下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ミニ荷風

三郷中央 遊麺

今日は「生まれて初めての交通事故」の話です。 
押上
東京都交通局の「ミニ荷風」を見ていたら、なにやら見慣れた景色が・・・
この場所って、私が生まれて初めて交通事故にあった場所です。
当時、都電は廃止され走っていませんでしたが、この星印のところで車に跳ねられたのです。

中学校三年生の一月の時でした。
受験勉強で毎日寝不足で朝起きられなかったのです。
学校に遅刻しそうだった私は、この交差点を黄色信号なのに斜め横断して時間短縮をはかったのでした。
そしてライトバンに跳ねあげられフロントガラスにぶつかって地面に強くたたき落とされたのです。
怪我そのものはたいしたことなかったのですが、頭を強打したことから脳波が異常に乱れて約1ヵ月間入院しました。
中学校の担任の先生から高校受験は諦めて一年留年して、来年再受験しろと諭されました。
今では中学浪人というのは普通ですが、その当時は皆無であり、その先生の指導には悩んだものです。

まあそれでも約1ヵ月間の休学ではありましたが、第一志望の高校はさすがに落ちたものの第二志望の高校に受かったので結果由としています。
しかし事故以来、脳の異常はいまでも続いており、悩んでいます・・・ただの阿呆(笑)

IMG_7903

IMG_7904
今日家に帰ったらTBSさんからお葉書が届いていました。
安住紳一郎の「日曜天国」に投稿ネタが採用されたので御礼葉書です。
これで通算5回目です。
特に節目の三百回記念で読まれたのは思い出に残ります。
ありがとう、TBSさんm(__)m


今日は三郷中央に出没です。
今日のお店は駅前から移転して新装openした、らーめん創房「遊麺ラーメン
」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 埼玉県三郷市新和1-398-1
:048-953-8011
定休日:月曜日・第4日曜日

IMG_7864
お店の外観です。

IMG_7859
店内の雰囲気です。

IMG_7860

IMG_7862
今日のオーダー「牛もつラーメン」@780円です。
移転してから初めての訪問です。
店内は前より清潔感があふれ結構です。
このラ―ンはたっぷりの野菜と臭みがなく小口なもつと秘伝の鶏ガラと魚介のスープで構成されています。
麺は中太平打麺です。
味ですか、と・て・も美味しいです
コラーゲンたっぷりの濃厚塩味スープはイケますね、ラーメンというかもつ鍋の締めに麺を入れたような感じです。
グズグズのキャベツもたまりません。
珍しくオツユもキレイに飲みほしました。
万人型の美味しさではないと思いますが、この味はまさにmy favoriteです。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

月島 どさん子月島店 リターンズ

今日東京都交通局のフリーペーパー「ミニ荷風」をおもむろ見ていたら、な何と勝どきの「池のや」が載っているではありませんか。
池のや

しかもあそこの家族構成は姉妹を中心に妹さんの息子というトリオだったそうで、さすがの私も知りませんでした。
そうか仲良しのお兄さんは妹さんの息子だったんだということがわかったりして。
二人のオバサンをたまに間違うことがあるのですが、姉妹だから仕方ないですよね(笑)
でもこれでこれを見たお客さん達がドーットくると、常連さん達はクサリますよね。

札幌の大谷地に住んでいた頃「大連」というとても大好きなラーメン屋さんがあったのですが、「どさん子ワイド」というTV番組に取り上げられてから、雲霞のようにお客さんが訪れ地元客が入れないという事態となりました。
結果流れお客さんが来なくなり平静が戻った頃には、地元のお客さんは来なくなるは、味は落ちるはでとんでもない帰結となったのです。お願いですから「池のや」さんその轍を踏まないで下さいね。

今日のお店は久々の月島「どさん子」です。
どさん子店舗


住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話番号:03-3531-8870
休日:原則無休

さすがにほとんどのものを食べつくしたのでメニューを縦から横から斜めから見たのですが、目新しいメニューはなかなか目に飛び込んできません。
面倒くさくなってオジサンに「何かかわったものないの」と聞けば「ロースー丼食べたことある」とのこと「ロースー丼って何さ」と聞けば「豚肉と白菜とピーマンが入っている中華丼もどきと思えば間違いないね」ですと。

チャレンジしましょう(笑)
今日の獲物は「ロースー丼+スープ+大盛漬物」@650です。


画像の通り、豚肉と白菜とピーマン筍のシンプルな食材ですが、これが美味しいこと美味しいこと
豚肉は弾力があって甘く、白菜はシャキシャキ、ピーマンはホロニガ、サクサクの口当たり、黒子ではあるが存在感のある筍のエグミ、タマリマセン。
さらにこれらのカルッテットを包み込む薄醤油味のトロミ餡・・・完璧です
これをB級グルメといわずなんといいましょうか。
「どさん子」のオジサン・・・貴方はB級グルメ調理人の頂点でしょう(イイスギカナ

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ