下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ペコちゃん

お茶の水 デル・ソーレ

今日は「splashな日々」です。
今日は最近撮った画像を主体に纏めました。
宜しかったらお付き合いください。

#鉄人28号
IMG_2262
テレビまんが「アトム」のbig hitに追随すべく動画CM大手プロダクション「TCJ」が横山光輝さん作の「鉄人28号」をアニメとして登場させたのが1963年です。
私は多分再放送を見ていたのかな・・・
いずれにしてもおかしなアニメです。
少年探偵・金田正太郎は極寒の真冬でも半ズボンです。
そもそも「未成年の子供が探偵という職業に従事できるのか」という少年法に真っ向から切りこんでいく設定なのであります。
さらに申せば「敵に渡すな大事なリモコン」問題があります。
「鉄腕アトム」は感情を持っていて自力で動けるのに対して、「鉄人28号」は小型操縦機からのリモートコントロールによる操作となっており、操縦者の意思で行動が決められています。
つまり、リモコンを使う人間次第で鉄人は正義の味方、もしくは悪魔の手先となるのです。
現代であればsecurity対策がなされていなく市場流出させてしまったという、まさに「やらかせちゃったぜロボット」なのです。
個人的には何故28号なのだろうという疑問があります。
ウルトラマンのようにきちとんとそのfamily treeを開示しその変遷を公表すべきです。
いきなり28号ではあまりにも唐突すぎます。

#ペコちゃん
page
当時から、季節感のあるファッショナブルな服を着こなしていたペコちゃん。
実は、着せ替えはもちろん、服のデザインや縫製も、すべて不二家の人形課のスタッフが行っていたそうです。
季節の装いだけでなく、時代を反映するようなファッションも、柔軟に取り入れています。
ちなみにペコちゃんの服の下は、上半身は裸で下半身は下着着用とのことでした。

狩野アナ
個人的にはペコちゃんはTV東京の狩野アナに似ていると思っています。
ただし食事の時限定ですが・・・

#いつも気になる女性です
IMG_2389
この女性に良く合います。
たまに目が合う事がありドキッとしてしまいます。
所謂cool beautyですか・・・

#これは色鉛筆で描かれた絵です
アート
すごい精密実写ですね・・・
人間の技量の奥深さに拍手です。


どうみても写真にしか見えませんが、シャーペンの下書きから色鉛筆で色を塗って完成させるところまでの過程を4分ちょっとで見られる映像です。
ご参考まで・・・

#これは服ではありません、ケーキです
ケーキです

ケーキです2
食べるのに気がひけます
美味しいのかしらん・・・


IMG_2512
今日は夜のお茶の水に出没です。
今日のお店は過去実績店(未投稿)です。
たまには美味しいピッッアでもたべますか。
今日のお店はデル・ソーレ (Del Sole)さんです。

住所: 東京都千代田区神田駿河台3-7-5 駿河台ビル B1F
電話:03-3518-2307
定休日:日曜日

IMG_2500
お店の外観です。

IMG_2504
店内の雰囲気です。

IMG_2502
メニューです。

今日のオーダー「Pizza 4 formaggi (クワトロフォルマッジ・4種のチーズピザ)」@1,500円席料込です。
このお店は10年位前によく利用していました。
当時の記憶ではパスタの美味しいお店という評価でした。

IMG_2501
階段を下りていく途中にowner chefのsnapが貼ってありましたが、どうようらowner chef
が変わったようですね。

IMG_2503
待つこと3分でピクルスの到着です。
うんこの酸味は好きです。
野菜もシャキシャキしていて結構です。

IMG_2506

IMG_2507
待つこと5分でパンの到着です。
ピッッアを頼んでいるのにパンですか、このふるまいは不吉の前兆かもしれません。
基本的には同種類の二つのものを夕食としていただくのはno thank youであります。
で〜もパンは美味しかったですよ。

IMG_2508

IMG_2509

IMG_2511
待つこと8分で「「Pizza 4 formaggi」の到着です。
思わず、薄焼き煎餅頼んだかしらん、と思ってしまいました。
個人的にはクワトロフォルマッジ(4種のチーズピザ)はチーズの美味しさを受け止めるために生地はナポリピザだと勝手に思っていました。
確認しなかった私がいけなかったのですが、ローマピザだったのですね。
しか〜しこの貧相のpizzaには幻滅です。
クラブにいったら隣の席に付いたのが自分の母親みたいな年配の女性だったというような感じですか、憤懣やるせない思いが私の体を縛りあげました。
一応チーズの種類を確認しました。
ゴルゴンゾーラ、モッツレラ、燻製モッッレラ、パルミジャーノです。
何ですか燻製モッッレラってモッッレラは癖がないので燻製モッッレラを加えたのですか。
こんなのを入れたらまさにcategory killerになるじゃないですか。
すみません食べる前に興奮しています。

それでは気を取り直して実食です。
チーズが少ないので本当に薄焼き煎餅を食べている感じです。
特にゴルゴンゾーラが少ないですね。
想定通り燻製モッッレラが他のチーズの風合いを殺しています。
おまけにかなり食べるのは早い私なのですが、後半はクリスピー生地のせいかピザは早くも冬の季節を迎えていて冷たくなっていました。
味につきましてはこのコメの行間を読んでください。

一応食事が済み、かなりのストレスをかかえながらcashierのところに行きましたらowner chefが自ら会計をしていだきました。
そのowner chefが仰るには、席料別途150円頂戴しますので、締めて1,500円になります、とのことでした。
特段お金に困っているわけでもなく150円位の追加chargeは痛痒すら感じませんが、このような後出しじゃんけんの支払いは大大大嫌いなのです。
まさに、先に言えよ、です。

このお店は昔の思い出だけに留め置き、今日の食事の記憶は私の海馬(脳の中の記憶媒体)からすべてdeleteしました。こんな日もあります。

それでは(^_-)

小川町 シャヒ・ダワット

今日は「不思議な街」の話です。
今日仕事で立ち寄った街が不思議なのです。
よろしかったら画像でその不思議な街をお楽しみください。
そうそう街自体はごくふつ〜の住宅街なのですが、帰宅後netで調べてみたら戦後すぐ洲崎の業者が移ってきて赤線を開業したという艶っぽい歴史を持った街だったのですね。

◆焼き鳥の店「肉の茨城」
IMG_5002
このお店の看板を見たら「おいしいやきものの店」と読んでしまいましたが、正しくは「おいしいやきとりの店」だったのですね。
地元では有名な焼鳥屋さんで、レバフライが評判の様です。
そしてこのお店の特徴は
1.注文を間違える
2.値段を間違える
3.しょっぱかったり、何の味もしなかったり
だそうですよ(笑)

◆Who is Toshi-chiyan?
IMG_5003
このポスターを見た時は言葉がありませんでした、ハイ。

◆金魚屋さん
IMG_5004
まさか21世紀にも現存していましたか、これにはamazing・・・

◆ウクレレ始めませんか
IMG_5007
所謂、ゆるキャラですね・・・

◆フラを始めませんか
IMG_5008
最初見た時には炭坑節を踊っている様にみえたのですが・・・

◆クラッシクカー
IMG_5010
街のlandmarkだったりして・・・

◆酒の量り売り
IMG_5011
超ナツカシイ!

◆幻のシュガートースト
IMG_5012

IMG_5013
ついに売っているお店を発見しました・・・

◆アラブのペコちゃん
IMG_5016
このペコちゃんは始めてみました(笑)

◆牛モツ煮込み
IMG_5015
牛モツ煮込みが店頭販売されています。
しか〜もこのお店以外に売っているところが多々あるのです。
この街では牛モツ煮込みがtown’s boomなのですかね?

◆銭湯
IMG_5014
さり気なく銭湯があります。
しか〜も駅前にあるのです。不思議ですね・・・

とういうことで下町っ子の琴線に触れた街は、東急蒲田駅から二駅、東急多摩川線の武蔵新田駅前商店街でした。


モー娘の英語力



今日は小川町に出没です。
幻のインド料理「ビリヤニ」が食べられるそうです。
しかもそれが供されるのは月・水に限定されています。
そして今日は偶然にも水曜日なのです。
これは食べに行くしかないでしょう。
という事で今日のお店は「シャヒ・ダワット」さんです。

住所:東京都千代田区神田錦町2−2−11−B1F
TEL:03-3293-5897
定休日:第一日曜日

IMG_4978
お店の外観です。
店名のシャヒ・ダワットは王室のパーティーの意味です。

IMG_4975
店内の雰囲気です。
そうそうこのお店には絶世の美女がいると聞いていたのですが、入店してみると店内にはまごう事なきその美女がいたのですよ。
しか〜しどこから見てもマジに美女です。
実はこれだけで満足してしまって料理はどうでも良くなっていました(笑)

IMG_4964

IMG_4968
メニューです。

今日のオーダー「ビリヤニランチ」@1,000円です。
「ビリヤニ」とはインドの炊き込みご飯です。
日本にある多くのインド料理店で提供されるビリヤニは炊飯器で作ったものが多いのですが、このお店では手間ひまをかけて具材やサフラン、スパイスなどを仕込み壷に入れタンドールで蒸し焼きにする本場の「ビリヤニ」だそうですよ。とても楽しみですね。

IMG_4970
サラダです。
待つこと0分で到着です。
これは普通のサラダです。
多分インド人もびっくりしないと思います。

IMG_4971
待つこと2分で「ビリヤニランチ」の到着です。

IMG_4974
チュウカニ(ヨーグルト)です。
甘酸っぱい味ですが、私の好みの味ではありません。

IMG_4973
日替わりカレーです。
今日はチキンでした。

IMG_4972
このカレーをビリヤニと合わせていただきます。
どうしたのでしょうビリヤニが熱々ではないのです。
そのためか癖のあるおコゲの匂いが際立ってきて食欲をなくします。
折角のサフラン等のスパイスもこのおコゲの匂いに相殺されてしまいました。

カレーは美味しさより辛さが際立ってイケません。
良かったです、インドの家庭に生まれなくて・・・
味ですか、行間から感じとって下さい。
しか〜し絶世の美女に会えたので大満足のランチでした、ハイ。

それでは(^_-)

金沢文庫 つけ麺みなみ

会社でインフルエンザが流行しています。
インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められているのですね。
それにも係わらず我社の場合は今の時期来期予算を仕上げなければならず、罹患しているのに出社する人間がいるので芋蔓式に蔓延したのです(悲)

まずはこの凍てつく寒さの中インフルエンザもなんのそのの和服姿の二人のお嬢さんです。
つけ麺みなみ1
まずは吉祥寺のペコちゃんです。着付けが今ひとつなのでゾロリになっています。
つけ麺みなみ2
金沢文庫のペコちゃんです。ミゾレまじりの雨でもスマイルスマイル

今日のお店は、金沢文庫「つけ麺みなみ」です。
つけ麺みなみ3
お店の全容です。

住所: 神奈川県横浜市金沢区谷津町371
電話:045−781-4289定休日:不定休

今日の獲物は「牛モツとモヤシ炒め定食」@800です。
つけ麺みなみ4
牛モツ(ハチノス)にキクラゲ、人参、モヤシ、ニラをあっさりとしたピリ辛で仕上げた一品です。牛モツ(ハチノス)の脂っこさと大量のモヤシと豆板醤系の辛味が微妙にマッチしていて美味しかったですねhappy01

つけ麺みなみ5
牛モツ(ハチノス)は良く掃除されてあり、ほのかな甘さと弾力ある質感良かったですね。しかしこのお店一人魔女みたないオバサンがいて、その風貌のとおりあまり感じよくなく残念でした。ご主人は感じ良いだけに余計目立つのでしょうね(笑)

つけ麺みなみ6
しかしこの狭い商店街「すずらん通り?」に何で同じ名前の中華料理屋があるんでしょうか・・・私は親戚とみたのですが。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ