下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ホットケーキ

青山 ウェスト青山ガーデン

今日は「マスカレード(虚構)」です。
meganpark_2011aw_01
私の取引様になんとも特異な風体な中年女性がいます。
デザイナーブランドなのでしょうかどこから見ても高額の衣服をいつも着用しています。仕事は事務従事ですが、業務的な仕事もこなしており、時おり打合せにもでてきますのでその威容を承知しているのです。
一度取引様の部長に、今日の打合せにでてきた白河さんは素封家の出自ですか、と聞きましたら、なんの普通のOLですよ。独身だから可処分所得が多いのでしょう、と笑って答えていました。
私は、それにしても高価な衣装ですよね。
私たちリーマンではちょっと手がでませんね、と嘆息まじりに付け加えたのでした。

とある休日、所用があって銀座の帝国ホテルにいきました。
タワー館地下一階のレストランの前で中年のセレブリティの女性から、こんにちは、▲▲さん、と声掛けされたのです。私はその様な女性の知り合いはいませんので、多分私の後方を歩いている人だろうと思って、その声を無視したのです。
すると再度、私です。△△工業の白河です、とダメを出されましたのでそのセレブリティの女性が取引先の白河さんであることがわかったのです。
しか〜しなんともゴージャスないでたちです。
毛皮のコート
捨て値でみても1百万円以上はする毛皮のコートです。
お友達と来ているようでしたが、そのお友達と白河さんの衣裳のギャップがこれまたすごいのです。
要はお友達のファッションは普通のよそ行きコーデだったのです。
白河さんだけが浮いていたのでした。
私はリップサービスで、いつもおきれいですが、今日は一段とおきれいですね。
特にこのコート、私たち庶民ではちょっと手が出でませんね、と言いましたら、今日はこの後、ワインの品評会があるので場の雰囲気を考えて地味な服にしましたのよ、と莞爾として笑われたのです。
なんだ、この慇懃無礼なふるまいはと思いました。
麗子像
正直に申しますと、くだんの白河さんは決して美人ではありません。
お顔立ちは岸田劉生画伯の麗子像を今様な化粧を施したしたような感じです。
伸長は150儖未如体系は洋梨型です。
多分私が若いころなら「猫跨ぎ」な女性です。
すなわち魚好きと言われる猫でさえ、 またいで無視するほどまずい魚のような女性であります。
そんな女性がこれまたセレブリティでもないのにセレブリティの格好をして衆目を欺いているわけです。
これって逆「ローマの休日」です。
要は世間知らずの若い女性が実はヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某国の王女だったいう「ローマの休日」の真逆版です。

人間だれしも見栄をはりますがここまではしないと思います。
例えばこのように自分の楽しみをひけらかしている人はいますがその楽しみは偽物であるように思います。
本当の楽しみというのはもう少し穏やかなものです。
真の楽しみは自己完結型です。
従いまして一人でも充分楽しいのですから、わざわざ他人に見せびらかす必要はないのです。
多分ですよ、このように自分の楽しみを多くの人に見せつけている人は、帰宅して化粧を落として素の自分に戻った時の落差はかなりつらいものがあるのだと忖度しています。
それもまた一つの生き方なので、私がことさらその良し悪しは決められませんが、決して羨望する必要のない事も事実です。お城で行われた舞踏会から帰ってきたシンデレラの心境と重ね合わせればご理解できるでしょう。

愚か者の第一段階は、自分をよりよく見せよう とする事である。
第二段階は、それを他人に しゃべることである。
最終段階は、 他人の考えを馬鹿にすることである。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


落ち込んだ時はこの曲で弾けてください!


今日に奥様と長男とで青山に出没です。
帰省していた長男を送るついでに青山によったのですが、実は私にはおおいなる目的があったのです。
その全貌はグルメネタでご確認ください。
今日のお店は「ウェスト青山ガーデン」さんです・

住所: 東京都港区南青山1-22-10
電話: 03-3403-1818
定休日:無休

IMG_9853

IMG_9854
お店の外観です。

IMG_9862
店内の雰囲気です。
IMG_9859
フェイクではなく生花の生け花です。
一服の清涼剤とでも申しましょうかとてもきれいです。

IMG_9855 (2)

IMG_9879
メニューです。

今日のオーダー
奥様と私は「ホットケーキ+紅茶・コーヒー+チョコレートバタークリーム」@1,100+@1,000+@100=2,200円(内税)
長男は「BLTサンド+紅茶」@1,400+@900=2,300円(内税)
実は銀座の「ウェスト」さんへはたまに行くのですが、南青山の「ウェスト」さんには行ったことがなかったのです。
ここのホットケーキは東京一美味しいらしいです。
ホットケーキ好きとしましては外せないお店であります。
ということで、今日の目的は東京一美味しいホットケーを食べるの巻だったのです。

IMG_9863
待つこと13分でフォークとナイフとメープルシロップが到着しました。

IMG_9876
この当たりの配慮がうれしいですね。

待つこと14分で「BLTサンド」の到着です。
IMG_9864

IMG_9865
見た目上品です。
味ですか、ベーコン美味しです。
サラダドレッシングが絶妙です。

檸檬をかけていただきますと、味がさわやかになりました。
IMG_9870
これは好き好きですが、個人的には檸檬をかけていただいた方が美味しいですね。

待つこと18分で「ホットケーキ」の到着です。
IMG_9869

IMG_9875
最初は2枚/セットを二人前頼もうとしたのですが、ホールスタッフさんから直径18僂搬腓いのでお止めになられた方がよろしいですよ、と言われて断念したのです。
この大きさでは納得です。
キレイに焼かれた、つるんとした表面が特徴のホットケーキです。
このふっくらさはオーブンで充分に蒸したことによるものです。
バターがひとかけらトッピングされていて、それがホットケーキの体温によりカーリングのストーンのようにゆっくりと傾きの方に落ちていきます。
それに併せて香気が立ち昇ってきます。
IMG_9871
それではたっぷりのチョコレートバタークリームとメープルシロップをかけていただきます。
味ですかすごく美味しいです。
「東京一美味しい」の評判は間違いありません。
特にチョコレートバタークリームのたおやかな甘さは天にも昇る気持ちです。
今まで食べたホットケーキの中では一番美味しいです。
普通のホットケーキは冷めたら味が急激に落ちるのですが、このホットケーキは最後までふっくら感が残りそのような不幸は訪れませんでした。
我ら家族に口福の神様が降臨されました。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

続 吉祥寺 オリジナルパンケーキハウス

今日は「I love butter!」です。
ちびくろサンボ
かわいそうなちびくろサンボ。お気に入りの上着もズボンも靴もカサも取られ、泣きながら歩き出しました。
すると、突然、恐ろしい声が聞こえてきました。
「グルルー」
声はだんだん大きくなってきます。
「大変だ、虎がぼくを食べに来る!」
ちびくろサンボはあわてて近くの椰子の木に隠れ、そっと様子をうかがいます。
「おれがいちばん偉いんだ」
「いや、おれだ」
どうやら、あの4匹の虎が、誰がいちばん偉いのか、ケンカしているようです。そのうち、みんな本気で怒りだし、いっせいに飛び上がって取っ組み合いの大ゲンカを始めました。上着もズボンも靴もカサも放り出し、爪を立てたり牙でかんだりと、たいへんな騒ぎです。
虎たちはぐるぐるともつれ合って、ちょうどちびくろサンボが隠れている椰子の木までやってきました。ちびくろサンボはさっと飛び出して、カサの陰に隠れます。
ケンカはいっそうひどくなっていき、それぞれの虎が互いのしっぽにかみつき始めました。4匹の虎が、それぞれ前にいた虎のしっぽをかんだわけですから、椰子の木を中心にして、虎の輪ができあがりました。
ちびくろサンボは遠くに逃げて
「虎さんたち、上着もズボンも靴もカサもいらないの?」
と大声で叫びました。けれども、虎はうなるだけです。
「いるのなら、いるといっておくれよ。でなきゃ、全部もっていっちゃうからね」
こう叫んでも、虎たちのケンカはいっこうに収まりません。そこで、ちびくろサンボは落ちている上着とズボンと靴とカサを取り戻して、逃げ帰ってきました。
虎たちのケンカはまったく収まりません。相手を食べてしまおうと、あいかわらずお互いのしっぽをかんだまま、木の回りをぐるぐると回るばかり。虎の輪はだんだんとスピードをあげていきました。輪の速さはぐんぐんと上がっていき、いまや、どれが足でどれが頭かさえ分からないほどです。それでも虎たちは早く早く走り続け、そのままとうとう溶けてしまいました。椰子の木の回りに、溶けた虎のバターができたのです!

ちびくろサンボのジャンボパパが仕事から帰ってくるとき、ぐうぜん、このバターを見つけました。
「これは上等のバターだ。おみやげに持ってかえって、おいしい料理を作ってもらおう」
ジャンボパパはこう言うと、持っていた大きな壺にバターをたっぷりと入れて、家に持ち帰りました。このバターにマンボママは大喜び。
「さぁ、晩御飯はホットケーキのごちそうよ」
マンボママは、粉と卵とミルクと砂糖とバターをこねて、ホットケーキのもとを大量に作りました。それを虎のバターで焼いてみると、ケーキは黄色と茶色に焼き上がりました。まるで虎そっくりです。
さぁ、晩御飯の時間です。3人はホットケーキをたっぷりと食べました。マンボママは27個、ジャンボパパは55個、そして、ちびくろサンボは、なんと169個も平らげてしまいました。
おなかがペコペコだったんですね。
頑張った自分へのご褒美温浴「不朽の名作「ちびくろサンボ」全文公開!」より転載

私はパンが好きです。
で〜も本当にそうなのかしらんと考えてみたら豈図らんや実はバターが好きだったことに気が付いたのです。
その端緒がこの「ちびくろサンボ」です。
多分この本を読んでからバターが好きになったのです。

入道雲がわき上がり、青空がまぶしい夏の日に母にお願いして初めてのホットケーキを作ってもらいました。
黄金色に焼き上がったホット―ケーキからはかぐわしい匂いが立ち込めています。
その立ち込める匂いを鼻腔にふくらませまて、私はホットケーキの脇に待機させていたバターをおもむろに取り出し、バターナイフに盛って、ホットケーキの全面に塗りたぐりました。
しばらくするとバターはホットケーキの余熱でマグマのように溶け始め落ち着き場所を求め広がっていきます。
そしてその浸食がとまった時に巧妙で鮮やかな模様がホットケーキの上に描かれました。
そして次に私は茶色のメープルシロップを同心円を描くようかけ回しました。
すべの儀式は完了したのです。
そしていただきました。
何という美味しさなのでしょうか、未経験の口福が私に訪れました。
牛乳と卵と薄力粉が醸しだす味の芸術、それを最大限に引き出すのはバターです。
この日以来私はバターのとりこになったのです。
その後バターピーナツを知り、長じてはウィスキーにはレーズンバターが合う事をしりました。
しか〜し熱々のホットケーキで溶けたバターの前では全て顔色を失ってしまうのです。
I love butter!

今日は吉祥寺に奥様と出没しました。
ただいま井の頭公園は100周年記念では池の「かいぼり」を行っていました。

今回の「かいぼり」は、池の水を入れ替えると同時に外来種の駆除等を行うそうですよ。
「かいぼり」とは「魚類を捕るために、池や堀などの水を汲み出すこと」をいうのですって、初めてこのような言葉があるのをしりました。

折角ですのですので画像で紹介します。
IMG_9341

IMG_9340

IMG_9342
IMG_9332


IMG_9330

IMG_9331

IMG_9335

IMG_9336

IMG_9337


IMG_9333

IMG_9334


番外編です。

何とも愛嬌あるワンコ(陶製)でした。IMG_9329


ちょっとクリビツの女性です(笑)
IMG_9343


奥様お気に入りのperformerです。
客イジリが上手いですね。
なな何と奥様は彼のご祝儀に英世さんを一枚渡していました。
以外とお金持なのです・・・
IMG_9338

IMG_9339



ということで今日のフリネタからというか・・・
このお店に行くのでこのフリネタをつくったのです。
そうです私の奥様もホットケーキのたぐいは好きなのです。
今日のお店はアメリカで創業60年の伝統と歴史のあるパンケーキ専門店「オリジナルパンケーキハウス」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店 1F
電話:042-226-6378
定休日:不定休(丸井吉祥寺店に準ずる)

IMG_9314

IMG_9315
お店の外観です。

IMG_9319

IMG_9318

IMG_9321
店内の雰囲気です。

IMG_9316

IMG_9317
メニューです。

今日のオーダー
「ダッチベイビー」@1,280円です。
「ベーコン&ホワイトチェダーオムレツ」@1,400円です。
これを2人でshareしました。

IMG_9323
待つこと5分で「ダッチベイビー」の到着です。
オーブンでじっくり焼き上げたジャーマンケーキのパンケーキです。
お店の人が仕上げの作業をしてくれました。

IMG_9324
最初にバターをふんだんに塗りまわします。

IMG_9325
そして砂糖粉をふります。

IMG_9326
完成です。
見た感じ硬さがあるのかなと思いましたがフワフワの焼き上がりでした。
すごく美味しいですね。
ここのバターはそふとあんどまいるどなのです。
ですのでこのパンケーキの味わいを最大限に引き出しています。
後半奥様の提案でレモンを絞ってかけたのです。
これが想像を超えた味の引き締まりでこのパンケーキの味を極大化させたのです。
病み付きになりそうな味です。
これは美味しいですね。次回はホィップクリームを追加しましょう。

IMG_9327

IMG_9328
待つこと16分でです。
これはふわふわオムレツに厚切りベーコンとホワイトチェダーチーズが入っています。
前回 頼んだ「チーズオムレツ」が初心者向けとしますとこの「ベーコン&ホワイトチェダーオムレツ」はベテラン向けという感じですか。
これは厚切りベーコン勝です。
これがこのオムレツの味を引き締めています。
とても美味しいです。

このお店はしばらく来そうです・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ