今日は「オムニバスな一日」の話です。

一週間前に下町ビギナーさんからone day tripのrecommendationを頂きました。
その翌週の日曜日に頂いたrecommendationをそのままベタにtraceしたのです。
ということで私達夫婦のone day tripを、以下の通り画像で紹介しますので宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

本日の出発は8時30分です。
今日は天気の状態が不安定で驟雨の合間をぬいながらの移動でした。
ここのところピーカン続きだったので、たまにはお湿りもいいかなとは思ったのですが、驟雨はいけません。道路がところどころで冠水状態になっていまいしたもの。

IMG_2308

IMG_2306

IMG_2307

IMG_2311
10時10分に「海ほたる」に着きました。
この「海ほたる」は、二度目の訪問なのであまり感動はありませんでした。
今ここで南海トラフ地震がおきたら、ひとたまりもないんだろうなと、虚無的な気分で海を眺めていました。何ったって「海ほたる」の1Fの高さは海抜6mですもの・・・

IMG_2310

IMG_2309
サザエさんワッフルのお店です。
記念に求めて帰ろうかと思ったのですが、なんせ国民的アイドルですから、そのご尊顔をパクパクと食べた日には、野田総理から竹島の防人(さきもり)を命じられそうな気がして断念しました。竹島の防人(さきもり)をするのは宜(うべ)なるかなとは思うのですが、もう少し韓国語が上達してから命じてほしいと勝手に決めております、ハイ。

IMG_2314

IMG_2315

IMG_2332

IMG_2313
11時45分本日のhighlightの「ホキ美術館」に到着です。
ホキ美術館は世界でもまれな写実絵画専門美術館として、2010年11月3日に千葉市緑区に開館したそうです
そのコレクションは、館長保木将夫が収集した写実絵画作品、約300点から成っています。
千葉市最大の公園である緑ゆたかな昭和の森に面した、地上1階、地下2階の三層の計500メートルにわたる回廊型ギャラリーでは、日本最大の森本草介コレクション32点をはじめ、野田弘志、中山忠彦など、約40名の現代作家による写実の名品約160点を、常時観賞することができるそうですよ。

レモンのある風景
五味文彦「レモンのある静物」2009年作です。
この画像は「ホキ美術館」HPよりの転載です。無許可ですがお許しいただければ幸甚です。

作者コメント
今皮をむいたばかりのレモンのみずみずしさ、少し乾いたパンの表面。
しかし、画家が一番見ていただきたいのはカップの錆の部分です。


私のコメント
写実画というのは画面上にfocusを多数つくることで成り立っているそうです。
実際の画像ではfocus pointは鮮明に写るのですが、それ以外はsoft focusとなりハッキリと写りません。従って写実画と全く同じ情景はこの世の中に存在しないそうです。
写実画のほとんどは、数多くの精緻な線と点によって構成されています。
したがって一枚の作品を完成させるための製作日数は、1年以上を必要とするようです
私はこの美術館に展示されている絵画の一点一点をそれこそ穴が開く様に見ていたのですが、その精密且精緻な筆致にいたく驚くとともに感動しました。
人間の集中力は本当にすごいものですね。
そしてその構成力・表現力・演出力には称賛の言葉が見いだせない程でした。


13時お楽しみのランチです。
美術館の1階には昭和の森を眺めながら本格的なイタリア料理とワインを堪能できる、東京・西麻布「アルポルト」の片岡護シェフがプロデュースしたイタリアンレストラン「はなう」があるそうです。ここの平野シェフも「はなう」開店前は、「アルポルト」で研修をうけたそうですよ。

住所: 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15 ホキ美術館 1F
電話:043-205-1300
定休日:火曜日

はなう
お店の外観です。

はなう

IMG_2331
店内の雰囲気です。

IMG_2317

IMG_2318
メニューです

今日のオーダー「ランチコースA」@2,100円です。

IMG_2324
パンです。Homemade butterはとても深みのある味わいでした。このbutterはすごく美味しいですね。


IMG_2320
冷たい前菜3種の盛り合せです。

IMG_2321
タコとセロリの香味ソースです。
タコとセロリの組み合せが美味しいとは知りませんでした。
バジル及び他の香料ソースが秀逸な一品です。

IMG_2322
フルーツトマトとモッレラチーズのカプレーゼです。
フルーツトマトとモッレラチーズともども美味しいですね。これは盤石のmariageでしょう。

IMG_2323
生ハムと赤肉のメロンです。
Antipastoのkingです。揺るぎない美味しさです。

IMG_2325
たっぷり野菜の温かいスープです。
なんと上品なミネストローネなのでしょう。
Chefのセンスが光る一品です。
白インゲンがホッコリと甘くて結構でした。

IMG_2326
私のパスタ「ボロネーゼ」です。
ミートソースは酸味が強かったのですが、味が引き締まって結構でした。

IMG_2327
奥様の「アサリと万願寺唐辛子」です。
富津産のアサリがふっくらとしていて食感最高です。
またそのアサリのエキスがスープと絶妙に絡み合って得も言われぬ味わいとなっています。
これはメガヒットでしょう、すごい

IMG_2329

IMG_2328
デザートはガトーショコラとパンナコッタです。
何ですか、デザートで画竜点睛を欠いているではないですか。
決して不味くはないのですが、この流れできていて、平板のデザートがでてくるとは。
かなりガッカリでした・・・

16時30分 帰宅です。途中お土産を買ったりしていた割には早めの帰宅でした。
大満足のone day tripになりました

それでは(^_-)