス以外にあっさり風の印度カレーであるといえます。
辛さは普通ですか、どちらかといえば辛くありません。
ナンに難ありではないのですが、甘さ不足です。
個人的にはパイ生地みたいな香り高いナンが好きなのです。
で〜も場所からして「コスパ良し」のお店でしょう、ハイ。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ